内田由紀子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 23:16
 
アバター
研究者氏名
内田由紀子
 
ウチダ ユキコ
eメール
uchida.yukiko.6mkyoto-u.ac.jp
URL
http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/staff/yukiko-uchida/
所属
京都大学
部署
こころの未来研究センター
職名
准教授
学位
博士(人間・環境学)(京都大学)
その他の所属
京都大学
科研費研究者番号
60411831

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
京都大学こころの未来研究センター 准教授
 
2008年1月
 - 
2011年3月
京都大学こころの未来研究センター 助教
 
2005年4月
 - 
2007年12月
甲子園大学 専任講師
 
2004年9月
 - 
2005年3月
スタンフォード大学 客員研究員
 
2003年8月
 - 
2004年5月
ミシガン大学 客員研究員
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2003年3月
京都大学 人間・環境学研究科 
 
1994年4月
 - 
1998年3月
京都大学 教育学部 
 

委員歴

 
2017年7月
 - 
現在
文部科学省   科学技術・学術審議会専門委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本社会心理学会  全国区理事
 
2016年4月
 - 
現在
京都府普及指導活動外部評議会委員
 
2013年3月
 - 
2017年3月
文部科学省  安全・安心科学技術及び社会連携委員会
 
2010年12月
 - 
現在
内閣府  幸福度に関する研究会
 

受賞

 
2016年11月
日本心理学会 国際賞奨励賞
 
2015年9月
日本心理学会 優秀論文賞
受賞者: 内田由紀子・上野泰治・宮本百合
 
2015年3月
京都大学 たちばな賞(京都大学優秀女性研究者賞)
 
