Yu Koyama


Yu Koyama

J-GLOBAL         Last updated: Nov 27, 2019 at 19:06
 
Avatar
Name
Yu Koyama
E-mail
yukmymed.niigata-u.ac.jp
Research funding number
10323966
ORCID ID
0000-0001-9743-6473

Published Papers

 
Relationship between sarcopenia and both physical activity and lifestyle in patients with chronic liver disease.
Ohashi K, Ishikawa T, Hoshi A, Suzuki M, Mitobe Y, Yamada E, Abeywickramaa HM, Seki N, Koyama C, Hagiko Aoki H,Koyama Y
J Clin Med Res   10(12) 920-927   2018   [Refereed]
Yoshinori Kamiya, Miki Hasegawa, Miki Hasegawa, Takayuki Yoshida, Takayuki Yoshida, Misako Takamatsu, Yu Koyama, Yu Koyama
European Journal of Anaesthesiology   35 215-223   Mar 2018   [Refereed]
© 2018 European Society of Anaesthesiology. All Rights Reserved. BACKGROUND In recent years, thoracic wall nerve blocks, such as the pectoral nerve (PECS) block and the serratus plane block have become popular for peri-operative pain control in pa...
Koyama Y, Moro K, Nakano M, Miura K, Nagahashi M, Kosugi SI, Tsuchida J, Ikarashi M, Nakajima M, Ichikawa H, Hanyu T, Shimada Y, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Wakai T
Journal of clinical medicine research   9(10) 831-837   Oct 2017   [Refereed]
Sakata Eiko, Nagahashi Masayuki, Koyama Yu, Umezu Hajime, Wakai Toshifumi
新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal   131(7) 433-439   Jul 2017   [Refereed]
副乳癌は全乳癌の0.2~0.6%と比較的まれな疾患である.また,近年,高齢者乳癌の一次治療として忍容性の高い内分泌療法が選択される機会が増えている.今回,内分泌療法施行後に根治切除を実施した高齢者副乳癌の1例を経験したので報告する.症例は96歳,女性.右腋窩腫瘤を主訴に受診し,画像検査で右腋窩に径2cmの腫瘤と多数の腫大リンパ節を認めた.腫瘤の針生検は,充実腺管癌,エストロゲン受容体陽性,プロゲステロン受容体陰性,HER2陽性であり,右副乳癌と診断した.高齢で手術を積極的には希望されず,抗...
Kameyama Hitoshi, Sakata Jun, Kobayasi Takashi, Wakai Toshifumi, Koyama Yu, Suzuki Ichiro, Endo Naoto, Suzuki Eiichi
新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal   131(6) 363-368   Jun 2017   [Refereed]
【目的】患者の高齢化, 併存症をもつ患者の増加により, 在院期間の延長, 転院先の受け入れ困難等が社会的な問題となっている. 一方で, 急性期疾患を対象とする基幹病院においては在院日数の短縮が求められており, 各病院 ・施設における医療連携 ・退院支援部署と連動した病病 ・病診連携が重要となっている. 本研究の目的は, 2016年から積極的に開始した新潟医療圏地域包括ケアシステムの構築を目指した病病 ・病診連携の取り組みとその成果を報告することである. 【対象と方法】始めに新潟医療圏におけ...
Koyama Yu, Aoki Hagiko, Yokono Tomoe, Ogasawara Eiko
新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University   14(1) 87-95   Mar 2017   [Refereed]
新潟県内のNSTの実態と今後の課題を明らかにすることを目的とし,新潟県内の病院を対象に,主な施設形態,病床規模,NSTの有無,NST活動状況,NST介入の効果,他施設との連携状況などについてアンケート調査を行った。新潟県内の病院129施設中,103施設より回答が得られ,NSTを設立していたのは57施設であった。急性期病院や病床数≧150床ではNSTを有する病院が多かった。NST加算の有無に関しては,病床数≧150床の施設ではNST加算算定を行っている施設が多かった。NST介入数は36.5%...
