NAGAI Yukie

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 22:14
 
Avatar
Name
NAGAI Yukie
Affiliation
Tokyo Metropolitan University
Research funding number
20586002

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2018
 - 
Today
Associate professor, Graduate School of System Design, Tokyo Metropolitan University
 
Apr 2014
 - 
Sep 2018
Assistant professor, School of Engineering, The University of Tokyo
 
Oct 2016
 - 
Mar 2018
Adjunct lecturer, Faculty of Science and Engineering and Faculty of Bioscience and Applied Chemistry, Hosei University
 
May 2013
 - 
Mar 2014
Project assistant professor, Research Center for Advanced Science and Technology (RCAST), The University of Tokyo
 
Oct 2012
 - 
Apr 2013
Postdoctoral fellow, Geometric Modeling and Scientific Visualization Center, King Abdullah University of Science and Technology (KAUST), Saudi Arabia
 

Education

 
Apr 2007
 - 
Mar 2010
Department of Advanced Interdisciplinary Studies (AIS), School of Engineering, The University of Tokyo
 
Apr 2005
 - 
Mar 2007
Department of Mathematical Engineering and Information Physics, Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
 
Apr 2001
 - 
Mar 2005
Department of information science, Faculty of Science, Ochanomizu University
 

Awards & Honors

 
Sep 2017
Development of algorihm and application of high precision parts-segmentation for industrial X-ray CT volumes, JSPE Technology Award, The Japan Society for Precision Engineering (JSPE)
Winner: Hiromasa Suzuki, Yutaka Ohtake, Yukie Nagai (The University of Tokyo), Jun Hotta, Mitsuhiko Mtsukawa (Zodiac Co., Ltd.)
 
Mar 2014
The Second Report on Surface Reconstruction Using Thickness Maps from Point Cloud Consideration on Robust CT Reconstruction Algorithms, Best presentation award, The Japan Society for Precision Engineering (JSPE)
Winner: NAGAI Yukie (The University of Tokyo)
 
Jun 2009
Award for excellent researches
Winner: NAGAI Yukie (The University of Tokyo)
 
Mar 2007
duration: April 2005 -- March 2007, Reimbursement exempted for excellent student, scholarship loan program from Japan student services organization
Winner: NAGAI Yukie (The University of Tokyo)
 

