佐藤勇一

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/07 14:09
 
アバター
研究者氏名
佐藤勇一
 
サトウ ユウイチ
所属
福井工業高等専門学校
部署
一般科目教室(人文社会科学系)
職名
准教授
学位
博士(文学)(立命館大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
福井工業高等専門学校 一般科目教室(人文社会科学系) 准教授
 
2008年
 - 
2016年
兵庫県立総合衛生学院 非常勤講師
 
2006年
 - 
2016年
立命館大学 文学部 非常勤講師
 
2004年
 - 
2016年
洛南高等学校 非常勤講師
 
2006年
 - 
2010年
立命館大学 産業社会学部 非常勤講師
 
2002年
 - 
2006年
京都衛生専門学校 非常勤講師
 
2003年
 - 
2004年
長尾谷高等学校 非常勤講師
 
2000年
 - 
2002年
立命館大学 文学部 一号助手
 

学歴

 
 
 - 
2005年
立命館大学大学院 文学研究科 西洋哲学専攻博士後期課程
 

論文

 
佐藤勇一
福井工業高等専門学校研究紀要 人文・社会科学   (50) 23-34   2016年12月   [査読有り]
In Downcast Eyes, Martin Jay often uses words that he borrowed from Vasco Ronchi's Optics: lumen and lux. The aim of this paper is to clarify the features of Jay's thought, comparing Jay's usages of the words lumen and lux with Ronchi's. I will de...
佐藤勇一
ミシェル・アンリ研究   (6) 111-132   2016年6月   [査読有り]
Michel Henry considère Franz Kafka un « penseur religieux ». Cet article traite de la lecture henryenne de Kafka. Pour philosophe et romancier Henry, Kafka est un antécédent qui ecrit un expression de la vérité philosophique, et qui cherche un che...
佐藤勇一
立命館大学人文科学研究所紀要   (108) 65-91   2016年3月   [査読有り]
佐藤勇一
Bulletin d’analyse phénoménologique   Ⅹ(1) 1-18   2014年1月   [査読有り]
This article focuses on the way of phenomenological reduction via anthropology in Edmund Husserl’s reading of Lucien Lévy-Bruhl and in Maurice Merleau-Ponty’s reading of Claude Lévi-Strauss. Both Husserl and Merleau-Ponty begin their consideration...
人類学を通る還元の道――フッサールとレヴィ=ブリュル、メルロ=ポンティとレヴィ=ストロース――
佐藤勇一
多極化する現象学の新世代組織形成と連動した「間文化現象学」の研究 研究成果報告書(2011-2012年度)   155-169   2013年6月
佐藤勇一
文明と哲学   (5) 161-174   2013年5月   [査読有り]
佐藤 勇一
立命館文學   625 1104-1114   2012年2月
Baudelaire, dans Salon de 1845, refute une opinion de « demi-savants » à propos de la naïveté. D’après lui, un tableau de Corot n’est pas fini, mais fait du tout. Cette différence entre « fini » et « fait » est reprise par Malraux, puis par Merlea...
佐藤勇一
立命館哲学   (16) 87-108   2005年3月   [査読有り]

Misc

 
佐藤勇一
現象学年報   (32) 189-193   2016年11月   [依頼有り]
佐藤勇一
倫理学研究   (45) 134-137   2015年6月   [依頼有り]
レヴィ=ストロースとメルロ=ポンティ――自然と文化の区別から生の精神 へ、そして両者の間文化的な含意
劉國英著、佐藤勇一訳
多極化する現象学の新世代組織形成と連動した「間文化現象学」の研究 研究成果報告書(2011-2012年度)   41-57   2013年6月
佐藤勇一
立命館大学人文科学研究所紀要   (100) 151-154   2013年3月
中国と西洋の愛の観念 ――〈エロス〉と〈情〉の現象学に向けて――
張 燦輝, 佐藤勇一・青柳雅文訳
多極化する現象学の新世代組織形成と連動した「間文化現象学」の研究 研究成果報告書   100-124   2011年8月

書籍等出版物

 
メルロ=ポンティ哲学者事典(第三巻):歴史の発見・実存と弁証法・「外部」の哲学者たち(共訳)
メルロ=ポンティ (担当:共訳, 範囲:「コント」、「コント補記」、「哲学史要覧 マルサス~カーライル・ノヴァーリス~シュテフェンス・ヘーゲル~プルードン」)
白水社   2017年2月   ISBN:456009313X
『間文化性の哲学』(「沈黙、さまざまな沈黙」)
谷徹編、マウロ・カルボーネ, 佐藤勇一訳 (担当:単訳, 範囲:「沈黙、さまざまな沈黙」)
文理閣   2014年8月   ISBN:978-4-89259-736-7
Mauro Carbone, Silence, Silencesの訳出
『現代思想 臨時増刊号 総特集メルロ=ポンティ 身体の深化と拡張』vol.36-16
E.ドゥ・サントベール著 佐藤勇一訳 (担当:単訳, 範囲:「メルロ=ポンティ現象学の統一性と連続性--未公刊草稿の観点」)
青土社   2008年12月   ISBN:978-4-7917-1190-1
Emmanuel de Saint Aubert, Unité et continuité de la Merleau-Ponty: L'Eclairage des inéditsの訳出。
『思想』No.1015 (メルロ=ポンティ生誕100年)
メルロ=ポンティ著  (担当:共訳, 範囲:「音楽に関する二つの未公刊ノート 」(佐藤勇一訳pp.121-123)、および「アロン・グルヴィッチ『意識野の理論』についての読書ノートと注釈」(佐藤勇一・加國 尚志訳、担当214-240 ))
岩波書店   2008年11月   
Merleau-Ponty, Deux notes inédites sur la musique および Notes de lecture et commentaire sur Théorie du champ de la conscience de Aron Gurwitchの訳出。

講演・口頭発表等

 
エコノミーと自然法をめぐる間文化的考察―モンテーニュの新大陸とケネーの中国――
佐藤勇一
間文化現象学研究センター・ワークショップ「エコノミーと間文化性」   2017年3月16日   
ミシェル・アンリ哲学における宗教思想家としてのカフカ
佐藤勇一
日本ミシェル・アンリ哲学会第7回大会   2015年6月13日   
視覚の狂気と眼差しの帝国
佐藤勇一
立命館大学間文化現象学センター、ワークショップ「視覚と間文化性」、立命館大学   2015年3月25日   
佐藤勇一
OPO(Organisation of Phenomenological Organisations) V Perth 2014, Phenomenology and the Problem of Meaning in Human Life and History   2014年12月10日   
The Way of the Reduction via Anthropology―Husserl and
佐藤勇一
間文化現象学プロジェクト第5回シンポジウム   2013年3月13日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 谷 徹
間文化性の理論的・実践的探求ー間文化現象学の新展開
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 加國尚志

その他

 
2017年11月   加國尚志著『沈黙の詩法――メルロ=ポンティと表現の哲学』 書評会、評者
2017年6月   福井高専地域連携アカデミア総会特別講演講師
2016年12月   ポスター発表 未公刊草稿の観点から行うメルロ=ポンティ哲学研究
JOINTフォーラム2016(福井工業高等専門学校地域連携テクノセンター)、武生商工会議所
2016年8月   2016~2017年 公開講座 中学生のための社会講座ー高専の入試問題で学ぼうー
2015年   公開講座 ラボール学園京都労働学校セミナー「哲学の名著を読む」『フーコー・コレクション 1』を読む 講師