Kazuki Moro, Yu Koyama, Shin ichi Kosugi, Takashi Ishikawa, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kohei Miura, Masayuki Nagahashi, Masato Nakajima, Kumiko Tatsuda, Junko Tsuchida, Chie Toshikawa, Mayuko Ikarashi, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai
Clinical Nutrition   35 1423-1428   Dec 2016   [Refereed]
© 2016 The Authors Background and aims Transthoracic esophagectomy using 3-field lymphadenectomy (TTE-3FL) for esophageal cancer is one of the most aggressive gastrointestinal surgeries. Early enteral nutrition (EN) for TTE-3FL patients is useful ...
Masato Nakajima, Masayuki Nagahashi, Maiko Endo, Ayaka Otani, Junko Tsuchida, Kazuki Moro, Toshiyuki Niwano, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Mayuko Ikarashi, Kumiko Tatsuda, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 1544-1546   Nov 2016   [Refereed]
Although ductal carcinoma in situ(DCIS)is generally cured by surgical resection, it has been suggested that resection is over-treatment for some patients with DCIS. The aim of this study was to reconsider operative indications for patients with DC...
K. Miura, T. Kobayashi, Z. Zhang, D. Soma, Y. Hirose, H. Ishikawa, K. Takizawa, M. Nagahashi, J. Sakata, H. Kameyama, M. Minagawa, S. Kosugi, Y. Koyama, T. Wakai
Transplantation Proceedings   48 1119-1122   May 2016   [Refereed]
© 2016 Elsevier Inc. All rights reserved. Background Complete immune tolerance is the chief goal in organ transplantation. This study aimed to evaluate patients who successfully withdrew from immunosuppressive (IS) agents after living donor liver ...
A case of slowly progressive anti-Yo-associated paraneoplastic cerebellar degeneration successfully treated with antitumor and immunotherapy.
Tsuboguchi S, Yajima R, Higuchi Y, Ishikawa M, Kawachi I, Koyama Y, Nishizawa M.
Rinsho Shinkeigaku.   48((4)) 1119-1122   May 2016   [Refereed]
Kazuki Moro, Yu Koyama, Masayuki Nagahashi, Miki Hasegawa, Chie Toshikawa, Junko Tsuchida, Takaaki Hanyu, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shinichi Kosugi, Takashi Kato, Gen Watanabe, Yoichi Ajioka, Toshifumi Wakai
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 235-237   Feb 2016   [Refereed]
A 63-year-old woman was found to have a mass in her right breast and visited our hospital to undergo a detailed examination. A histopathological examination by using ultrasound-guided core needle biopsy revealed ductal carcinoma in situ. A partial...
Jun Sakata, Toshifumi Wakai, Yasunobu Matsuda, Taku Ohashi, Yuki Hirose, Hiroshi Ichikawa, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin ichi Kosugi, Yu Koyama, Kouhei Akazawa, Yoichi Ajioka
Annals of Surgical Oncology   23 225-234   Jan 2016   [Refereed]
© 2015, Society of Surgical Oncology. Background: This study aimed to compare the utility of the number of positive lymph nodes with the lymph node ratio (LNR) in predicting survival after resection of extrahepatic cholangiocarcinoma. Methods: A r...
Effect of the Early Introduction of Mild Mobilization Performed by Nurses on the Recovery of Patients in the Intensive Care Unit.
Mitobe Y, Koyama Y, Aoki H, Shimizu U, Muramatsu Y, Koyama C, Sakai S, Iwasa Y, Kikunaga J, Taguchi M, Nitta M, Endoh H, Kitajima M, Morishita S.
O J Nurs   6 969-975   2016   [Refereed]
Kazuki Moro, Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Kumiko Tatsuda, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 1803-1805   Nov 2015   [Refereed]
A 64-year-old woman discovered a mass in her left breast and visited our hospital. A thorough examination resulted in a diagnosis of left, locally advanced breast cancer (cT4bN3, M0, cStage Ⅲc) with muscle invasion and Level Ⅲ lymph node metastase...
Toru Mizuki, Yoshifumi Shimada, Yutaka Yagi, Yosuke Tajima, Mae Nakano, Masato Nakano, Kumiko Tatsuda, Takashi Ishikawa, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Shin ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai, Takayuki Enomoto
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 2300-2302   Nov 2015   [Refereed]
A 58-year-old woman presenting with abdominal distension was diagnosed with a tumor in the right ovary. A chest-abdominal-pelvic computed tomography scan revealed multiple lung metastases, multiple liver metastases, and peritoneal dissemination. I...
