関 喜史

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 10:51
 
アバター
研究者氏名
関 喜史
所属
株式会社Gunosy
学位
博士(工学)(東京大学大学院)

プロフィール

ユーザ行動分析、推薦システムを中心とした機械学習・データマイニング応用に関心があります。
株式会社Gunosyの共同創業者です。会社では推薦システムのアルゴリズム開発、データ分析などを中心に行っていました、
並行して博士課程後期課程にも在学し、2017年3月に博士号を取得しました。
現在はGunosyの技術戦略室研究開発チームとして、研究開発に取り組んでいます。

経歴

 
2013年2月
 - 
現在
株式会社Gunosy 技術経営戦略室 共同創業者
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2017年3月
東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 博士課程
 
2011年4月
 - 
2013年3月
東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 修士課程
 
2008年4月
 - 
2011年3月
東京大学 工学部 システム創成学科
 
2003年4月
 - 
2008年3月
富山商船高等専門学校 情報工学科 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
WebDBForum  産学連携担当委員
 

受賞

 
2018年3月
言語処理学会 論文賞 多様性の導入による推薦システムにおけるユーザ体験向上の試み
受賞者: 関 喜史, 福島 良典, 吉田 宏司, 松尾 豊
 

論文

 
Analysis of Bias in Gathering Information Between User Attributes in News Application
IEEE BigData 2018 Workshop : The 3rd International Workshop on Application of Big Data for Computational Social Science (ABCSS2018)      2018年12月   [査読有り]
Analysis of User Dwell Time by Category in News Applicatiom
WI 2018 Workshop : The International Workshop on Web Personalization, Recommender Systems, and Social Media (WPRSM2018)      2018年12月   [査読有り]
関 喜史, 福島 良典, 吉田 宏司, 松尾 豊
自然言語処理   24(1) 95-115   2017年   [査読有り]

Misc

 
広告クリエイティブ自動生成に向けた単語レベルでの評価手法の検討
北田 俊輔, 関 喜史, 彌冨 仁
NLP若手の会第13回シンポジウム      2018年8月
クリックベイトの基礎研究における既存データセットの検証
長尾 拓弥, 関 喜史, 吉田 光男, 梅村 恭司
NLP若手の会第13回シンポジウム      2018年8月
世代による政治ニュース記事の閲覧傾向の違いの分析
関 喜史
人工知能学会全国大会      2018年6月
スマートフォンアプリとWikipediaにおけるニュースに関する閲覧行動の予備調査
吉田 光男, 関 喜史
人工知能学会全国大会      2018年6月
画像を想起するニュース記事によるクリックベイトの分析
関 喜史
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム      2018年3月

書籍等出版物

 
比戸 将平, 馬場 雪乃, 里 洋平, 戸嶋 龍哉, 得居 誠也, 福島 真太朗, 加藤 公一, 関 喜史, 阿部 厳, 熊崎 宏樹 (担当:共著)
技術評論社   2015年9月   ISBN:4774176311

講演・口頭発表等

 
Gunosyにおける研究開発 [招待有り]
関 喜史
情報科学フロンティア研究院シンポジウム   2017年11月   
Gunosyにおけるデータドリブンなサービス開発とテキストアナリティクスの利用 [招待有り]
関 喜史
第11回テキストアナリティクスシンポジウム   2017年9月   
ニュース推薦システムのサービス応用とその課題 [招待有り]
関 喜史
第8回ソーシャルコンピューティングシンポジウム   2017年6月   
これからの情報コンテンツビジネスの未来 [招待有り]
関 喜史
社会情報学会例会   2015年10月