丸谷靖幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 17:21
 
アバター
研究者氏名
丸谷靖幸
 
マルヤ ヤスユキ
所属
岐阜大学

プロフィール

実験,現地観測および数値計算を行うことで,主に流域圏における水環境および生態系保全に向けて,水・物質(主に有機物)輸送機構に関する研究を行っています.また,この物質・有機物輸送機構が気候変動によってどのように変化するのかについても全球気候モデルの出力値を利用して検討しています.さらに,気候変動の影響は水災害(洪水や土砂災害など)を引き起こす確率が高くなるため,防災という観点と環境学的な視点の両者から流域圏の水環境および生態系保全を行うことを目的に研究を進めています.

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
2016年7月
京都大学大学院工学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2009年3月
北見工業大学 工学部 土木開発工学科
 
2009年4月
 - 
2011年3月
北見工業大学 工学研究科 土木開発工学専攻
 
2011年4月
 - 
2014年3月
北見工業大学 大学院工学研究科博士後期課程 寒冷地・環境・エネルギー工学専攻
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
2019年5月
公益社団法人土木学会  調査研究部門/水工学委員会/グローカル気候変動適応研究推進小委員会委員
 

受賞

 
2011年11月
土木学会 土木学会平成23年度全国大会第66回年次学術講演会優秀講演者賞 GCMを用いた東京湾におけるDO濃度回復に関する将来予測
 

論文

 
気候変動影響評価に向けた気候モデルおよび影響評価モデルの不確実性の評価
丸谷靖幸,原田守啓,伊東瑠衣,川瀬宏明,大楽浩司,佐々木秀孝
土木学会論文集B1(水工学)   74(5) 109-114   2018年11月   [査読有り]
JRA-55再解析データのダウンスケーリング実験における地形モデル選択が洪水流出解析に及ぼす影響
原田守啓,丸谷靖幸,伊東瑠衣,石崎紀子,川瀬宏明,大楽浩司,佐々木秀孝
土木学会論文集B1(水工学)   74(5) 103-108   2018年11月   [査読有り]
斜面崩壊危険度予測のための20 kmメッシュd4PDF確率降雨量のバイアス補正値の提案
児島利治,丸谷靖幸,原田守啓
土木学会論文集B1(水工学)   74(5) 133-138   2018年11月   [査読有り]
気候変動影響評価に向けた降雨分布の空間解像度が流出解析に与える影響に関する検討
丸谷靖幸,原田守啓,伊東瑠衣,川瀬宏明,大楽浩司,佐々木秀孝
土木学会論文集G(環境)   74(5) 147-156   2018年9月   [査読有り]
Nitrogen fluxes between the ocean and a river basin using stable isotope analysis
K. Nakayama, T. Maruya, K. Matsumoto, K. Komai, T. Kuwae
Estuarine, Coastal and Shelf Science   212 286-293   2018年7月   [査読有り]
最前線の水文・水資源学〜WACCA世代の挑戦〜
田中智大,渡部哲史,小槻峻司,林善晃,丸谷靖幸,峠嘉哉,山崎大,木村匡臣,田上雅浩,江草智弘,橋本雅和,仲吉信人
水文・水資源学会誌   31(6) 509-540   2018年11月   [査読有り]
山地森林の炭素循環と生態系機能の環境応答に関する長期・複合的研究の展望
村岡裕由,丸谷靖幸,永井信
地学雑誌      2018年   [査読有り]
アンサンブル気候変動予測データベースを用いた洪水頻度解析による長良川流域の温暖化影響評価
原田守啓,丸谷靖幸,児島利治,松岡大祐,中川友進,川原慎太郎,荒木文明
土木学会論文集B1(水工学)   74(4) 181-186   2018年3月   [査読有り]
釧路川流域が親潮沿岸域に供給する溶存炭素量の将来予測に向けて
笠間基,駒井克昭,丸谷靖幸,佐藤辰哉
土木学会論文集B1(水工学)   74(4) 133-138   2018年3月   [査読有り]
ローカルスケールの気候変動影響評価に向けたJRA-55降水量に対する統計的補正手法の検討
丸谷靖幸,渡部哲史,田中智大,立川康人
土木学会論文集B1(水工学)   73(4) 115-120   2017年3月   [査読有り]