2014年3月
日本農業普及学会 奨励賞
受賞者: 内田由紀子・竹村幸祐
 
2013年7月
日本グループ・ダイナミックス学会 優秀論文賞
受賞者: 内田由紀子・遠藤由美・柴内康文
 

論文

 
Farming cultivates a community-level shared culture through collective activities: Examining contextual effects with multilevel analyse
内田由紀子Uchida, Y., Takemura, K., Fukushima, S., Saizen, I., Kawamura, Y., Hitokoto, H., Koizumi, N., & Yoshikawa, S.
Journal of Personality and Social Psychology   116(1) 1-14   2019年1月   [査読有り]
Socio-Economic Marginalization and Compliance Motivation among Students and Freeters in Japan
Liu, H.I., Uchida, Y., & Norasakkunkit, V.
Frontiers in Psychology, section Cultural Psychology   in press    2019年   [査読有り]
Awe or horror: Differentiating two emotional responses to schema-incongruence
Taylor, P. M., & Uchida, Y.
Cognition and Emotion   in press    2019年   [査読有り]
‘Better Policies for Better Lives’?: Constructive Critique of the OECD’s (mis)measure of student well-being
Rappleye, J., Komatsu, H., Uchida, Y., Krys, K., & Markus, H.R.
Journal of Education Policy   in press    2019年   [査読有り]
Open Society Fosters Satisfaction: Explanation to Why Individualism Associates with Country Level Measures of Satisfaction
Krys, K., Uchida, Y., Oishi S., & Diener, E.
The Journal of Positive Psychology   in press    2019年   [査読有り]
Mano F, Ikeda K, Uchida Y, Liu IH, Joo E, Okura M, Inagaki N
Journal of diabetes investigation      2018年12月   [査読有り]
Kirchner A, Boiger M, Uchida Y, Norasakkunkit V, Verduyn P, Mesquita B
Cognition & Emotion   32 1317-1328   2018年8月   [査読有り]
Optimism and the Conserved Transcriptional Response to Adversity
Yukiko Uchida, Shinobu Kitayama, Satoshi Akutsu, Jiyoung Park, & Steve W. Cole
Health Psychology   37 1077-1080   2018年8月   [査読有り]
Atsuki Ito, Matthias S. Gobel, Yukiko Uchida
Frontiers in Psychology   9    2018年5月   [査読有り]
© 2018 Ito, Gobel and Uchida. Previous research has shown that leadership is signaled through nonverbal assertiveness. However, those studies have been mostly conducted in individualistic cultural contexts, such as in the U.S. Here, we suggest tha...
Boiger M, Ceulemans E, De Leersnyder J, Uchida Y, Norasakkunkit V, Mesquita B
Emotion (Washington, D.C.)   18 1142-1162   2018年2月   [査読有り]
Ikeda K, Fujimoto S, Morling B, Ayano-Takahara S, Harashima SI, Uchida Y, Inagaki N
Journal of diabetes investigation   9(5) 1212-1215   2018年2月   [査読有り]
河合 俊雄, 広井 良典, 内田 由紀子, 阿部 修士, 熊谷 誠慈
こころの未来   18 7-18   2018年
竹村幸祐・内田由紀子・福島慎太郎
農業普及研究   22(2) 79-92   2017年12月   [査読有り]
Masataka Nakayama, Yoshiyuki Ueda, Pamela Marie Taylor, Hitoshi Tominaga, Yukiko Uchida
Memory in a Social Context: Brain, Mind, and Society   281-295   2017年12月   [招待有り]
© Springer Japan KK 2017. Cultural psychology investigates the mutual construction of culture and the mind, in which culture creates the mind and the mind creates culture. With the goal of opening a dialogue between memory researchers and cultural...
Sasha Y. Kimel, Dominik Mischkowski, Shinobu Kitayama, Yukiko Uchida
Journal of Cross-Cultural Psychology   48 1307-1319   2017年10月   [査読有り]
© 2017, © The Author(s) 2017. Ostracism is pervasive across a wide range of cultures. However, little is currently known about how it may be experienced emotionally across cultures. In the current work, we drew on prior cross-cultural evidence and...
Kitayama S, Yanagisawa K, Ito A, Ueda R, Uchida Y, Abe N
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(30) 7969-7974   2017年7月   [査読有り]
Uchida Yukiko, Savani Krishna, Hitokoto Hidefumi, Kaino Koichi
FRONTIERS IN PSYCHOLOGY   8 169   2017年2月   [査読有り]
Tominaga H, Uchida Y, Miyamoto Y, Yamasaki T
Frontiers in psychology   8 1283   2017年   [査読有り]
Norasakkunkit V, Uchida Y, Takemura K
Frontiers in psychology   8 2085   2017年   [査読有り]
