河原 吉伸

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/29 08:30
 
アバター
研究者氏名
河原 吉伸
 
カワハラ ヨシノブ
URL
http://imi.kyushu-u.ac.jp/~kawahara/
所属
九州大学
部署
マス・フォア・インダストリ研究所
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)
その他の所属
理化学研究所神戸大学

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 教授
 
2019年4月
 - 
現在
神戸大学 大学院システム情報学研究科(知能統合講座) 客員教授
 
2018年4月
 - 
2019年3月
神戸大学 大学院システム情報学研究科(知能統合講座) 客員准教授
 
2016年9月
 - 
現在
理化学研究所 革新知能統合研究センター チームリーダー
 
2013年4月
 - 
2019年3月
大阪大学 産業科学研究所 准教授
 
2013年7月
 - 
2014年7月
University of Washington, Seattle 客員教員
 
2010年10月
 - 
2014年3月
科学技術振興機構 さきがけ「知の創生と情報社会」 研究員
 
2010年5月
 - 
2010年10月
Max Planck Institute for Intelligent Systems 客員研究員
 
2009年10月
 - 
2013年3月
大阪大学 産業科学研究所 助教
 
2008年4月
 - 
2009年9月
東京工業大学 グローバルCOE 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2008年3月
東京大学大学院工学系研究科 博士課程 修了
 
 
 - 
2005年3月
東京大学大学院工学系研究科 修士課程 修了
 
 
 - 
2003年3月
東京大学工学部 卒業 
 
1999年4月
   
 
東京大学 教養学部 理科一類 入学
 

委員歴

 
2019年8月
 - 
現在
International Journal of Mathematics for Industry (World Scientific)  Subject Editor
 
2017年1月
 - 
現在
Neural Networks (Elsevier)  Action Editor
 
2016年7月
 - 
現在
電子情報通信学会 情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML)  専門委員
 
2016年4月
 - 
現在
日本応用数理学会 機械学習研究部会  幹事
 
2016年4月
 - 
2018年3月
人工知能学会 人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)  主査
 

受賞

 
2019年7月
IJCNN 2019 Best Student Paper Award
受賞者: T. Bito, M. Hiraoka, Y. Kawahara
 
2018年11月
第21回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS'18) ベストプレゼンテーション賞
受賞者: 藤井慶輔,河原吉伸
 
2016年6月
人工知能学会 2015年度 研究会優秀賞
受賞者: 竹内孝,河原吉伸,岩田具治
 
2015年7月
大阪大学 総長奨励賞
 
2014年12月
NIPS 2014 Outstanding Reviewer Award
 

論文

 
Principal points analysis via p-median problem for binary data
H. Yamashita, and Y. Kawahara
Journal of Applied Statistics   (accepted)   2019年   [査読有り]
Active Change-point Detection
S. Hayashi, Y. Kawahara, and H. Kashima
Proc. of the 11th Asian Conference on Machine Learning (ACML'19)   (accepted)    2019年   [査読有り]
An efficient branch-and-cut and heuristic algorithms for submodular function maximization
N. Uematsu, S. Umetani, and Y. Kawahara
Journal of the Operations Research Society of Japan   (accepted)    2019年   [査読有り]
安藤雅行, 河原吉伸, 砂山渡, 畑中裕司, 小郷原一智
知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)   31(4) 779-787   2019年   [査読有り]
An efficient branch-and-cut algorithm for approximately submodular function maximization
N. Uematsu, S. Umetani, and Y. Kawahara
Proc. of the 2019 IEEE Int'l Conf. on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC'19)   (accepted)    2019年   [査読有り]
K. Takeuchi, Y. Yoshida, and Y. Kawahara
Proc. of the 35th Conf. on Uncertainty in Artificial Intelligence (UAI'19)   443   2019年   [査読有り]
K. Fujii and Y. Kawahara
Neural Networks   117 94-103   2019年   [査読有り]
Learning with coherence patters in multivariate time-series data via dynamic mode decomposition
T. Bito, M. Hiraoka, and Y. Kawahara
Proc. of the 2019 Int'l Joint Conf. on Neural Networks (IJCNN'19)   (accepted)   2019年   [査読有り]
K. Fujii, and Y. Kawahara
Pattern Recognition Letters   122 7-13   2019年   [査読有り]
M. Hojo, K. Fujii, and Y. Kawahara
International Journal of Performance Analysis in Sport   19(2) 192-205   2019年   [査読有り]

書籍等出版物

 
人工知能学会 編 (担当:分担執筆)
共立出版   2017年7月   ISBN:4320124200
河原 吉伸, 永野 清仁
講談社   2015年12月   ISBN:4061529099
Trevor Hastie, Robert Tibshirani, Jerome Friedman (担当:共訳)
共立出版   2014年6月   ISBN:432012362X

競争的資金等の研究課題

 
作用素論的データ解析に基づく複雑ダイナミクス計算基盤の創出
科学技術振興機構: CREST(「数理的情報活用基盤」領域)
研究期間: 2019年10月 - 2025年3月    代表者: 河原 吉伸
データからの潜在ダイナミクス抽出のための統計的機械学習とその応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 河原 吉伸
データストリーム伝送路におけるロスレス圧縮技術の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 山際 伸一
構造的疎性モデリングのためのメタ学習アルゴリズム体系の構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金・新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 河原 吉伸
動きビッグデータからスキルの予測は可能か?
日本学術振興会: 科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 山際 伸一