蛍光X線分析を利用した細流土砂の輸送割合と安定同位体比による窒素循環量の推定
中山恵介,駒井克昭,丸谷靖幸,松本経,阪口詩乃,桑江朝比呂
土木学会論文集B1(水工学)   73(4) 1177-1182   2017年3月   [査読有り]
佐野史也,中山恵介,山田俊郎,佐藤之信,丸谷靖幸,駒井克明,尾山洋一,若菜勇
土木学会論文集B2(海洋開発)   72(2) 988-993   2016年8月   [査読有り]
水文気象データが乏しい流域を対象とした気候変動影響評価手法の検討
丸谷靖幸,Matthew R. Hipsey,渡部哲史,Sri Adiyanti,立川康人
土木学会論文集B2(水工学)   72(4) 37-42   2016年3月
Suspended sediment transport estimation by X-RAY fluorescence analysis
C. Beitia, K. Nakayama, Y.Maruya, N. Ohtsu, S. Yamasaki, M. Yamane, A S. J. Wyatt, K. Komai
土木学会論文集B2(水工学)   72(4) 1039-1044   2016年3月   [査読有り]
岡田知也,丸谷靖幸,中山恵介,井芹絵里奈
土木学会論文集B2(海岸工学)   70(2) 1186-1190   2014年11月   [査読有り]
吉江祐人,丸谷靖幸,中山恵介,駒井克昭,新谷哲也,渡辺謙太,一見和彦,桑江朝比呂
土木学会論文集B2(海洋開発)   70(2) 1176-1181   2014年8月   [査読有り]
丸谷靖幸,中山恵介,仲江川敏之,井上徹教,小俣雅嗣,石田哲也,駒井克昭
土木学会論文集B2(水工学)   70(4) 1219-1224   2014年3月   [査読有り]
駒井克昭,日比野忠史,中下慎也,戸塚優平,伊藤立誠,丸谷靖幸,中山恵介
土木学会論文集B2(水工学)   70(4) 1585-1590   2014年3月   [査読有り]
コムケ湖における現地観測結果を用いた湖内の流動特性に関する基礎的検討
丸谷靖幸,中山恵介,駒井克昭,渡辺謙太,三好英一,一見和彦,桑江朝比呂
土木学会論文集B2(海洋開発)   69(2) 1228-1233   2013年8月   [査読有り]
東京湾スケールにおけるメッシュアスペクト比と非静水圧効果の解析
中山恵介,新谷哲也,清水健司,木下直貴,岡田知也,佐藤之信,丸谷靖幸,駒井克昭
土木学会論文集B2(海洋開発)   69(2) 742-747   2013年8月   [査読有り]
K. Nakayama, Y. Maruya, T. Nakaegawa, K. Komai, K. Kokubo, T. Ishida, T. Okada
Hydrological Processes   27(23) 3280-3291   2013年5月   [査読有り]
網走湖におけるメタン発生メカニズムの解明
丸谷靖幸,中山恵介,佐々木正史,新谷哲也,駒井克昭,岡田知也,菅原庸平,崇田徳彦
土木学会論文集B2(水工学)   69(4) 1435-1440   2013年3月   [査読有り]
A. Nakamoto, K. Nakayama, T. Shintani, Y. Maruya, K. Komai, T. Ishida, Y. Makiguchi
Hydrological Research Letters   7(1) 1-5   2013年1月   [査読有り]
内部ケルビン波の砕波により誘起される流れ
中山恵介,小窪一毅,新谷哲也,大塚淳一,丸谷靖幸,渡部靖憲,駒井克昭,岡田知也
土木学会論文集B2(海岸工学)   68(2) 926-930   2012年11月   [査読有り]
K. Nakayama, T. Shintani, K. Kokubo, Y. Maruya, K. Komai, T. Okada
Journal of Geophysical Research   117(C10002)    2012年10月   [査読有り]
東京湾を対象としたPartial Cellの適用性の検討
丸谷靖幸,吉江祐人,中山恵介,新谷哲也,木下直貴,駒井克昭,小窪一毅,加藤淳子
土木学会論文集B2(海洋開発)   68(2) 997-1002   2012年8月   [査読有り]
INCREASE IN SIMPLE PRECIPITATION INTENSITY INDEX INPANAMA
K. Nakayama, C. Beitia, E. Vallester, R. Pinzon, J. Fabrega, T. Nakaegawa, Y. Maruya, J. Espinosa, B. Olmedo, J. Kato, K. Komai