笹川 果央理, 中山 真孝, 内田 由紀子, 竹村 幸祐
心理学研究   88(5) 431-441   2017年   [査読有り]
<p>This study investigated the personality of employees on medical leave due to mental health disorders. Focusing on Contingencies of self-worth (CSW) as a metric of personality, we examined whether the CSW of employees on medical leave due to men...
吉川 左紀子, 佐伯 啓思, 広井 良典, 内田 由紀子
こころの未来   16 2-14   2017年
内田 由紀子
生活協同組合研究   (490) 12-19   2016年11月   [招待有り]
Kitayama Shinobu, Akutsu Satoshi, Uchida Yukiko, Cole Steve W.
PSYCHONEUROENDOCRINOLOGY   72 175-181   2016年10月   [査読有り]
Ogihara Yuji, Uchida Yukiko, Kusumi Takashi
SAGE OPEN   6(3)    2016年9月   [査読有り]
綾野志保, 池田香織, 内田由紀子, 藤本新平, 藤本新平, 稲垣暢也
糖尿病(Web)   59(Suppl) S.286(J‐STAGE)-286   2016年4月
Tsai JL, Ang JY, Blevins E, Goernandt J, Fung HH, Jiang D, Elliott J, Kölzer A, Uchida Y, Lee YC, Lin Y, Zhang X, Govindama Y, Haddouk L
Emotion (Washington, D.C.)   16(2) 183-195   2016年1月   [査読有り]
Yukiko Uchida, Shigehiro Oishi
Japanese Psychological Research   58(1) 125-141   2016年1月   [査読有り]
© 2016 Japanese Psychological Association. Happiness and well-being are often defined as internal feelings or states of satisfaction. As such, research on well-being has focused on the long-term happiness and life satisfaction of individuals. But ...
The folk psychology of happiness in Korea
Choi, E., Kim, Y-y., & Uchida, Y.
Korean Journal of Culture and Social Issues   22 165-182   2016年   [査読有り]
Keiko Ishii, Yukiko Uchida
Journal of Cross-Cultural Psychology   47 376-384   2016年   [査読有り]
Boiger, M., Uchida, Y., Norasakkunkit, V., & Mesquita, B
Japanese Psychological Research   58(1) 28-41   2016年   [査読有り]
吉川 左紀子, 船橋 新太郎, ベッカー カール, 河合 俊雄, 鎌田 東二, 内田 由紀子, 阿部 修士, 熊谷 誠慈
こころの未来   15 2-15   2016年
農業社会・漁業社会における社会関係の特徴に関する調査研究
福島慎太郎・竹村幸祐・内田由紀子
農林水産政策研究所新たな価値プロジェクト研究資料   1 75-109   2016年
Ford BQ, Dmitrieva JO, Heller D, Chentsova-Dutton Y, Grossmann I, Tamir M, Uchida Y, Koopmann-Holm B, Floerke VA, Uhrig M, Bokhan T, Mauss IB
Journal of experimental psychology. General   144(6) 1053-1062   2015年12月   [査読有り]
笹川 果央理, 竹村 幸祐, 内田 由紀子
ストレス科学研究   30(0) 131-137   2015年11月   [査読有り]
This study investigated the association between contingencies of self-worth (CSW) and workers' mental health. CSW is a concept to capture individual differences in the domains in which a person has staked his or her self-esteem. Specifically we ex...
竹村 幸祐, 内田 由紀子
水産振興   49(10) 1-49   2015年10月   [招待有り]
Savani, K., Wadhwa, M., Uchida, Y., Ding, Y., & Naidu, N. V. R.
Organizational Behavior and Human Decision Processes.   129 70-79   2015年7月   [査読有り]
© 2014 Elsevier Inc. The present research investigated a novel account of how normative influence varies across culture-whether there exist cultural differences in the motivation to adhere to social norms even when similar norms are prevalent acro...
内田 由紀子
CEL : Culture,energy and life   110 38-43   2015年7月   [招待有り]
世界各国で「幸せ」を指標化する動きが盛んだ。日本の「幸せ」はどのような特徴があるのか、それをふまえ、どのように幸福度を測り、活用していけばよいのだろうか。地域での幸福度を向上させ、持続可能な地域づくりにつなげるための、幸福の指標の活用について考察する。
内田 由紀子
技術と普及 : 全国農業改良普及職員協議会機関誌 : Monthly journal of agriculture & extension   52(3) 22-27   2015年3月
Yukiko Uchida, Yuji Ogihara, Shintaro Fukushima
Global Handbook of Quality of Life: Exploration of Well-Being of Nations and Continents   823-837   2015年1月   [招待有り]
© Springer Science+Business Media Dordrecht 2015. To compare ideas about wellbeing and happiness in a global context, it is important to focus on the characteristics of the collectively shared concept of wellbeing among cultures, namely, the cultu...
Park, J., Uchida, Y., & Kitayama, S.
International Journal of Psychology, Online Version   51 269-278   2016年   [査読有り]
Morling, B., Uchida, Y., Frentrup, S.
PLoS ONE   10(6)    2015年   [査読有り]
