論文

査読有り
2018年

『犯罪白書』で述べられる「精神障害者等」による犯罪 : 昭和35~平成28年版『犯罪白書』全57冊の分析

長崎国際大学論叢 = Nagasaki International University review
  • 金澤 由佳

18
開始ページ
135
終了ページ
147
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
長崎国際大学

『犯罪白書』には精神障害者による犯罪という項目がある。そして、「刑法」「医療」「福祉」を中心にこれまでに多くの学際的な研究が『犯罪白書』を引用し、精神障害者の犯罪率は一般刑法犯に比べて低いこと、一方で特定の罪種についてはより高い犯罪率を示すことなどを指摘してきた。精神障害者による犯罪は『犯罪白書』が刊行された当初より、継続して語られてきた重要項目の1つであるが、時代をさかのぼって『犯罪白書』をみるならば、刊行当初は「精神障害」という用語が示す定義自体もあいまいであり、一般刑法犯に占める精神障害者の比率やその罪種別の割合も示されていなかった。そこで、本研究では、『犯罪白書』における精神障害者の定義や精神障害者による犯罪率の変遷について着目し、全57冊の『犯罪白書』を概観した。『犯罪白書』を引用する場合は、本研究で明らかになった『犯罪白書』における定義や特徴を念頭におき、誤解や偏見を招かないよう留意する必要性があると思われた。

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/120006484067
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA11766493
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/029014100
URL
http://id.nii.ac.jp/1171/00001430/
ID情報
  • ISSN : 1346-4094
  • CiNii Articles ID : 120006484067
  • CiNii Books ID : AA11766493

エクスポート
BibTeX RIS