Published Papers

 
Yukie Nagai, Yutaka Ohtake, Hiromasa Suzuki
CAD Journal   107 23-36   Feb 2019   [Refereed]
Naoya Sakabe, Yutaka Ohtake, Yukie Nagai and Hiromasa Suzuki
Computer-Aided Design and Applications   16(2) 318-328   2018   [Refereed]
Ryo Takahashi,Hiromasa Suzuki,Jouh Yeong Chew,Yutaka Ohtake,Yukie Nagai,Koichi Ohtomi
J. Computational Design and Engineering   5(4) 449-457   2018   [Refereed]
Katsutoshi Muramatsu,Yutaka Ohtake,Hiromasa Suzuki,Yukie Nagai
Thirteenth International Conference on Quality Control by Artificial Vision, QCAV 2017, Tokyo, Japan, May 14, 2017   10338 103381E   2017   [Refereed]
Seungki Kim,Yutaka Ohtake,Yukie Nagai,Hiromasa Suzuki
Computers & Graphics   66 169-178   Aug 2017   [Refereed]
Yukie Nagai,Yutaka Ohtake,Hiromasa Suzuki,Hiroyuki Hishida,Koichi Inagaki,Takeshi Nakamura
IJAT   10(2) 179-186   2016   [Refereed]
Array,Yutaka Ohtake,Hiromasa Suzuki,Yukie Nagai,Hiroyuki Hishida,Koichi Inagaki,Takeshi Nakamura,Fumiaki Watanabe
Computer-Aided Design   81 24-38   Dec 2016   [Refereed]
Takashi Seno,Yutaka Ohtake,Yuji Kikuchi,Noriaki Saito,Hiromasa Suzuki,Yukie Nagai
J. Computational Design and Engineering   2(2) 96-104   Apr 2015   [Refereed]
Kotaro Morioka,Yutaka Ohtake,Hiromasa Suzuki,Yukie Nagai,Hiroyuki Hishida,Koichi Inagaki,Takeshi Nakamura,Fumiaki Watanabe
J. Computational Design and Engineering   2(2) 88-95   Apr 2015   [Refereed]
Yukie Nagai,Yutaka Ohtake,Hiromasa Suzuki
Computers & Graphics   46 55-63   Feb 2015   [Refereed]
Yukie Nagai,Yutaka Ohtake,Hideo Yokota,Hiromasa Suzuki
SCIENCE CHINA Information Sciences   56(11) 1-12   Nov 2013   [Refereed]
長井 超慧, 大竹 豊, 鈴木 宏正
情報処理学会論文誌 論文誌ジャーナル   52(7) 2308-2317   Jul 2011
長井 超慧, 大竹 豊, 鈴木 宏正
情報処理学会論文誌 論文誌ジャーナル   51(3) 1107-1117   Mar 2010
Yukie Nagai,Yutaka Ohtake,Hiromasa Suzuki
Eurographics 2009 - Short Papers, Munich, Germany, March 30 - April 3, 2009   73-76   2009   [Refereed]
Yukie Nagai,Yutaka Ohtake,Hiromasa Suzuki
Comput. Graph. Forum   28(5) 1339-1348   Jul 2009   [Refereed]
Yukie Nagai,Yutaka Ohtake,Kiwamu Kase,Hiromasa Suzuki
2008 International Conference on Shape Modeling and Applications (SMI 2008), June 4-6, 2008, Stony Brook, NY, USA   265-266   2008   [Refereed]
Yukie Nagai,Yutaka Ohtake,Kiwamu Kase,Hiromasa Suzuki
Selected Papers of the Sixth International Conference on Computational Sciences and Its Applications, ICCSA '08, Perugia, Italy, June 30 - July 3, 2008   413-420   2008   [Refereed]
長井超慧, 杉原厚吉
日本応用数理学会論文誌   17(3) 347-361   Sep 2007
Nagai Yukie, Sugihara Kokichi, Suzuki Hiromasa
TJSIAM   17(3) 195-217   2007
Expressing the analysis domains with meshes is common in simulations for fluid dynamics and structural mechanics. The times for calculations and precisions depend on the meshes, so suitable meshes are needed. For phenomena without proper direction...

Misc

 
長井超慧
画像ラボ   25(3) 33-40   Mar 2014   [Invited]
NAGAI Yukie
Journal of the Japan Society for Precision Engineering   79(6) 497-501   2013   [Invited]

