弓本 桂也

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/06 16:56
 
アバター
研究者氏名
弓本 桂也
URL
https://nrid.nii.ac.jp/nrid/1000050607786/
所属
九州大学
部署
応用力学研究所
職名
准教授
学位
Ph.D.
その他の所属
気象庁 気象研究所
科研費研究者番号
50607786

研究分野

 
 

経歴

 
2016年1月
 - 
現在
九州大学 応用力学研究所 准教授
 
2016年1月
 - 
現在
気象庁気象研究所 環境・応用気象研究部 客員研究員
 
2015年4月
 - 
2016年1月
気象庁気象研究所 主任研究官
 
2011年3月
 - 
2015年3月
気象庁気象研究所 研究官
 
2010年6月
 - 
2011年3月
ハーバード大学 大気化学モデリンググループ 訪問研究員
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
大気環境学会  大気環境学会学会誌編集委員
 
2014年4月
 - 
現在
気象庁観測部  静止衛星データ利用技術懇談会•ひまわりデータ利用のための作業グループ(大気)委員
 

受賞

 
2019年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰(若手科学者賞) データ同化によるエアロゾル数値予測の高度化に関する研究
 
2018年8月
日本エアロゾル学会 奨励賞
 
2017年6月
国立環境研究所・日刊工業新聞社 環境賞(優良賞) 飛来粒子観測網の構築と予測モデルの開発
受賞者: 杉本伸夫、松井一郎、清水厚、西澤智明、神慶孝、鵜野伊津志、原由香里、弓本桂也、柴田眞利、榎本孝紀、板谷庸平
 
2015年9月
大気環境学会 学会賞(進歩)
 
2014年9月
大気環境学会 論文賞(共著) 何故2013年冬季の中国でPM2.5が高濃度になったか?
受賞者: 鵜野伊津志,弓本桂也,原由香里,板橋秀一,金谷有剛,杉本伸夫,大原利眞
 
2013年9月
大気環境学会 論文賞(主著) グリーン関数法を用いた一酸化炭素排出量の長期間逆推計
受賞者: 弓本桂也、鵜野伊津志
 
2010年10月
日本気象学会 山本・正野論文賞
 
2010年9月
大気環境学会 論文賞(共著) 2007年春季に発生した東アジア域スケールの広域的越境汚染の化学輸送モデルCMAQによる解析
受賞者: 板橋 秀一, 弓本 桂也, 鵜野 伊津志, 大原 利眞, 黒川 純一, 清水 厚, 山本 重一, 大石 興弘, 岩本 眞二
 

論文

 
Xian Peng, Reid Jeffrey S., Hyer Edward J., Sampson Charles R., Rubin Juli I, Ades Melanie, Asencio Nicole, Basart Sara, Benedetti Angela, Bhattacharjee Partha S., Brooks Malcolm E., Colarco Peter R., da Silva Arlindo M., Eck Tom F., Guth Jonathan, Jorba Oriol, Kouznetsov Rostislav, Kipling Zak, Sofiev Mikhail, Perez Garcia-Pando Carlos, Pradhan Yaswant, Tanaka Taichu, Wang Jun, Westphal Douglas L., Yumimoto Keiya, Zhang Jianglong
QUARTERLY JOURNAL OF THE ROYAL METEOROLOGICAL SOCIETY   145 176-209   2019年9月   [査読有り]
Kajino Mizuo, Deushi Makoto, Sekiyama Tsuyoshi Thomas, Oshima Naga, Yumimoto Keiya, Tanaka Taichu Yasumichi, Ching Joseph, Hashimoto Akihiro, Yamamoto Tetsuya, Ikegami Masaaki, Kamada Akane, Miyashita Makoto, Inomata Yayoi, Shima Shin-ichiro, Takami Akinori, Shimizu Atsushi, Hatakeyama Shiro, Sadanaga Yasuhiro, Irie Hitoshi, Adachi Kouji, Zaizen Yuji, Igarashi Yasuhito, Ueda Hiromasa, Maki Takashi, Mikami Masao
JOURNAL OF THE METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN   97(2) 337-374   2019年4月   [査読有り]
Yumimoto Keiya, Kajino Mizuo, Tanaka Taichu Y., Uno Itsushi
SCIENTIFIC REPORTS   9    2019年2月   [査読有り]
Yukari Hara, Tomoaki Nishizawa, Nobuo Sugimoto, Kazuo Osada, Keiya Yumimoto, Itsushi Uno, Rei Kudo, Hiroshi Ishimoto
Remote Sensing   10    2018年6月   [査読有り]
© 2018 by the authors. We verified an algorithm using multi-wavelength Mie-Raman lidar (MMRL) observations to retrieve four aerosol components (black carbon (BC), sea salt (SS), air pollution (AP), and mineral dust (DS)) with in-situ aerosol measu...
Syuichi Itahashi, Syuichi Itahashi, Keiya Yumimoto, Itsushi Uno, Hiroshi Hayami, Shin Ichi Fujita, Yuepeng Pan, Yuesi Wang
Atmospheric Chemistry and Physics   18 2835-2852   2018年2月   [査読有り]
© Author(s) 2018. This work is distributed under the Creative Commons Attribution 4.0 License. Acidifying species in precipitation can have severe impacts on ecosystems. The chemical composition of precipitation is directly related to the amount o...
Mizuo Kajino, Mizuo Kajino, Mizuo Kajino, Tsuyoshi Thomas Sekiyama, Anne Mathieu, Irène Korsakissok, Raphaël Périllat, Raphaël Périllat, Denis Quélo, Arnaud Quérel, Arnaud Quérel, Olivier Saunier, Kouji Adachi, Sylvain Girard, Sylvain Girard, Takashi Maki, Keiya Yumimoto, Keiya Yumimoto, Damien Didier, Olivier Masson, Yasuhito Igarashi
Geochemical Journal   52 85-101   2018年1月   [査読有り]
Copyright © 2018 by The Geochemical Society of Japan. Modeling studies on the atmospheric diffusion and deposition of the radiocesium associated with the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident is reviewed here, with a focus on a research c...
Keiya Yumimoto, Keiya Yumimoto, Taichu Y. Tanaka, Mayumi Yoshida, Maki Kikuchi, Takashi M. Nagao, Hiroshi Murakami, Takashi Maki
Journal of the Meteorological Society of Japan   96B 133   2018年1月   [査読有り]
©The Author(s) 2018. The Japan Meteorological Agency (JMA) launched a next-generation geostationary meteorological satellite (GMS), Himawari-8, on October 7, 2014, which began its operation on July 7, 2015. The Advanced Himawari Imager (AHI) onboa...
Itsushi Uno, Kazuo Osada, Keiya Yumimoto, Keiya Yumimoto, Zhe Wang, Zhe Wang, Syuichi Itahashi, Xiaole Pan, Yukari Hara, Shigekazu Yamamoto, Tomoaki Nishizawa
Aerosol and Air Quality Research   17 3052-3064   2017年12月   [査読有り]
© Taiwan Association for Aerosol Research. Long-term synergetic fine and coarse mode aerosol observations were analyzed at 1-h intervals at Fukuoka, Japan, from January to June 2015. The GEOS-Chem chemical transport model, including dust and sea-s...
Itsushi Uno, Kazuo Osada, Keiya Yumimoto, Zhe Wang, Zhe Wang, Syuichi Itahashi, Xiaole Pan, Yukari Hara, Yugo Kanaya, Shigekazu Yamamoto, Thomas Duncan Fairlie
Atmospheric Chemistry and Physics   17 14181-14197   2017年11月   [査読有り]
© Author(s) 2017. We analyzed long-term fine- and coarse-mode synergetic observations of nitrate and related aerosols (SO2 4 , NO3 , NHC4 , NaC, Ca2C) at Fukuoka (33.52 N, 130.47 E) from August 2014 to October 2015. A Goddard Earth Observing Syste...
Keiya Yumimoto, Keiya Yumimoto, Taichu Y. Tanaka, Naga Oshima, Takashi Maki
Geoscientific Model Development   10 3225-3253   2017年9月   [査読有り]
© 2017 Author(s). This work is distributed under the Creative Commons Attribution 3.0 License. A global aerosol reanalysis product named the Japanese Reanalysis for Aerosol (JRAero) was constructed by the Meteorological Research Institute (MRI) of...

