共同研究・競争的資金等の研究課題

2013年4月 - 2017年3月

地熱開発における手続統合型SEAによる合意形成モデル構築-国際先行事例調査から-

日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

課題番号
25870612
体系的課題番号
JP25870612
配分額
(総額)
3,640,000円
(直接経費)
2,800,000円
(間接経費)
840,000円

本研究は、我が国において期待の高い地熱開発に関して、既存の温泉事業者をはじめとする地域関係者間での合意形成課題と、持続的な資源利用の支援を可能にする政策ツールの開発を目指したものである。国際先行事例の調査では、バーゼル市(スイス)やザンクトガレン(スイス)における高温岩体発電の開発に向けた取り組み、ワイカト地域(ニュージーランド)における新規の大規模バイナリー発電開発の取り組みから、政策上位における統合型持続可能性アセスメントの実装効果が確認された。また、国内の地熱ポテンシャル地域における意識調査からは、開発過程における技術と資本を含む地域参画が効果的であることが示唆された。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-25870612
ID情報
  • 課題番号 : 25870612
  • 体系的課題番号 : JP25870612