共同研究・競争的資金等の研究課題

2020年7月 - 2023年3月

小集団におけるインタラクション要因の解明:実験システムの開発と認知科学的検討

日本学術振興会  挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

課題番号
20K20873
体系的課題番号
JP20K20873
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
6,370,000円
(直接経費)
4,900,000円
(間接経費)
1,470,000円
資金種別
その他

本年度は,当初の予定にあったオンライン心理実験のシステムの改良とその運用による予備的データの収集を行った.ここでは,開発しているシステムは,研究者が独自に開発したシステムであり,サーバ上でHTML, PHP, Java-Script, MySQLを用いて実装されている.今年度は,いくつかの課題に対応したバージョンのシステムを作成した.具体的には,問題解決や意思決定,言語選択などいくつかの心理学の分野の課題に対応したオンライン用の実験システムである.当初の予定通り,本システムを用いた大規模なデータ収集を行い,課題解決において,どのようなインタラクションの要因が影響するのかを検討していく.
本年度は,オンライン実験システムを用いて,オンライン上の他者との言語コミュニケーションに関する実験課題の作成およびデータの収集も行った.そこでは,過去の対面実験で得られてきた言語同調に関する知見をオンライン上で開発した我々のシステム上でも再現することができた.また,そこではネットワーク上の他者のとの言語同調においてトップダウン的な知識の利用の要因がコミュニケーションの取り方に影響を及ぼすることも確認できた.この研究の成果は,査読付きの国内の学術雑誌(基礎心理学研究)に採録された.
次年度は,オンライン上の複数の他者とリアルタイムでチャットで行う際に意思決定や問題解決にどのような影響があるのか,会話エージェントを用いて検討していく予定である.

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-20K20873
ID情報
  • 課題番号 : 20K20873
  • 体系的課題番号 : JP20K20873