Misc

 
JAXA、気象庁気象研究所、九州大学プレスリリース
   2018年10月
弓本 桂也
エアロゾル研究   32 101-107   2017年   [査読有り][依頼有り]
弓本 桂也
大気環境学会誌   51(2) 97-102   2016年3月   [依頼有り]
九州北部域のエアロゾルの長期連続観測とモデル解析
鵜野伊津志、長田和雄、弓本桂也、山本重一
クリーンテクノロジー   2016年9月号 17-22   2016年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
大気環境の事典
大気環境学会 編 (担当:分担執筆, 範囲:2-25、2-26)
朝倉書店   2019年9月   ISBN:978-4-254-18054-1

講演・口頭発表等

 
Air quality Forecasting in Japan [招待有り]
弓本 桂也
Weather and Air Quality Forecasting Applications Workshop   2019年7月22日   
Development of an aerosol reanalysis product - JRAero
弓本 桂也
2018 joint 14th iCACGP Symposium and 15th IGAC Science Conference   2018年9月   
Development of the aerosol reanalysis product (JRAero) and its use in aerosol researches in East Asia [招待有り]
弓本 桂也
AOGS 15th Annual Meeting   2018年6月   
Aerosol Data Assimilation with Lidar Observations [招待有り]
弓本 桂也
28th International Laser Radar Conference   2017年6月   
Operational and Research Activities for Asian Dust at Japan Meteorological Agency [招待有り]
弓本 桂也
hird Seminar of JSPS Core-to-Core Program - Collaborative Research between Mongolia, China and Japan on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift   2016年8月   

競争的資金等の研究課題

 
南米SAVER-Net観測網を用いたエアロゾル・大気微量気体の動態把握
日本学術振興会: 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))(分担)
研究期間: 2018年4月 - 2024年3月    代表者: 水野亮
全球エアロゾル輸送モデルを用いた同化・予測システムの開発
JAXA: 第2回地球観測研究公募(RA1R303)(代表)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 弓本 桂也
大気汚染対策効果評価のためのシミュレーション支援システムの研究開発
環境省: 環境研究総合推進費(5-1903)(サブテーマリーダー)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 菅田 誠治
衛星データ同化による第2世代大気組成再解析の構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B)(分担)
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 宮崎 和幸
東アジア域のPM2.5汚染レジームの経年変化の総合解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B)(分担)
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 鵜野伊津志
全球エアロゾル予測システムにおけるデータ同化手法の構築
宇宙航空研究開発機構: 第一回地球観測研究公募(代表)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 弓本 桂也
次世代静止衛星と数値モデルを融合したエアロゾル統合研究の新展開
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B)(代表)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 弓本 桂也
戦略的研究開発領域課題S-12-1-3:地域スケールの排出量逆推計システムの構築
環境省: 環境研究総合推進費(S12)(分担)
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 中島 映至
ひまわり8号データを用いたPM2.5同化・予測システムの開発
鉄鋼環境基金: 環境助成研究(大気,若手)(代表)
研究期間: 2017年11月       代表者: 弓本 桂也
マルチモデルアプローチによる大気組成データ同化研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)(分担)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 宮崎 和幸