Yuki Kako

J-GLOBAL         Last updated: Mar 1, 2018 at 17:01
 
Avatar
Name
Yuki Kako
Affiliation
Hokkaido University
Section
Hokkaido University Hospital

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Furukawa TA, Horikoshi M, Fujita H, Tsujino N, Jinnin R, Kako Y, Ogawa S, Sato H, Kitagawa N, Shinagawa Y, Ikeda Y, Imai H, Tajika A, Ogawa Y, Akechi T, Yamada M, Shimodera S, Watanabe N, Inagaki M, Hasegawa A
JMIR mental health   5(1) e4   Jan 2018   [Refereed]
Okubo R, Inoue T, Hashimoto N, Suzukawa A, Tanabe H, Oka M, Narita H, Ito K, Kako Y, Kusumi I
Psychiatry research   257 126-131   Nov 2017   [Refereed]
Toyoshima K, Fujii Y, Mitsui N, Kako Y, Asakura S, Martinez-Aran A, Vieta E, Kusumi I
Psychiatry research   254 85-89   Aug 2017   [Refereed]
Toyomaki A, Hashimoto N, Kako Y, Murohashi H, Kusumi I
PloS one   12(8) e0183792   2017   [Refereed]
Shimizu Y, Yasuda S, Kako Y, Nakagawa S, Kanda M, Hisada R, Ohmura K, Shimamura S, Shida H, Fujieda Y, Kato M, Oku K, Bohgaki T, Horita T, Kusumi I, Atsumi T
Autoimmunity reviews   15(8) 786-794   Aug 2016   [Refereed]
Toyomaki A, Hashimoto N, Kako Y, Tomimatsu Y, Koyama T, Kusumi I
Schizophrenia research. Cognition   2(3) 166-169   Sep 2015   [Refereed]
Mitsui N, Asakura S, Shimizu Y, Fujii Y, Toyomaki A, Kako Y, Tanaka T, Kitagawa N, Inoue T, Kusumi I
Neuropsychiatric disease and treatment   10 811-816   2014   [Refereed]
Kako Y, Ito K, Hashimoto N, Toyoshima K, Shimizu Y, Mitsui N, Fujii Y, Tanaka T, Kusumi I
Neuropsychiatric disease and treatment   10 1415-1422   2014   [Refereed]
[A multicenter study regarding schizophrenia patients' notification of the diagnosis].
Kako Y, Okubo R, Shimizu Y, Mitsui N, Tanaka T, Kusumi I
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   116(10) 813-824   2014   [Refereed]
Shimizu Y, Kitagawa N, Mitsui N, Fujii Y, Toyomaki A, Hashimoto N, Kako Y, Tanaka T, Asakura S, Kusumi I
Psychiatry research   210(3) 913-918   Dec 2013   [Refereed]
Mitsui N, Asakura S, Shimizu Y, Fujii Y, Kako Y, Tanaka T, Oba K, Inoue T, Kusumi I
Comprehensive psychiatry   54(8) 1215-1221   Nov 2013   [Refereed]
Mitsui N, Asakura S, Inoue T, Shimizu Y, Fujii Y, Kako Y, Tanaka T, Kitagawa N, Kusumi I
Comprehensive psychiatry   54(5) 556-561   Jul 2013   [Refereed]
Tha KK, Terae S, Nakagawa S, Inoue T, Kitagawa N, Kako Y, Nakato Y, Akter Popy K, Fujima N, Zaitsu Y, Yoshida D, Ito YM, Miyamoto T, Koyama T, Shirato H
Psychiatry research   212(3) 208-215   Jun 2013   [Refereed]
