山口由衣

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/22 20:09
 
アバター
研究者氏名
山口由衣
 
ヤマグチ ユキエ
所属
横浜市立大学大学院医学研究科
部署
環境免疫病態皮膚科学
職名
准教授
学位
MD, PhD

プロフィール

膠原病や乾癬などの免疫疾患を専門として、大学の専門外来での診療・研究・教育・学会活動を行っている。膠原病では、特に全身性強皮症や皮膚筋炎の診療に力を入れており、基礎/臨床研究を通じて、病態解明と新規治療法開発を目指している。乾癬においては、重症例や様々な合併症を伴う症例の診療を通じての基礎的な病態解析、および最終的な予後改善を目指した臨床研究を行っている。
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・指導医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
横浜市立大学大学院医学研究科 環境免疫病態皮膚科学 准教授
 
2013年4月
 - 
2018年3月
横浜市立大学大学院 環境免疫病態皮膚科学 講師
 
2010年4月
 - 
2013年3月
横浜市立大学大学院 環境免疫病態皮膚科学 助教
 
2008年1月
 - 
2010年3月
University of Pittsburgh Postdoctoral associate
 
2005年4月
 - 
2007年12月
慶應義塾大学リサーチパーク・リウマチ内科 研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年12月
横浜市立大学大学院 医学研究科 
 
1994年4月
 - 
2000年3月
浜松医科大学 医学部 
 

受賞

 
2014年
The 73rd SID/JSID Young Fellow Collegiality Award
 
2013年
横浜市立大学 研究奨励賞
 
2013年
International Investigative Dermatology Travel Award
 
2008年
横浜市立大学 優秀論文賞
 

論文

 
Takamura N, Yamaguchi Y, Watanabe Y, Asami M, Komitsu N, Aihara M
Scientific reports   9(1) 125   2019年1月   [査読有り]
Matsushima Y, Mizutani K, Yamaguchi Y, Yamanaka K
The Journal of allergy and clinical immunology      2019年1月   [査読有り]
Nakano H, Kirino Y, Takeno M, Higashitani K, Nagai H, Yoshimi R, Yamaguchi Y, Kato I, Aoki I, Nakajima H
Arthritis research & therapy   20(1) 124   2018年6月   [査読有り]
Sato S, Masui K, Nishina N, Kawaguchi Y, Kawakami A, Tamura M, Ikeda K, Nunokawa T, Tanino Y, Asakawa K, Kaneko Y, Gono T, Ukichi T, Kaieda S, Naniwa T, Kuwana M, JAMI investigators .
Rheumatology (Oxford, England)      2018年3月   [査読有り]
Ohnishi H, Kadowaki T, Mizutani Y, Nishida E, Tobita R, Abe N, Yamaguchi Y, Eto H, Honma M, Kanekura T, Okubo Y, Seishima M, Fukao T, Ikeda S
European journal of dermatology : EJD   28(1) 108-111   2018年2月   [査読有り]

