五十嵐ゆかり

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/20 09:43
 
アバター
研究者氏名
五十嵐ゆかり
 
イガラシユカリ
eメール
yukarislcn.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/30363849.ja.html
所属
聖路加国際大学
部署
看護学部
職名
准教授
学位
看護学博士(聖路加国際大学)
科研費研究者番号
30363849

プロフィール

聖路加国際大学 母性看護学・助産学 http://plaza.umin.ac.jp/artemis/

在住外国人の女性と家族の出産と育児を支える活動、日本における難民女性のリプロダクティブヘルス向上のための活動、外国にルーツを持つ子どもへの支援活動を行っています。
  ・多文化共生を育む医療者のためのサイト(Ethnic)https://www.ethnic.center/
  ・多文化医療サービス研究会(RASC) http://www.rasc.jp/
 ・日本にくらす外国人ママの応援サイト(RASC B.B.) https://www.rasc-bb.org/

教育活動においては、Team-based Learning (TBL)を周産期科目に導入しています。
  ・日本助産看護TBL研究会(J-MINTS) https://www.j-mints.com/

卒後教育としては、助産師向けのシミュレーショントレーニングプログラムを提供しています。
 ・助産師のための産科救急シミュレーショントレーニング(Jasmiy)https://www.jasmiy.org/

災害における女性への支援活動、防災についての取り組みも行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
聖路加国際大学 看護学部 准教授
 
2010年
 - 
2013年
聖路加看護大学 看護学部 助教
 
2009年
 - 
2010年
聖路加看護大学 看護実践開発センター 博士研究員
 
2006年
 - 
2009年
聖路加看護大学 研究助手(RA)・教員助手(TA)
 
2003年
 - 
2006年
神奈川県立保健福祉大学 看護学科 助教
 
1999年
 - 
2000年
岩手県立厚生病院 産婦人科病棟
 
1995年
 - 
1999年
社会保険中央総合病院 産婦人科病棟
 

学歴

 
2006年
 - 
2009年
聖路加看護大学 大学院看護研究科 博士後期課程
 
2002年
 - 
2003年
The University of Sydney Master of Nursing 
 
2001年
 - 
2002年
The University of Sydney Bachelor of Nursing 
 
1994年
 - 
1995年
千葉大学 医学部付属助産婦学校 
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
現在
第17回日本生殖看護学会学術集会  実行委員
 