Fujii Y, Kitagawa N, Shimizu Y, Mitsui N, Toyomaki A, Hashimoto N, Kako Y, Tanaka T, Asakura S, Koyama T, Kusumi I
Neuroscience letters   543 42-46   May 2013   [Refereed]
Kimura H, Osaki A, Kawashima R, Inoue T, Nakagawa S, Suzuki K, Asakura S, Tanaka T, Kitaichi Y, Masui T, Kitagawa N, Kako Y, Abekawa T, Kusumi I, Yamanaka H, Denda K, Koyama T
Neuropsychiatric disease and treatment   9 619-627   2013   [Refereed]
Asakura S, Inoue T, Kitagawa N, Hasegawa M, Fujii Y, Kako Y, Nakato Y, Hashimoto N, Ito K, Tanaka T, Nakagawa S, Kusumi I, Koyama T
Psychopathology   45(2) 96-101   2012   [Refereed]
Kusumi I, Ito K, Uemura K, Honda M, Hayashishita T, Miyamoto K, Sawayama H, Kako Y, Tsuchida S, Hashimoto N, Koyama T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   35(8) 1922-1926   Dec 2011   [Refereed]
Hashimoto N, Matsui M, Kusumi I, Toyomaki A, Ito K, Kako Y, Koyama T
Psychiatry research   188(2) 289-290   Jul 2011   [Refereed]
Depressive patients are more impulsive and inconsistent in intertemporal choice behavior for monetary gain and loss than healthy subjects--an analysis based on Tsallis' statistics.
Takahashi T, Oono H, Inoue T, Boku S, Kako Y, Kitaichi Y, Kusumi I, Masui T, Nakagawa S, Suzuki K, Tanaka T, Koyama T, Radford MH
Neuro endocrinology letters   29(3) 351-358   Jun 2008   [Refereed]
Toyomaki A, Kusumi I, Matsuyama T, Kako Y, Ito K, Koyama T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   32(1) 95-99   Jan 2008   [Refereed]
Tao H, Kitagawa N, Kako Y, Yamanaka H, Ito K, Denda K, Koyama T
Psychiatry research   156(2) 181-184   Nov 2007   [Refereed]
Kako Y, Niwa Y, Toyomaki A, Yamanaka H, Kitagawa N, Denda K, Koyama T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   31(3) 772-775   Apr 2007   [Refereed]
Denda K, Kako Y, Kitagawa N, Koyama T
International journal of psychiatry in medicine   36(2) 231-241   2006   [Refereed]

Misc

 
大学生の大うつ病エピソードおよび自殺念慮の予測に関する研究
三井 信幸, 朝倉 聡, 豊島 邦義, 藤井 泰, 賀古 勇輝, 久住 一郎
日本うつ病学会総会・日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集   14回・17回 266-266   Jul 2017
食行動異常にて発症し摂食障害との鑑別を要した統合失調症の一例
袴田 里実, 三井 信幸, 前田 珠希, 豊島 邦義, 藤井 泰, 賀古 勇輝, 柳生 一自, 須山 聡, 斎藤 卓弥, 久住 一郎
心身医学   57(6) 651-651   Jun 2017
賀古 勇輝, 藤井 泰, 橋本 直樹
Japanese journal of clinical psychiatry   39(10) 1347-1354   Oct 2010
全身性エリテマトーデス(SLE)に随伴した精神症状や認知機能障害の治療経過中、認知機能検査を施行し、治療法選択や効果判定の指標として有効であった2症例(21歳女、22歳女)について報告した。2例とも免疫学的指標や脳画像検査においてSLEの増悪を示唆する所見に乏しかったが、認知機能検査では実効機能や運動速度、注意機能など複数の認知領域で顕著な異常が認められた。ステロイドパルス療法およびバルプロ酸投与により精神症状や認知機能の改善を認め、その後施行した認知機能検査では改善が認められ、認知機能障...
