Yoshikazu Asada

J-GLOBAL         Last updated: Mar 31, 2019 at 13:04
 
Avatar
Name
Yoshikazu Asada
Nickname
Yoshikazu
Affiliation
Jichi Medical University
Section
Center for Institution
Job title
Assistant Professor

Profile

My research themes are:

(1) Institutional Research
For accreditation for medical education, the needs of IR center is growing.

(2) Instructional (Systems) Design
To make our education curriculum more effective, efficient and motivating, educational research is important. Not only the theories (both the learning and teaching) but also the methods (for example how to use LMS such as moodle and mahara, or how to do simulation based training more effective) are my expertise.

(3) Learning Analytics
When we use LMS for education, a lot of data is stored. To analyze and feedback the results are useful for both teachers and learners.

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jan 2016
 - 
Today
Assistant Professor, Center for Information, Jichi Medical University
 
Apr 2010
 - 
Dec 2015
Assistant Professor, Medical Simulation Center, Jichi Medical University
 

Awards & Honors

 
Jul 2018
Trends of Institutional Research in Japanese Medical Education: A case study of Jichi Medical University, Innovative Short Paper Award, 7th International Conference on Data Science and Institutional Research (DSIR 2018)
 
Feb 2016
Introduction to Instructional Design, Best Moodle Open Courseware of 2015 First Prize, Moodle Association of Japan
 
Feb 2016
Statemachine for Lesson, Best Moodle Innovation of 2015 Second Prize, Moodle Association of Japan
Winner: Yoshiaki Ishii, Yutaka Fujita, Yoshikazu Asada
 
Mar 2014
Problems and Improving Strategies about Bed Side Learning of Medical Students Using e-Learning and e-Portfolio, Prize of Presentation in Japan Medical e-Learning ( in Japanese)
Winner: Yoshikazu Asada, Shizukiyo Ishikawa, Hitoaki Okazaki
 

