飯島慈裕

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/12 22:51
 
アバター
研究者氏名
飯島慈裕
 
イイジマ ヨシヒロ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/80392934.ja.html
所属
三重大学
部署
生物資源学研究科
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京都立大学)

プロフィール

寒冷圏陸域の気候変動とその影響に関して、シベリアやモンゴルなど北東ユーラシアの永久凍土環境の変化に関する観測研究をしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年9月
 - 
現在
三重大学 地域イノベーション推進機構地域圏防災・減災研究センター 准教授(兼担)
 
2016年4月
 - 
現在
三重大学 大学院生物資源学研究科 准教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
国立研究開発法人海洋研究開発機構 北極環境変動総合研究センター 主任研究員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境観測研究開発センター 主任研究員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境変動領域 主任研究員
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1996年3月
東京都立大学 理学部 地理学科
 

受賞

 
2017年9月
モンゴル国環境・観光省 優秀研究貢献研究者賞
 

論文

 
Kotani Ayumi, Saito Atsushi, Kononov Alexander V., Petrov Roman E., Maximov Trofim C., Iijima Yoshihiro, Ohta Takeshi
AGRICULTURAL AND FOREST METEOROLOGY   265 295-309   2019年2月   [査読有り]
Park Hotaek, Launiainen Samuli, Konstantinov Pavel Y., Iijima Yoshihiro, Fedorov Alexander N.
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-BIOGEOSCIENCES   123(9) 3028-3044   2018年9月   [査読有り]
Ishikawa Mamoru, Jamvaljav Yamkhin, Dashtseren Avirmed, Sharkhuu Natsagdorj, Davaa Gamboo, Iijima Yoshihiro, Baatarbileg Nachin, Yoshikawa Kenji
PERMAFROST AND PERIGLACIAL PROCESSES   29(4) 271-282   2018年10月   [査読有り]
Saito Hitoshi, Iijima Yoshihiro, Basharin Nikolay I., Fedorov Alexander N., Kunitsky Viktor V.
REMOTE SENSING   10(10)    2018年10月   [査読有り]
斉藤 和之, 森 淳子, 町屋 広和, 宮崎 真, 伊勢 武史, 末吉 哲雄, 山崎 剛, 飯島 慈裕, 伊川 浩樹, 市井 和仁, 伊藤 昭彦, 大石 龍太, 太田 岳史, 堅田 元喜, 小谷 亜由美, 佐々井 崇博, 佐藤 篤司, 佐藤 永, 杉本 敦子, 鈴木 力英, 田中 克典, 新田 友子, 庭野 匡思, Burke Eleanor, 朴 昊澤, 山口 悟
雪氷 : journal of the Japanese Society of Snow and Ice   80(2) 159-174   2018年3月
Suzuki Kazuyoshi, Matsuo Koji, Yamazaki Dai, Ichii Kazuhito, Iijima Yoshihiro, Papa Fabrice, Yanagi Yuji, Hiyama Tetsuya
REMOTE SENSING   10(3)    2018年3月   [査読有り]
Takata Kumiko, Patra Prabir K., Kotani Ayumi, Mori Junko, Belikov Dmitry, Ichii Kazuhito, Saeki Tazu, Ohta Takeshi, Saito Kazuyuki, Ueyama Masahito, Ito Akihiko, Maksyutov Shamil, Miyazaki Shin, Burke Eleanor J., Ganshin Alexander, Iijima Yoshihiro, Ise Takeshi, Machiya Hirokazu, Maximov Trofim C., Niwa Yosuke, O'ishi Ryo'ta, Park Hotaek, Sasai Takahiro, Sato Hisashi, Tei Shunsuke, Zhuravlev Ruslan, Machida Toshinobu, Sugimoto Atsuko, Aoki Shuji
ENVIRONMENTAL RESEARCH LETTERS   12(12)    2017年12月   [査読有り]
Crate Susan, Ulrich Mathias, Habeck J. Otto, Desyatkin Aleksey R., Desyatkin Roman V., Fedorov Aleksander N., Hiyama Tetsuya, Iijima Yoshihiro, Ksenofontov Stanislav, Meszaros Csaba, Takakura Hiroki
ANTHROPOCENE   18 89-104   2017年6月   [査読有り]
Ulrich M., Matthes H., Schirrmeister L., Schuetze J., Park H., Iijima Y., Fedorov A. N.
WATER RESOURCES RESEARCH   53(2) 1167-1188   2017年2月   [査読有り]
Iijima Yoshihiro, Park Hotaek, Konstantinov Pavel Ya., Pudov Grigory G., Fedorov Alexander N.
PERMAFROST AND PERIGLACIAL PROCESSES   28(1) 306-313   2017年1月   [査読有り]