土木学会論文集B2(水工学)   68(4) 163-168   2012年3月   [査読有り]
元素分析による細粒土砂輸送割合の推定方法開発
石田哲也,早川博,中山恵介,岡田知也,丸谷靖幸,駒井克昭,堀田伸之,藤井博司,加藤淳子
土木学会論文集B2(水工学)   68(4) 637-642   2012年3月   [査読有り]
知床を対象とした海陸の栄養塩循環機構の解明
Aynur Abliz,中山恵介,丸谷靖幸,井上徹教,桑江朝比呂,舘山一孝,岡田知也,加藤淳子,石田哲也
土木学会論文集B2(水工学)   68(4) 721-726   2012年3月   [査読有り]
東京湾における貧酸素水塊の解消要因である強風の将来予測に向けて
丸谷靖幸,アイヌルアブリズ,中山恵介,仲江川敏之,古川恵太,駒井克昭,鰀目淑範
土木学会論文集B2(海岸工学)   67(3) 921-925   2011年11月   [査読有り]
東京湾の水環境予測を目指したGCMデータの利用
アイヌルアブリズ,丸谷靖幸,中山恵介,仲江川敏之,古川恵太
土木学会論文集B3(海洋開発)   67(2) 277-282   2011年8月   [査読有り]
K. Nakayama, A. Abliz, T. Nakaegawa, Y. Maruya
Hydrological Research Letters   5 47-51   2011年7月   [査読有り]
1970年代と比較した釧路湿原における水循環機構解析
丸谷靖幸,菅原庸平,Aynur Abliz,石田哲也,中山恵介
土木学会論文集B1(水工学)   67(4) 547-552   2011年3月   [査読有り]
安定同位体比による知床ラウス川を通じた海起源栄養塩の流域内分布
Aynur Abliz,中山恵介,丸谷靖幸,桑江朝比呂,岡田知也,石田哲也
土木学会論文集B1(水工学)   67(4) 1303-1308   2011年3月   [査読有り]
海面上昇を考慮した釧路湿原への塩水遡上の影響評価
中本篤嗣,新谷哲也,中山恵介,丸谷靖幸,石田哲也,法村賢一
土木学会論文集B1(水工学)   67(4) 1351-1356   2011年3月   [査読有り]
降雨のインパクトによる高濁度水発生と細粒土砂輸送に関する現地観測とモデル化
石田哲也,中山恵介,丸谷靖幸,大森未音,菅原庸平,アイヌルアブリズ,上野義勝
土木学会論文集B1(水工学)   67(4) 1315-1320   2011年3月   [査読有り]
内部ソリトン波の3次オーダー解による再現性の検討
中山恵介,柿沼太郎,及川正行,辻英一,丸谷靖幸
土木学会論文集B2(海岸工学)   66(1) 1-5   2010年11月   [査読有り]
塩水遡上へ与えるストークスドリフトの影響評価
中山恵介,丸谷靖幸,新谷哲也,柿沼太郎,中内勲,米元光明
土木学会論文集B2(海岸工学)   66(1) 326-330   2010年11月   [査読有り]
Y. Maruya, K. Nakayama, T. Shintani, M. Yonemoto
Hydrological Research Letters   4 70-74   2010年8月   [査読有り]
T. Ishida, K. Nakayama, T. Okada, T. Maruya, K. Onishi, M. Omori,
Hydrological Research Letters   4 55-59   2010年5月   [査読有り]
網走湖における密度界面に対する風応力と河川流入の影響評価
丸谷靖幸,中山恵介,堀松大志,鰀目淑範,米元光明
水工学論文集   54 1393-1398   2010年3月   [査読有り]
融雪期における高濁度水発生機構と細粒土砂輸送
石田哲也,中山恵介,大西健史,夏井皓盛,大森未音,アイヌルアブリズ,丸谷靖幸,岡田知也
水工学論文集   54 433-438   2010年3月   [査読有り]
網走湖における内部ケルビン波と風応力の影響評価
中山恵介,堀松大志,清水健司,丸谷靖幸,角谷和成,早川博,岡田知也,鰀目淑範
水工学論文集   53 1285-1290   2009年3月   [査読有り]
変分原理を用いた河床波上の流れの再現とその適用性
中山恵介,堀松大志,柿沼太郎,菅原庸平,丸谷靖幸,鰀目淑範
水工学論文集   53 1087-1092   2009年3月   [査読有り]
斜面上での内部波の砕波形態と物質輸送
中山恵介,角谷和成,古川恵太,宮澤巧,山敷庸亮,丸谷靖幸
水工学論文集   53 1321-1326   2009年3月   [査読有り]

