基本情報

所属
公益財団法人日本近代文学館 図書部 資料整理スタッフ
法政大学 大原社会問題研究所 兼任研究員
学位
修士(社会学)(2014年3月 一橋大学)
博士(社会学)(2019年3月 一橋大学)

連絡先
yukinagashima0626outlook.jp
J-GLOBAL ID
202001000931483281
researchmap会員ID
R000010869

現在戦後の社会運動史を中心とする以下の研究を進めています。

研究1:戦後に開催された大衆集会を対象とする民主主義、公共性の研究

 博士課程で進めてきた研究です。戦後の社会運動の中で開催された大衆的な討論集会を対象として、大衆的な討論集会が多様な運動の中で採用される経緯や、討論過程を分析しました。分析を通じて戦後の社会運動(労働運動や文化運動)における民主主義や公共性を検討しました。国民文化全国集会や平和経済国民会議に関する論文がこれにあたります。 

研究2:戦後の労働文化運動(演劇運動)を通じた労働者の主体形成の研究

 博士課程修了後に進めている研究です。大衆集会研究では扱えなかった地域の文化運動の実践として戦後大阪の労働者の演劇運動(労働者が劇を創り、上演する運動)を取り上げ、演劇運動を通じた人々のコミュニケーションや主体形成を多角的に検討しています。現在までに大阪を中心とする関西圏で活動した演劇サークルに関する論文を執筆しています。

研究3(共同研究):COVID-19「自粛」下におけるイベントスペース研究

 COVID-19感染拡大の中での政府、自治体の「自粛」要請が各種イベントに及ぼした影響について①「自粛」要請の中で各種イベントの開催場所となって来たイベントスペースの休業/再開状況とイベントスペースの類型ごとの差異、②「自粛」要請下でのイベントスペース利用者/イベント参加者の意識や行動の変化の二点から調査研究を進めています。

研究4:朝鮮戦争期を中心とする日本共産党系平和運動(平和擁護運動)の研究

 研究1の中で扱った、戦後の平和運動を対象とする大衆的な討論集会形成過程の延長線上にある研究です。朝鮮戦争勃発前から第六回全国協議会に至る日本共産党が(弾圧/分裂下で)平和運動をどう組織化しようとしたのか、平和擁護運動の運動方針がどのような運動の広がりを実現し、逆に運動の幅を狭める効果を有していたのかを検討しています。

 上記研究以外にも研究手法の一環でアーカイブズ学を学び、市民活動資料や労働組合資料、文化活動関係の資料整理にも携わっています。現在までに市民活動資料に関する論文や労働組合資料に関する論文を執筆しています。


学歴

  3

論文

  17

書籍等出版物

  1

MISC

  15

講演・口頭発表等

  28

担当経験のある科目(授業)

  1

所属学協会

  6

Works(作品等)

  1

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

学術貢献活動

  2

社会貢献活動

  4

メディア報道

  1

その他

  3