五十嵐ゆかり

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/11 12:09
 
アバター
研究者氏名
五十嵐ゆかり
 
イガラシユカリ
eメール
yukarislcn.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/30363849.ja.html
所属
聖路加国際大学
部署
看護学部
職名
准教授
学位
看護学博士(聖路加国際大学)
科研費研究者番号
30363849

プロフィール

聖路加国際大学 母性看護学・助産学 http://plaza.umin.ac.jp/artemis/

在住外国人の女性と家族の出産と育児を支える活動、日本における難民女性のリプロダクティブヘルス向上のための活動、外国にルーツを持つ子どもへの支援活動を行っています。
  ・多文化共生を育む医療者のためのサイト(Ethnic)https://www.ethnic.center/
  ・多文化医療サービス研究会(RASC) http://www.rasc.jp/
 ・日本にくらす外国人ママの応援サイト(RASC B.B.) https://www.rasc-bb.org/

教育活動においては、Team-based Learning (TBL)を周産期科目に導入しています。
  ・日本助産看護TBL研究会(J-MINTS) https://www.j-mints.com/

卒後教育としては、助産師向けのシミュレーショントレーニングプログラムを提供しています。
 ・助産師のための産科救急シミュレーショントレーニング(Jasmiy)https://www.jasmiy.org/

災害における女性への支援活動、防災についての取り組みも行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
聖路加国際大学 看護学部 准教授
 
2010年
 - 
2013年
聖路加看護大学 看護学部 助教
 
2009年
 - 
2010年
聖路加看護大学 看護実践開発センター 博士研究員
 
2006年
 - 
2009年
聖路加看護大学 研究助手(RA)・教員助手(TA)
 
2003年
 - 
2006年
神奈川県立保健福祉大学 看護学科 助教
 

学歴

 
2006年
 - 
2009年
聖路加看護大学 大学院看護研究科 博士後期課程
 
2002年
 - 
2003年
The University of Sydney Master of Nursing 
 
2001年
 - 
2002年
The University of Sydney Bachelor of Nursing 
 

委員歴

 
2018年3月
 - 
現在
日本助産学会  代議員
 
2018年1月
 - 
現在
多文化社会研究会  副理事長
 
2017年7月
 - 
現在
日本助産学会  災害小委員
 
2017年4月
 - 
現在
大学基準分科会  委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本医療教育財団  外国人患者受け入れ認証制度 認定調査員
 
2016年9月
 - 
現在
日本助産評価機構  教育評価 評価員
 
2015年4月
 - 
現在
大分県立看護科学大学  看護科学研究 専任査読委員
 
2014年2月
 - 
現在
日本助産看護 TBL研究会(​Japan Midwifery/Nursing Team-Based Learning Society:J-MINTS)  代表
 
2013年4月
 - 
現在
日本助産学会  専任査読委員
 
2013年4月
 - 
現在
日本生殖看護学会  専任査読委員
 

論文

 
長松康子、佐居由美、五十嵐ゆかり、堀内成子
聖路加看護大学紀要   4 98-102   2018年3月
飯田真理子、五十嵐ゆかり、新福洋子
聖路加看護大学紀要   63-67   2017年3月
池口佳子、五十嵐ゆかり 他8名
聖路加看護大学紀要   41-46   2017年3月
五十嵐ゆかり、貝原加珠
聖路加看護大学紀要   52-57   2017年3月
松谷美和子、大久保暢子、飯田眞理子、五十嵐ゆかり、他16名
聖路加看護大学紀要   (2) 88-93   2016年3月
奥 裕美、松谷美和子、三浦友理子、吉田千文、五十嵐ゆかり、他5名
聖路加看護大学紀要   (2) 83-87   2016年3月
加藤千穂、片岡弥恵子、五十嵐ゆかり、蛭田明子
日本助産師学会誌   29(1) 77-86   2015年6月   [査読有り]
蛭田明子、五十嵐ゆかり、佐藤理恵、豊嶋優子、加藤千穂、片岡弥恵子
聖路加看護大学紀要   (1) 127-130   2015年3月
五十嵐ゆかり、小黒道子
日本助産学会誌   28(2) 250-259   2014年12月   [査読有り]
加藤千穂、片岡弥恵子、五十嵐ゆかり、蛭田明子、江藤宏美
聖路加看護大学紀要   (40) 49-53   2014年3月

