共同研究・競争的資金等の研究課題

2018年4月 - 2021年3月

機能的ヒト型人工リンパ組織の構築と抗腫瘍免疫療法への応用

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 小林 由佳

課題番号
18K07264
配分額
(総額)
4,290,000円
(直接経費)
3,300,000円
(間接経費)
990,000円

近年の国内外におけるがん研究により、摘除がん組織に三次リンパ組織が見られる場合、そのがん患者の予後がはるかに良好であることが明らかになりつつある。このような知見から、安定的な免疫組織を人工的に再構築する技術の確立は、機能低下に陥った免疫機能を回復させ、がん、感染症に対する免疫能を高め、更に免疫制御の最適化による難治性疾患の治療にも役立つことが期待される。生体内での機能的なリンパ組織構築の重要性は増しつつある。しかしながら、実際に検討されている例は少ない。我々はこれまでにリンパ組織ストローマ細胞を用いてマウス生体内にマウス型二次リンパ組織様構造の構築法を確立して発表してきた。本研究では、生体内において長期間安定で機能的な「ヒト型」リンパ組織の人工的構築法を確立して、抗腫瘍免疫などの免疫誘導能の証明を目的としている。
これまでの成果を踏まえて、ヒト間葉系幹細胞株化細胞よりリンパ組織特異的ストローマ細胞を誘導し、ストローマ細胞スフェロイドを構築した。このスフェロイドとヒト末梢血単核球を混合し、重度免疫不全マウス腎皮膜下へ移植した。数週間後、T細胞領域及びB細胞領域をもつ三次リンパ組織様構造が構築された。用いたストローマ細胞はT細胞、B細胞など免疫細胞の局所への集積を担うケモカインを発現しているため、各細胞のクラスター形成が可能になると考える。構築されたリンパ組織様構造には、マウス移植個体由来の脈管構造も観察でき、それらは機能的であることも確認している。

ID情報
  • 課題番号 : 18K07264