Misc

 
濤沸湖における流入栄養塩類の分布特性と滞留・輸送機構に関する考察
駒井克昭,大石将己,佐藤辰哉,広木駿介,園田武,丸谷靖幸
日本水環境学会年会講演集   52 541   2018年
航空レーザデータによる常緑針葉樹林の材積分布推定の汎用化の検討
粟屋善雄,丸谷靖幸,荒木一穂,日置欽昭,川口晋平
日本リモートセンシング学会第65回(平成30年度秋季)学術講演会講演論文集      2018年
再解析データJRA-55を用いた降雨の空間解像度が洪水流出に与える影響評価
丸谷靖幸,原田守啓
第31回(2018年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   108-109   2018年
水文・水資源学会若手会2017−2018期 活動報告〜若手研究者の人脈拡大および水文・水資源学の未来〜
綿貫翔,田中智大,丸谷靖幸,谷口陽子,星野剛,岡地寛季,小坂田ゆかり
第31回(2018年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   48-49   2018年
流域圏保全学推進研究グループ 活動報告
丸谷靖幸,粟屋善雄,村岡裕由,玉川一郎,児島利治,原田守啓,斎藤琢,早川博,駒井克昭,呉修一,手計太一,星川圭介
第31回(2018年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   50-51   2018年
最前線の水文・水資源学研究〜若手世代の考える課題と夢〜
田中智大,渡部哲史,小槻峻司,林善晃,丸谷靖幸,峠嘉哉,山崎大,木村匡臣,田上雅浩,江草智弘,橋本雅和,仲吉信人
日本地球惑星科学連合2018年大会   U08-P11   2018年
生態系評価に向けた大規模アンサンブル実験を用いた流域圏における溶存有機炭素(DOC)流出量の将来予測−釧路川流域を対象として−
丸谷靖幸,駒井克昭,笠間基,信山直紀,佐藤辰哉
第65回日本生態学会大会   P2-299   2018年
Climate change impact assessment on nutrient circulation using General Circulation Models output in Shiretoko, Japan
Yasuyuki Maruya
Global Land Programme 2018 Asia Conference      2018年   [査読有り]
Creation of pseudo observational data using reanalysis data for climate change impact assessment in a data scarce catchment
Yasuyuki Maruya, Satoshi Watanabe
Asia Oceania Geosciences Society 2018      2018年   [査読有り]
Construction of flood prediction model by deep learning for large scale rivers and consideration on constant setting
Takeshi Yamanaka, Atsuhiko Konja, Shiori Abe, Takashi Iwasaki, Kokukei Sai, Yasuyuki Maruya
Asia Oceania Geosciences Society 2018      2018年   [査読有り]
Projection of dissolved organic carbon supply from Kushiro Mire basin to the coastal region of the Oyashio using multi GCMs
Katsuaki Komai, Yasuyuki Maruya, Hajime Kasama, Naoki Nobuyama, Tatsuya Sato
Asia Oceania Geosciences Society 2018      2018年   [査読有り]
Climate change impact assessment using pseudo observational data based on reanalysis data
Yasuyuki Maruya, Satoshi Watanabe
The 2nd of International symposium of river basin studies -towards the interdisciplinary study for sustainable basin environment and human well-being-      2018年
Climate change impact assessment on dissolved organic carbon transport from the river basin to the coast of the Oyashio - a case study in the Kushiro Mire basin -
Katsuaki Komai, Yasuyuki Maruya, Naoki Nobuyama, Hajime Kasama, Yukina Sato, Shunsuke Hiroki
The 2nd of International symposium of river basin studies -towards the interdisciplinary study for sustainable basin environment and human well-being-      2018年
生態系評価に向けた流域圏における溶存有機炭素(DOC)流出量の将来予測−釧路川流域を対象として−
丸谷靖幸,駒井克昭,笠間基,信山直紀,佐藤辰哉
JaLTER-OSM      2017年
流域スケールにおける再解析データを用いた将来予測手法の検討
丸谷靖幸,渡部哲史
第30回(2017年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   57-58   2017年
水文水資源学若手会2016年度 活動報告〜若手研究者の水文・水資源学展開力の向上〜
田中智大,丸谷靖幸,田上雅浩,綿貫翔,池内寛明
第30回(2017年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   31-32   2017年