書籍等出版物

 
国際化と看護 日本と世界で実践するグローバルな看護を目指して
大橋一友/岩澤和子 編集 五十嵐ゆかり、他25名(担当、範囲108‐114)
MCメディカ出版   2018年11月   ISBN:978-4-8404-6593-9
https://www.medica.co.jp/catalog/book/7384?e_flg=0
パーフェクト 臨床実習ガイド・母性看護(第2版)
堀内成子 編集 五十嵐ゆかり他29名 (担当:共著, 範囲:334-338,344-355,390-398頁)
照林社   2017年2月   ISBN:9784796524117
http://www.shorinsha.co.jp/detail?bt=0&isbn=9784796524117
多文化「共創」社会入門 移民難民とともに暮らし、互いに学ぶ社会へ
五十嵐ゆかり、他16名  (担当:共著, 範囲:13-22)
慶應義塾大学出版社   2016年10月   ISBN:978-4-7664-2371-6
http://www.ajup-net.com/bd/isbn978-4-7664-2371-6.html
アクティブ・ラーニング読本 シリーズ1ーグループワークの達人 関西大学教育推進部ー
五十嵐ゆかり、他9名 (担当:共著, 範囲:98-112頁)
関西大学   2016年2月   
http://www.kansai-u.ac.jp/ap/activity/publish.html
トライ!看護にTBL チーム基盤型学習の基礎のキソ
五十嵐ゆかり、飯田真理子、新福洋子 (担当:監修, 範囲:第一章、第二章、第五章-2)
医学書院   2015年12月   ISBN:978-4-260-02426-6
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=89358
母性看護学Ⅰ 概論ープリンシプルを習得し女性・家族に寄り添い健康を支えるー
有森直子 編集、有森直子、五十嵐ゆかり、片岡弥恵子、川元美里、辻恵子、蛭田明子、李節子 (担当:共著, 範囲:119-139頁)
医歯薬出版   2015年9月   ISBN:978-4-263-23668-0
https://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=236680
母性看護学Ⅱ 周産期各論ーアセスメントスキルを習得し 質の高い周産期ケアを追求するー
有森直子 編集 五十嵐ゆかり、小黒道子、黒川寿美江、蛭田明子、李節子 (担当:共著, 範囲:2-132頁)
医歯薬出版   2015年3月   ISBN:978-4-263-23669-7
https://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=236690
How to Guide for Team-Based Learning(TBL 実践ガイド)日本語翻訳
五十嵐ゆかり、飯田真理子、新福洋子、三木洋一郎、瀬尾宏美 (担当:共訳)
IAMSE   2015年3月   ISBN:978-1-4675-6665-0
https://iamse.site-ym.com/store/ViewProduct.aspx?id=7234656
移民政策へのアプローチ ‐ライフサイクルと多文化共生‐
川村千鶴子、近藤敦、中本博晧 編著
明石書店   2009年6月   ISBN:9784750329994
http://www.akashi.co.jp/book/b65986.html
「移民国家日本」と多文化共生論‐多文化都市・新宿の深層-
川村千鶴子 監修 稲葉佳子、李承珉、藤原(五十嵐)ゆかり、李坪鉱、藤田ラウンド幸世、渡辺幸倫、李錦純、麦倉哲、陳天璽、河合優子 (担当:共著, 範囲:第5章 多文化な出産とトランスカルチャラルケア)
明石書店   2008年5月   ISBN:9784750327662
http://www.akashi.co.jp/book/b65753.html

外国人医療に関する講演・研修会

 
2018年10月   文化を超えた保健師活動
公益社団法人 群馬県看護協会
2018年10月   2018年度第3回CHIP研修 医療通訳研修(産科・婦人科)
(一社)全国医療通訳者協会
2018年8月   平成30年度国際文化研修 多文化共生の地域づくりコース「母子保健」
全国市町村国際文化研修所
2017年12月   第27回お母さんと子どもの元気セミナー「妊娠・出産における外国人女性への支援方法」
日本家族計画協会
2017年9月   医療通訳研修(産科・婦人科)
(一社)全国医療通訳者協会
2017年8月   専門医療通訳者養成コース「産婦人科領域の基礎知識」2017
多文化共生センターきょうと
2017年8月   平成29年度国際文化研修 多文化共生の地域づくりコース「母子保健」
全国市町村国際文化研修所
2017年1月   第26回お母さんと子どもの元気セミナー「妊娠・出産における外国人女性への支援方法」
日本家族計画協会
2016年9月   平成28年度国際文化研修 多文化共生の地域づくりコース「母子保健」
全国市町村国際文化研修所
2016年5月   在日外国人の妊娠子育て支援
NCGM外国人医療 実践講座

