共同研究・競争的資金等の研究課題

2017年4月 - 2020年3月

都市郊外部における公園緑地の管理運営に対する評価指標の設定と評価システムの構築

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 片桐 由希子

課題番号
17K15405
配分額
(総額)
4,290,000円
(直接経費)
3,300,000円
(間接経費)
990,000円

少子高齢化や人口減少に伴う社会的状況やライフスタイルの変化は、都市における公園緑地の機能と管理運営の変化を促すものとなっている。指定管理者制度を用いた民間事業者による管理運営では、行政職員では行き届かない地域の実情に沿った対応が可能となることなどが利点として挙げられるが、創設から十数年が経過した現在、指定者による管理が、状況に即して更新されながら安定的に存続するものとなるための仕組みが求められる。そこで本研究では、行政と管理者、市民との間で公園緑地のあり方を共有するコミュニケーションツールとして、管理者による安定的な運営管理の存続に資することを目的とし、公園緑地の運営管理に対する評価指標と地域での社会的な評価のしくみを提示する。
2018年度は、緑化フェアの効果と公園緑地の管理運営に関する影響についてステイクホルダーとなる行政担当者(山口市、八王子市、横浜市)へのヒアリングを実施し、その評価の視点について整理を行なった。また、都市における公園・緑地の管理とその評価手法について検討するため、縮退都市における緑地管理・活用の先進事例である北米、デトロイトを対象とした現地調査、関連団体へのヒアリング等を行った。さらに、都立霊園の管理マネジメントについて、文化・観光資源として、また基礎調査観光利用も含めた緑の付加価値とその持続性を明らかにすることを目的とし、霊園再生事業の開始前後の樹木の存続の状況、と管理における各関係者の関わり、観光客や住民など利用者が霊園の緑に対して持つ印象についてのアンケート調査を実施し、墓園の緑のマネジメント手法についての検討を行なった。

リンク情報
論文
集落における利水・治水の景観と意識 ー石川県川北町を対象としてー
論文
子どもの遊び場としての河川空間の認識―犀川緑地を対象として―
論文
訪日インバウンドプロモーションとしての 成田空港トランジット&ステイプログラムの活用可能性
論文
観光地域振興における博物館の役割と担い手
論文
全国都市緑化フェアの効果とイベントレガシーとしての評価:9都市におけるケーススタディを通じて
講演・口頭発表等
集落における利水・治水の景観と意識 ー石川県川北町を対象としてー
講演・口頭発表等
子どもの遊び場としての河川空間の認識―犀川緑地を対象として―
講演・口頭発表等
大都市郊外の自然地域における 散策活動への交通手段の選択要因
講演・口頭発表等
全国都市緑化フェアの効果とイベントレガシーとしての評価:9都市におけるケーススタディを通じて
ID情報
  • 課題番号 : 17K15405
  • 論文の業績ID : 40637499
  • 論文の業績ID : 40637481
  • 論文の業績ID : 32226719
  • 論文の業績ID : 31950755
  • 論文の業績ID : 25094289
  • 講演・口頭発表等の業績ID : 40637581
  • 講演・口頭発表等の業績ID : 40637548
  • 講演・口頭発表等の業績ID : 33085758
  • 講演・口頭発表等の業績ID : 32651315