Iijima Yoshihiro, Nakamura Tetsu, Park Hotaek, Tachibana Yoshihiro, Fedorov Alexander N.
INTERNATIONAL JOURNAL OF CLIMATOLOGY   36(13) 4265-4275   2016年11月   [査読有り]
Uttal Taneil, Starkweather Sandra, Drummond James R., Vihma Timo, Makshtas Alexander P., Darby Lisa S., Burkhart John F., Cox Christopher J., Schmeisser Lauren N., Haiden Thomas, Maturilli Marion, Shupe Matthew D., De Boer Gijs, Saha Auromeet, Grachev Andrey A., Crepinsek Sara M., Bruhwiler Lori, Goodison Barry, McArthur Bruce, Walden Von P., Dlugokencky Edward J., Persson P. Ola G., Lesins Glen, Laurila Tuomas, Ogren John A., Stone Robert, Long Charles N., Sharma Sangeeta, Massling Andreas, Turner David D., Stanitski Diane M., Asmi Eija, Aurela Mika, Skov Henrik, Eleftheriadis Konstantinos, Virkkula Aki, Platt Andrew, Forland Eirik J., Iijima Yoshihiro, Nielsen Ingeborg E., Bergin Michael H., Candlish Lauren, Zimov Nikita S., Zimov Sergey A., O'Neill Norman T., Fogal Pierre F., Kivi Rigel, Konopleva-Akish Elena A., Verlinde Johannes, Kustov Vasily Y., Vasel Brian, Ivakhov Viktor M., Viisanen Yrjoe, Intrieri Janet M.
BULLETIN OF THE AMERICAN METEOROLOGICAL SOCIETY   97(6) 1033-1056   2016年6月   [査読有り]
Liljedahl Anna K., Boike Julia, Daanen Ronald P., Fedorov Alexander N., Frost Gerald V., Grosse Guido, Hinzman Larry D., Iijma Yoshihiro, Jorgenson Janet C., Matveyeva Nadya, Necsoiu Marius, Raynolds Martha K., Romanovsky Vladimir E., Schulla Joerg, Tape Ken D., Walker Donald A., Wilson Cathy J., Yabuki Hironori, Zona Donatella
NATURE GEOSCIENCE   9(4) 312-+   2016年4月   [査読有り]
Sueyoshi T., Saito K., Miyazaki S., Mori J., Ise T., Arakida H., Suzuki R., Sato A., Iijima Y., Yabuki H., Ikawa H., Ohta T., Kotani A., Hajima T., Sato H., Yamazaki T., Sugimoto A.
EARTH SYSTEM SCIENCE DATA   8(1) 1-14   2016年   [査読有り]
Miyazaki S., Saito K., Mori J., Yamazaki T., Ise T., Arakida H., Hajima T., Iijima Y., Machiya H., Sueyoshi T., Yabuki H., Burke E. J., Hosaka M., Ichii K., Ikawa H., Ito A., Kotani A., Matsuura Y., Niwano M., Nitta T., O'ishi R., Ohta T., Park H., Sasai T., Sato A., Sato H., Sugimoto A., Suzuki R., Tanaka K., Yamaguchi S., Yoshimura K.
Geoscientific Model Development   8(9) 2841-2856   2015年   [査読有り]
Dashtseren Avirmed, Ishikawa Mamoru, Iijima Yoshihiro, Jambaljav Yamkin
PERMAFROST AND PERIGLACIAL PROCESSES   25(4) 295-306   2014年10月   [査読有り]
Ohta Takeshi, Kotani Ayumi, Iijima Yoshihiro, Maximov Trofim C., Ito Syogo, Hanamura Miho, Kononov Alexander V., Maximov Ayal P.
AGRICULTURAL AND FOREST METEOROLOGY   188 64-75   2014年5月   [査読有り]
Ueta Akihiro, Sugimoto Atsuko, Iijima Yoshihiro, Yabuki Hironori, Maximov Trofim C.
ECOHYDROLOGY   7(2) 197-208   2014年4月   [査読有り]
Iijima Yoshihiro, Ohta Takeshi, Kotani Ayumi, Fedorov Alexander N., Kodama Yuji, Maximov Trofim C.
ECOHYDROLOGY   7(2) 177-187   2014年4月   [査読有り]
Ueta Akihiro, Sugimoto Atsuko, Iijima Yoshihiro, Yabuki Hironori, Maximov Trofim C., Velivetskaya Tatiana A., Ignatiev Alexander V.
HYDROLOGICAL PROCESSES   27(16) 2295-2305   2013年7月   [査読有り]