援助行動に対する話者の認知が授受補助動詞テモラウ・テクレルの使用に与える影響―質問紙調査による分析
京野千穂・内田由紀子・吉成祐子
社会言語科学   17(2) 56-67   2015年   [査読有り]
Uchida, Y., Kanagawa, C., Takenishi, A., Harada, A., Okawa, K., & Yabuno, H.
PLoS ONE   e0125966.(5) e0125966   2015年   [査読有り]
H. Hitokoto; Y. Uchida
Journal of Happiness Studies   16 211-239   2015年   [査読有り]
Ogihara Y, Fujita H, Tominaga H, Ishigaki S, Kashimoto T, Takahashi A, Toyohara K, Uchida Y
Frontiers in psychology   6 1490   2015年   [査読有り]
Uchida Y, Norasakkunkit V
Frontiers in psychology   6 1117   2015年   [査読有り]
内田 由紀子
農業と経済   80(12) 52-53   2014年12月   [招待有り]
池田香織, 藤本新平, 内田由紀子, 綾野志保, 稲垣暢也
糖尿病   57(11) 867-867   2014年11月
内田 由紀子
地上   68(5) 44-50   2014年5月   [招待有り]
池田香織, 藤本新平, 内田由紀子, MORLING Beth, CARROLL Andrew, 綾野志保, 稲垣暢也
日本内科学会雑誌   103(Suppl.) 198-198   2014年2月
Uchida, Y., Takahashi, Y., & Kawahara, K.
Journal of Happiness Studies   15(1) 263-274   2014年2月   [査読有り]
Takemura, K., Uchida, Y., & Fujino, M.
Psychologia.   57(4) 245-258   2014年1月   [査読有り]
© 2014, Psychologia Society. All rights reserved. Literature suggests that social capital, which often promotes human welfare, requires sensitive handling to build and maintain. The current study investigated the role of extension officers (fukyu-...
Uchida, Y., & Ueno, T., & Miyamoto, Y.
Japanese Psychological Research   56 263-274   2014年   [査読有り]
Ogihara, Y., & Uchida, Y.
Frontiers in Psychology   5(135) doi: 10.3389/fpsyg.2014.00135   2014年   [査読有り]
Takemura, K., Uchida, Y., & Yoshikawa S
PLoS ONE   9 e91975. doi:10.1371/journal.po   2014年   [査読有り]
Ikeda, K., Fujimoto, S., Morling, B., Ayano-Takahara, S., Carroll, A. E., Harashima, S., Uchida, Y., & Inagaki, N.
PLoS ONE   9:10(e109323) e109323   2014年   [査読有り]
Editorial: Regional Communities.
Uchida, Y., & Takemura, K.
Psychologia   57 225-228   2014年   [招待有り]
日本の「幸福」を考える
内田由紀子
人間生活工学   15(2) 1-3   2014年   [招待有り]
To conform or to maintain self-consistency? Hikikomori risk in Japan and the deviation from seeking harmony.
Norasakkunkit, V., & Uchida, Y.
Journal of Social and Clinical Psychology   33 918-935   2014年   [査読有り]
How do Japanese perceive individualism? Examination of the meaning of individualism in Japan.
Ogihara, Y, Uchida, Y., and Kusumi, T.
Psychologia   57 213-223   2014年   [査読有り]
Ishii, K., Kitayama, S. and Uchida, Y.
Frontiers in Psychology   5(1311) 1311   2014年   [査読有り]
内田由紀子
環境研究   172 83-91   2013年12月   [招待有り]
Park, J., Haslam, N., Shimizu, H., Kashima, Y. & Uchida, Y.
Journal of Cross-Cultural Psychology   44(5) 671-683   2013年7月   [査読有り]
Oishi, S., Kesebir, S., Miao, F. F., Talhelm, T., Endo,Y., Uchida, Y., Shibanai, Y., & Norasakkunkit, V.
Journal of Experimental Social Psychology   49(2) 217-223   2013年3月   [査読有り]
荻原 祐二, 内田 由紀子, 楠見 孝, Ogiwara Yuji, Kusumi Takashi, Uchida Yukiko, クスミ タカシ, ウチダ ユキコ, オギワラ ユウジ
対人社会心理学研究 = Japanese journal of interpersonal and social psychology   (13) 9-14   2013年3月   [査読有り]
This study examined the effect of control strategies on emotion in interpersonal relationships. Previous studies suggested that people have two control strategies (Rothbaum et al., 1982), one is acting on the environment (primary control) and the ...
内田 由紀子
環境研究   169 44-52   2013年2月   [招待有り]
内田 由紀子
経済セミナー = The keizai seminar   (670) 51-64   2013年2月   [招待有り]
内田 由紀子
心理学ワールド   (60) 5-8   2013年1月   [招待有り]
Boiger, M., Mesquita,B., Uchida, Y., & Barrett, L. F.
Personality and Social Psychology Bulletin   39 540-553   2013年   [査読有り]
4-9歳児の児童と親の会話から見る文化とこころの発達.
増田貴彦,先崎沙和,内田由紀子,高田 明
(2013)京都大学乳幼児発達研究グループ(編), 2012年度赤ちゃん研究員活動・成果報告書, 京都大学乳幼児発達研究グループ, pp.36-3      2013年
カルマウラ ダショー, 内田 由紀子, 山本 真也
こころの未来   10 28-33   2013年
内田 由紀子
DIO : 連合総研レポート   (274) 8-11   2012年9月   [招待有り]
Norasakkunkit, V., Kitayama, S., & Uchida Y.
