笹川 由紀

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 16:27
 
アバター
研究者氏名
笹川 由紀
 
ササカワ ユキ
所属
農研機構 生物機能利用研究部門
部署
遺伝子組換え研究推進室
学位
生物科学(筑波大学)

経歴

 
2018年6月
 - 
現在
農研機構 生物機能利用研究部門 遺伝子組換え研究推進室
 
2015年4月
 - 
2018年5月
NPO法人くらしとバイオプラザ21 主席研究員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
農業生物資源研究所 遺伝子組換え研究センター 遺伝子組換え研究推進室
 
2011年4月
 - 
2014年3月
農業生物資源研究所 広報室
 
2009年5月
 - 
2011年3月
農業生物資源研究所 遺伝子組換え研究推進室
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
筑波大学大学院 後期課程 生命環境科学研究科 生命産業科学専攻(生物科学)
 
1996年4月
 - 
1998年3月
茨城大学大学院 理工学研究科 自然機能科学専攻
 
1992年4月
 - 
1996年3月
茨城大学 理学部 化学科
 

受賞

 
2011年9月
日本植物学会 特別賞 遺伝子組換え植物に関する研究基盤構築と理解増進に関する貢献
受賞者: 教育目的遺伝子組換え実験支援者グループ
 

論文

 
Health-risk Concerns vs. Medical Benefits of the GM Technology
Yoko Saito, Yuki Sasakawa, Yutaka Tabei and Shoichi Ito
AgBioForum   19(2)    2017年   [査読有り]
新しい育種技術をめぐるサイエンスコミュニケーション
佐々 義子、笹川 由紀
サイエンスコミュニケーション   5(1) 38-39   2016年5月   [査読有り]
信頼構築を目指したサイエンスコミュニケーションの試みについて ─遺伝子組換え技術をテーマにしたイベント「市民と研究者が一緒に考える 遺伝子組換え」の実施
笹川 由紀、猪井喜代隆、井濃内順、田部井豊
サイエンスコミュニケーション   2(1) 56-57   2013年9月   [査読有り]
農業生物資源研究所一般公開におけるサイエンスカフェの実施報告 研究機関公開イベント特有の問題と研究者のアウトリーチ活動支援の側面から
笹川 由紀、猪井喜代隆、井濃内順
サイエンスコミュニケーション   1(1) 59-61   2012年12月   [査読有り]
遺伝子組換え農作物の理解増進のための情報提供に及ぼす体験型双方向コミュニケーションの効果
笹川由紀、石川達夫、田部井豊
育種学研究   13(4) 99-106   2011年   [査読有り]
笹川由紀、小野道之
科学教育研究   33(3) 248-260   2009年   [査読有り]
教育目的ヒトゲノム・遺伝子解析実験の普及と実施指針についての検討
笹川由紀、佐々義子、大藤道衛、小野道之
生物教育   49(2) 90-107   2009年   [査読有り]
Takamitsu Kohzuma, Tsuyoshi Inoue, Fuminori Yoshizaki, Yuki Sasakawa, Kazuhiko Onodera, Shigenori Nagatomo, Teizo Kitagawa, Sachiko Uzawa, Yoshiaki Isobe, Yasutomo Sugimura, Masaharu Gotowda and Yasushi Kai
J. Biol. Chem.   274(17) 11817-11823   1999年   [査読有り]
Yuki Sasakawa, Kazuhiko Onodera, Machiko Karasawa, Sang-Choul Im, Eiji Suzuki, Fuminori Yoshizaki, Yasutomo Sugimura, Naoki Shibata, Tsuyoshi Inoue, Yasushi Kai, Shigenori Nagatomo, Teizo Kitagawa, Takamitsu Kohzuma
Inorganic Chimica Acta   283(1) 184-192   1998年   [査読有り]

Misc

 
知りたい!「ゲノム編集技術とコミュニケーション -育種の視点から-
笹川 由紀
日本サイエンスコミュニケーション協会誌   7(1)    2017年5月
学校教育での生物学実験にELSIへの配慮を
佐々義子、笹川 由紀
生物の科学 遺伝   66(3) 323-324   2012年5月

