共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2019年3月

傾聴エージェントのためのマルチモーダル情報を利用した応答モデルの研究

日本学術振興会  基盤研究(C)
  • 黄 宏軒

課題番号
16K00289
担当区分
研究分担者
配分額
(総額)
4,420,000円
(直接経費)
3,400,000円
(間接経費)
1,020,000円
資金種別
その他

利用者に対しての癒し効果を狙って利用者から話しかければ,意図を持たず単純な反応を適当に返す市販のペットロボットや研究用ロボットが提案されている.しかし,言語・非言語チャンネルの両方が重要な対面対話である傾聴会話を扱い,それが行えるシステムはまだ存在していない.本研究は,人間同士による会話実験を通じて傾聴会話の参加者の具体的な言動の関係を分析し,モデル化,実用システムの開発まで行おうとするものである.傾聴という難しいタスクに踏み込み,コミュニケーションのメカニズムを解明するという科学的な意義と実際に動作するエージェントシステムの働きにより利用者の心的ケアを目指す工学的な意義の両方をもつ.

ID情報
  • 課題番号 : 16K00289