アンサンブル気候変動予測データベースd4PDFを用いた長良川流域における洪水流出解析
原田守啓,丸谷靖幸,児島利治
第30回(2017年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   62-63   2017年
再解析データの降水量のローカルスケールへの利用に向けた統計的補正手法の提案
丸谷靖幸,渡部哲史,田中智大,立川康人
平成28年度土木学会中部支部研究発表会      2017年
Statistical correction method for precipitation of re-analysis data based on observational data in local scale
Yasuyuki Maruya*, Satoshi Watanabe, Tomohiro Tanaka, Yasuto Tachikawa
The 1st of International symposium of river basin studies -towards the interdisciplinary study for sustainable basin environment and human well-being-      2017年
Stable isotopes and Bayesian framework reduce parameter uncertainty of sub-tropical catchment nutrient export and riverine-estuarine biogeochemical cycling models
Sri Adiyanti, Bradley D. Eyre, Yasuyuki Maruya, Perrine Mangion, Matthew R. Hipsey
The 1st of International symposium of river basin studies -towards the interdisciplinary study for sustainable basin environment and human well-being-      2017年
流域スケールに対する再解析データの利用方法の検討
丸谷靖幸,渡部哲史,立川康人
第29回(2016年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   116-117   2016年
水文水資源学若手会2015-16期活動報告〜水文水資源学の未来〜
丸谷靖幸,田上雅浩,田中智大
第29回(2016年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   62-63   2016年
Influence of nutrient and fine sediment control to primary productivity by benthic attached algae in forest watershed
Katsuaki Komai, Asami Nagao, Masanori Nunokawa, Nozomi Watanabe, Yasuyuki Maruya, Keisuke Nakayama
IWA World Water Congress and Exhibition 2016      2016年   [査読有り]
Organic carbon transport during flood due to rainfall in a headwater catchment of Kushiro Wetland, JAPAN
Hajime Kasama, Katsuaki Komai, Yasuyuki Maruya, Keisuke Nakayama
Libra de articulos del XXVII Congress Latinoamericano de Hydraulica      2016年   [査読有り]
Climate Change Impact Assessment on Nutrient Discharge Using Multi-Model and Multi-Scenario of GCMs in Shiretoko
Y. Maruya, S. Watanabe, K. Nakayama, T. Tanaka, Y. Tachikawa
The 7th International Conference on Water Resources and Environment Research      2016年   [査読有り]
Application of reanalysis data for assessing the impact of climate change on river flows in a data scarce catchment
Y. Maruya, M. R. Hipsey, S. Watanabe, S. Adiyanti, Y. Tachikawa
The 12th International Conference on Hydroinformatics      2016年   [査読有り]
水文気象データが少ない流域における流域環境の将来予測へ向けた再解析データの利用方法の基礎的検討
丸谷靖幸,Matthew R. Hipsey,渡部哲史,立川康人
第28 回(2015年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   246-247   2015年
水文若手会2014-15期活動報告〜次世代水文水資源学創設に向けた実験的挑戦〜
渡部哲史,小槻峻司,田中智大,丸谷靖幸
第28 回(2015年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   62-63   2015年
Bias Correction of reanalysisdata for assessment of climate change effects on river system in a data scarce area : a case study for precipitation and temperature
Y. Maruya, M. R. Hipsey, S. Watanabe, S. Adiyanti, Y. Tachikawa
