大塚曜一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/28 14:47
 
アバター
研究者氏名
大塚曜一郎
URL
http://www.flinders.edu.au/people/yoichiro.otsuka
所属
Flinders University
部署
Department of Human Physiology, School of Medicine
職名
Mary Overton Neuroscience Research Fellow/Senior Lecture
学位
PhD

経歴

 
2009年
   
 
鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科 准教授
 
2002年
 - 
2009年
Flinders University of South Australia, Department of Human Physiology Senior Research Officer
 
2000年
 - 
2002年
Howard Florey Institute Senior Research Officer
 
1999年
 - 
2000年
筑波大学 基礎医学系 助手
 

論文

 
Mohammed M, Kulasekara K, Ootsuka Y, Blessing WW
American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology   310(11) R1109-19   2016年6月   [査読有り]
Mohammed M, Kulasekara K, Ootsuka Y, Blessing WW, American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology, 2016
Ootsuka Y, Tanaka M
Temperature (Austin, Tex.)   2(3) 392-405   2015年7月   [査読有り]
Ootsuka Y, Mohammed M, Physiological reports, vol. 3, no. 2
3(2)    2015年2月   [査読有り]
Ootsuka Y, Mohammed M, Physiological reports, 2015, vol. 3, no. 2
Mohammed M, Ootsuka Y, Yanagisawa M, Blessing W
American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology   307(8) R978-89   2014年10月   [査読有り]
Mohammed M, Ootsuka Y, Blessing W
American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology   306 R394-400   2014年3月   [査読有り]
Mohammed, M., Ootsuka, Y. and Blessing, W. (2014). Brown adipose tissue thermogenesis contributes to emotional hyperthermia in a resident rat suddenly confronted with an intruder rat. American Journal of Physiology-Regulatory Integrative and Compa...

Misc

 
大塚曜一郎, 照井直人
日本生理学雜誌   62(1) 33-44   2000年1月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 大塚 曜一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 照井 直人
生体内環境を一定に保つ機構の一つに体温調節機構がある。ヒトを含めた哺乳類は体温を熱産生・皮膚血管運動・ふるえ・発汗などの自立性機能の変化と行動の変化という操作により調節しているのがよく知られている。環境温や体内の温度の変化に対する自立性および行動に見られる反応は視床下部の体温調節中枢が司ることもよく知られている。本研究計画は、視床下部体温調節中枢が体湿調節に密接に関わる皮膚血管運動をどのように調節するのかを、末梢の血管収縮線維の活動を調節する延髄に存在すると考えられるブレモーターニューロン...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 大塚 曜一郎
本研究の目的は、延髄循環中枢にあって、体温調節に関わる皮膚血管運動を支配する血管運動中枢ニューロンを同定し、視床下部の体温調節中枢からこのニューロンとの機能的な結合を明らかにすることである。これまでの研究の成果は次の通りである。電気刺激により耳介の皮膚血流減少を引き起こす部位を視床下部内で検索した結果、背内側(DMH)にあった。次にDMH刺激に興奮性に応ずる網様体-脊髄路ニューロン(Cuニューロン)を検索した。その結果、Cuニューロンは延髄の、従来から知られている動脈圧感受性・交感神経興奮...