Conference Activities & Talks

 
Thickness Measurement of Metal Plate Using CT Projection Images and Nominal Shape
T. Ito, Y. Ohtake, Y. Nagai, and H. Suzuki
iCT2019 ( 9th International Conference on industrial computed tomography), Italy   Feb 2019   
Accurate surface extraction on CT volume using gradients obtained by differentiating FDK formula
Y. Nagai, Y. Ohtake, and H. Suzuki
iCT2019 ( 9th International Conference on industrial computed tomography), Italy   Feb 2019   
[Invited talk] [Invited]
NAGAI Yukie
6 Jul 2018   
Identification of the Number of Overlapping Welded Thin Plates in an X-ray CT Volume
Naoya Sakabe, Yutaka Ohtake, Yukie Nagai, Hiromasa Suzuki
Computer Aided Design and Applications 2018, Paris, France   Jul 2018   
Report of an international conference on Industrial Computed Tomography (iCT 2018)
NAGAI Yukie
Jun 2018   
鈴木晋太郎, 大竹豊, 長井超慧, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2018   
<p>近年,車の衝突シミュレーションに代表される形状の大変形を伴うシミュレーションの需要が高まっているが,その是非を評価するためには実際の大変形試験結果と比較・検証する必要がある.しかし,変形前の設計形状と大変形した現物スキャンデータの対応付けは容易でない.本研究では,ユーザが特徴点に対して制御点を打つことで位置情報を付与し,移動最小二乗法によりアフィン変換で変形量を補間することで,変形前のデータから変形を予測し変形後のデータとの対応付けを目指した.エッジ(辺)の部分では改善点が見られたも...
磯田歩美, 鈴木宏正, 大竹豊, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2018   
<p>X線CTスキャンによる組立品のリバースエンジニアリングにおいては、スキャンされた3次元CT画像を部品ごとに分割する,セグメンテーションという作業が必要である.この作業を行うため,CTボリュームの階層的分割構造を利用したSegMoというシステムが存在する.本発表では,熟練したオペレーションを必要とするSegMoでのセグメンテーションを,より平易化するための提案アルゴリズムと、それを用いた例を示す.</p>
坂部直哉, 大竹豊, 長井超慧, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2018   
<p>There is a demand on the method to inspect inside of chassis of vehicles. Nowadays, the inspection is done by using optical 3-D scanners. Since optical scanners can digitize only the surface of parts, the procedure of inspection includes tearin...
内山健, 鈴木宏正, 大竹豊, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2018   
<p>本研究では,現在,医師の診断により行われているフットケアを,3Dスキャンで支援するシステムを提案する.素足,空の靴,足の入った靴をスキャンし,素足における変形を,靴の変形をRBF補間することで推定する.これを用いて足と靴の接触状態を表す3Dデータを生成,可視化する.本報では,主に推定の評価とそれに基づく手法の改善を扱う.具体的には,靴と足の位置合わせ手法と着靴状態の足の姿勢の推定方法を提案する.</p>
三輪優太, 鈴木宏正, 大竹豊, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2018   
<p>近年,印刷用紙の表面に小さな凹凸を生成し,印刷された画像に立体感を与える2.5次元プリントが注目を集めている.本研究では,凹凸の高さを制御する加熱パターンの自動生成を実現するために,2次元画像から高さマップを再構築することを目指す.最初の取り組みとして,2.5次元プリントの適用例の一つである地形図に焦点を当て,等高線から高さマップを再構築する手法を提案する.</p>
武田博樹, 大竹豊, 鈴木宏正, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2018   
<p>近年,製品設計のプロセスで三次元の数値流体解析を活用する機会が益々増加している.それらの解析結果を十分に活用するためには,人が直感的に理解できる形で解析結果を提示することが重要である.しかし三次元データを二次元の画面上に投影して表示するだけでは理解することの難しい,複雑な三次元構造をもつ解析結果に関しては,それらを直感的に理解するための技術は十分であるとは言い難い.そこで本研究では,解析結果からワイヤフレーム構造で構成された形状データを作成し,3Dプリンタを用いて実物化する手法を提案...
SUZUKI Hiromasa, OHTAKE Yutaka, NAGAI Yukie, HOTTA Jun, MATSUKAWA Mitsuhiko
Journal of the Japan Society for Precision Engineering   2018   
[Poster with review] 3D-scanning Estimation of Foot-on-Shoes for Foot Care
T. Uchiyama, H. Suzuki, Y. Ohtake and Y. Nagai
Pacific Graphics 2017   Oct 2017   
鈴木宏正, 大竹豊, 長井超慧, 堀田淳, 松川光彦