American Geophysical Union 2015   GC33A-1267   2015年   [査読有り]
閉鎖性水域における底泥からのメタン生成機構の解明
丸谷靖幸
北見工業大学      2014年3月   [査読有り]
Identification of major suspended sediment sources using X-ray florescense analysis: the Oromushi river basin case of study
Carlos BEITIA, Keisuke NAKAYAMA, Naofumi OHTSU, Misao YAMANE, Shintaro YAMASAKI, Saadia BOURAGBA, Yasuyuki MARUYA, Katsuaki KOMAI
Proceedings of annual conference, Japan Society of Civil Engineering, Hokkaido Branch   71 B-44   2014年
湖沼におけるメタン生成量推定手法の検討
丸谷靖幸,竹内友彦,中山恵介,佐々木正史,駒井克昭
第27回(2014年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   p.100094   2014年
安定同位体比を利用した知床における海陸の栄養循環
佐野史弥,中山恵介,松本経,カルロスベイティア,丸谷靖幸,駒井克明,井上徹教,桑江朝比呂
第27回(2014年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   p.100135   2014年
地球規模での環境変動が知床の栄養流出に及ぼす影響評価
丸谷靖幸,中山恵介,仲江川敏之,井上徹教,小俣雅嗣,石田哲也,駒井克昭
土木学会北海道支部論文報告集   70 B-46   2014年
網走湖における有機泥の沈降速度の推定と界面特性に関する考察
伊藤立誠,戸塚優平,駒井克昭,日比野忠史,中下慎也,丸谷靖幸,中山恵介
土木学会北海道支部論文報告集   70 B-23   2014年
Identification of dominant suspended sediment sources in a river basin using X-ray florescence analysis
Carlos BEITIA, Keisuke NAKAYAMA, Naofumi OHTSU, Misao YAMANE, Shintaro YAMASAKI, Yuto YOSHIE, Yasuyuki MARUYA, Katsuaki KOMAI
Proceedings of annual conference, Japan Society of Civil Engineering, Hokkaido Branch   70 B-24   2014年
ラウス川流域におけるリン流出量と還元量の推定
徳重彰倫,中山恵介,丸谷靖幸,桑江朝比呂,井上徹教,松本経,駒井克昭
土木学会北海道支部論文報告集   70 B-25   2014年
Identification of the dominant suspended sediment sources in a river basin by using X-ray fluorescence analysis as a fingerprint-type method
Carlos BEITIA, Keisuke NAKAYAMA, Naofumi OHTSU, Misao YAMANE, Shintaro YAMASAKI, Yasuyuki MARUYA, Katsuaki KOMAI
Proceedings of 19th Congress of the Asia and Pacific Division of the International Association for Hydro-Environment Engineering and Research      2014年   [査読有り]
Projection of Nutrient Discharge by Using Different Bias Correction Method for Precipitation in Shiretoko
Y. Maruya, K. Nakayama, T. Nakaegawa, T. Inoue, M. Komata, K. Komai, Y. Tachikawa
Asia Oceania Geosciences Society 2014      2014年   [査読有り]
活動報告 水文学若手会ー学際的なネットワークの確立に向けてー
峠嘉哉,橋本雅和,小槻峻司,丸谷靖幸,銭潮潮
第26回(2013年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   72-73   2013年
結氷した湖沼におけるメタン生成過程の解明に向けた現地観測
小窪一毅,丸谷靖幸,中山恵介,駒井克昭,佐々木正史
第26回(2013年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   180-181   2013年
宮古湾における底泥およびアマモのモニタリング結果(2012年10月)
岡田知也,丸谷靖幸,中山恵介,古川恵太
国土技術政策総合研究所資料   (752) 1-11   2013年
Suspended Sediment Transport in a River Basin by using X-ray Fluorescence Analysis
K. Kokubo, K. Nakayama, T. Shintani, T. Ishida, Y. Maruya, K. Komai
6th Conference of the APHW      2013年   [査読有り]
Sediment transportation area-weighted rate evaluation by chemical composition analysis in a river basin, using Oromushi River as case of study
Carlos BEITIA, Keisuke NAKAYAMA, Tetsuya ISHIDA, Yasuyuki MARUYA, Katsuaki KOMAI
Proceedings of 26th annual conference, Japan Society of Hydrology and Water Resources   164-165   2012年