競争的資金等の研究課題

 
周産期看護と小児看護におけるLearner Centered Integrated Learningのための教材開発
聖路加国際大学: 聖路加国際大学教育改革推進事業
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 五十嵐ゆかり
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽)
研究期間: 2016年 - 2019年3月    代表者: 五十嵐ゆかり
我が国における外国人の受け入れは、観光や行政サービスの改善などの整備が進められている。しかし、医療は生命に直結するにも関わらず、対応やケアにおいて、未だ問題が山積している。特に、看護者の外国人に対する困惑が強く、場当たり的な対応となっている。それはトランスカルチャラルナーシング(異文化看護)の教育が不十分であったことに起因する。これまで研究者は医療者向けに「多文化共生の感受性を育む周産期看護者育成プログラム」の開発を行ってきた。その研究結果を基盤として、外国人対応力の獲得をめざしたシミュレ...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 長松 康子 研究分担者:五十嵐ゆかり
CLIP project 子どものライフプランサポートプロジェクト
日本財団: 
研究期間: 2017年 - 2018年2月    代表者: 五十嵐ゆかり
助産・周産期看護学教育におけるシミュレーショントレーニングプログラムの開発
聖路加国際大学: ミセスセンジョン記念教育基金
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 五十嵐ゆかり
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 五十嵐ゆかり
本研究は、看護者が様々な背景を持つ対象に対応できる「多文化共生の感受性を育む周産期看護者育成プログラムの実施と評価」を行うことであった。研究方法は、第1段階:これまで作成したプログラムを基盤としたプログラム開発、第2段階:本調査、第3段階:研究結果のデータ分析を行い、普及をめざし国内外の学会で公表した。また、教育プログラムの実施と評価と並行し、外国人ケアへの意識づけを目的とした研修会「ヘルスケア・カフェ」も定期的に企画した。今回の教育プログラムと研修会は、自ら語学や異文化を学ぶこと、さらに...
Learner centered model としてのLA(Learning Assistant)システムの導入
聖路加国際大学: 聖路加国際大学学会教育改革推進事業
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 池口佳子 研究分担者:五十嵐ゆかり
産科救急のシミュレーショントレーニングプログラムの開発
聖ルカ・ライフサイエンス研究所: 
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 五十嵐ゆかり
産科救急チームトレーニング評価におけるパフォーマンス測定尺度の開発
聖路加国際大学: 聖路加看護学会看護実践科学研究助成基金
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 五十嵐ゆかり
シミュレーションを用いた分娩時出血トレーニングプログラムの開発
日本助産学会: 日本助産学会研究助成金(学術奨励研究助成)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 蛭田明子 研究分担者:五十嵐ゆかり

講演・口頭発表等

 
女性の視点から考える防災 ー東日本大震災における女性支援活動を通してー
五十嵐ゆかり
2018年白楊祭   2018年11月11日   
五十嵐ゆかり
スウェーデン ユースダール 難民会議   2018年10月18日   
Team-Based-Learning(チーム基盤型学習)の学習効果の評価
五十嵐ゆかり
公益社団法人私立大学情報教育協会 教育改善研究発表会   2018年8月9日   
災害における女性の健康支援
五十嵐ゆかり
聖路加同窓会   2017年7月29日   
チームアプローチを中心とした産科救急シミュレーションプログラムの開発
五十嵐ゆかり、蛭田明子、片岡弥恵子、佐藤理恵、豊嶋優子、
第73回助産師会学会   2017年6月   
A Report face-to-face Peer-evaluation
Yukari Igarashi, Mariko Iida,Yoko Shimpuku
16th Annual TBLC Meeting   2017年3月   
女性の母親役割獲得のプロセス~妊娠期から産褥期の関わりから~
久保田美樹、五十嵐ゆかり
第21回聖路加看護学会学術集会   2016年9月   
先駆的教育方法の試み「チーム基盤型学習法」
五十嵐ゆかり
第52回全国助産師協議会   2016年6月4日   
シンポジウム 外国人が安心できる聖路加を目指して
五十嵐ゆかり
第10回ルカ・アカデミア   2016年3月5日   
外国人ケア向上のための「HealthCareCafe」の実践報告
五十嵐ゆかり、貝原 加珠、中島薫、瓜生田真理
第10回ルカ・アカデミア   2016年3月   