2019年1月
 - 
現在
第40回日本看護科学学会学術集会  プログラム委員
 
2019年1月
 - 
現在
多文化社会研究会  理事
 
2018年7月
 - 
現在
第34回東京母性衛生学会学術セミナー  運営委員
 
2018年3月
 - 
現在
日本助産学会  代議員
 

論文

 
長松康子、佐居由美、五十嵐ゆかり、堀内成子
聖路加看護大学紀要   4 98-102   2018年3月
飯田真理子、五十嵐ゆかり、新福洋子
聖路加看護大学紀要   63-67   2017年3月
池口佳子、五十嵐ゆかり 他8名
聖路加看護大学紀要   41-46   2017年3月
五十嵐ゆかり、貝原加珠
聖路加看護大学紀要   52-57   2017年3月
松谷美和子、大久保暢子、飯田眞理子、五十嵐ゆかり、他16名
聖路加看護大学紀要   (2) 88-93   2016年3月
奥 裕美、松谷美和子、三浦友理子、吉田千文、五十嵐ゆかり、他5名
聖路加看護大学紀要   (2) 83-87   2016年3月
加藤千穂、片岡弥恵子、五十嵐ゆかり、蛭田明子
日本助産師学会誌   29(1) 77-86   2015年6月   [査読有り]
蛭田明子、五十嵐ゆかり、佐藤理恵、豊嶋優子、加藤千穂、片岡弥恵子
聖路加看護大学紀要   (1) 127-130   2015年3月
五十嵐ゆかり、小黒道子
日本助産学会誌   28(2) 250-259   2014年12月   [査読有り]
加藤千穂、片岡弥恵子、五十嵐ゆかり、蛭田明子、江藤宏美
聖路加看護大学紀要   (40) 49-53   2014年3月
加藤千穂、五十嵐ゆかり、篠原枝里子、石川えり、石井宏明
聖路加看護大学紀要   (40) 80-84   2014年3月
東日本大震災により岩手県沿岸部は甚大な被害を受けた。保健医療体制が混乱状態にあった陸前高田市を中心に,被災後の急性期から復旧復興期への移行時期にかけて,女性に必要な支援に焦点を当て支援活動を行った。「オンナのなっても(なんでも)袋」と名付けた支援物資を配布するとともに,専門職による個別健康相談を実施した。支援物資には,女性特有の健康問題に関するパンフレットやプロテクションへの注意喚起の内容も含めた。健康相談では,不眠やストレスによる体調の変化を訴える人が多く,また「話を聞いてほしい」という...
篠原枝里子、五十嵐ゆかり、加藤千穂、小黒道子、蛭田明子、横田実恵子、和田文緒
聖路加看護大学紀要   (40) 85-89   2014年3月
本プロジェクトは,NPO 法人難民支援協会と協力し,東日本大震災発生直後の3 月より岩手県陸前高田市を活動拠点とし,助産師・看護師による女性の支援を実施してきた。2011 年8 月に陸前高田市の避難所の閉鎖に伴い,支援の場を仮設住宅や公民館に移し,対象者のニーズに合わせ活動の内容を変化させていった。ここでは,復興期の2011 年8 月から2012 年2 月の活動終了に伴う支援移譲に至るまでの女性支援の取り組みについて報告する。主な取り組みとしては,震災当初より行っていた「なっても袋」の配布...
五十嵐ゆかり、加藤千穂、篠原枝里子、中山大輔、星野桃子、荻原直子
聖路加看護大学紀要   (40) 90-93   2014年3月
東日本大震災によって市の中枢部に大被害をうけ,保健活動が停止してしまった岩手県陸前高田市において,2011 年4 月~ 2012 年2 月まで女性を対象とした支援活動を行った。避難所や仮設住宅で「オンナのなっても袋」の配布とともに健康相談,アロママッサージ,運動,思春期の児童へのプロテクションを含む性教育のパンフレット「おんなのコのみんなへ」や初潮を迎えるために必要な「ガールズセットの配布」,尿失禁に対するパンフレット「女性の皆さんへ 尿トラブルで困っていませんか 」の作成と運動の実施など...
五十嵐ゆかり、新福洋子、飯田真理子
聖路加看護大学紀要   (40) 75-79   2014年3月
2013 年4 月~「周産期看護学(実践方法)」(2 単位)の教育方法としてTeam-based learning(以下TBL と略す)を導入した。導入までの準備では,2012 年に行った「周産期看護学(基礎)」でのTBL 展開の学びを生かし,ユニット構成では劇(TBL シアター),教育展開案の作成,看護過程の展開などを盛り込み,学生の集中力を維持できるように毎回同じではない構成にした。TBL の実際では,初回の科目ガイダンスやピア評価の説明を詳細に行い,TBL 演習の中ではフィードバック...
飯田真理子、五十嵐ゆかり、新福洋子
聖路加看護大学紀要   (40) 71-74   2014年3月
聖路加看護大学のウィメンズヘルス・助産学領域では,2013 年度の新カリキュラムの導入を契機に,Teambasedlearning(以下TBL とする)を新しい教授方法として取り入れた。本稿では,周産期看護学(基礎)において学部2 年生に実施したTBL の実際とそれをもとに今後のTBL を実施する上での課題を考察したのでここに報告する。TBL は,学生が個人で行う事前準備と教室で実際にTBL を受ける2 段階からなる。学生の事前準備としては,予習資料をもとにした自己学習があり,実際のTBL...
五十嵐ゆかり、飯田真理子、新福洋子
聖路加看護大学紀要   (40) 67-70   2014年3月
2012 年からの新カリキュラムへの転換を契機に,学部2 年次からの周産期看護学の科目「周産期看護学(基礎)」「周産期看護学(実践方法)」の教育方法としてTeam-based learning(以下TBL と略す)を導入した。くり返しの学習による知識の定着,応用演習問題による臨床現場やケアのイメージ化,そしてチームでの課題への取り組みから専門職がもつべき複数のコンピテンシー(臨床判断力,コミュニケーション力,対人関係構築力,チームワーク力など)を身につけ,これらの能力が備わっていくことを期...