Iwaki Takawa, Kameyama Hitoshi, Nakano Masato, Yamada Saki, Hirose Yuki, Yagi Ryoma, Tajima Yosuke, Okamura Takuma, Nagahashi Masayuki, Shimada Yoshifumi, Koyama Yu, Wakai Toshifumi
新潟医学会雑誌   129(11) 692-698   Nov 2015   [Refereed]
症例は80歳女性. 前医で下部直腸癌に対し経肛門的局所切除術が施行された. 局所切除後2年1か月目に, 外陰部から肛門にかけて掻痒を伴う紅色扁平隆起性病変が明らかとなった. 生検でPaget細胞が認められた. 乳房外Paget病は, 皮膚原発の一次性乳房外Paget病と二次性乳房外Paget病に分類され, 鑑別診断には免疫組織化学染色が有用である. 本症例では, 免疫組織化学染色でGCDFP-15陰性, CK20陽性, CK7陰性であり, Pagetoid spreadを伴う直腸癌局所再発...
Toshikawa C, Koyama Y, Nagahashi M, Tatsuda K, Moro K, Tsuchida J, Hasegawa M, Niwano T, Manba N, Ikarashi M, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T
Journal of clinical medicine research   7(8) 620-626   Aug 2015   [Refereed]
Takuya Ando, Jun Sakata, Tomohiro Maruyama, Yuki Hirose, Yasuyuki Okabe, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Takashi Ishikawa, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shinichi Kosugi, Yu Koyama, Aya Ohtsubo, Satoshi Watanabe, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   42 847-849   Jul 2015   [Refereed]
Pneumatosis cystoides intestinalis (PCI) is a relatively rare condition, characterized by subserosal or submucosal air within the bowel wall. Herein, we report a rare case of PCI secondary to treatment with an epidermal growth factor receptor-tyro...
Iwaki Takawa, Koyama Yu, Nagahashi Masayuki, Hasegawa Miki, Toshikawa Chie, Tsuchida Junko, Moro Kazuki, Wakai Toshifumi
新潟医学会雑誌   129(6) 326-330   Jun 2015   [Refereed]
甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術施行後に濾胞腺腫と診断され, その3年後に骨転移が出現し, 初回の摘出腫瘍が濾胞癌であったことが判明した1例を経験したので報告する. 症例は61歳, 男性. 他院で甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術が施行され, 術中迅速診断および永久病理診断で腺腫と診断されていた. しかし, 術後3年目頃から腰痛・下肢痛が出現, その後, 下肢麻痺を認めたため当院整形外科で第5腰椎切除が行われ, 術後病理診断では甲状腺濾胞癌の骨転移の診断であった. 経過から初回甲状腺腫瘍が濾胞癌であ...
超音波検査で描出困難な乳腺石灰化病変に対し、切除標本マンモグラフィーが有用であった1例
土田 純子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 諸 和樹, 小杉 伸一, 若井 俊文
新潟医学会雑誌   129(6) 331-336   Jun 2015   [Refereed]
近年、マンモグラフィー検診の普及に伴い、非触知乳癌の発見率が上昇してきている。非触知乳癌の中には、石灰化病変のみで発見される非浸潤性乳管癌(Ductal carcinoma in situ:DCIS)も多く含まれるが、石灰化病変を超音波検査で描出することは困難なことがあり、手術に際し切除範囲の設定には苦慮することも多い。臨床上、実際に十分切除できているのか否かを術中に判断することは、その後の局所再発を防ぐ上で極めて重要である。今回、石灰化病変のみで発見された乳癌症例に対し、術中に切除標本の...
Hidehito Oyanagi, Hiroshi Ichikawa, Shin Ichi Kosugi, Takeo Banba, Takaaki Hanyu, Kotaro Hirashima, Takashi Ishikawa, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   42 497-501   Apr 2015   [Refereed]
We report three cases of esophageal carcinoma all of which achieved a pathological complete response after neoadjuvant chemotherapy (NAC) with cisplatin and 5-fluorouracil (CF). All three patients were men with clinical stage II squamous cell carc...
