永井裕司

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/26 21:51
 
アバター
研究者氏名
永井裕司
 
ナガイ ユウジ
通称等の別名
Yuji
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20415409.ja.html
学位
博士(獣医学)(北里大学)

プロフィール

精神・神経疾患についてモデル動物とPETなどイメージングを利用して基礎的な研究をしています

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 脳機能イメージング研究部 研究員
 

論文

 
Koga K, Maeda J, Tokunaga M, Hanyu M, Kawamura K, Ohmichi M, Nakamura T, Nagai Y, Seki C, Kimura Y, Minamimoto T, Zhang MR, Fukumura T, Suhara T, Higuchi M
EJNMMI research   6(1) 1-14   2016年12月   [査読有り]
Nagai Y, Kikuchi E, Lerchner W, Inoue KI, Ji B, Eldridge MA, Kaneko H, Kimura Y, Oh-Nishi A, Hori Y, Kato Y, Hirabayashi T, Fujimoto A, Kumata K, Zhang MR, Aoki I, Suhara T, Higuchi M, Takada M, Richmond BJ, Minamimoto T
Nature communications   7    2016年12月   [査読有り]
Koga K, Yoshinaga M, Uematsu Y, Nagai Y, Miyakoshi N, Shimoda Y, Fujinaga M, Minamimoto T, Zhang MR, Higuchi M, Ohtake N, Suhara T, Chaki S
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   357(3) 495-508   2016年6月   [査読有り]
Wang L, Mori W, Cheng R, Yui J, Hatori A, Ma L, Zhang Y, Rotstein BH, Fujinaga M, Shimoda Y, Yamasaki T, Xie L, Nagai Y, Minamimoto T, Higuchi M, Vasdev N, Zhang MR, Liang SH
Theranostics   6(8) 1145-1159   2016年5月   [査読有り]
McCairn KW, Nagai Y, Hori Y, Ninomiya T, Kikuchi E, Lee JY, Suhara T, Iriki A, Minamimoto T, Takada M, Isoda M, Matsumoto M
Neuron   89(2) 300-307   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
永井裕司
獣医畜産新報   (1109) 914-918   2013年12月
大矢智幸, 岡村敏光, 永井裕司, 福士清, 入江俊章, 須原哲也, 張明栄, 福村利光, 菊池達矢
核医学   48(3) 354   2011年9月
山本憲司, 大林茂, 永井裕司, 太田俊彦, 村上晶, 須原哲也
神経眼科   27 82   2010年11月
関千江, 永井裕司, 南本敬史, 大西新, 佐々木健至, 林和孝, 中尾隆士, 伊藤浩, 菅野巖, 須原哲也
核医学   47(3) S215   2010年9月
石井一, 松田優一, 成川覚, 山口龍二, 河合直士, 橋本直樹, 元廣廣行, 元廣廣行, 亀井淳, 永井裕司, 南本敬史
放射線科学   53(7) 21-23   2010年7月

講演・口頭発表等

 
神経活動を選択的に制御できる人工受容体DREADDのPETイメージング [招待有り]
永井裕司
第58回日本獣医画像診断学会   2015年9月7日   
サルの報酬関連行動に影響を与える人工受容体DREADDのPETイメージング [招待有り]
永井裕司
第30回日本大脳基底核研究会   2015年7月18日   
永井裕司、菊池瑛理佳、Lerchner Walter、井上謙一、大西新、金子博之、加藤陽子、堀由紀子、季斌、熊田勝志、張明栄、青木伊知男、須原哲也、高田昌彦、樋口真人、Barry J Richmond、南本敬史
第37回日本神経科学大会   2014年9月13日   
Serotonergic dysfunction mediates decrease in motivation for instrumental action in hypothyroidism model monkeys
Takafumi Minamimoto、 Arata Oh-Nishi、 Hori Yukiko、 Yuji Nagai、 Tetsuya Suhara
8th IBRO World Congress of Neuroscience   2011年   
Alteration of dopaminergic function in a primate model of hypothyroidism revealed by PET
Hori Yukiko、 Yuji Nagai、 Arata Oh-Nishi、 Tetsuya Suhara、 Takafumi Minamimoto
第34回日本神経科学大会   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 永井 裕司
1頭のサルに対してMPTPの投与を開始したところMPTP累積投与量1.0mg/kgにおいて運動機能が著しく障害され自発的に運動することが困難になった。ここで線条体DAT結合能を計測したところ、MPTP投与前の約5%まで低下していたため、運動機能障害の原因と考えられた。このような運動機能が著しく障害された個体が得られたため遂行機能障害の検出が困難となったが、MPTPに対する感受性について事前評価をする必要性や低用量反復投与によるPDモデル作成について検討する必要性が示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 永井 裕司
MPTP反復投与パーキンソン病モデルサルを用いて運動障害および認知機能障害とPETによる脳内ドーパミン(DA)系機能の関係について検討した。運動障害とDA機能の関係をボクセル単位で相関解析したところ、一次運動野と密接な関係にある外側被殻において有意な正の相関を認め、線条体局所で生じたDA神経変性脱落がその部位が関与する機能に選択的な異常をもたらすことを示唆する。