小田 吉哉

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 17:56
 
アバター
研究者氏名
小田 吉哉
 
オダ ヨシヤ
携帯メール
y-odaumin.ac.jp
所属
東京大学大学院医学系研究科
部署
リピドミクス講座
職名
特任教授
学位
薬学博士(京都大学)

プロフィール

HPLCや質量分析を用いた生体内物質の高感度分析、ナノLC/MSやEDTA添加法などを用いたプロテオミクスやメタボロミクス分析手法の開発、安定同位体元素標識内部標準法による高精度な定量分析法の開発、種々の質量分析計から得られる生データを自由に取り扱うことを可能にしたMass++の開発等、細胞内の代謝産物を統合的あるいは網羅的に解析する基盤技術の確立をするとともに、これらの技術を用いて薬剤のバイオマーカー解析やアルツハイマー病の新たなバイオマーカーの同定を行う等の実用性を示してきた。加えて、PETやSPECT、MRIといった分子イメージング研究室をデザインし人材を集めて立ち上げ、バイオバンクに必要なLIMSや文書整備を行いながらGCLPに準拠した臨床バイオマーカー研究も行ってきた。そして体外診断薬のFDA申請を意識しながら、個別化医療のためのバイオマーカーを診断薬として貢献することを目指している。そのために、自分自身が開発した手法も含め、ゲノミクス、プロテオミクス、メタボロミクス、イメージングおよび検体バンク等 のあらゆるコア技術を駆使した実績を持ち、それらへの理解も非常に深い。また米国および日本の大学、企業、研究所で組織を運営し成果を出した実績を有する。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
東京大学大学院医学系研究科 リピドミクス講座 特任教授
 
2017年3月
 - 
2017年9月
エーザイ株式会社 データクリエーションセンター シニアディレクター
 
2009年7月
 - 
2017年2月
Eisai Inc Biomarker Unit 米国駐在 ユニットプレジデント
 
2003年7月
 - 
2011年1月
東京大学大学院医学系研究科 メタボローム講座 客員准教授
 
1999年11月
 - 
2009年6月
エーザイ株式会社 シーズ研究所 主幹研究員
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1989年3月
京都大学大学院 薬学研究科 
 
1983年4月
 - 
1987年3月
京都大学 薬学部 
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
現在
JMBC日本マイクロバイオームコンソーシアム  運営委員
 
2016年4月
 - 
現在
ヒューマンサイエンス振興財団  技術調査委員
 
2015年4月
 - 
現在
国立研究開発法人日本医療研究開発機構AMED-CREST  研究アドバイザー
 
2013年4月
 - 
現在
科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業「さきがけ」(PRESTO)  研究総括
 