MRI-AGCM3.1とCMIP3のマルチ気候モデルを利用した東京湾で発生する強風の将来予測
丸谷靖幸,中山恵介,仲江川敏之,駒井克昭,岡田知也
第25回(2012年度)水文・水資源学会総会研究発表会要旨集   82-83   2012年
内部ケルビン波の砕波により発生する流れに関する研究
小窪一毅,中山恵介,新谷哲也,大塚淳一,岡田知也,渡部靖憲,丸谷靖幸
土木学会年次学術講演会報告集   67 II-055   2012年
釧路湿原における分布型流出モデルの再現性の検討
大塚泰之,丸谷靖幸,中山恵介,菅原庸平
土木学会北海道支部論文報告集   68 B-20   2012年
知床における海陸の栄養塩循環量の推定
アイヌルアブリズ,中山恵介,丸谷靖幸,井上徹教,桑江朝比呂,舘山一孝,岡田知也,加藤淳子,石田哲也
土木学会北海道支部論文報告集   68 B-59   2012年
東京湾の生態系モデル開発に向けたパーシャルセルの適用
木下直貴,中山恵介,新谷哲也,丸谷靖幸
土木学会北海道支部論文報告集   68 B-59   2012年
Nutrient circulation due to the interaction between terrestrial and oceanic systems
K. Nakayama, T. Kuwae, Y. Maruya, A. Abliz, T. Inoue, K. Tateyama
The 50th Estuaries and Coastal Areas conference   O7.22   2012年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
流域圏保全学推進研究グループ 活動報告
丸谷靖幸
第31回(2018年度)水文・水資源学会総会研究発表会   2018年9月13日   
再解析データJRA-55を用いた降雨の空間解像度が洪水流出に与える影響評価
丸谷靖幸
第31回(2018年度)水文・水資源学会総会研究発表会   2018年9月12日   
気候変動影響評価に向けた降雨分布の空間解像度が流出解析に与える影響に関する検討
丸谷靖幸
第26回地球環境シンポジウム   2018年9月5日   
Climate change impact assessment on nutrient circulation using General Circulation Models output in Shiretoko, Japan
Yasuyuki Maruya
Global Land Programme 2018 Asia Conference   2018年9月3日   
Creation of pseudo observational data using reanalysis data for climate change impact assessment in a data scarce catchment
Yasuyuki Maruya
Asia Oceania Geosciences Society 2018   2018年6月3日   
生態系評価に向けた大規模アンサンブル実験を用いた流域圏における溶存有機炭素(DOC)流出量の将来予測−釧路川流域を対象として−
丸谷靖幸
第65回日本生態学会大会   2018年3月16日   
Climate change impact assessment using pseudo observational data based on reanalysis data
Yasuyuki Maruya
The 2nd of International symposium of river basin studies -towards the interdisciplinary study for sustainable basin environment and human well-being-   2018年3月8日   
生態系評価に向けた流域圏における溶存有機炭素(DOC)流出量の将来予測−釧路川流域を対象として−
丸谷靖幸
JaLTER-OSM   2017年10月28日   
流域スケールにおける再解析データを用いた将来予測手法の検討
丸谷靖幸
第30回(2017年度)水文・水資源学会総会研究発表   2017年9月19日   
ローカルスケールの気候変動影響評価に向けたJRA-55降水量に対する統計的補正手法の検討
丸谷靖幸
第61回水工学講演会   2017年3月15日   
Statistical correction method for precipitation of re-analysis data based on observational data in local scale
Yasuyuki Maruya
The 1st of International symposium of river basin studies -towards the interdisciplinary study for sustainable basin environment and human well-being-   2017年3月6日   
再解析データの降水量のローカルスケールへの利用に向けた統計的補正手法の提案
丸谷靖幸
平成28年度土木学会中部支部研究発表会   2017年3月3日   
水文水資源学若手会2015-16期活動報告〜水文水資源学の未来〜
丸谷靖幸
第29回(2016年度)水文・水資源学会総会研究発表   2016年9月16日   
流域スケールに対する再解析データの利用方法の検討
丸谷靖幸
第29回(2016年度)水文・水資源学会総会研究発表   2016年9月15日   
Application of reanalysis data for assessing the impact of climate change on river flows in a data scarce catchment
Yasuyuki Maruya, Matthew R. Hipsey, Satoshi Watanabe, Sri Adiyanti, Yasuto Tachikawa
The 12th International Conference on Hydroinformatics   2016年8月21日   
Climate Change Impact Assessment on Nutrient Discharge Using Multi-Model and Multi-Scenario of GCMs in Shiretoko