塚本 美奈, 宮島 直子, 賀古 勇輝
日本精神保健看護学会誌   25(1) 84-90   Jun 2016
神経性無食欲症(AN)治療目的でA病院の精神神経科病棟に入院経験のある外来通院患者を対象に、AN患者の退院後の生活にけるストレッサーおよびストレス対処の特徴、AN患者のストレス対処と社会的適応状態の関連について質問紙調査を実施した。20名(男性1名、女性19名、平均年齢38.0歳)の患者から協力が得られた。ストレッサーについての記載内容から67のデータが得られ、13のカテゴリと、「人とのかかわり」「食べ物へのとらわれ」「不満足な自己」「日常生活や仕事」などの7カテゴリが抽出された。AN患者...
賀古 勇輝, 星加 哲夫, 藤井 泰
精神医学   52(2) 135-143   Feb 2010
近年,児童青年期の統合失調症患者において,リストカットなどの比較的軽症の自傷行為が増加している。我々は最近10年間に治療した18歳未満の統合失調症患者を後方視的に調査し,その臨床的特徴を検討した。全41例中18例(44%)において自傷行為を認めたが,大部分が軽症の自傷行為であり,児童青年期全般においてこれまで報告されている特徴と大きな違いはなかった。自傷行為を認めた症例では,女性が16例(89%)と大部分を占め,暴力や過量服薬,過食・嘔吐,深刻な自殺企図など自傷行為以外の衝動的行為を高率に...
大学生のうつ病性障害および自殺念慮と性格特性について
三井 信幸, 朝倉 聡, 清水 祐輔, 藤井 泰, 賀古 勇輝, 田中 輝明, 井上 猛, 久住 一郎
心身医学   56(4) 383-383   Apr 2016
さまざまな不安に対してアクセプタンス&コミットメント・セラピーを導入した乳がん患者の1例
成田 学, 若槻 百美, 田中 輝明, 賀古 勇輝, 久住 一郎
精神神経学雑誌   118(4) 259-259   Apr 2016
【これでいいのか うつ病治療:どうしたらいい よくならない抑うつ症状I】 小事例紹介:よくならない抑うつ症状をもつ人たち いわゆる「現代的な」うつ病の長期治療経過
賀古 勇輝, 久住 一郎
精神科臨床サービス   16(1) 36-38   Feb 2016
40代男性のうつ病症例の約10年間の経過を報告した。元来内向的で心配性、几帳面な性格で、29歳時にBメンタルクリニックを初診し、うつ病と診断されsulpirideを開始された。抑うつ症状は一旦改善したが、約1ヵ月の寛解期間の後に再燃した。症状が遷延し、「仕事を続けていたらいつまでも調子が戻らない」と考えて退職した。その後北海道へ転居し、精神科の通院を中断した。数ヵ月経過すると誘因なく抑うつ症状が再燃し、Cメンタルクリニックを受診し、うつ病の診断で治療が再開された。症状が改善せず、34歳時に...
うつ病に対する職場復帰支援プログラムの取り組み
加藤 ちえ, 菅原 由衣, 北川 信樹, 賀古 勇輝, 渡辺 紀子, 和田 朋子
北海道作業療法   24(Suppl.) 96-96   Sep 2007
SHIMIZU Yusuke, KAKO Yuki, KITAGAWA Nobuki, DENDA Kenzo, KOYAMA Tsukasa
Japanese journal of child and adolescent psychiatry.   48(4) 503-519   Aug 2007
大学病院を受診した18歳未満の児童・青年期症例の中で大うつ病性障害と診断された71例(男性13例、女性58例)の診断分類、薬物療法、そして新規抗うつ薬(SSRI、SNRI)投与中の情動変化および自殺関連事象について検討した。その結果、初診時診断の大うつ病性障害から、追跡終了時には8例が双極性障害、1例が統合失調症に変更となった。抗うつ薬治療の評価は18.3%が著効、36.6%が有効、12.7%が不変、1.4%が悪化11.3%が躁転、1.4%がその他という結果であり、躁転例では気分障害の家族...