2006年
 - 
2006年
特許庁:平成18年度特許出願技術動向調査  ポストゲノム関連技術への提言・委員
 

受賞

 
2014年
日本プロテオーム学会 学会賞 質量分析を用いた定量プロテオミクスにおける先駆的基盤技術の開発
 
2006年
インビトロジェン社 Invitrogen-Nature Award バイオテクノロジー賞
 
2005年
日本質量分析学会 奨励賞 質量分析を用いた生体成分の定量分析とリン酸化タンパク質解析に関する研究
 
2004年
日本薬学会 薬学研究ビジョン部会賞 生体分子の分離定量法の開発に関する研究
 
1999年
クロマトグラフィー科学会 奨励賞 HPLC, CEおよびLC/MSを用いた光学異性体、生体成分の分析
 

論文

 
Kentaro Morimoto,Takashi Nishikaze,Akiyasu C. Yoshizawa,Shigeki Kajihara,Ken Aoshima,Yoshiya Oda,Koichi Tanaka
Bioinformatics   31(13) 2217-2219   2015年7月   [査読有り]
Dezso Zoltan, Ino Mitsuhiro, Minoshima Yukinori, Tohyama Osamu, Sugi Naoko Hata, Agoulnik Sergei, Oda Yoshiya, Funahashi Yasuhiro
CANCER RESEARCH   75    2015年8月   [査読有り]
Ken Aoshima,Kentaro Takahashi,Masayuki Ikawa,Takayuki Kimura,Mitsuru Fukuda,Satoshi Tanaka,Howell E. Parry,Yuichiro Fujita,Akiyasu C. Yoshizawa,Shin-ichi Utsunomiya,Shigeki Kajihara,Koichi Tanaka,Yoshiya Oda
BMC Bioinformatics   15 376   2014年11月   [査読有り]
Kimura Takayuki, Yamamoto Noboru, Kamiyama Hiroshi, Kawada Megumi Ikemori, Yamamoto Akihiko, Kotake Yoshihiko, Takase Yasutaka, Funahashi Yasuhiro, Oda Yoshiya
CANCER RESEARCH   75    2015年8月   [査読有り]
Funahashi Y, Okamoto K, Adachi Y, Semba T, Uesugi M, Ozawa Y, Tohyama O, Uehara T, Kimura T, Watanabe H, Asano M, Kawano S, Tizon X, McCracken PJ, Matsui J, Aoshima K, Nomoto K, Oda Y
Cancer science   105(10) 1334-1342   2014年10月   [査読有り]
Sato Y, Bernier F, Yamanaka Y, Aoshima K, Oda Y, Ingelsson M, Lannfelt L, Miyashita A, Kuwano R, Ikeuchi T
Alzheimer's & dementia (Amsterdam, Netherlands)   1(1) 67-74   2015年3月   [査読有り]
Tanaka S, Fujita Y, Parry HE, Yoshizawa AC, Morimoto K, Murase M, Yamada Y, Yao J, Utsunomiya SI, Kajihara S, Fukuda M, Ikawa M, Tabata T, Takahashi K, Aoshima K, Nihei Y, Nishioka T, Oda Y, Tanaka K
Journal of proteome research   13(8) 3846-3853   2014年7月   [査読有り]
Kumar P, Dezso Z, MacKenzie C, Oestreicher J, Agoulnik S, Byrne M, Bernier F, Yanagimachi M, Aoshima K, Oda Y
PloS one   8(7) e69807   2013年7月   [査読有り]
Nakazawa CM, Shikata K, Uesugi M, Katayama H, Aoshima K, Tahara K, Takahashi E, Hida T, Shibata H, Ogura H, Seiki T, Oda Y, Kuromitsu J, Miyamoto N
Journal of receptor and signal transduction research   33(4) 224-233   2013年8月   [査読有り]
E2112 IS A NOVEL OXIDOSQUALENE CYCLASE INHIBITOR EXHIBITING ANTI-HCV ACTIVITY IN GENOTYPE 1B SUBGENOME REPLICON CELLS
Yanagimachi Mamoru, Ino Mitsuhiro, Uesugi Mai, Sato Yoshiaki, Bernier Francois, Miyazaki Kazuki, Agoulnik Sergei I., Simon Jason, Aoshima Ken, Oda Yoshiya
HEPATOLOGY   54 549A   2011年10月   [査読有り]

Misc

 
堀江勘太, 佐藤義明, 大郷真, 小田吉哉, 黒光淳郎, 宮川武彦
バイオメディカル分析科学シンポジウム講演要旨集   29th 31   2016年9月
小田吉哉, 小田吉哉
BMSコンファレンス講演要旨集   43rd 65‐70   2016年7月
小田吉哉
Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan   64(2) 55‐59(J‐STAGE)-59   2016年
小田吉哉
日本分析化学会年会講演要旨集   64th 21   2015年8月
高橋知里, 矢崎達也, 小形公亮, 佐藤義明, 木村剛之, 小田吉哉, 若林真樹, 杉山直幸, 石濱泰
バイオメディカル分析科学シンポジウム講演要旨集   28th 106-107   2015年8月
吉沢明康, 田畑剛, 木村剛之, 青島健, 福山裕子, 梶原茂樹, 九山浩樹, 小田吉哉, 田中耕一
新潟医学会雑誌   128(10) 504-509   2014年10月
吉沢 明康, 田畑 剛, 木村 剛之, 青島 健, 福山 裕子, 梶原 茂樹, 九山 浩樹, 小田 吉哉, 田中 耕一, Yoshizawa Akiyasu C, Tabata Tsuyoshi, Kimura Takayuki, Aoshima Ken, Fukuyama Yuko, Kajihara Shigeki, Kuyama Hiroki, Oda Yoshiya, Tanaka Koichi
新潟医学会雑誌   128(10) 504-509   2014年10月
質量分析計のデータを解釈してプロテオームのデータを作り出すComputational Proteomicsの新手法とそのためのデータベース2件, 「MSPTM-DB」と「ProteinCarta」について述べる. タンパク質の既知の翻訳後修飾(PTM)情報を基に, PTMがある場合とない場合の配列を事前に作成してデータベースMSPTM-DBに収録し, これを検索対象にすることによって, 従来からのPTM検索法の問題点である信頼性の低下を回避し, かつ検索速度を3倍以上に増加させた(MSPT...
森本健太郎, 西風隆司, 吉沢明康, 梶原茂樹, 青島健, 小田吉哉, 田中耕一
質量分析総合討論会講演要旨集   62nd 166   2014年5月