田中 健太, 平尾 章, 鈴木 亮, 飯島 慈裕, 浜田 崇, 尾関 雅章, 廣田 充
地学雑誌   122(4) 628-637   2013年
 Artificial warming experiments on alpine, subalpine, boreal, and subboreal ecosystems are reviewed to understand the impacts of global warming on the ecosystems of these regions. Among various warming methods, passive warming methods, especially ...
飯島 慈裕, 石川 守, ジャンバルジャフ ヤムキン
日本水文科学会誌 = Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences   42(3) 119-130   2012年8月
Park Hotaek, Iijima Yoshihiro, Yabuki Hironori, Ohta Takeshi, Walsh John, Kodama Yuji, Ohata Tetsuo
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   116    2011年8月   [査読有り]
Iijima Yoshihiro, Fedorov Alexander N., Park Hotaek, Suzuki Kazuyoshi, Yabuki Hironori, Maximov Trofim C., Ohata Tetsuo
PERMAFROST AND PERIGLACIAL PROCESSES   21(1) 30-41   2010年1月   [査読有り]
吉田 圭一郎, 飯島 慈裕
陸水學雜誌   70(1) 13-20   2009年5月
本研究では父島気象観測所の観測データ(1998-2007年)を用いて、最近10年間の小笠原諸島における水文気候環境について明らかにした。1998年から2001年までは気候湿潤度(年降水量/年ポテンシャル蒸発量)が1.0前後で乾燥と湿潤状態が釣り合った状況であったが、2005年をのぞく2002年以降は気候湿潤度が1.0を下回り、乾燥する傾向にあった。2004年は、アジアモンスーンの北上が早く、北太平洋(小笠原)高気圧がよく発達したため強い乾燥環境に晒され、乾燥期間が5ヶ月以上の長期間継続した...
Ohta Takeshi, Maximov Trofim C., Dolman A. Johannes, Nakai Taro, van der Molen Michiel K., Kononov Alexander V., Maximov Ayal P., Hiyama Tetsuya, Iijima Yoshihiro, Moors Eddy J., Tanaka Hiroki, Toba Tae, Yabuki Hironori
AGRICULTURAL AND FOREST METEOROLOGY   148(12) 1941-1953   2008年12月   [査読有り]
Iijima Yoshihiro, Kawaragi Tsuneo, Ito Takehiko, Akshalov Kanat, Tsunekawa Atsushi, Shinoda Masato
HYDROLOGICAL PROCESSES   22(16) 2974-2981   2008年7月   [査読有り]
Iijima Yoshihiro, Masuda Kooiti, Ohata Tetsuo
INTERNATIONAL JOURNAL OF CLIMATOLOGY   27(2) 169-177   2007年2月   [査読有り]
吉田 圭一郎, 岩下 広和, 飯島 慈裕, 岡 秀一
地理学評論   79(10) 516-526   2006年
本研究では父島気象観測所で観測された78年分(戦前: 1907~1943年,占領期間: 1951~1959年,返還後: 1969~2000年)の月別気温および降水量データを用いて小笠原諸島における水文気候環境の長期的な変化を解析した.占領期間および返還後の年平均気温は戦前と比較して0.4~0.6°C 高く,年平均気温の上昇率は0.75°C/100yrであった.また,返還後の年降水量は戦前に比べて約20%減少した.修正したソーンスウェイト法により算出した月別の可能蒸発量と水収支から,年平均の...
飯島 慈裕, 篠田 雅人
地理学評論   77(11) 716-733   2004年
八ヶ岳連峰稲子岳の凹地で1997年夏季に形成された冷気湖について,中部日本の大気状態との関係を明らかにするとともに,平野・盆地域での夜間冷却との比較から,山岳地域における夜間冷却の形成条件を検討した.7月下旬の梅雨明け直後には,凹地では秋に匹敵する強さの気温逆転を持っ冷気湖が形成された.これは中部日本が梅雨明けをもたらした大陸からの高気圧に覆われ,山岳地域では顕著な乾燥と弱風という大気状態が継続し,放射冷却が強められたためと考えられる.一方,アメダス観測データによると,中部日本の平野・盆地...
吉田 圭一郎, 飯島 慈裕, 岩下 広和, 岡 秀一
地學雜誌   112(3) 431-436   2003年6月
吉田 圭一郎, 飯島 慈裕, 岩下 広和, 岡 秀一
地學雜誌   111(5) 711-725   2002年
Although the climatic environment has not been quantified, it is commonly believed that subtropical dry scrub is distributed in the dryer areas of Chichijima Island in the Ogasawara (Bonin) Islands, the northwestern Pacific. To clarify the hydrocl...
飯島 慈裕, 福井 幸太郎
天気   47(9) 617-618   2000年9月
飯島 慈裕, 篠田 雅人
地理学評論. Ser. A   71(8) 559-572   1998年
「植生の逆転」現象が見られる八ヶ岳連峰稲子岳の凹地内で1995年暖候期に行った気温観測結果から,凹地内で形成される冷気湖の季節性,形成状態についての知見が得られた.冷気湖形成を山頂と凹地底の気温差から定義したところ,冷気湖は観測期間132日に78日形成されていた.冷気湖は,夏季は太平洋高気圧下で形成され(夏型),9月以降は移動性高気圧下で形成されていた(秋型).夏型の冷気湖は逆転時間が短く,弱い冷気湖である場合が多いのに対して,秋型の冷気湖は一晩中持続し,強い冷気湖であることが多かった.こ...

