カウンタ

COUNTER6183

研究ブログ

12
2018/05/23

KAKEHASHI:学生の体験談公開

| by ymizutani
KAKEHASHIに参加した23名の学生のうち、6名の学生の体験談が、上智大学の公式ウェブサイト(グローバル教育センターのページ内)に掲載されました。

活動の内容が学生の視点からまとめられていますので、どうぞご覧ください。


15:25 | 教育
2018/05/08

KAKEHASHI:学内での成果発表

| by ymizutani
KAKEHASHIプロジェクトで23名の学生とロサンゼルスに派遣されてから、早くも2か月が経ちました。
ゴールデンウィークが明けて春学期も本格的に始まった昨日、私が担当する留学準備講座という授業の一部を使って、KAKEHASHIに参加した数名が成果発表を行いました。
この授業は、上智大学在学中に留学を考えていたり、実際に留学先が決まって出発を控えている学生が受講しているものです。

短期と長期の留学には、両方に異なるメリットがあります。
KAKEHASHIは非常に短い期間の米国滞在ではありましたが、通常の留学では出会えない方々からお話を伺ったり、日本文化発信を実践する貴重な機会です。
発表を担当した学生達は、自身の体験を振り返りながら、仮に長期留学を経験した学生にとっても学びの多いプログラムであること、一方、長期留学を目指す学生にとってはステップとなる海外経験ともなり得ることを説明しました。
続いて、海外における日本文化発信について、帰国後独自に調べた内容を発表しました。留学を控えている学生には参考になったことでしょう。

上記の発表は、KAKEHASHIに参加した学生が帰国後に行うことになっているアクション・プラン(=KAKEHASHIを通じて学んだことを日本で実践する)の一環です。
他にも様々なアクション・プランが現在上智大学で進行中ですので、追ってご紹介します。


19:51 | 教育
2018/03/14

KAKEHASHI: ロヨラ・メリーマウント大学の学生が帰国しました

| by ymizutani
東京と広島を訪れていたロヨラ・メリーマウント大学(LMU)の学生達は、無事に米国に帰国したそうです。

広島ではホームステイを体験したり、広島平和記念資料館で被爆者の方のお話を伺ったりしたそうです。インスタグラムに、訪問の様子が掲載されています。

帰国前には東京で再び上智大学の学生と合流し、浅草を散策しました。
日本の様々な側面を学んで帰国したLMUの学生達。
今度はどのような形で日本を訪問してくれることでしょう。楽しみですね。

上智の学生達は日本に帰国し、LMUの学生達は米国に帰国しましたが、このプログラムはこれで終了ではありません。
どちらのグループにも、「自分の国に帰国した後、現地で気付いたことを具体的なアクションとして実行する」という活動が求められています。
その様子は、また後にご報告します。


11:30 | 教育
2018/03/07

KAKEHASHI: ロヨラ・メリーマウント大学からの学生受け入れ

| by ymizutani
上智の学生がロサンゼルスから帰国して10日あまりが経った昨日、今度は訪問先のロヨラ・メリーマウント大学から23名の学生と2名の教員が上智大学四ツ谷キャンパスを訪れました。

学生は、上智大学の歴史や日本の大学教育を説明するため、キャンパスツアーとポスター発表を実施しました。
その後、日本国内の多様性や、未来の日米の相互理解について、ディスカッションを行いました。

教員として印象的だったのは、LMUの学生が繰り返し以下のように話してくれたことです。
「日本の人達は懸命に英語を学び、私達と話そうとしてくれます。私達は、これから日本語を学びたいと思います。両方が努力しないと、相互理解は実現しません。」

上智大生がLMUで過ごした最終日にも、LMUの学生は、オンラインの翻訳機能を駆使して、日本語で挨拶をしてくれました。
「私達には、違いもあるけれど、もっと多くの共通点があることが分かりました。」
と話してくれましたよ。長いスピーチでした。きっと長い時間をかけて準備してくれたことでしょう。

上智の学生は、日本らしいお土産(かつ、軽くて割れないもの)を考えた結果、色紙に寄せ書きをして、LMUの学生全員に贈りました。

上智とLMUの両方の学生に、よい未来が訪れますように。
LMUの学生達は、今日から広島を訪問しています。初めての新幹線の乗り心地はどうだったでしょうね。引き続きよい旅を!