新福洋子、五十嵐ゆかり、飯田真理子
聖路加看護大学紀要   (40) 19-27   2014年3月
目的 本研究では,周産期看護学(実践方法)を履修した学生が,授業全体を通してTBL を使用した学習に対する認識を記述し,今後の授業方法の改善点について検討することを目的とした。方法 周産期看護学 (実践方法) を履修し,Team-based learning (TBL)を用いた学習をした本学3 学年のうち,研究の参加に同意をした学生89 名を対象とした。TBL を各3 回ずつ用いた妊娠期・分娩期・産褥期/新生児期の学習後と,チームでの教育展開後の4 回,授業に関する感想,意見を自由記載する...
Yukari Igarashi, Shigeko Horiuchi, Sarah, E. Porter
Journal of community health   http://link.springer.com/artic   2013年4月   [査読有り]
大久保暢子、中島薫、堀成美、Huffman Jeffrey、五十嵐ゆかり、千吉良綾子
聖路加看護大学紀要   (39) 87-94   2013年3月
 聖路加看護大学の委員会として国際化推進委員会がある。本委員会は,「本学の国際化を推進し,将来,国際社会で活躍する人材を育成すること」を目的とし,2012 年度より国際交流委員会から改名した委員会である。本年度の活動としては,グローバルヘルスセミナーの開催,短期交換留学研修などの学術交流協定校との連携事業,学生委員会との協働,看護・医療英語を学ぶ講座の企画とトライアル,Facebook やTwitter などを利用した国際的情報の発信,本学が目指す国際性を考えるプロジェクト会議を行い,成果...
中島薫、大久保暢子、堀成美、五十嵐ゆかり、ジェフリーハフマン、菱沼典子、堀内成子
聖路加看護大学紀要   (38) 71-75   2012年3月
〔要旨〕 2002 年より2010 年の9 年間に計8 回にわたり,聖路加看護大学とヴィラノバ大学看護学部間で学部学生を対象とした夏季交換プログラムが実施された。同研修参加者には,将来にわたって聖路加国際病院と聖路加看護大学の発展に貢献することが義務づけられ,また米国聖公会と聖路加の歴史的関係をよく理解し,日米の懸け橋となることが期待されている。プログラム実施にあたり,資金面・運営面の両面においてアメリカンカウンシルの支援を受け,日米各4名の学生がプログラムに参加した。 本プログラムの実施...
五十嵐ゆかり、ほか著者22名
外国人の就労をめぐる実態調査-事例集-、「人口変動の新潮流への対処」事業研究 笹川財団   103-106   2011年3月
藤原ゆかり
日本助産学会22巻1号   22(1) 7-16   2008年6月   [査読有り]
藤原ゆかり、堀内成子
ヒューマンケア研究   (8) 38-50   2007年   [査読有り]
藤原ゆかり
日本助産学会日本助産学会誌   20(1) 48-59   2006年7月   [査読有り]
小山眞理子、植村由美子、藤原ゆかり、中林雅子、牧野美幸、朝倉美奈、原田竜三
神奈川県立保健福祉大学紀要   1(1) 85-93   2005年1月   [査読有り]
Transcultural Nursing during Childbirth in Japan
藤原ゆかり
The University of Sydney      2003年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
国際化と看護 日本と世界で実践するグローバルな看護を目指して
大橋一友/岩澤和子 編集 五十嵐ゆかり、他25名(担当、範囲108‐114)
MCメディカ出版   2018年11月   ISBN:978-4-8404-6593-9
https://www.medica.co.jp/catalog/book/7384?e_flg=0
パーフェクト 臨床実習ガイド・母性看護(第2版)
堀内成子 編集 五十嵐ゆかり他29名 (担当:共著, 範囲:334-338,344-355,390-398頁)
照林社   2017年2月   ISBN:9784796524117
http://www.shorinsha.co.jp/detail?bt=0&isbn=9784796524117
多文化「共創」社会入門 移民難民とともに暮らし、互いに学ぶ社会へ
五十嵐ゆかり、他16名  (担当:共著, 範囲:13-22)
慶應義塾大学出版社   2016年10月   ISBN:978-4-7664-2371-6
http://www.ajup-net.com/bd/isbn978-4-7664-2371-6.html
アクティブ・ラーニング読本 シリーズ1ーグループワークの達人 関西大学教育推進部ー
五十嵐ゆかり、他9名 (担当:共著, 範囲:98-112頁)
関西大学   2016年2月   
http://www.kansai-u.ac.jp/ap/activity/publish.html
トライ!看護にTBL チーム基盤型学習の基礎のキソ
五十嵐ゆかり、飯田真理子、新福洋子 (担当:監修, 範囲:第一章、第二章、第五章-2)
医学書院   2015年12月   ISBN:978-4-260-02426-6
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=89358