Published Papers

 
Information and communications technology for Community Development
Yoshikazu Asada
Medical Education (Japan)   50(1) 33-40   Feb 2019   [Refereed][Invited]
淺田 義和, 板井 美浩, 松山 泰
医学教育 = Medical education (Japan)   49(5) 461-465   Oct 2018
淺田 義和
日本臨床麻酔学会誌   38(1) 88-92   Jan 2018
本論文ではTechnology Enhanced Learningという観点と医学シミュレーション教育との関連性、および医学シミュレーション教育を「評価」する際の理論について整理する。学生や医療者などの成人学習者を対象とした教育においては学習目標・評価方法・教育内容といった要素を考慮した教育設計が求められる。シミュレーション教育であれば、教育内容に関しては何らかのTechnology(シミュレータ、eラーニングなど)が活用されるが、その導入にあたっては学習目標や評価方法との関連性を考慮する...
ASADA Yoshikazu, SAEKI YAGI Machiko
Japan Journal of Educational Technology      2018
<p>Moodle は学習履歴として様々なデータを記録・保持している.しかし,学習分析や教学IR といった観点から記録したログを利用しようとする場合,その抽出にあたっての機能はやや不十分であるといえる.今回,Moodle のプラグインの1つであるConfigurable Reports を用い,目的に応じてデータベースより直接情報を抽出することを試みた.この結果,フォーラム上での投稿傾向やMoodle そのものの活用状況などを抽出することができた.データ抽出時の負荷などを考慮すると抽出用の...
Trends of Institutional Research in Japanese Medical Education: A case study of Jichi Medical University
Yoshikazu Asada
IIAI-AAI 2018 Proceedings   490-492   2018   [Refereed]
意見 学会大会におけるモバイルアプリの必要性 Guidebookアプリ利用に関する一考察
淺田 義和
医学教育   48(5) 326-327   Oct 2017
医学教育学会大会における参加者の利便性を高める方法の一つとして、学会大会に関するモバイルアプリの配信が考えられる。アプリを通じて大会プログラムや抄録の情報を配信することができれば、参加者は最新情報を得やすくなり、かつ重たい冊子を持ち歩かずとも学会に参加することが可能となる。欧州医学教育学会(AMEE)でも利用されているGuidebookなどを活用すれば、安価でかつ容易に大会用アプリを作成できる。導入にあたっては費用の発生など課題もあるが、学会員全体へもたらされる利益を考えれば十分に検討する...
ICTを活用した「演習」から「シミュレーション実習」へ繋ぐ企画の評価
鈴木 美津枝, 村上 礼子, 八木 街子[佐伯], 三科 志穂, 淺田 義和, 関山 友子, 江角 伸吾
日本シミュレーション医療教育学会雑誌   5 30-34   Aug 2017   [Refereed]
平成27年10月1日より、特定行為に係る看護師の研修制度が施行され、指定研修機関として研修が開始した。研修の共通科目に実践的理解力、思考力、判断力、高度な専門的知識と技能を向上のために特定行為基礎実習Iがある。本研究はICTを活用した遠隔教育による「演習」と集合研修の「シミュレーション実習」の企画の評価と今後の示唆を得ることを目的とした。結果、ARCSモデルの注意、関連性、満足感は肯定的評価を得ており、遠隔教育による演習から集合研修のシミュレーション実習へ繋ぐ企画の効果はあった。自信の否定...
医療シミュレーション教育におけるインストラクショナルデザインの必要性
米島 博司, 淺田 義和
日本シミュレーション医療教育学会雑誌   4 94-104   Jun 2016
2015年6月27日に開催された第3回日本シミュレーション医療教育学会学術大会において、「医療シミュレーション教育におけるインストラクショナルデザインの必要性」と題した基調講演が行われた。本論文は基調講演を元に、解説を加えた論文である。人間の生命にとってリスクが高い医療実務遂行能力を高めるためのシミュレーション教育を設計・デザインする上で、インストラクショナルシステムズデザインが重要であること、またシミュレーション教育をデザインする上での留意点について考察する。また、インストラクショナルシ...
インストラクショナルデザインを用いた大規模災害訓練の改善検討
梅野 晶子, 淺田 義和
日本職業・災害医学会会誌   63(6) 378-384   Nov 2015   [Refereed]
【背景と目的】大規模災害訓練に関してインストラクショナルデザイン(以下ID)を用いて現状の課題を分析し、次回に向けた改善点を検討する。【方法】IDとは学習目標、教育内容、評価方法の観点から授業や研修などを分析し、教育の効果、効率、魅力を高めるための方法論である。今後よりよい災害訓練を提供するため、これまでの内容を分析した。今回は(1)研修の学習目標(出口)(2)受講者の設定(入口)(3)学習意欲(4)研修全体の構成の4つの視点で分析した結果を報告する。【結果】(1)出口:災害のフェーズごと...
門川 俊明, ラウール・ブルーヘルマンス, 淺田 義和, 平形 道人
医学教育   46(5) 443-446   Oct 2015
背景:eポートフォリオ(ePF)の医学教育での重要性が高まっている。方法:全国医学部の医学教育ユニットに調査を依頼し、webフォームで回答を得た。結果:回答のあった70大学のうち、ポートフォリオ導入は紙媒体が16、電子媒体が14、両者が8、未導入が32大学であった。Mahara、manaba folio、WebClassが多く、臨床実習などで導入されていた。ePFは、タイミングのよいフィードバックができ、データの保存性がよい。一方で、教員や管理者の負担、インフラ整備などの問題がある。医学教...
新人看護師向け多重課題シミュレーション研修の課題と改善点 インストラクショナル・デザインによる改善
淺田 義和, 鈴木 義彦, 井上 和子
医療職の能力開発   3(2) 61-68   Jul 2015   [Refereed]
【背景と目的】自治医科大学附属病院の看護部では、新人看護師を対象とした多重課題シミュレーション研修を行っている。本研修は2010年度より実施し、毎年改善を重ねている。しかし、2012年度の研修ではチェックリストによる学習成果の評価が低く、研修の見直しと改善が必要とされていた。そこで、2013年度に向け、インストラクショナル・デザインの知見を用いてカリキュラムの見直しと改善を行った。【方法】2012年度の実施方法及び結果について、学習目標や受講者要件など、インストラクショナル・デザインを用い...
創傷処理実習教材としての手羽先
鈴木 義彦, 淺田 義和, 長谷川 剛, 河野 龍太郎
日本シミュレーション医療教育学会雑誌   3 50-53   Jun 2015   [Refereed]
机上シミュレーションを題材としたファシリテーション研修の設計とその有用性
淺田 義和, 安井 清孝
日本シミュレーション医療教育学会雑誌   3 12-16   Jun 2015   [Refereed]
シミュレーションやPBLをはじめとするアクティブラーニングにおいては、インストラクターによる全体の進行をはじめとしたファシリテーションが重要な意味をもつ。今回、机上シミュレーションを題材としてファシリテーションスキルを身につけるための研修を設計・開発し、その試験運用を行い、学習者からのアンケート(7段階評価および自由記述)を利用した有用性の検討を行った。13人の参加者中12人からアンケートの回収が得られ、ファシリテーションスキルの有用性や研修そのものの満足度については高い評価が得られた。一...
First Year Experience Class for Medical University Students Using Simulator
Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki
Simulation in Healthcare   10(6) 446-446   2015   [Refereed]
Effectiveness and Future Tasks of Developing Self-Directed Learning Environment with iPad and e-Learning for Objective Structured Clinical Examination (OSCE)
Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Tsuyoshi Hasegawa, Ryutaro Kawano
31(1) 81-86   Jan 2014   [Refereed]
Title : Conduct and assessments of medical ethics education using the World Cafe and Moodle
Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Tsuyoshi Hasegawa, Kazuya Atsumi
Jichi Medical University Journal   36 71-78   2013   [Refereed]
Assessments of the World Café style lecture for medical students
Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Tsuyoshi Hasegawa, Hitoaki Okazaki
36(Suppl) 33-36   Dec 2012   [Refereed]
An Opinion regarding the Future Style of Conference of Japanese Medical Educational Societies: Participation Report on SimHealth 2011 and the 27th Annual Conference of Japanese Society for Educational Technology
Yoshikazu Asada
Journal of Japanese Association of Simulation for Medical Education   5(1) 17-21   Jul 2012   [Refereed]
Design of a multi-tasking simulation course for new nurses - Based on the result of learners' satisfaction and self-confidence -
Yoshikazu Asada, Emiko Amagai, Junko Fukuda, Nobuyuki Suzuki, Yoshihiko Suzuki, Ryutaro Kawano
Journal of Japanese Association of Simulation for Medical Education   5(1) 30-35   Jul 2012   [Refereed]
Evaluating simulation-based training in a "Doctor Experience Seminar" for high school students
Yoshihiko Suzuki, Yoshikazu Asada, Tsuyoshi Hasegawa, Fumito Kuno, Ryutaro Kawano
Journal of Japanese Association of Simulation for Medical Education   5(1) 40-44   Jul 2012   [Refereed]
ASADA YOSHIKAZU, HAYASE YUKIHARU, SUZUKI YOSHIHIKO, HASEGAWA TSUYOSHI, KAWANO RYUTARO
自治医科大学紀要   34 57-65   Mar 2012   [Refereed]
医学図書館   59(1) 34-37   Mar 2012
ASADA YOSHIKAZU, HAYASE YUKIHARU, SUZUKI YOSHIHIKO, HASEGAWA TAKESHI, KAWANO RYUTARO
J Jpn Assoc Simul Med Educ   4 32-36   May 2011