Journal of Cross-Cultural Psychology   43(5) 742-757   2012年7月   [査読有り]
内田由紀子, 竹村幸祐
技術と普及   49(2) 20-31   2012年2月   [招待有り]
Vinai Norasakkunkit, Yukiko Uchida
Values, Religion, and Culture in Adolescent Development   211-234   2012年1月   [招待有り]
© Cambridge University Press 2012. There is an increasing population of youth in Japan who are being pushed to the periphery of Japanese society. These include the NEETs (Not in Employment Education or Training), the Freeters (low-skill workers in...
文化的幸福観 : 文化心理学的知見と将来への展望 (特集 幸福感と文化)
内田 由紀子;荻原 祐二
心理学評論   55(1) 26-42   2012年   [査読有り]
内田由紀子;遠藤由美;柴内康文
実験社会心理学研究   52(1) 63-75   2012年   [査読有り]
Personal or interpersonal construal of happiness: A cultural psychological perspective
Uchida, Y., & Ogihara, Y.
International Journal of Wellbeing   2 354-369   2012年   [査読有り]
Norasakkunkit, V., Uchida, Y., & Toivonen, T.
Social and Personality Psychology Compass   6(5) 361-378   2012年   [査読有り]
Bastian, B., Kuppens,P., Hornsey, M. J., Park, J., Koval, P., & Uchida, Y
Emotion   12(1) 69-80   2012年   [査読有り]
日本文化における幸福感-東日本大震災後の復興を支える心理と社会システム-
内田由紀子
計画行政   34 21-26   2012年   [招待有り]
吉川 左紀子, 長岡 千賀, 内田 由紀子
こころの未来   8(0) 32-35   2012年
内田 由紀子
行動経済学   5(0) 162-164   2012年   [招待有り]
本論文では指標作成などを通じて幸福についての国際的議論を醸成する上で,「文化的幸福」を捉えることが重要であることを指摘する.その上で,1) 幸福度指標についての心理学的知見を延べ,2) 日本にはバランス志向的幸福観が存在することを呈示し,3) 持続可能な社会に向けて日本における幸福感が果たしうる役割と国際的な幸福研究に向けての提言を行う.
Norasakkunkit, V., & Uchida, Y.
Journal of Social Issues   67(4) 774-786   2011年12月   [査読有り]
池田香織, 藤本新平, 内田由紀子, 高原志保, CARROLL Andrew, MORLING Beth, 稲垣暢也
糖尿病   54(Supplement 1) S.237-237   2011年4月
内田由紀子・竹村幸祐・吉川左紀子
社会技術研究論文集   8 194-203   2011年4月   [査読有り]
Toivonen, T., Norasakkunkit, V., & Uchida, Y.
Frontiers in Cultural Psychology   2(207) doi: 10.3389/fpsyg.2011.00207   2011年   [査読有り]
Wilken, B., Miyamoto, Y., & Uchida, Y.
Journal of Consumer Psychology   21(3) 346-353   2011年   [査読有り]
内田 由紀子
技術と普及   47(6) 48-51   2010年6月   [招待有り]
Miyamoto, Y., Uchida, Y., & Ellsworth, P. C
Emotion   10 404-415   2010年   [査読有り]
鷲田 清一, 吉川 左紀子, 内田 由紀子
こころの未来   4 56-64   2010年
Uchida, Y., Townsend, S.S.M., Markus, H. R., & Bergsieker, H. B.
Personality and Social Psychology Bulletin   35(11) 1427-1439   2009年11月   [査読有り]
Uchida, Y., & Kitayama, S
Emotion   9(4) 441-456   2009年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
日本社会における資本主義と倫理  京都大学経済研究所附属先端政策分析研究センター編「資本主義と倫理:分断社会を超えて」  
内田由紀子 (担当:分担執筆, 範囲:pp.149-163)
東洋経済新報社   2019年3月   
Interdependent happiness: Progress and implications. In. M. Demir, &amp; N. Sumer (Eds.). Close Relationships and Happiness across Cultures.
Dordrecht: Springer.   2018年8月   
ポジティブ心理学の測定と評価  鈴木伸一(編)「健康心理学の測定法・アセスメント」
内田由紀子・堀毛一也 (担当:分担執筆, 範囲:第12章 pp.193-213.)
ナカニシヤ出版   2018年   
Culture, development and happiness. In Center for Bhutan Studies and GNH (Eds.), Happiness: Transforming the development landscape.
Thin, N., Verma, R., & Uchida, Y. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 260-296.)
Center for Bhutan Studies and GNH.   2017年   
Cultural psychology as a form of memory research. Tsukiura, T., & Umeda. S. (Eds.)., Memory in social context: Brain, mind, and society.
Nakayama, M., Ueda, Y., Taylor, P. M., Tominaga, H., & Uchida, Y. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 281-295.)
Springer   2017年   
つながりを研究する 大阪大学COデザインセンター監修「つなぐ人」がもたらす価値 「対話で創るこれからの『大学』」
内田由紀子・神里達博  (担当:分担執筆)
大阪大学出版会   2017年   
「我」と「場」の幸福論 広井良典・大井浩一(編) 「2100年へのパラダイムシフト」
内田由紀子 (担当:分担執筆, 範囲:pp.92-94. 作品社)
2017年   
北村英哉・内田由紀子 (担当:共編者)
ナカニシヤ出版   2016年9月   ISBN:4779510597
吉川 左紀子, 河合 俊雄, 船橋 新太郎, 鎌田 東二, カール・ベッカー, 阿部 修士, 内田 由紀子, 熊谷 誠慈 (担当:共著)
創元社   2016年4月   ISBN:4422112287
震災前後の幸福感の変化 宅香菜子(編) 「PTG研究と臨床実践―その可能性と課題」
内田由紀子 (担当:分担執筆, 範囲:pp.170-171. )
金子書房   2016年   

