Yoh Shiraishi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 14, 2018 at 05:10
 
Avatar
Name
Yoh Shiraishi
E-mail
siraisifun.ac.jp
Affiliation
Future University-Hakodate
Research funding number
90396797

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2016
 - 
Today
Professor, School of Systems Information Science, Future University Hakodate
 
Apr 2011
 - 
Mar 2016
Future University Hakodate
 
Apr 2009
 - 
Mar 2011
Future University Hakodate
 

Published Papers

 
倉 聖美, 白石 陽, 山口 弘純
情報処理学会論文誌   59(2) 496-507   Feb 2018
近年,ショッピングモールやビルなどの屋内施設における人数推定を行う研究がさかんに行われている.なかでも通路の歩行者数を把握できれば,たとえばベビーカーや大きな荷物を持つ歩行者に混雑していない通路情報を提供でき,施設内全体の人流把握などにも役立つと考えられる.これまでに,Wi-Fi送受信機の組を用いて比較的容易に取得できる電波強度の変動を検出し,人数推定を行う手法が提案されているが,既存手法のほとんどは,比較的歩行速度の遅いオフィス空間の居住者や滞留者を対象としており,送受信機間を短時間で通...
Satomi Kura,Hirozumi Yamaguchi,Yoh Shiraishi
2018 IEEE 42nd Annual Computer Software and Applications Conference, COMPSAC 2018, Tokyo, Japan, 23-27 July 2018, Volume 2   640-645   2018   [Refereed]
中島 秀之, 小柴 等, 佐野 渉二, 落合 純一, 白石 陽, 平田 圭二, 野田 五十樹, 松原 仁
情報処理学会論文誌   57(4) 1290-1302   Apr 2016
筆者らは,デマンド応答型公共交通の一種であるSmart Access Vehicle System(SAVS)の社会実装を目指して,これまでにシミュレーション実験による利便性評価を行う中でその効率性を確認してきた.本論文では,SAVSの実装,実証実験,およびシミュレーション評価実験について述べる.2回にわたる実証実験において,SAVSが実際に稼働することを確認した.フルデマンド型乗合車輛複数台のリアルタイム自動配車は筆者らの知る限り世界初であり,このシステムを全自動で稼働できたことは,Sm...
今野 慎介, 中村 嘉隆, 白石 陽, 高橋 修
情報処理学会論文誌   57(1) 109-122   Jan 2016
近年,携帯端末における認証操作による煩わしさを軽減するために,様々な行動的特徴を用いた本人認証法が研究されている.その1つとして,歩行動作を用いて本人認証を行う「歩行認証」が存在する.本研究は,この歩行認証の精度を向上させるための方法を提案するものである.携帯端末には様々なセンサが搭載されている.本研究で提案する手法は,加速度センサと角速度センサから計測された信号を比較することで,あらかじめ登録されたテンプレートと入力信号の間で複数の距離を取得する.得られた複数の距離はユーザ個人性をなくし...
Masaru Matsubayashi,Yoh Shiraishi
Adjunct Proceedings of the 13th International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing Networking and Services, MobiQuitous 2016, Hiroshima, Japan, November 28 - December 1, 2016   94-99   2016   [Refereed]

Misc

 
池田 千夏, 古川 義人, 梅本 笙, 千明 優喜, 佐々木 翔哉, 原 達郎, 善波 有貴, 井上 千奈誉, 日戸 直紘, 金子 伸大, 下河 美咲, 渥美 幸雄, 金井 敦, 白石 陽, 清原 良三
ITを活用した教育研究シンポジウム講演論文集 = Proceedings of the Symposium on the Educational Application of Information Technology   11 5-8   2016
Kohei Kishi, Yoh Shiraishi
IPSJ SIG technical reports   2014(7) 1-7   Nov 2014
Recently, Automatic identification system(AIS) to automatically send and receive information on vessel became common. Therefore, we were able to easily retrieve the data of the position, speed of the ship and all that. Consequently, AIS data is vi...
Ryo Shindo, Yoh Shiraishi
IPSJ SIG technical reports   2014(16) 1-9   Nov 2014
This study aims to present images representing the causes of traffic congestion to drivers who drive on an oncoming lane by using an in-vehicle camera. Detecting the congestion in an oncoming lane is necessary in order to grasp the causes of the c...
Kohei Kishi, Yoh Shiraishi
研究報告高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)   2014(7) 1-7   Nov 2014
Recently, Automatic identification system(AIS) to automatically send and receive information on vessel became common. Therefore, we were able to easily retrieve the data of the position, speed of the ship and all that. Consequently, AIS data is vi...
Ryo Shindo, Yoh Shiraishi
研究報告高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)   2014(16) 1-9   Nov 2014
This study aims to present images representing the causes of traffic congestion to drivers who drive on an oncoming lane by using an in-vehicle camera. Detecting the congestion in an oncoming lane is necessary in order to grasp the causes of the c...

Conference Activities & Talks

 
Towards Realizing Ambient Sensing in Advanced Mobility Society
Yoh Shiraishi
12 Jul 2018