Yasuyuki Maruya
The 7th International Conference on Water Resources and Environment Research   2016年6月   
水文気象データが乏しい流域を対象とした気候変動影響評価手法の検討
丸谷靖幸
第60回水工学講演会   2016年3月   
Bias Correction of reanalysis data for assessment of climate change effects on river system in a data scarce area : a case study for precipitation and temperature
Yasuyuki Maruya
American Geophysical Union 2015   2015年12月   
水文若手会2014-15期活動報告〜次世代水文水資源学創設に向けた実験的挑戦〜
丸谷靖幸
第28回(2015年度)水文・水資源学会総会研究発表会   2015年9月   
水文気象データが少ない流域における流域環境の将来予測へ向けた再解析データの利用方法の基礎的検討
丸谷靖幸
第28回(2015年度)水文・水資源学会総会研究発表会   2015年9月   
Projection of Nutrient Discharge by Usinig Different Bias Correction Method for Precipitation in Shiretoko
Yasuyuki Maruya
Asia Oceania Geosciences Society 2014   2014年8月   
知床を対象としたMRI-AGCM3.1Sを用いた栄養流出量の将来予測
丸谷靖幸
第58回水工学講演会   2014年3月   
地球規模での環境変動が知床の栄養流出に及ぼす影響評価
丸谷靖幸
平成25年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会   2014年1月   
結氷した湖沼におけるメタン生成過程の解明に向けた現地観測
丸谷靖幸
第26回(2013年度)水文・水資源学会総会研究発表会   2013年9月   
Suspended Sediment Transport in a River Basin by using X-ray Fluorescence Analysis
Yasuyuki Maruya
6th Conference of the APHW   2013年8月   
コムケ湖における現地観測結果を用いた湖内の流動特性に関する基礎的検討
丸谷靖幸
第38回海洋開発シンポジウム   2013年6月   
網走湖におけるメタン発生メカニズムの解明
丸谷靖幸
第57回水工学講演会   2013年3月   
MRI-AGCM3.1とCMIP3のマルチ気候モデルを利用した東京湾で発生する強風の将来予測
丸谷靖幸
第25回(2012年度)水文・水資源学会総会研究発表会   2012年9月   
湖沼からのメタン発生機構の解明
丸谷靖幸
平成23年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会   2012年2月   
東京湾における貧酸素水塊の解消要因である強風の将来予測に向けて
丸谷靖幸
第58回海岸工学講演会   2011年11月   
GCMを利用した東京湾における強風の将来予測
丸谷靖幸
極端気象現象とその気候変動による影響評価に関するシンポジウム(Ⅱ)   2011年9月   
GCMを用いた東京湾におけるDO濃度回復に関する将来予測
丸谷靖幸
土木学会全国大会第66回年次学術講演会   2011年9月   
1970年代と比較した釧路湿原における水循環機構解析
丸谷靖幸
第55回水工学講演会   2011年3月   
GCMを用いた東京湾に対する風速の再現性の基礎的検討
丸谷靖幸
平成22年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会   2011年2月   
塩水遡上へ与えるストークスドリフトの影響評価
丸谷靖幸
第57回海岸工学講演会   2010年11月   
Mass transport and nutrient circulation evaluated by stable isotope analysis and chemical decomposition
Yasuyuki Maruya
5th Conference of the APHW   2010年11月   
知床における安定同位体比を用いた栄養塩循環に関する基礎的検討
丸谷靖幸
第23回(2010年度)水文・水資源学会総会研究発表会   2010年9月   
網走湖における密度界面に対する風応力と河川流入の影響評価
丸谷靖幸
第54回水工学講演会   2010年3月   
2007年~2008年における網走湖の観測結果について
丸谷靖幸
平成20年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会   2009年1月   

競争的資金等の研究課題

 
流域圏を対象とした気候変動抑制に向けた温室効果ガスの源である炭素流出機構の解明
日本学術振興会: 若手研究
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 丸谷靖幸
永久凍土地帯における活動層が有機物輸送機構へ与える影響の解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 丸谷靖幸

社会貢献活動

 
講師
【講師】  三井共同建設コンサルタント株式会社  勉強会  (三井共同建設コンサルタント㈱)  2018年7月 - 2018年12月
講師
【講師】  三井共同建設コンサルタント株式会社  勉強会  (三井共同建設コンサルタント㈱)  2016年10月21日 - 2016年12月21日
講師
【講師】  三井共同建設コンサルタント株式会社  勉強会  (三井共同建設コンサルタント㈱)  2017年5月19日 - 2017年12月22日
◎研究室から大学はいま:流域圏の問題解決を探る
【その他】  岐阜新聞  マスコミ報道  2018年6月26日

その他

 
2009年3月
高等学校教諭一種免許状(工業)
2009年4月
日本技術者教育認定機構(JABEE)技術者教育プログラム修了
2012年6月
測量士補