講演・口頭発表等

 
普及活動の意義と重要性:農業コミュニティにおける信頼関係構築
内田由紀子
平成30年度 新規普及職員研修(近畿ブロック) 近畿農政局   2019年1月10日   
文化心理学からみたローカルな価値とグローバルな価値 [招待有り]
内田由紀子
地球システム・倫理学会 第14回学術大会 地球倫理 ― ローカル・グローバル・ユニバーサル シンポジウム「地球倫理―ローカルからグローバルへ」      2018年11月26日   
日本社会における生き方と自己:組織従業者の生理・心理調査からの考察
内田由紀子
第3回京都こころ会議シンポジウム 「こころと生き方――自己とは何か」   2018年11月18日   
Cultural Construction of Happiness: Variations within National and Community Cultures   [招待有り]
Yukiko Uchida
The Second International Conference on Well-being: Health, Work, and Well-being   2018年11月2日   
地域づくりと幸福感について
内田由紀子
滝沢市 重点地域調査フィードバック   2018年10月18日   
日本社会における資本主義と倫理
内田由紀子
京都大学経済研究所シンポジウム「資本主義と倫理:分断社会をこえて」   2018年10月6日   
Happiness and social capital: social psychological perspectives for sustainable societies, with Happiness Indices for Communities (HICS)
内田由紀子
World Science Forum 2018: Parallel Sessions I / CS1. Sustainability and security (CS1-07) Intergenerational co-creation to achieve sustainable and inclusive development   2018年9月26日   
ビジネスと幸福感 [招待有り]
内田由紀子
第9回京機会ビジネスクラブ   2018年9月14日   
地域の幸福の多面的測定:地域内外の社会関係資本からの検討
内田由紀子
日本社会心理学会59回大会ワークショップ「地域の幸福」の多面的測定:地域内外の社会関係資本からの検討」   2018年8月29日   
Farming cultivates a community-level shared culture through collective activities: Examining contextual effects with multilevel analyses
Yukiko Uchida
Stanford University, Department of Psychology, Culture Collaboratory   2018年8月13日   
地域づくりと幸福感について [招待有り]
内田由紀子
滝沢市地域づくり研修会   2018年6月29日   
Towards Communitarian Happiness – Perspective of Cultural Psychologists
Kuba Krys, Hidefumi Hitokoto, Kosuke Takemura, Yukiko Uchida
30th SASE (Society for the Advancement of Socio-Economics) conference, Doshisha Univ., Kyoto   2018年6月23日   
ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)の効果と実践:作業療法現場における援用を考える [招待有り]
内田由紀子
作業療法神経科学研究会第4回学術集会   2018年6月16日   
農業コミュニティにおける社会関係資本:社会心理学からの検討 [招待有り]
内田由紀子
第31回京都大学地球環境フォーラム 「ムラのつながり、ムラの未来」   2018年6月2日   
『農をつなぐ仕事』~普及指導員とコミュニティへの社会心理学的アプローチ~ [招待有り]
内田由紀子
大分県農業改良普及職員協議会・大分県協同農業普及事業 70周年記念式典   2018年5月29日   
高橋卓也, 淺野悟史, 内田由紀子, 竹村幸祐, 福島慎太郎, 松下京平, 奥田昇
日本森林学会大会学術講演集   2018年3月26日   
Happiness in communities: The function of social capital and autonomy [招待有り]
内田由紀子
第14回日独社会科学学会   2018年3月16日   
The Happiness of Individuals and Collective
内田由紀子
University of Amsterdam Seminar   2018年3月15日   
地域の幸福の多面的側面の測定と持続可能な多世代共創社会に向けての実践的フィードバック [招待有り]
内田由紀子
多世代による地域資源のつなぎなおしと文化多様性ーSDGsの実現に向けてー   2018年3月2日   
普及活動の意義と重要性:農業コミュニティにおける信頼関係構築 [招待有り]
内田由紀子
平成29年度 新規普及職員研修(近畿ブロック) 近畿農政局   2018年1月22日   
幸福の研究から見る:幸福感を育む環境づくり [招待有り]
内田由紀子
第1次滝沢市総合計画推進に関する講演会   2017年11月16日   
規範が協力行動を支えなくなる条件 : 個人の住居流動性 vs. コミュニティの住居流動性
竹村幸祐・福島慎太郎・内田由紀子
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月29日   
町の開放性を支える結束型ソーシャル・キャピタル
内田由紀子・一言英文・箕浦有希久・ 竹村幸祐・福島慎太郎
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月28日   
年金生活者は移住者に開放的か? ―自尊感情の2側面(自己評価・自己受容)に注目して―
箕浦有希久・内田由紀子・ 一言英文・竹村幸祐・福島慎太郎内田由紀子
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月28日   
協調的幸福感の文化比較 −フィリピン・日本・ポーランドの比較−