Kazuyoshi Suda, Kazuyoshi Suda, Hitoshi Kameyama, Hitoshi Nogami, Yoshifumi Shimada, Takaaki Hanyu, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 1620-1621   Nov 2014   [Refereed]
Herein, we present a case of long-term survival after lateral pelvic lymph node dissection for recurrence in the form of skip metastasis of rectal cancer. A 63-year-old man underwent abdominoperineal resection without lateral pelvic lymph node dis...
Yoshifumi Hashimoto, Hitoshi Kameyama, Yuki Hirose, Ryoma Yagi, Mae Nakano, You Sato, Tomoki Kido, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Masato Nakano, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Takashi Kobayashi, Jun Sakata, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 2442-2443   Nov 2014   [Refereed]
An 81-year-old man presented with chief complaints of abdominal pain and vomiting. Intestinal obstruction was found at the time of admission to a local hospital in October 2011. Conservative treatment provided symptomatic relief; however, he was r...
Hidehito Oyanagi, Hitoshi Kameyama, Hitoshi Nogami, Yoshifumi Shimada, Mae Nakano, Masato Nakano, Takashi Ishikawa, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 1674-1676   Nov 2014   [Refereed]
A 69-year-old man with advanced rectal cancer and liver metastases was treated with 2 courses of chemotherapy with irinotecan and S-1 followed by low anterior resection and partial hepatectomy. Chemotherapy with S-1 was then administered for 22 mo...
Ryo Tanaka, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Masato Nakano, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Shin Ichi Kosugi, Masahiro Minagawa, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 2364-2366   Nov 2014   [Refereed]
A 70-year-old man was referred to our hospital with ascending colon cancer (cT3N1M0, Stage IIIa), which was found during examinations following a positive fecal occult blood test. The patient was also diagnosed with early gastric cancer (cT1a, NO,...
Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Nogami, Mae Nakano, Masato Nakano, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 1677-1679   Nov 2014   [Refereed]
A 71-year-old man was referred to our hospital because of repeated bowel obstruction. He had previously undergone cystectomy with ileal conduit urinary diversion for the treatment of bladder cancer at the age of 28 years. Computed tomography revea...
Shinnosuke Hotta, Hitoshi Nogami, Mae Nakano, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 1794-1795   Nov 2014   [Refereed]
A 34-year-old woman presenting with bloody stools was diagnosed with a rectal tumor. Computed tomography (CT) revealed multiple liver masses in Couinaud segments IV, V, and VU. The lesions were diagnosed as multiple liver metastases from rectal ca...
Ryoma Yagi, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, You Sato, Tomoki Kido, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 1643-1644   Nov 2014   [Refereed]
Purpose: In the present study, we aimed to describe the surgical results of single-port laparoscopic stoma creation in our institution. Methods: We examined the safety of the surgical procedure and short-term results in 10 consecutive patients who...
Mae Nakano, Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Shimada, Yoshifumi Hashimoto, Mana Hosoi, Masato Nakano, Hitoshi Nogami, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Takashi Ishikawa, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 1785-1787   Nov 2014   [Refereed]
A 57-year-old woman was referred to our hospital because of descending colon cancer with multiple liver metastases. Abdominal magnetic resonance imaging (MRI) revealed 13 liver metastases across the lobes. We started combination chemotherapy with ...
Kazuyoshi Suda, Kazuyoshi Suda, Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Nogami, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 1572-1574   Nov 2014
Herein, we present a case of advanced rectal cancer surgically resected after chemotherapy. A 65-year-old woman presented with anal pain, and rectal cancer extending beyond the anus was diagnosed. The primary tumor was a well-differentiated adenoc...
Koji Toge, Yu Koyama, Kumiko Tatsuta, Miki Hasegawa, Eiko Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shinichi Kosugi, Toshifumi Wakai
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 1037-1040   Aug 2014   [Refereed]
A 49-year-old woman with a growing tumor of the left anterior chest wall was admitted to our hospital. This patient was diagnosed with a malignant well-differentiated tumor by needle biopsy and underwent surgery involving wide resection of the tum...
