万谷 義和

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/13 14:13
 
アバター
研究者氏名
万谷 義和
 
マンタニ ヨシカズ
eメール
mantanimse.suzuka-ct.ac.jp
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
材料工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

論文

 
Effect of dimensions on martensitic formation of quenched Ti-Nb Alloys
Y. Mantani, M. Kawamata, and K. Watanabe
DEStech Transactions on Engineering and Technology Research (3rd AMMA 2017)   293-299   2017年8月   [査読有り]
Effect of Stress Loading on Elastic Behavior of Quenched Ti-Nb Alloys
Y. Mantani, and Y. Takemoto
Proc. of the 9th Pacific Rim International Conf. on Advanced Materials and Processing   644-647   2016年8月   [査読有り]
Casting Solidification Structure of Titanium and Titanium Alloys
Y. Mantani, and E. Okuda
Proc. 72nd World Foundry Congress   P12   2016年5月   [査読有り]
技術トピックス チタン合金の制振性を向上させる組織設計制御法
万谷 義和
日本ばね学会会報   534 4-5   2016年3月   [招待有り]

書籍等出版物

 
Professional Engineer Library 機械・金属材料学
監修: PEL編集委員会 編著:黒田大介 執筆:浅田、生田、門井、兼松、鎌土、小林、小林、下古谷、二宮、北条、松木、万谷、山崎、横山、和田 (担当:分担執筆, 範囲:9章)
実教出版   2015年9月   

講演・口頭発表等

 
軽金属材料(難削材)の加工技術
万谷 義和
公益財団法人三重県産業支援センター主催 平成29年度ものづくり技術基礎講座   2017年12月6日   
制振チタン合金の焼入れ組織形成に及ぼす寸法効果の検証
万谷 義和
公益財団法人天野工業研究所 平成28年度年次報告   2017年12月   
準安定型β型チタン合金の応力負荷による組織と機械的性質の変化
内田 茉友子、万谷 義和
日本金属学会・日本鉄鋼協会 東海支部主催 第27回学生による材料フォーラム   2017年11月16日   
α+β型チタン合金における安定相と焼入れマルテンサイト相の構造と硬さの関係
河俣 美佑、小林 明日香、万谷 義和
日本金属学会・日本鉄鋼協会 東海支部主催 第27回学生による材料フォーラム   2017年11月16日   
α+β型チタン合金の焼入れマルテンサイト組織における引張特性の特徴
小林 明日香、河俣 美佑、万谷 義和
日本金属学会・日本鉄鋼協会 東海支部主催 第27回学生による材料フォーラム   2017年11月16日