Misc

 
吉田 圭一郎, 飯島 慈裕, 岡 秀一
小笠原研究年報   29 1-6   2006年3月
植生や生態系に関する研究に比べ、小笠原諸島における気象観測研究は少ない。本稿では小笠原諸島を対象とした気象観測やデータ解析の研究成果をレビューし、今後の課題について述べた。小笠原諸島は水文気候学的に乾燥域と湿潤域の境界に位置していた。近年は気候の乾燥化が顕著であり、その植生に対する影響が危惧されている。島嶼スケールを対象とした気象観測研究では、水平分布と比べて、気候の鉛直分布に関するものはほとんど行われていない。今後は雲霧帯のような植生分布に影響する気候の鉛直分布を詳細に観測していく必要がある。
浜田 崇, 尾関 雅章, 飯島 慈裕
長野県環境保全研究所研究報告   (10) 43-48   2014年
飯島 慈裕, 会田 健太郎, 浅沼 順, 石川 守, 岩崎 博之, 太田 岳史, 小谷 亜由美, 佐藤 友徳, 篠田 雅人, 杉浦 幸之助, 朴 昊澤, 檜山 哲哉, 平沢 尚彦, 金子 有紀, 堀 雅裕, GOMBOLUUDEV Purevjav, OYUNBAATAR Dambaravjaa, IIJIMA Yoshihiro, AIDA Kentaro, ASANUMA Jun, ISHIKAWA Mamoru, IWASAKI Hiroyuki, OHTA Takeshi, KOTANI Ayumi, SATO Tomonori, SHINODA Masato, SUGIURA Konosuke, PARK Hotaek, HIYAMA Tetsuya, HIRASAWA Naohiko, KANEKO Yuki, HORI Masahiro
三重大学大学院生物資源学研究科紀要   (43) 15-25   2017年9月
A core observatory satellite of the Global Precipitation Measurement (GPM) has been launched by the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) in February 2014. The satellite can newly observe both liquid and solid precipitation in the high latitud...
尾関 雅章, 浜田 崇, 飯島 慈裕
長野県環境保全研究所研究報告   (7) 39-42   2011年
中央アルプス千畳敷カールで得られたハイマツを用いて,1980年から2009年までの30年間の年枝伸長量を計測した.計測した30年間では,ハイマツの年枝伸長量は平均4.14cmであった.この30年間で年枝伸長量は有意な増加傾向を示した.年枝伸長量と気温の関係では,前年の6月と7月の月平均気温と有意な正の相関関係が認められた.
飯島 慈裕, 佐藤 友徳
気象研究ノート   (230) 1-11   2014年10月
飯島 慈裕, 佐藤 友徳
気象研究ノート   (230) 212-219   2014年10月
飯島 慈裕, 猪上 淳, 堀 正岳
大会講演予講集   103    2013年
飯島 慈裕, 猪上 淳, 堀 正岳, 高谷 康太郎
大会講演予講集   101    2012年
平沢 尚彦, 橋田 元, 山内 恭, 本田 明治, 西井 和晃, 飯島 慈裕, 藤田 秀二, 青木 茂, 飯田 高大
天気   58(4) 317-323   2011年4月
飯島 慈裕, 浜田 崇
長野県自然保護研究所紀要   7 45-54   2004年
中部山岳地域の高山・亜高山地域4地点(八ヶ岳連峰稲子岳、木曽山脈木曽駒ヶ岳、乗鞍連峰大黒岳、立山連峰真砂岳)において自動気象観測装置を設置し、山岳地域の温度・水環境の総合的なモニタリングを開始した。2002年10月から2003年5月までの観測結果から、気温、地表面温度が氷点下になる期間(寒候期)の入りと明けが4地点でほぼ同調しており、また、春には多量の降雨が融雪や土壌の融解を進める重要な原因となっていたことが示された。
飯島 慈裕, 石川 守, ジャンバルジャフ ヤムキン
日本水文科学会誌   42(3) 119-130   2012年
モンゴル北部の山岳地域は,北向き斜面にカラマツからなる森林,南向き斜面には草原が広がる植生の漸移帯(エコトーン)をなしている。この森林-草原斜面は,永久凍土・季節凍土の分布と重なり,明瞭な水循環過程のコントラストを示す。本研究は,ヘンテイ山脈トーレ川上流域で2004 年から開始した森林・草原斜面での各種水文気象の観測結果から,植物生長開始と生長期間の蒸散量の季節変化に影響する凍土-水文気象条件の対応関係の解明を目的としている。森林斜面からの蒸散量は,6 月~ 7 月上旬の雨量が7 月の土壌...
飯島 慈裕, 吉田 圭一郎, 岩下 広和
小笠原研究年報   (28) 63-71   2004年
飯島 慈裕, 堀 正岳, 立花 義裕
大会講演予講集   98    2010年
飯島 慈裕, 吉田 圭一郎, 岩下 広和
小笠原研究年報   (27) 97-104   2003年
朱 洪霞, 山本 一清, 太田 岳史, 飯島 慈裕
日本森林学会大会発表データベース   121(0) 414-414   2010年
飯島 慈裕, 篠田 雅人
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   59    2001年
飯島 慈裕, 篠田 雅人
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   57 258-259   2000年
飯島 慈裕, 篠田 雅人
長野県自然保護研究所紀要   (3) 41-53   2000年