Misc

 
Miwa Kanaoka, Yukie Yamaguchi, Noriko Komitsu, Carol A. Feghali-Bostwick, Masahiro Ogawa, Kazuhiko Arima, Kenji Izuhara, Michiko Aihara
Journal of Dermatological Science   90 199-208   2018年5月
© 2018 Japanese Society for Investigative Dermatology Background: Periostin is a matricellular protein that belongs to a class of extracellular matrix (ECM)-related molecules defined by their ability to modulate cell–matrix interactions. We previo...
Kenji Izuhara, Yukie Yamaguchi, Shoichiro Ohta, Satoshi Nunomura, Yasuhiro Nanri, Yoshinori Azuma, Noriko Nomura, Yasuhiko Noguchi, Michiko Aihara
International Journal of Molecular Sciences   19    2018年4月
© 2018 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Squamous cell carcinoma antigens 1 and 2 (SCCA1 and 2, SERPIN B3 and B4), members of the ovalbumin serpin (ov-serpin)/clade B serpin family, were originally discovered as tumor-specific ant...
Hiroshi Doi, Shigeru Koyano, Satoko Miyatake, Satoko Miyatake, Shinji Nakajima, Yuka Nakazawa, Misako Kunii, Atsuko Tomita-Katsumoto, Kayoko Oda, Yukie Yamaguchi, Ryoko Fukai, Shingo Ikeda, Rumiko Kato, Katsuhisa Ogata, Shun Kubota, Noriko Hayashi, Keita Takahashi, Mikiko Tada, Kenichi Tanaka, Mitsuko Nakashima, Yoshinori Tsurusaki, Noriko Miyake, Hirotomo Saitsu, Tomoo Ogi, Michiko Aihara, Hideyuki Takeuchi, Naomichi Matsumoto, Fumiaki Tanaka
Journal of Human Genetics   63 417-423   2018年4月
© 2018 The Japan Society of Human Genetics. Autosomal recessive cerebellar ataxias (ARCAs) are clinically and genetically heterogeneous neurological disorders. Through whole-exome sequencing of Japanese ARCA patients, we identified three index pat...
Tomoko Okawa, Yukie Yamaguchi, Kenzen Kou, Junya Ono, Yoshinori Azuma, Noriko Komitsu, Yusuke Inoue, Masumi Kohno, Setsuko Matsukura, Takeshi Kambara, Shoichiro Ohta, Kenji Izuhara, Michiko Aihara
Allergology International   67 124-130   2018年1月
© 2017 Japanese Society of Allergology Background Recent studies have indicated that serum levels of squamous cell carcinoma antigen (SCCA) 1 and 2 induced by type 2 cytokines such as IL-4 and IL-13, are increased in patients with atopic dermatiti...
Takuro Kanekura, Mariko Seishima, Masaru Honma, Takafumi Etou, Hikaru Eto, Keiko Okuma, Yukari Okubo, Yukie Yamaguchi, Takeshi Kambara, Tomotaka Mabuchi, Yasushi Suga, Akimichi Morita, Kiyofumi Yamanishi, Daisuke Tsuruta, Kei Itoh, Ken Yamaji, Shigaku Ikeda
Journal of Dermatology   44 1353-1359   2017年12月
© 2017 Japanese Dermatological Association Psoriatic arthritis (PsA), a chronic inflammatory arthropathy associated with psoriasis, is an intractable immune disorder and refractory to pharmacological intervention. We assessed efficacy of selective...

競争的資金等の研究課題

 
乾癬におけるカベオリン発現異常と末梢血単球の機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤C): 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 山口由衣
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 山口 由衣
乾癬病態ではケラチノサイトの過剰増殖が主要な所見であり、STAT3の過剰なリン酸化が指摘されている。Caveolin-1は、細胞膜表面のカベオラを構成するタンパクの一つであり、エンドサイトーシスや様々なシグナル伝達因子の調節に関与している。本研究では、乾癬病態におけるCaveolin-1の関与を解析し新たな治療法開発を目指している。平成25年度に予定された研究としては、①臨床検体を用いた ex vivo解析・・・Caveolin-1およびCaveolin関連タンパクの発現検討。②in vi...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 山口 由衣
本研究では、全身性強皮症における Periostin の役割について追及した。Periostin は、全身性強皮症患者から採取した血液、皮膚組織、皮膚および肺由来の線維芽細胞で発現が増強しており、とくに血清 Periostin 値は、皮膚線維化の重症度と有意に相関を示し、線維化のバイオマーカーとなりうることが分かった。また、Periostin は、単独で線維芽細胞からのコラーゲン産生を増強するほか、TGFβによるコラーゲン産生促進作用をさらに増強する可能性が明らかとなった。Periosti...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 池澤 善郎
第1に、皮表の黄色ブドウ球菌(黄ブ菌)により刺激・活性化された表皮角化細胞(KC)から遊離されるとされる免疫活性物質のIL-18を測定するために、tape-stripping法による角層NGFの非侵襲的な測定方法に順じて角層IL-18の測定法を確立し、そのバイオマーカーとしての意義について検討した。その結果、AD患者の血清IL-18値が健常人より優位に高いのに一致して、角層IL-18値もAD患者の無疹部の方が健常人の無疹部より有意に高値であり、AD患者では皮疹スコアに相関して有意に上昇し、...