一言英文・Magdalena Żemojtel-Piotrowska・Jesus Alfonso Datu・内田由紀子
2017年10月28日   
自己利益と他者利益の調整についての比較文化的検討
富永仁志・阿部修士・内田由紀子
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月28日   
地域の幸福とソーシャル・キャピタル
内田 由紀子
日本心理学会大会第81回大会 ソーシャル・キャピタルと健康、幸福感に関する研究の新展開 心理学と社会疫学から   2017年9月21日   
組織コミュニティにおける相互協調性と炎症反応に関する 文化心理学研究
内田 由紀子
日本心理学会大会第81回大会 心理学と疫学との融合 健康に対する生物心理社会的アプローチ   2017年9月21日   
幸福感と社会関係の文化的基盤 個の幸福と場の幸福
内田 由紀子
日本心理学会大会第81回大会 国際賞受賞講演   2017年8月   
Interdependent happiness in Japanese local communities
内田由紀子
MIDUS/MIDJA Meeting in Kyoto   2017年4月   
Will dispositional optimism longitudinally promote health? Exploration of a molecular mechanism.
Uchida, Y.. Kitayama. S., Akutsu, S., Park, J., & Cole, S. T.
The 12th Cultural Psychology Preconference at the 17th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology   2017年1月   
地域の幸福とは何か:文化心理学からの考察 [招待有り]
内田由紀子
日本社会心理学会第60回公開シンポジウム「幸福感の社会心理学」    2016年11月   
コミュニティの幸福について考える [招待有り]
内田由紀子
日本ポジティブサイコロジー医学会 招待シンポジウム    2016年10月   
Farming cultivates a shared culture within a community: Examining the macro-level effects with multilevel analysis in farming and fishing areas
Uchida, Y., Takemura, K., & Fukushima,S.
23rd International Congress of International Association for Cross-Cultural Psychology   2016年8月   
Cultural constructions of well-being
内田由紀子
23rd International Congress of International Association for Cross-Cultural Psychology   2016年8月   
Interdependent happiness and wellbeing [招待有り]
Uchida, Y.
International Conference on Gross National Happiness, Paro, Bhutan   2015年11月   
How do we construct happiness and social capital? Evidence from community research in Japan [招待有り]
内田由紀子74. Uchida, Y., Takemura, K., & Fukushima, S.
13th Meeting of German-Japanese Society for Social Sciences in Cooperation with the German Institute for Japanese Studies (DIJ)“Trust and Risks in Changing Societies”   2015年10月   
自信を失う日本人 日本における自尊感情の経時的変化
荻原 祐二, 内田 由紀子, 楠見 孝
日本心理学会大会第79回大会   2015年9月24日   
日本心理学会第79回大会シンポジウム こころに及ぼすマクロな影響を測る:心理・社会・文化への量的アプローチ
内田由紀子
日本心理学会第79回大会シンポジウム   2015年9月   
What constitutes a good life? Cultural variation in the emotional patterns of happiness and wellbeing.
内田由紀子
ISRE 2015 conference University of Geneva   2015年7月   
日本における幸福感の多層性:企業・組織風土との関わり [招待有り]
内田由紀子
京機サロン    2015年4月27日   
日本における“リスク”の文化・社会心理学的考察 [招待有り]
内田由紀子
朝日新聞社 未来への発想委員会   2015年3月16日   
農業者・農業普及指導員調査から見る人の心をつなぐ力へのアプローチ [招待有り]
内田由紀子
平成26年度 近畿ブロック提案型研修 近畿農政局   2015年1月29日   
こころと幸福:日本的幸福観考察 [招待有り]
内田由紀子
第36回全国大学メンタルヘルス研究会   2014年12月11日   
地域の幸福とソーシャル・キャピタル:「つなぐ」仕事再考
内田由紀子
慶應義塾大学   2014年12月3日   
農業者・農業普及指導員調査から見る人の心をつなぐ力へのアプローチ
内田由紀子
農業普及活動高度化全国研究大会基調講演   2014年11月26日   
Cultural models of social relationships and well-being in Japan [招待有り]
内田由紀子
国際協力基金「日中韓次世代リーダーフォーラム2014」   2014年11月7日   
日本における組織と地域のメンタルヘルス [招待有り]
内田由紀子
京都農協健康保険組合 メンタルヘルス講習会   2014年11月6日   
「選択する未来」シンポジウム [招待有り]
内田由紀子
内閣府「選択する未来」松江市   2014年10月14日   
文化と幸福:ソーシャル・キャピタルとの関連 [招待有り]
内田由紀子
東洋大学社会学研究科院生セミナー   2014年10月10日   