長野県東部の八ヶ岳連峰稲子岳の凹地と亜高山斜面における気候特性を把握するために,標高2,380mの稲子岳山頂から1,580mの谷部までの斜面において,1997年の暖候期に気温を中心とする気象観測を実施した.本稿では,気温・相対湿度・風向風速の観測データを報告し,亜高山斜面の気温特性と凹地内の湿度と風向風速の特性について考察した.
岩下 広和, 飯島 慈裕, 吉田 圭一郎, 岡 秀一
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   60    2001年
吉田 圭一郎, 飯島 慈裕, 岩下 広和, 岡 秀一
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   60    2001年
飯島 慈裕, 吉田 圭一郎, 岩下 広和
小笠原研究年報   (25) 77-87   2001年
堀 正岳, 猪上 淳, 堀 雅裕, 菊地 隆, 本田 明治, 飯島 慈裕, 立花 義裕
大会講演予講集   96    2009年
山崎 孝治, 平沢 尚彦, 中村 尚, 浮田 甚郎, 高田 久美子, 阿部 彩子, 佐藤 薫, 本田 明治, 齋藤 冬樹, 猪上 淳, 高谷 康太郎, 小林 宏之, 飯島 慈裕
天気   55(10) 837-840   2008年10月
飯島 慈裕, 中村 哲, 立花 義裕, 大畑 哲夫
大会講演予講集   93    2008年
杉浦 幸之助, 門田 勤, 飯島 慈裕, Zhang Yinsheng, 石川 守, 山崎 剛, Purevdagva Khalzan, Davaa Gombo, 大畑 哲夫
雪氷研究大会講演要旨集   2008(0) 53-53   2008年
山崎 剛, 飯島 慈裕, 石川 守
雪氷研究大会講演要旨集   2008(0) 7-7   2008年
飯島 慈裕
水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES   20(4)    2007年7月
吉田 圭一郎, 飯島 慈裕, 岡 秀一
小笠原研究   35 15-58   2010年3月
Subtropical dry scrub is widely distributed on Ani-jima (Ani-jima Island) and includes rare endemic plant species of the Ogasawara Islands, northwestern Pacific. In this study, we evaluated the hydroclimatic conditions that affect the establishmen...
飯島 慈裕
地図情報   28(3) 13-15   2008年11月
吉田 圭一郎, 飯島 慈裕, 岡 秀一, 見塩 昌子
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (69)    2006年3月
飯島 慈裕, 石川 守, 門田 勤, 大畑 哲夫
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (69)    2006年3月
飯島 慈裕, 遠藤 伸彦, 矢吹 裕伯, 門田 勤, 大畑 哲夫
大会講演予講集   90    2006年
遠藤 伸彦, 飯島 慈裕
大会講演予講集   90    2006年
飯島 慈裕, 山崎 剛, 矢吹 裕伯, 大畑 哲夫
大会講演予講集   86    2004年10月
吉田 圭一郎, 飯島 慈裕, 岩下 広和, 岡 秀一
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (65)    2004年3月
飯島 慈裕, 岩下 広和, 吉田 圭一郎, 岡 秀一
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (65)    2004年3月
飯島 慈裕, 河原木 常男, AKSHALOV K., 伊藤 健彦, 恒川 篤史, 篠田 雅人
大会講演予講集   84    2003年10月
飯島 慈裕, 篠田 雅人
地學雜誌   112(3) 419-422   2003年6月
河原木 常男, 飯島 慈裕, 篠田 雅人
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   63    2003年3月
飯島 慈裕, 河原木 常男, AKSHALOV Kanat, 伊藤 健彦, 恒川 篤史, 篠田 雅人
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   63    2003年3月
根本 学, 飯島 慈裕, 中野 智子, 木村 圭司
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   63    2003年3月
飯島 慈裕, 根本 学, 中野 智子, 木村 圭司
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   63    2003年3月
篠田 雅人, 恒川 篤史, 伊藤 健彦, 根本 学, 飯島 慈裕
大会講演予講集   82    2002年10月
伊藤 健彦, 飯島 慈裕, 根本 学, 恒川 篤史, 篠田 雅人
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (62)    2002年9月
吉田 圭一郎, 飯島 慈裕, 岩下 広和, 岡 秀一
地學雜誌   111(5) Plate4-Plate4   2002年
狩野 真規, 飯島 慈裕, 田中 博春, 岩下 広和, 三上 岳彦
大会講演予講集   77    2000年5月