日本機械学会設計工学・システム部門講演会論文集(CD-ROM)   12 Sep 2017   
Industrial X-ray CT scanning systems (XCT) have been used for obtaining 3D shapes of mechanical parts. In this study we are interested in scanning a whole assembly made of several parts made of different materials. It has several advantages such a...
内山健, 鈴木宏正, 大竹豊, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   5 Sep 2017   
本研究では,現在,医師の診断により行われているフットケアを,3Dスキャンで支援するシステムを提案する.素足,空の靴,足の入った靴をスキャンし,素足における変形,組織厚,硬度をRBFを用いた補間によって算出する.補間の元となるデータは,靴の変形,CGモデルの足の組織厚および硬度である.これらの指標から足の圧迫度を算出し,足と靴の接触状態を表す定量的な3Dデータを生成,可視化する.
梁国棟, 長井超慧, 大竹豊, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   5 Sep 2017   
高橋諒, 鈴木宏正, YEONG Chew Jouh, 大竹豊, 長井超慧, 大富浩一
精密工学会大会学術講演会講演論文集   5 Sep 2017   
グラス型アイトラッカー(被験者に装着し被験者の視界と注視点を記録するデバイス)は,商品の陳列等,平面状で静止したものを記録することが想定されており,商品など実際に手に持って動かす物体をどう見たかを記録は難しい.そこで,移動・回転する物体を視認した際のデータとして「3次元視線データ」を考案し,アイトラッカーから得られたデータを3次元視線データに変換し,そのモデル上に表示するシステムを提案した.
[Poster with review] Extraction of woven structures of daily goods from X-ray CT volumes
Y. Nagai, Y. Ohtake and H. Suzuki
Shape Modeling International 2017   Jun 2017   
Report of an international conference on Industrial Computed Tomography (iCT 2017)
NAGAI Yukie
May 2017   
Interactive Segmentation of CT Volume of Industrial Products
Yukie Nagai, Yutaka Ohtake, and Hiromasa Suzuki
The 3rd Joint Symposium of Tsinghua University and The University of Tokyo, Tsinghua University   Apr 2017   
根岸充, 大竹豊, 鈴木宏正, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2017   
X線CT装置は、対象物の内部構造まで非破壊的に3Dスキャン可能であり、計測や検査の分野での注目を集めている。しかし、X線の線質硬化によって3Dデータの品質劣化が起こるため、その補正が求められる。本研究では、X線CTの生データといえる投影像列における冗長性を用いて、属人性のない新たな線質硬化の補正手法を提案する。材質や形状の異なる複数の対象物に適用し、それぞれの3Dデータでの品質改善を確認した。
長井超慧, 大竹豊, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2017   
X線CTは物体内部の非破壊観察・計測を可能にし、高精度なものづくりに資する技術である。組立品の観察計測には部品ごとの切分けが不可欠であるが、高精度に組立てられた同素材部品の切分けは極めて困難であり、現状では人が長時間費やしボクセル程度の精度のメッシュを生成するに留まっている。本研究では階層的モース複体によるCT画像分割を用い、短時間で超ボクセル精度の部品抽出を可能とする半手動システムを提案する。
村松克俊, 大竹豊, 鈴木宏正, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2017   
[Poster with review] Hierarchical Edge-Based Segmentation and Its Applications
Y. Nagai, S.Watanabe, Y. Ohtake, H. Suzuki
The 7th Conference on Industrial Computed Tomography (iCT2017)   Feb 2017   
KIM Seungki, 坂根照常, 大竹豊, 鈴木宏正, 長井超慧
日本機械学会設計工学・システム部門講演会論文集(CD-ROM)   7 Oct 2016   
<p>In this study, we propose an efficient CT reconstruction algorithm with a top-down octree generation. Our algorithm reduces not only the data size of CT images but also the computation time for CT reconstruction. In our method, an octree is con...
渡邉翔, 大竹豊, 長井超慧, 鈴木宏正
日本機械学会設計工学・システム部門講演会論文集(CD-ROM)   7 Oct 2016   
<p>Computed tomography (CT) has attracted attention in the industrial manufacturing for the inspection and analysis of assembled parts owing to its ability to examine the interior of objects without damaging them. To detect deformation or gaps in ...
園部宏和, 大竹豊, 鈴木宏正, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   20 Aug 2016   
