住谷 陽輔

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/18 14:26
 
アバター
研究者氏名
住谷 陽輔
 
スミヤ ヨウスケ
eメール
undercutserveyahoo.co.jp
URL
https://wwwchem.sci.hokudai.ac.jp/~theochem/member.html?20180501-1100
所属
特定国立研究開発法人理化学研究所
部署
杉田理論分子科学研究室
職名
特別研究員
学位
博士(理学)(北海道大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
2019年9月
 - 
現在
理化学研究所 特別研究員
 
2018年4月
 - 
2019年8月
北海道大学 博士研究員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本学術振興会 特別研究員 DC1
 
2014年2月
 - 
2018年3月
物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラム
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
北海道大学大学院 総合化学院 博士課程
 
2013年4月
 - 
2015年3月
北海道大学大学院 総合化学院 修士課程
 
2009年4月
 - 
2013年3月
北海道大学 理学部 化学科
 

受賞

 
2016年5月
第19回理論化学討論会 優秀ポスター賞 複雑反応経路網上で起こる単分子解離反応の分岐比の厳密解
 

論文

 
Understanding CO oxidation on Pt(111) surface based on reaction route network
K. Sugiyama, Y. Sumiya, M. Takagi, K. Saita, S. Maeda
Phys. Chem. Chem. Phys.   in press    2019年   [査読有り]
Yosuke Sumiya, Satoshi Maeda
Chem. Lett.   48 47-50   2019年   [査読有り]
Yosuke Sumiya, Satoshi Maeda
Chem. Eur. J.   24 12264-12268   2018年   [査読有り]
Satoshi Maeda, Kanami Sugiyama, Yosuke Sumiya, Makito Takagi, Kenichiro Saita
Chem. Lett.   47 396-399   2018年2月   [査読有り]
Maeda, Satoshi; Takagi, Makito; Saita, Kenichiro; Suzuki, Kimichi; Ichino, Tomoya; Sumiya, Yosuke; Sugiyama, Kanami; Ono Yuriko
Journal of Computational Chemistry   39 233-250   2018年2月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Conformational entropy of claisen rearrangement calculated by rate constant matrix contraction method
住谷陽輔,前田 理
11th Triennial Congress of the World Association of Theoretical and Computational Chemistry   2017年8月   
Reaction mechanism and kinetics of organic multicomponent reactions studied by combined automatic reaction path search and rate constant matrix contraction methods
Yosuke Sumiya, Satoshi Maeda
33th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics   2017年6月   
多成分連結反応の反応経路ネットワークとその速度論的理解:パッセリーニ反応
住谷陽輔、前田 理
第20回理論化学討論会   2017年5月   
Conformational Entropy of Unimolecular Reactions Studied by a New Kinetic Approach
Sumiya,Yosuke; Taketsugu,Tetsuya; Maeda, Satoshi
13TH INTERNATIONAL CONFERENCE OF COMPUTATIONAL METHODS IN SCIENCES AND ENGINEERING (ICCMSE2017)   2017年4月21日   
速度定数行列縮約法を用いた反応経路自動探索の効率化:多成分連結反応への応用
住谷 陽輔、武次 徹也、前田 理
日本化学会 第97春季年会   2017年3月16日   

競争的資金等の研究課題

 
複雑反応経路網に適用し得る速度解析法の開発
日本学術振興会: 科学研究費(特別研究員奨励費)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 住谷 陽輔

社会貢献活動

 
理系応援キャラバン隊 in 帯広
【運営参加・支援, 実演】  北海道大学 女性研究者支援室  理系応援キャラバン隊  2012年9月