書籍等出版物

 
アジアとしてのシベリア ロシアの中のシベリア先住民世界
永山ゆかり・吉田睦 (担当:分担執筆, 範囲:シベリアの自然環境―地理的背景とその変化)
2018年12月   ISBN:978-4-585-22693-2
自然地理学辞典
飯島慈裕 (担当:分担執筆, 範囲:気温・地表面温度・地温、冷気湖と冷気流、接地・上層逆転と山腹温暖帯/斜面の温暖帯)
朝倉書店   2017年1月   
飯島 慈裕, 佐藤 友徳
日本気象学会   2014年10月   ISBN:9784904129135
遠藤 邦彦, 山川 修治, 藁谷 哲也
二宮書店   2010年   ISBN:9784817603395
日本大学生物資源科学部国際地域研究所, 川東 正幸, 飯島 慈裕, 岩佐 真宏, 安倍 弘, Shchelchkova Marina V., Boeskorov Gennady G.
龍溪書舎   2009年   

講演・口頭発表等

 
飯島 慈裕
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2002年3月1日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 飯島 慈裕
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 飯島 慈裕
近年、東シベリアにおいて、気候の急速な湿潤化が進行している。本研究は、現地観測の展開によって、永久凍土地域の土壌水分量が増加し、同時に地温上昇・表層部の永久凍土融解(活動層厚増加)が顕著に進行し、さらに植生・地形の変化がもたらされた一連の凍土荒廃の物理・生態的プロセスを明らかにした。さらに、衛星データ解析から湿潤化による凍土環境荒廃状況について、その時空間分布の地図化手法の開発と検証を行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 飯島 慈裕
本研究は,モンゴル山岳地域の草原-森林漸移地帯における蒸発散特性の解明と,その凍土・水文気候条件との関連性を明らかにすることを目的とする。本年度は,観測として,トーレ川流域の森林(カラマツ)斜面において地形的位置の異なる3地点(谷底、斜面中部,尾根部)にサイトを設定し,5月上旬〜9月下旬にかけて蒸散量,地温・土壌水分と森林の幹生長量を測定した。また,森林樹冠上と草原における地上気象観測を合わせて行った。解析では,本研究以前の2004年から得られている観測データも統合し,森林、草原斜面の水文...