内田唯

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/08 01:35
 
アバター
研究者氏名
内田唯
 
ウチダユイ
ハンドル
Y_uchida
eメール
y_uchidabs.s.u-tokyo.ac.jp
所属
東京大学
部署
理学系研究科 生物科学専攻

プロフィール

動物の形態が作られる仕組みに興味を惹かれています。
それぞれの形態の成り立ち方を説明しうる個体発生・種間の差の成り立ちを説明しうる系統発生
両者の融合したEvoDevoの中に、一般則と言えるものを見出すことを目標にしています。

現在は、「発生システムのどのような性質が、脊椎動物の形態進化に影響を与えうるか?」
というところに興味を持っています。

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

学歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京大学 大学院 理学系研究科 生物科学専攻 博士課程
 
2015年4月
 - 
2017年3月
東京大学大学院 理学系研究科  生物科学専攻 修士課程
 

受賞

 
2015年12月
分子生物学会 若手優秀発表賞 胚発生の脆弱性・ロバストネスは進化的保存を生じうるか?
 

論文

 
Uchida Y, Uesaka M, Yamamoto T, Takeda H, Irie N
EvoDevo   9(7)    2018年3月   [査読有り]

Misc

 
内田唯, 入江直樹
生体の科学   66(3) 191-195   2015年6月

講演・口頭発表等

 
胚発生の脆弱性・ロバストネスは進化的保存を生じうるか?
内田唯
第38回 分子生物学会年会   2015年12月