12:33 | 教育
2018/03/07

KAKEHASHI: 学生の成果発表

| by ymizutani
上智大学からロサンゼルス市のロヨラ・メリーマウント大学を訪問した学生達は、最終日に報告会を開きました。
前日から準備を開始し、夜遅くまで話し合ったグル―プもあったようです。

午前中に現地での学びを今後どのような行動につなげていくかを話し合い、午後にグループごとに発表を行いました。
LMUの教職員や在ロサンゼルス日本国総領事館の方々からの質疑応答でも、自分達の意見を英語で表現することができました。


12:05 | 教育
2018/03/05

KAKEHASHI: ロサンゼルスが大都市になるまでの歴史

| by ymizutani
今でこそ世界でも有数の大都市であるロサンゼルス。しかし昔は、La Iglesia de Nuestra Señora la Reina de Los Ángelesという名の教会と、その周りに広がる小さな町でした。この教会の長い名前の一部を取って、ロサンゼルス(Los Angeles=スペイン語で天使の意味)という都市名になったのですね。

現在オリジナルの建物は残っていませんが、教会とその周辺の街並みの一部が復元され、国定歴史モニュメントとなっています。見学した学生達は、スペインやメキシコの文化の感じられる建物を興味深そうに見学していました。

ちなみに私は、文化人類学的な研究のほとんどを、米国南西部で行ってきました。米国メキシコ国境の歴史や文化について学ぶ授業も上智大学で開講しています。今回の派遣生の中には、これまでに私の授業を履修してくれた学生もいるのですが、授業の内容を思い出してくれたでしょうか。


12:14 | 教育
2018/03/04

KAKEHASHI: 訪問先の大学のウェブサイトにも掲載されました

| by ymizutani
訪問先のロヨラ・メリーマウント大学のウェブサイトに、上智大学の訪問の様子が掲載されました。

同校からの教員と学生が、間もなく日本に到着します。
来週は上智のキャンパスにお迎えします。お待ちしていますよ!


16:46 | 教育
2018/03/04

KAKEHASHI: 米国憲法修正第一条記念ウィーク

| by ymizutani
米国憲法修正第一条は、表現の自由、集会の自由、出版の自由、宗教の自由、言論の自由などを保証しています。

上智大学の学生がロヨラ・メリーマウント大学(LMU)を訪問していた週は、同大学が米国憲法修正第一条の意義を啓発するイベントを行う週でした。毎年開催されているそうです。上智大学とLMUの学生は、スポーツキャスターのジェメル・ヒル氏の講演会に共に参加し、言論の自由について考えました。


11:45 | 教育
2018/03/03

KAKEHASHI: 在ロサンゼルス日本国総領事館訪問

| by ymizutani
今回上智から派遣された学生達の中には、外交官を目指す学生もいました。そのような学生が楽しみにしていた総領事館訪問。在ロサンゼルス日本国総領事館のfacebookページでも訪問の様子を取り上げて頂きました。

ご多忙の中、学生からの質疑応答に詳しくお答えくださり、本当にありがとうございました。総領事館の仕事が大変幅広いものであること、学生時代に学んでおくべきこと、女性が仕事を続けていくために知っておくことなど、多様なお話を拝聴しました。

ロサンゼルス中心部の高層ビル街、スーツで颯爽と歩くオフィス街の人々、チーズがたっぷり乗ったピザのお昼ご飯、前回のロサンゼルス五輪のマークの残る建物、家賃の高騰によって家を追われ路上生活する方々のテント群、通勤時間の渋滞等々。この日も学生はたくさんのものを見て、現在の米国社会の一端を学びました。


11:17 | 教育
2018/03/02

KAKEHASHI: イラク戦争戦没者記念モニュメント

| by ymizutani
今回学生が訪れたロヨラ・メリーマウント大学は、観光客も多く訪れるサンタモニカ・ビーチという海岸の近くにあります。

同ビーチには、毎週日曜日に、多くの小さな十字架が立てられます。
この十字架は、イラク戦争で戦死した米軍兵の数を示しています。
その数は4000名以上に上るそうです。

毎週十字架を立てて戦死者を追悼すると共に、あらゆる戦争に大きな犠牲が伴うことを記憶に留めるため、このような活動が行われているとのことでした。
(詳細はArlington Westに関するウェブサイト等で知ることができます。)



この海の先には日本がありますね!
途中で時間調整のために立ち寄った桟橋からは、釣りをしている人におこぼれの魚をねだりに来た野生のアザラシやペリカンを見ることができて、動物の好きな学生達は大はしゃぎでした。
11:13 | 教育
12