抑うつ症状および、自傷または自殺念慮の予測因子としての気質-性格特性
三井 伸行, 朝倉 聡, 井上 猛, 豊島 邦義, 清水 祐輔, 藤井 泰, 賀古 勇輝, 田中 輝明, 久住 一郎
こころの健康   30(1) 68-69   Jun 2015
神経性無食欲症の背景にADHDの存在が疑われた一例
藤井 泰, 賀古 勇輝, 佐々木 幸哉, 伊藤 耕一, 北川 信樹, 傳田 健三, 小山 司
精神神経学雑誌   106(12) 1642-1642   Dec 2004
DENDA Kenzo, KAKO Yuki, SASAKI Yukiya, ITO Koichi, KITAGAWA Nobuki, KOYAMA Tsukasa
Japanese journal of child and adolescent psychiatry.   45(5) 424-436   Nov 2004
Birleson自己記入式抑うつ評価尺度(DSRS-C)を用いて小・中学生3331名(男子1535名,女子1796名)における抑うつ状態を検討した.その結果,DSRS-C平均得点は,9.02±6.19で,欧米の報告より高値であった.女子は男子より有意に高く,年齢が上がるごとに得点も有意に上昇した.また,DSRS-Cのカットオフ得点を16点とすると,それ以上の抑うつ群は全体の13%(小学生7.8%,中学生22.8%)であり,諸外国の報告と比べ高値であった.抑うつ群は小学校低学年では性差がない...
統合失調症患者に対する包括的な心理社会的療法 北海道大学病院における実践
賀古 勇輝, 大久保 亮, 清水 祐輔, 成田 学, 中谷 紫乃, 井上 貴雄, 國田 幸治, 斉藤 かおり, 照井 涼子, 石塚 麻伊子, 石川 修平, 久住 一郎
こころの健康   30(1) 69-70   Jun 2015
統合失調症の表情認知 神経認知との関連
藤井 泰, 朝倉 聡, 豊島 邦義, 清水 祐輔, 豊巻 敦人, 賀古 勇輝, 田中 輝明, 久住 一郎
精神神経学雑誌   (2015特別) S302-S302   Jun 2015
北海道大学病院精神科神経科デイケアクリニカルパス(第二報) 運用8ヵ月における成果とその検討
成田 学, 賀古 勇輝, 栗田 紹子, 橋本 直樹, 秋谷 絵理, 平松 ふみ子, 斉藤 かおり, 照井 涼子, 石塚 麻伊子, 藤田 真善美, 久住 一郎
精神神経学雑誌   116(12) 1042-1042   Dec 2014
統合失調症患者の病名告知に関する多施設調査
賀古 勇輝, 大久保 亮, 清水 祐輔, 三井 信幸, 田中 輝明, 久住 一郎
精神神経学雑誌   116(10) 813-824   Oct 2014
2002年に「精神分裂病」から「統合失調症」へと呼称が変更されてから10年以上が経過した.呼称変更後に病名告知が促進されていることは,医師に対する意識調査で示唆されているが,患者自身に対する実態調査では告知率の増加は明らかにされておらず,近年は多施設による告知率の調査も実施されていない.本研究では,北海道内の5つの医療機関において統合失調症患者とその主治医を対象として病名告知状況に関する調査を行った.対象患者全869名に対して主治医に対する調査票と患者に対する質問票により調査を行った.主治...
児童思春期の統合失調症について考える 児童青年期統合失調症の臨床的特徴
賀古 勇輝
児童青年精神医学とその近接領域   55(4) 373-377   Aug 2014
全生活史健忘に関する臨床的検討
大柳 有加, 賀古 勇輝, 三井 信幸, 久住 一郎
精神神経学雑誌   116(6) 525-526   Jun 2014
統合失調症患者の病識と治療転帰との関連についての検討
賀古 勇輝, 橋本 直樹, 久住 一郎
精神神経学雑誌   (2014特別) S617-S617   Jun 2014