書籍等出版物

 
誤解だらけの遺伝子組み換え作物
小島正美、笹川由紀、他多数 (担当:共著, 範囲:「研究者と市民の橋渡し役」)
エネルギーフォーラム社   2015年9月   

講演・口頭発表等

 
科学コミュニケーションと科学広報の関係-組織と社会の信頼関係を築くために
笹川 由紀
日本畜産学会第118回大会   2014年3月   
研究者の求めるアウトリーチ活動支援とその実施について
笹川由紀、猪井喜代隆、小川泰一、井濃内順
第二回日本サイエンスコミュニケーション協会年会   2013年12月8日   
科学を伝える仕事の需要と供給バランス~活かせていますか?専門広報
笹川 由紀
第36回日本分子生物学会年会 フォーラム   2013年12月3日   
遺伝子組換え農作物展示ほ場を利用したコミュニケーション活動
笹川 由紀、野本百代、猪井喜代隆、井濃内順
日本サイエンスコミュニケーション協会年会   2012年12月   
高校生に対する遺伝子組換え農作物の情報提供の内容と手法について
笹川 由紀、田部井豊
日本育種学会第122回講演会   2012年9月   
GMOに関する学習プログラムの新たな試みとその効
笹川由紀、広井勉、小川泰一
日本生物教育学会第92回大会   2012年1月   
遺伝子組換え農作物に関するサイエンスコミュニケーションにおける情報提供と体験の効果
笹川 由紀、田部井豊
第4回科学コミュニケーション研究会 年次大会   2011年9月   
学校教育における遺伝子組換え農作物の情報提供とその効果について
笹川由紀、石川達夫、田部井豊
第119回日本育種学会講演会   2011年3月   
学校教育におけるヒトゲノム・遺伝子解析実験の現状
笹川 由紀
個人遺伝情報取扱協議会第11回勉強会   2010年2月   
教育目的ヒトゲノム・遺伝子解析実験指針案の提案
笹川由紀、大藤道衛、佐々義子、小野道之
日本生物教育学会第88回全国大会   2010年1月   
GMO理解推進を目的とした体験型企画「市民参加型展示ほ場」の有効性
笹川由紀、佐藤里絵、松島史歩、石川達夫、新野孝男、田部井豊
生物教育学会第88回大会   2010年1月   
GMOに対する理解増進と情報発信に及ぼす体験型双方向コミュニケーション企画「市民参加型展示ほ場」の有効性
笹川由紀、土門英司、石川達夫、松島史歩、田部井豊
第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会   2010年12月   
学校教育現場におけるヒトゲノム・遺伝子解析実験 教員の意識と実験指針案の提案
笹川由紀、大藤道衛、佐々義子、小野道之
日本人類遺伝学会第55回大会   2010年10月   
「教育目的ヒトゲノム・遺伝子解析実験」指針案の作成
笹川由紀、大藤道衛、佐々義子、小野道之
日本生物教育学会第86回大会   2009年1月   
「教育目的ヒトゲノム・遺伝子解析実験」に関する実態および教員意識調査と普及に関する検討
笹川由紀、小野道之
日本科学教育学会第32回年会   2008年8月   
「教育目的ヒトゲノム解析実験」のすすめ方について
笹川由紀、小野道之
日本生物教育学会第84回大会   2008年1月   
高等学校における「教育目的ヒトゲノム・遺伝子解析実験」の実態調査と実験指針の提案
笹川由紀、大藤道衛、佐々義子、小野道之
第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会   2008年12月   
教材キット販売を通して見た遺伝子教育の現状
笹川 由紀
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会 フォーラム「遺伝子リテラシー教育の新展開」   2007年12月   
教育目的遺伝子組換え実験の有効性と普及に関する提案
笹川由紀、小野道之
日本生物教育学会第82回全国大会   2007年1月   
バイオテクノロジー教材キットを通して見た遺伝子リテラシー ~教材キットの現状と問題点~
笹川由紀、手塚静雄、露崎龍也
第24回日本植物細胞分子生物学会大会 シンポジウム「遺伝子リテラシー教育」   2006年7月   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
【講師, 実演】  千葉県立現代産業科学館、くらしとバイオプラザ21  2016年11月5日 - 2016年11月5日
【講師, 実演】  くらしとバイオプラザ21、多摩六都科学館  2016年6月12日
【講師, 情報提供】  くらしとバイオプラザ21、三鷹ネットワーク大学  2016年4月24日
身の回りにある遺伝子組換え農作物・食品
【講師】  千葉県君津市立君津中学校  2014年11月22日
遺伝子組換え技術に支えられている私たちの生活
【企画, 運営参加・支援】  JST(出展者:農業生物資源研究所 遺伝子組換え研究推進室)  サイエンスアゴラ2014  2014年11月7日 - 2014年11月9日
なぜ?なに?ホントは身近な「遺伝子組換え」
【企画, 運営参加・支援】  JST(出展者:農業生物資源研究所)  サイエンスアゴラ2013  2013年11月9日 - 2013年11月10日
ホントは身近な遺伝子組換え
【講師】  埼玉県立上尾鷹の台高等学校  2013年11月5日
平成25年度研修講座 大腸菌を用いた形質転換実験
【講師】  三重県教育センター  2013年7月3日
えっ?そんなに身近なの?遺伝子組換え技術を知ろう。
【企画, 運営参加・支援, 実演】  JST(出展者:農業生物資源研究所)  サイエンスアゴラ2012  2012年11月10日
学校教育におけるヒトゲノム・遺伝子解析実験の現状
【講師】  個人遺伝情報取扱協議会  第11回勉強会  2010年2月15日
【講師, 情報提供】  くらしとバイオプラザ21  2010年2月
【講師, 情報提供】  くらしとバイオプラザ21  第2回マリンバイオカフェ  2008年12月