講演・口頭発表等

 
Biomarkers for Drug Development [招待有り]
小田 吉哉
The 6th Shimadzu Global Pharma Summit 2017   2017年11月16日   
データ統合に向けた代謝物相対定量値の実験室間比較
小田 吉哉
第11回メタボロームシンポジウム   2017年11月14日   
Protein Biomarkers for Drug Development [招待有り]
小田 吉哉
Asia Oceania Human Proteome Organization (AOHUPO) 2016   2016年9月23日   Asia Oceania Human Proteome Organization (AOHUPO)
Using biomarkers to increase productivity for drug development and enhance the values of drugs [招待有り]
小田 吉哉
153. BioPharma Asia Convention 2016   2016年3月24日   
Biomarkers for Drug Development [招待有り]
小田 吉哉
The Discovery Summit   2015年9月22日   Marcus Evans
Translational Circulating Biomarker Research for Drug Development [招待有り]
小田 吉哉
Biomarkers & Diagnostics World Congress 2015   2015年5月5日   Cambridge Healthtech Institute
Translational Biomarkers for Alzheimer’s Disease (AD) Drug Development and Plasma AD Biomarker Research [招待有り]
小田 吉哉
Biomarker Summit_4th Neurological Biomarkers   2015年3月19日   Global Technology Community
Biomarker Discover and Translational Research by Multi-Omics [招待有り]
小田 吉哉
10th Annual Biomarkers Congress   2015年2月23日   Oxfor Global
Discovery & Development of Circulating Biomarkers for Drug Development [招待有り]
小田 吉哉
Biofluid Biopsies & Companion Diagnostics   2014年10月28日   SelectBio
From biomarker discovery to diagnostic development ~What are our challenges?~ [招待有り]
小田 吉哉
Biomarker Utilisation & Commercialisation conference   2014年9月11日   ACI
Clinical Biomarkers-Improving Biomarker Validation [招待有り]
小田 吉哉
Discovery, Development & Commercialization of Companion Diagnostics   2013年11月13日   World CDx Boston 2013
Biomarker Utility in Drug Development [招待有り]
小田 吉哉
ADAPT 2013: Clinical and Translational Biomarkers   2013年11月6日   
From Biomarker Research to Diagnostic Development—Our Challenges [招待有り]
小田 吉哉
Biomarkers & Diagnostics World Congress: Biomarkers for Patient Selection   2013年5月7日   
From Biomarker Discovery to Late Stage Clinical Projects [招待有り]
小田 吉哉
Biomarkers World Europe 2012   2012年5月24日   
Overview of Eisai Biomarker Research Activities [招待有り]
小田 吉哉
World Biomarkers and Companion Diagnostics Summit Asia 2011   2011年9月13日   

競争的資金等の研究課題

 
タンパク質導入法ならびに定量リン酸化プロテオーム解析による細胞モニタリング技術の開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO): 健康安心プログラム「ゲノム創薬加速化支援バイオ基盤技術開発」
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 小田 吉哉
定量的メタボロミクスとプロテオミクスの融合
科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業「CREST」: 代謝調節機構解析に基づく細胞機能制御基盤技術
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 小田 吉哉
バイオインフォーマティクスと融合した先進プロテオミクス・プラットフォームの創造
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO): バイオ・IT融合機器開発プロジェクト
研究期間: 2002年 - 2005年    代表者: 中心研究者として小田 吉哉