角 幸頼

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/16 16:59
 
アバター
研究者氏名
角 幸頼
 
スミ ユキヨシ
eメール
ysumibelle.shiga-med.ac.jp
所属
滋賀医科大学
部署
精神医学講座
職名
大学院生

プロフィール

2015年より精神科医として勤務。レム睡眠行動障害、認知症を研究テーマにしています。

研究分野

 
 

論文

 
Masuda Fumi, Sumi Yukiyoshi, Takahashi Masahiro, Kadotani Hiroshi, Yamada Naoto, Matsuo Masahiro
NEUROSCIENCE LETTERS   665 99-103   2018年2月   [査読有り]
Fujiwara K, Abe E, Kamata K, Nakayama C, Suzuki Y, Yamakawa T, Hiraoka T, Kano M, Sumi Y, Masuda F, Matsuo M, Kadotani H
IEEE transactions on bio-medical engineering      2018年11月   [査読有り]
Matsuo M, Masuda F, Sumi Y, Takahashi M, Yamada N, Ohira MH, Fujiwara K, Kanemura T, Kadotani H
Frontiers in neurology   7(JUL) 110   2016年7月   [査読有り]
Changes in the symptom frequency of rapid eye movement sleep behavior disorder according to disease duration
Sumi Yukiyoshi, Masahiro Matsuo, Takao Nakabayashi, Fumi Masuda, Masahiro Takahashi, Takashi Kanemura, Kenichi Kuriyama, Naoto Yamada, Masanori Takami, Hiroshi Kadotani
Sleep Science and Practice   1(16)    2017年8月   [査読有り]

Misc

 
角谷寛, 鷹見将規, 西川公平, 角幸頼, 中林孝夫, 藤井勇佑, 松尾雅博, 山田尚登
産業衛生学雑誌   60 489   2018年5月
車井祐一, 角幸頼, 山本彬, 吉村篤, 栗山健一, 栗山健一, 山田尚登, 山田尚登
精神神経学雑誌   119(9) 696‐697-697   2017年9月
レビー小体関連疾患の前駆病態として注目されるレム睡眠行動異常の最新の話題 RBD経過中に見られる症状頻度の変化と、精神機能との関連
松尾 雅博, 角 幸頼, 角谷 寛
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   42回 112-112   2017年6月
同一医療機関における口腔内装置(OA)治療のための医科-歯科連携の現状
鷹見 将規, 角 幸頼, 藤井 勇佑, 中林 孝夫, 山本 彬, 加根村 隆, 家森 正志, 上津 昌広, 角谷 寛
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   42回 178-178   2017年6月
REM睡眠行動障害におけるレビー小体病進行の包括的評価
角 幸頼, 松尾 雅博, 中林 孝夫, 加根村 隆, 栗山 健一, 山田 尚登, 鷹見 将規, 角谷 寛
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   42回 189-189   2017年6月