3次元的な構造を有する半導体製品を製造する際にはレイアウトや製造プロセスの設計が必要であり,近年では製造過程のボクセルベースのシミュレーションが実用化されつつある.本研究では,シミュレーションで得られた形状を他の解析などに利用する目的で,ボクセルデータで構成された半導体形状を滑らかな表面形状を有する四面体メッシュへ変換する手法を提案する.本手法の特長は,物質境界の接触状態を微調整可能な点である.
[Poster with review] Dimensional Measurement of Nuclear Fuel Pellets using High Energy X-ray CT
K. Yamaguchi, Y. Ohtake, H. Suzuki, Y. Nagai, A. Ishimi, K. Katsuyama
World Conference on Non-Destructive Testing (WCNDT2016)   Jun 2016   
Applications and Evaluations of Park’s Beam-Hardening Correction of Industrial Objects
Akitsune Sakane, Hiromasa Suzuki, Yutaka Ohtake and Yukie Nagai
KJICT2016 (Korea Japan Workshop on Industrial Computer Tomography 2016)   May 2016   
Quality Tetrahedral Meshing via Sinogram of Industrial Objects
Yukie Nagai, Yutaka Ohtake and Hiromasa Suzuki
KJICT2016 (Korea Japan Workshop on Industrial Computer Tomography 2016)   May 2016   
Improving Measurement Accuracy of X-ray CT Scanning based on Metal Artifact Reduction
Daiki Matsuura, Yutaka Ohtake, Yukie Nagai and Hiromasa Suzuki
KJICT2016 (Korea Japan Workshop on Industrial Computer Tomography 2016)   May 2016   
Triangular Bezier Surface Extraction from Sinogram
Seung Ki Kim, Yutaka Ohtake, Yukie Nagai and Hiromasa Suzuki
KJICT2016 (Korea Japan Workshop on Industrial Computer Tomography 2016)   May 2016   
Report of an international conference on Industrial Computed Tomography (iCT 2016)
NAGAI Yukie,Seungki Kim, Mitsuru Negishi
Apr 2016   
馬渕俊介, 廣木勤, 長井超慧, 大竹豊, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2016   
3Dプリンタの造形は自由・複雑な内部構造を持つ物体の造形が可能な点がメリットで、応用の一つに冷却用の水路がある。しかし、その機能をフルに活かした3次元的複雑形状をCADベースで設計するのは困難である。最適化による自動生成のような方法もあるが、実用的な方法として、水路形状をチューブで作成し、それをリバースエンジニアリングしてモデル化する方法が提案されている。本研究は、X線CTスキャンによる設計方法を述べる。
金勝基, 大竹豊, 長井超慧, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2016   
近藤俊, 鈴木宏正, 大竹豊, 長井超慧, 菱田寛之, 稲垣宏一, 中村武志, 渡邉文章
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2016   
Ceramic Matrix Composite (CMC) 材は,航空産業を中心に近年,注目されている先進材料である.CMC材はセラミックス繊維束から作られる構造材と,空隙を満たすマトリクスから構成され,その高い強度は,繊維束を規則正しい方向に配置することで実現されている.したがって,CMC材の強度を保証するために,内部の繊維束方向の欠陥を非破壊に検出する技術は重要である.本稿ではCMC材の3次元X線CT画像を入力とした繊維束配向の検査法について報告する.
森岡浩太郎, 大竹豊, 鈴木宏正, 長井超慧, 菱田寛之, 稲垣宏一, 中村武志, 渡辺文章
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2016   
軽量かつ高剛性という優れた材料特性を持った繊維複合材は、近年、自動車・航空産業といった分野で広く注目を集めている.本研究では特に3次元的に織られた繊維材料に注目し、3次元繊維材を用いた製品の設計支援手法を提案する.本研究の提案する手法では製品の設計形状および所望の繊維方向を入力として、製品形状を実現するために必要な素材形状および繊維の変形状態のシミュレーションを行う.
[Invited talk] Tomographic Surface Reconstruction from Point Cloud [Invited]
NAGAI Yukie
Feb 2016   
[Poster w/o review] Direct Tetrahedral Mesh Generation from X-ray Projection Images for Finite Element Analysis
Y. Nagai, Y. Ohtake and H. Suzuki
The 6th Conference on Industrial Computed Tomography (iCT2016)   Feb 2016   
坂根照常, 鈴木宏正, 大竹豊, 長井超慧, 佐藤克利, 藤本弘之, 阿部誠, 佐藤理, 高辻利之
精密工学会大会学術講演会講演論文集   20 Aug 2015   
X線源の技術の進歩により,巨大な物体を高精細に計測できるCTスキャナが開発されつつある.その際ボクセル上にCT再構成を行うと,データ量,計算量ともに膨大なものとなってしまう.この問題を解決すべく,本研究では八分木上に高速にCT再構成する手法を提案する.FBPを変形し,セル上のCT値の積分を全点CT再構成に比べて高速に求め,セルの分割判定に用いる.実データに対して計算時間と形状の定性的評価を行い,手法の有効性を示した.