競争的資金等の研究課題

 
神経症傾向と感情制御・健康との関わり:社会・生物の二項対立の超克へ向けて
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B)): 
研究期間: 2017年3月 - 2020年3月    代表者: 内田由紀子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 内田 由紀子
地域の幸福の多面的側面の測定と持続可能な多世代共創社会に向けての実践的フィードバック
国立研究開発法人科学技術振興機構: 社会技術研究開発:持続可能な多世代共創社会のデザイン
研究期間: 2015年10月 - 2018年9月    代表者: 内田由紀子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 唐沢 穣
対人相互作用や紛争解決の文脈のおける認知過程と言語使用の相互関係を記述し、その心理的基盤を説明するための理論モデルの構築を試みた。併せて、モデルを検証するための実証研究を、主に心理学実験の方法を用いて行った。さらに、認知と発話行為の基盤として作用する文化の影響についても吟味した。その成果をもとに、日本語教育や紛争解決の実務に適用が可能な教材開発を試みた。研究成果公表のための、学会シンポジウムやワークショップ等の開催においても成功を収めた。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2011年    代表者: 山岸俊男
本研究は、人間の適応行動が自己維持的な信念体系であると同時に誘因構造でもある「制度」を形成するとする、制度アプローチを心の文化差の説明に適応することを通して、文化への制度アプローチの視点から、人間の心と社会の相互構築関係の解明をめざす。具体的には、(1)認知・信念システムの文化差に関する研究、(2)集団行動の適応的基盤に関する研究、(3)社会行動の制度的基盤に関する研究、(4)制度の形成と維持に関するコンピュータ・シミュレーション研究を実施する。