外国人医療に関する講演・研修会

 
2019年2月   平成30年度第10回母子保健研修「日本に住む外国人母子とその家族への支援」
東京都福祉保健局
2019年2月   平成30年度国際文化研修 第2回多文化共生の地域づくりコース「母子保健」
全国市町村国際文化研修所
2018年10月   文化を超えた保健師活動
公益社団法人 群馬県看護協会
2018年10月   2018年度第3回CHIP研修 医療通訳研修(産科・婦人科)
(一社)全国医療通訳者協会
2018年8月   平成30年度国際文化研修 多文化共生の地域づくりコース「母子保健」
全国市町村国際文化研修所

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B): 研究代表者:五十嵐ゆかり
研究期間: 2019年 - 2023年    代表者: 五十嵐ゆかり
周産期看護と小児看護におけるLearner Centered Integrated Learningのための教材開発
聖路加国際大学: 聖路加国際大学教育改革推進事業
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 五十嵐ゆかり
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 五十嵐ゆかり
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 長松 康子 研究分担者:五十嵐ゆかり
CLIP project 子どものライフプランサポートプロジェクト
日本財団: 
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 五十嵐ゆかり

講演・口頭発表等

 
岡美雪、五十嵐ゆかり、増澤祐子、下田佳奈
18th Annual TBLC Meeting   2019年3月14日   
増澤祐子、五十嵐ゆかり、岡美雪、下田佳奈
18th Annual TBLC Meeting   2019年3月14日   
五十嵐ゆかり、岡美雪、増澤祐子、下田佳奈
2019年3月14日   Team Based Learning Collaborative
五十嵐ゆかり、下田佳奈、岡美雪、増澤祐子
第33回日本助産学会学術集会   2019年3月2日   日本助産学会

Misc

 
五十嵐ゆかり
自治研かながわ月報   (176) 15-26   2019年4月
五十嵐ゆかり
公衆衛生   83(2) 120-126   2019年2月   [依頼有り]
五十嵐ゆかり
月刊フェスク   2-11   2018年10月   [依頼有り]
池口佳子、五十嵐ゆかり 他10名
看護教育   59(4) 302-306   2018年3月

Works

 
日本で暮らす外国人女性のためのヘルスプロモーションハンドブック
「グローバル社会における外国人の健康増進:コミュニティの強みを生かす生活習慣予防」班 監修:長松康子 執筆協力:五十嵐ゆかり   その他   2019年3月
女性の避妊と感染症(日本語、中国語)
五十嵐ゆかり   教材   2018年11月
五十嵐ゆかり、池上三喜子、国崎信江、田中美咲、冨川万美、中島千恵   その他   2018年3月
四日市市危機管理室、浅野幸子、五十嵐ゆかり   教材   2016年2月

社会貢献活動

 
FD:学習者のアクティブ・ラーニングを促進する授業を行うためのチーム基盤型学習法
【講師】  日本赤十字秋田看護大学  2018年12月5日
JASMY 助産師のための産科救急シミュトレーニングプログラムレーション
【講師】  聖路加国際大学  2017年11月25日
TBLの教材作成を体験し実践につなげる
【講師】  東邦大学佐倉看護専門学校  平成29年度夏期教員研修  2017年7月
FD:TBLの基礎のキソ~アクティブラーナーの育成のために~
【講師】  福島県立医科大学  2017年3月23日
FD:TBLの基礎のキソ~TBLを取り入れた看護教育を行うために~
【講師】  日本福祉大学  2017年3月15日

担当経験のある科目