Surface Mesh Extraction from Sinogram for Multimaterial Object
Yukie Nagai, Yutaka Ohtake, Hiromasa Suzuki
International workshop on smart design and manufacturing (IWSDM’2015)   Jul 2015   
Detection of internal defect of CMC from CT image
Yu Hasegawa, Yukie Nagai, Hiromasa Suzuki, Yutaka Ohtake, Hiroyuki Hishida, Koichi Inagaki and Takeshi Nakamura
2nd KJICT WS (Korea/Japan Industrial CT Workshop) 2015   Jun 2015   
執行可愛, 大竹豊, 鈴木宏正, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2015   
「ねぶた」に代表されるような張り子のワイヤフレーム構造をポリゴンメッシュから半自動的に作成するシステムを提案する.与えられたメッシュから手動でワイヤフレームを作成しベジエ曲線で近似し滑らかにした後,それに肉付けしプリントし紙を張る.本報では,対称性を利用したワイヤフレーム構築と,作成したワイヤフレームを二次元平面に自動で展開する手法について述べる.これらにより,ユーザの作業時間が短縮される.
馬渕俊介, 森岡浩太郎, 鈴木宏正, 大竹豊, 長井超慧, 菱田寛之, 稲垣宏一, 中村武志, 渡邉文章
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2015   
In manufacturing products that consist of 3d woven structures such as CMC(Ceramic Matrix Composites), the aimed form of the product is achieved by bending a flat textile. In bending process, shapes of the yarns that constitute the textile are chan...
Pham Trung Vuong, Ohtake Yutaka, Suzuki Hiromasa, Nagai Yukie
Proceedings of JSPE Semestrial Meeting   2015   
Nowadays, industrial X-ray CT scanners have become powerful non-destructive and non-invasive tools for various applications in research, production and quality insurance. Since the performance of industrial X-ray CT scanners is considerably improv...
Deepak Keshwani, Suzuki Hiromasa, Ohtake Yutaka, Nagai Yukie
Proceedings of JSPE Semestrial Meeting   2015   
An important aspect which contributes to perception of a product to be of high quality is the consumer&prime;s experience while holding and maneuvering it during its use. The way a product feels in customer&prime;s hand is a very important conside...
山口和馬, 大竹豊, 鈴木宏正, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Sep 2014   
本研究はコーンビーム型X線CTで対象をスキャンする際にCTアーチファクトが要因で起こる形状誤差の軽減を目的とした研究である。異なる複数の姿勢角を用いて対象物をスキャンし、位置合わせを施し重み付き平均を取ることにより、合成CTボリュームを得るアルゴリズムを提案する。アルゴリズムを実際にシミュレーションデータと実データに適用し,カラーマップと誤差ヒストグラムから定性・定量的な形状評価を行った。
執行可愛, 大竹豊, 鈴木宏正, 長井超慧
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Sep 2014   
「ねぶた」に代表されるような張り子のワイヤフレーム構造をポリゴンメッシュから半自動的に作成するシステムを提案する.与えられたポリゴンメッシュから手動で選んだ2頂点を,メッシュを良く近似するようなベジエ曲線で繋ぐという操作を繰り返し,フレームを作る.メッシュの特徴を反映するために、曲率により重みづけた最短経路を利用する。その後作成したワイヤフレームに肉付けし,3Dプリンタで作成して紙を張る.
森岡浩太郎, 大竹豊, 鈴木宏正, 長井超慧, 菱田寛之, 稲垣宏一, 中村武志, 渡辺文章
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Sep 2014   
[Poster with review] Tomographic Surface Reconstruction from Point Cloud
Y. Nagai, Y. Ohtake and H. Suzuki
SPM’14 (Symposium on Solid and Physical Modeling)   Sep 2014   
Toward extraction of yarn direction on low resolution CT volume
Yukie Nagai, Yutaka Ohtake and Hiromasa Suzuki
1st KJICT WS (Korea/Japan Industrial CT Workshop) 2014   Apr 2014   
長井超慧, 大竹豊, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Mar 2014   