Misc

 
五十嵐ゆかり
月刊フェスク   2-11   2018年10月   [依頼有り]
池口佳子、五十嵐ゆかり 他10名
看護教育   59(4) 302-306   2018年3月
五十嵐ゆかり
一般財団法人自治体国際化協会 多文化共生ポータルサイト      2017年9月   [依頼有り]
五十嵐ゆかり
助産雑誌   (71) 220-226   2017年2月
産科救急シミュレーショントレーニングプログラムの開発
五十嵐ゆかり、蛭田明子、片岡弥恵子、佐藤理恵、豊嶋優子
聖ルカライフサイエンス研究所 平成27年度 研究助成報告書      2016年11月
松谷美和子、奥 裕美、三浦友理子、吉田千文、五十嵐ゆかり、他13名
聖路加国際大学大学院フューチャー・ナースファカルティ育成プログラム(FNFP)平成27年度実施報告書 日本助産師会出版会      2016年3月
五十嵐ゆかり
日本助産師会出版会   32-35   2016年2月
産科救急チームトレーンング評価におけるパフォーマンス測定尺度の開発
五十嵐ゆかり
聖路加看護学会      2016年
五十嵐ゆかり
看護教育   58(6) 496-502   2015年6月
「結びつき」が授業がおもしろくする

 学生が時に口にする「この科目は何の役に立つの?」という疑問は,その授業が「つまらない」から,発せられるのだろうか。教員が学生に対してその科目を学ぶメリットを示せば,「おもしろい」授業になるのだろうか。あるいは,エンタティンメント性が高く,オチがあり,ドキドキする授業が,学生にとって「おもしろい」のだろうか。

 学生から受け取る授業評価を振り返ると,そうではないことに気づく。それは,「考えたり,アウトプットができるので,興味深い」という声が多いからで...

Works

 
女性の避妊と感染症(日本語、中国語)
五十嵐ゆかり   教材   2018年11月
五十嵐ゆかり、池上三喜子、国崎信江、田中美咲、冨川万美、中島千恵   その他   2018年3月
四日市市危機管理室、浅野幸子、五十嵐ゆかり   教材   2016年2月
あなたを守るために-Safer Sexとは-(日本語、英語、ポルトガル語、フランス語)
五十嵐ゆかり、小黒道子、篠原枝里子   教材   2015年12月
五十嵐ゆかり   その他   2012年6月
女性のみなさんへ~尿トラブルで困っていませんか?~
五十嵐ゆかり、五十嵐敏雄、稲見枝里子、加藤千穂   その他   2012年5月
五十嵐ゆかり   その他   2012年2月
おんなのコのみんなへ じぶんのからだについて知ろう!
五十嵐ゆかり、小黒道子、蛭田明子   その他   2011年12月
an・an 女性のための防災BOOK “もしも“のときに、あなたを守ってくれる知恵とモノ
(株)マガジンハウス 協力 五十嵐ゆかり   その他   2017年 - 2011年

社会貢献活動

 
FD:学習者のアクティブ・ラーニングを促進する授業を行うためのチーム基盤型学習法
【講師】  日本赤十字秋田看護大学  2018年12月5日
JASMY 助産師のための産科救急シミュトレーニングプログラムレーション
【講師】  聖路加国際大学  2017年11月25日
TBLの教材作成を体験し実践につなげる
【講師】  東邦大学佐倉看護専門学校  平成29年度夏期教員研修  2017年7月
FD:TBLの基礎のキソ~アクティブラーナーの育成のために~
【講師】  福島県立医科大学  2017年3月23日
FD:TBLの基礎のキソ~TBLを取り入れた看護教育を行うために~
【講師】  日本福祉大学  2017年3月15日
大人数でのクラスでも実践できるアクティブ・ラーニング チーム基盤型学習TBL
【寄稿】  医学書院  週刊医学界新聞3184号  2016年7月25日
TBLの基礎のキソ~理解を深めて導入をめざす
【講師】  東邦大学佐倉看護専門学校  平成28年度夏期教員研修  2016年7月27日
先駆的教育方法の試み「チーム基盤型学習法」
【講師】  公益社団法人 全国助産師教育協議会  2016年6月4日
TBLワークショップ「TBLを導入するスキルをつける!」ーアクティブ・ラーニングを促進するためのストラテジーーAdvanced course1
【講師】  Japan Midwifery/Nursing Team-Based Learning Society  2015年8月
アクティブ・ラーニングにおける評価を考える-TBL/PBL事例紹介(2014年度第1回PBL推進協議会)
【講師】  同志社大学PBL推進支援センター  2015年3月14日

担当経験のある科目