万谷 義和

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 16:59
 
アバター
研究者氏名
万谷 義和
 
マンタニ ヨシカズ
eメール
mantanimse.suzuka-ct.ac.jp
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
材料工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

論文

 
Effect of dimensions on martensitic formation of quenched Ti-Nb Alloys
Y. Mantani, M. Kawamata, and K. Watanabe
DEStech Transactions on Engineering and Technology Research (3rd AMMA 2017)   293-299   2017年8月   [査読有り]
Effect of Stress Loading on Elastic Behavior of Quenched Ti-Nb Alloys
Y. Mantani, and Y. Takemoto
Proc. of the 9th Pacific Rim International Conf. on Advanced Materials and Processing   644-647   2016年8月   [査読有り]
Casting Solidification Structure of Titanium and Titanium Alloys
Y. Mantani, and E. Okuda
Proc. 72nd World Foundry Congress   P12   2016年5月   [査読有り]
技術トピックス チタン合金の制振性を向上させる組織設計制御法
万谷 義和
日本ばね学会会報   534 4-5   2016年3月   [招待有り]

Misc

 
チタン合金の引張変形特性に及ぼす焼入れhcpマルテンサイト組織の影響
万谷義和、小林明日香、伊藤康喜
日本機械学会2018年度年次大会DVD講演論文集   (S0310001) 1-4   2018年9月
Investigation of Surface Hardening Treatment Conditions for Application to Titanium Alloys with High Damping Capacity
Proc. of Int. Conf. on Quenching and Distortion Engineering 2018   (P3) 1-4   2018年11月
Investigation of Alloy Design Guideline for Improvement of Damping Property of Titanium Alloys
Proc. of Int. Conf. on Quenching and Distortion Engineering 2018   (P4) 1-4   2018年11月

書籍等出版物

 
Professional Engineer Library 機械・金属材料学
監修: PEL編集委員会 編著:黒田大介 執筆:浅田、生田、門井、兼松、鎌土、小林、小林、下古谷、二宮、北条、松木、万谷、山崎、横山、和田 (担当:分担執筆, 範囲:9章)
実教出版   2015年9月   

講演・口頭発表等

 
万谷義和, 佐田幸葉, 竹元嘉利
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2018年9月5日   
万谷義和, 河俣美佑, 平山貴紀, 竹元嘉利
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   2018年3月21日   
準安定β型Ti-Nb合金の相安定性と材料特性の関係
村林 真、万谷 義和
日本金属学会・日本鉄鋼協会 東海支部主催 第28回学生による材料フォーラム   2018年10月31日   
鉄鋼材料における溶接部および溶射部の熱影響による組織と特性の変化
渕上 三香月、万谷 義和 一柳 充、杉野 大雄
日本金属学会・日本鉄鋼協会 東海支部主催 第28回学生による材料フォーラム   2018年10月31日   
Ti-18Nb合金へのAl添加量による焼入れ組織と相安定性の変化
佐田 幸葉、万谷 義和
日本金属学会・日本鉄鋼協会 東海支部主催 第28回学生による材料フォーラム   2018年10月31日