物体表面上の点集合(点群)を基に物体の形状を表す表面メッシュを生成する問題を表面再構成という。本稿では、点群から物体の厚みを推定し、推定値を厚みにもつ形状をラドン・逆ラドン変換により構成し、その表面をメッシュ化する手法を提案する。提案手法は、従来の表面再構成法では処理困難であった欠損や異常値を含む点群からも、より自然な形状を構成することができる。
長井超慧, 大竹豊, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   1 Sep 2012   
実物体表面を計測して得た点群からスカラ場を生成しその等値面で物体表面を表現する手法を陰的表面再構成という。一方でX線CT画像はX線が物体の厚みに応じて減弱する性質を利用して算出されたスカラ場である。本研究では、点群から物体の疑似的な厚さ画像群を生成した後CT再構成によりスカラ場を得る新しい陰的表面再構成法を紹介する。また従来問題とされていた点群の欠損も本手法では適切に補われることを実例により示す。
NAGAI Yukie, OHTAKE Yutaka, YOKOTA Hideo, MAKINOUCHI Akitake
The Proceedings of the Bioengineering Conference Annual Meeting of BED/JSME   2011   
長井超慧, 大竹豊, 横田秀夫
VCADシステム研究2010 VCADの未来 理研シンポジウム 平成23年   2011   
長井超慧, 大竹豊, 横田秀夫
精密工学会大会学術講演会講演論文集   10 Sep 2010   
長井超慧, 大竹豊, 横田秀夫, 牧野内昭武
電子情報通信学会技術研究報告   27 Aug 2010   
Biological images are generally represented with sets of pixels. This representation, called as raster image, is simple, but not good for analysis if the image are noisy or low resolution. Biological images especially suffer from these difficultie...
長井超慧, 大竹豊, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   25 Aug 2009   
長井超慧, 大竹豊, 鈴木宏正
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム予稿集(CD-ROM)   25 Jun 2009   
長井超慧, 大竹豊, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   25 Feb 2009   
物体表面をスキャンして得た点群データからその形状を忠実に再構築する技術は,コンピュータグラフィクスやCAD等多くの分野で用いられる.その一つに陰関数曲面で表面を表現する手法がある.局所的な近似によって,細かい形状が再現できる一方,スキャンデータの粗密やノイズの影響を受けやすいという弱点がある.本報告では,大域的手法であるグラフカットを用いてこの問題を解決し,ノイズ耐性のある表面再構築法を提案する.
長井超慧, 大竹豊, 鈴木宏正
精密工学会大会学術講演会講演論文集   3 Mar 2008   
物体のデータから抽出される中立面は,医療・工業分野等において広く利用され,高い需要がある.本報告では,物体のボリュームデータの輝度値を近似するスカラー場を生成し,その極大点集合を中立面とみなしてこれを表面メッシュとして抽出する手法を提案する. スカラー場は,輝度値を近似する関数を生成して構成する.近似値を用いることで,生のデータに含まれるノイズの影響が少なく,縁の近くまで伸びた中立面を得ることができる.また,曲率を解析的に求められること,近似関数のデータ構造から適応的なメッシュを得られるこ...
[Poster with review] Polygonizing Skeletal Sheets of CT-Scanned Objects by Partitioin of Unity Approximations
Y. Nagai, Y. Ohtake, K. Kase and H. Suzuki
SMI’08 (Shape Modeling International)   2008   
長井超慧, 杉原厚吉, 鈴木宏正
日本応用数理学会論文誌   25 Sep 2007   

Works

 
SegMo (segmentation software for CT volume)
Yukie Nagai, Yutaka Ohtake, Hiromasa Suzuki, Jun Hotta, Mitsuhiko Matsukawa   Software   2017

Research Grants & Projects

 
Extraction of Woven Strip Structures from its X-ray CT Data
Project Year: Nov 2017       Investigator(s): NAGAI Yukie
Direct Tetrahedral Mesh Generation from X-ray Projection Images for Finite Element Analysis
Project Year: Feb 2016       Investigator(s): NAGAI Yukie
transcosmos inc.: AIS PhD studentship (funded by Transcosmos Inc.)
Project Year: Apr 2007 - Mar 2010    Investigator(s): NAGAI Yukie

Social Contribution

 
Introduction of Digital Engineering Lab.
[Demonstrator]  TU Delft and the University of Tokyo  Tour of Department of Precision Engineering of UTokyo for TU Delft students  Jul 2017
Introduction of Digital Engineering Lab.
[Demonstrator]  TU Delft and the University of Tokyo  Tour of Department of Precision Engineering of UTokyo for TU Delft students  Jul 2015