Conference Activities & Talks

 
The current usage of moodle and the future task at jichi medical university
Asada Y, Mieno M, Mutoh H, Hamamoto T
APMEC 2019   10 Jan 2019   
Japanese nurse-midwifery students perception of flipped learning about assessment phase of the nursing process about the delivey stage
Uehara A, Asada Y
APMEC 2019   10 Jan 2019   
Evaluation for e-learning based on medical near-miss / adverse event information
Saeki M, Hada T, Asada Y
APMEC 2019   10 Jan 2019   
The Use of Moodle in Medical Education: Literature Review
Yoshikazu Asada, S. Machiko Yagi
AMEE 2018   Aug 2018   
Evaluation of Training Scenario Validity: Analysis of Debriefing from the Viewpoint of Competence
Yoshitaka Maeda, Yoshikazu Asada, Yoshitaka Kikkawa, Junko Kikuchi, Chika Hirota, and Michiko Kameda
AMEE 2018   Aug 2018   
E-learning for patient safety based on Medical Near- Miss/Adverse Event Information
Machiko S Yagi, Tetsuro Hada, and Yoshikazu Asada
AMEE 2018   Aug 2018   
高齢者施設における急変予測に有用な呼吸数の測定技能の獲得を目指した教材開発の検討
岡本 華枝, 西村 美里, 久宗 真理, 淺田 義和, 松本 尚浩, 鈴木 克明
日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集   Mar 2018   
教学IRでの活用を目的としたMoodleのログ整理 xAPI(experience API)に準じた検討
淺田 義和
日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集   Mar 2018   
医学部一年生に対する危険予知訓練の実施とその予知傾向
前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 渥美 一弥, 長谷川 剛, 河野 龍太郎
日本医療安全学会学術総会抄録集   Feb 2018   
事例動画教材を用いた多職種合同医療安全研修会の開催
吉岡 崇幸, 寺山 美華, 竹野井 さとみ, 淺田 義和, 小林 高久, 南 孝臣, 弘田 智香, 塩崎 純子, 河野 龍太郎, 新保 昌久
医療の質・安全学会誌   Oct 2017   

Misc

 
Open Courseware Community Hub: Versioning, Social Networking Theme & Personalized Mailings
Hinkelman D, Jenkins A, Asada Y, Hunt J.
日本ムードル協会全国大会(2016)発表論文集      2016
池上敬一, 井上卓也, 淺田義和, 紙谷あゆ美, 佐藤睦, 清水広久
医療の質・安全向上を目的としてシナリオをベースとしたフルスケールシミュレーターを用いた教育の有用性と遠隔教育の可能性 平成23年度 総括・分担研究報告書   13-37   2012

Teaching Experience

 
 

Education

 
Apr 2014
 - 
Mar 2015
Graduate school of instructional systems (Master), Kumamoto University
 
Apr 2011
 - 
Mar 2014
Graduate school of instructional systems (part time student), Kumamoto University
 
Apr 2007
 - 
Mar 2010
Department of Quantum Engineering and Systems Science (Doctor), Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
 
Apr 2005
 - 
Mar 2007
Department of Quantum Engineering and Systems Science (Master), Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
 
Apr 2001
 - 
Mar 2005
The University of Tokyo