Sato Yo, Shimada Atsushi, Kameyama Hitoshi, Nogami Hitoshi, Kobayashi Takashi, Minagawa Masahiro, Kosugi Shinichi, Koyama Yu, Wakui Toshifumi
新潟医学会雑誌   128(6) 264-268   Jun 2014   [Refereed]
【緒言】消化器外科領域では, 術前・術後の栄養管理に加え, 昨今では化学療法の重要性が急速に増してきており, CVカテーテルの必要性が増大している. 体表解剖に基づいたランドマーク法による鎖骨下静脈(以下SCV)穿刺は, ブラインド穿刺のため, 時に気胸・動脈穿刺など, 種々の合併症を引き起こすことがある. リアルタイムエコーガイド下のSCV(USgSCV)穿刺で, これらの合併症が激減することが報告されているが, 主に放射線科で実施されており, 広く普及するには至っていない. そこで, ...
Kanbayashi C, Koyama Y, Ichikawa H, Sakata E, Hasegawa M, Toshikawa C, Manba N, Ikarashi M, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi SI, Wakai T
World journal of oncology   5(1) 14-23   Feb 2014   [Refereed]
Manba N, Koyama Y, Kosugi S, Ishikawa T, Ichikawa H, Minagawa M, Kobayashi T, Wakai T
Journal of clinical medicine research   6(1) 53-58   Feb 2014   [Refereed]
Hirose Yuki, Sakata Jun, Ohashi Taku, Takizawa Kazuyasu, Nitta Masakazu, Takano Kabuto, Kobayashi Takashi, Nagomi Hitoshi, Minagawa Masahiro, Kosugi Shinichi, Koyama Yu, Wakai Toshifumi
新潟医学会雑誌   128(4) 177-181   Apr 2014   [Refereed]
肝細胞癌の主たる再発形式は肝内再発であるが, リンパ節再発は比較的稀である. 今回, 肝細胞癌に対して肝切除後に異時性リンパ節転移再発を認めた症例を経験したので, 文献的考察を加えて報告する. 症例は66歳, 男性. C型肝硬変の経過観察中に肝S6, S8-4の多発肝細胞癌を指摘され, 各々肝部分切除術が施行された. 病理組織診断は, 肝S6病変が中分化型, 肝S8-4病変が低分化型肝細胞癌であったが, 肝S8-4の病変はサイトケラチン7,19陽性の肝細胞癌であった. 術後1年4か月後のC...
Hirose Yuki, Sakata Jun, Ohashi Taku, Takizawa Kazuyasu, Nitta Masakazu, Takano Kabuto, Kobayashi Takashi, Nogami Hitoshi, Minagawa Masahiro, Kosugi Shinichi, Koyama Yu, Wakai Toshifumi
新潟医学会雑誌   127(8) 422-426   Aug 2013   [Refereed]
【目的】本研究の目的は, 局所進展が高度な肝内胆管癌に対する術前化学療法の効果と周術期に及ぼす影響を明らかにすることにある. 【方法】当科で2009年1月から2012年8月までに術前の画像診断で根治切除が困難・不能と判断された症例に対して術前化学療法を行った5例を対象とした. 根治切除が困難・不能と判断した因子は, 高度局所進展(腹壁・胃への浸潤, 腹膜播種)が4例, 高度局所進展+大動脈周囲リンパ節転移が1例であった. 術前化学療法としては, gemcitabine(GEM)が2例, テ...
Kazuaki Kobayashi, Yu Koyama, Shin ichi Kosugi, Takashi Ishikawa, Kaoru Sakamoto, Hiroshi Ichikawa, Toshifumi Wakai
Nutrients   5 3461-3469   Jan 2013   [Refereed]
We retrospectively examined esophageal cancer patients who received enteral nutrition (EN) to clarify the validity of early EN compared with delayed EN. A total of 103 patients who underwent transthoracic esophagectomy with three-field lymphadenec...
精神科における入院時栄養状態の実態調査
畔上 悠, 小山 諭, 畠山 勝義
栄養-評価と治療   29(1) 24-27   Feb 2012   [Refereed]
精神科病院に入院している患者は薬剤の副作用、食事摂取量や運動量の低下などにより低栄養に陥っている可能性も少なくないと考えられる。そこで今回、精神科病院入院患者の入院時栄養状態の調査を行った。その結果、国民健康・栄養調査の結果と比較すると、精神科病院入院患者ではヘモグロビン値、血清蛋白値、血清アルブミン値が低く、栄養不良の割合が高い可能性が考えられた。(著者抄録)
Hiroshi Miida, Masaaki Ito, Eiko Sakata, Yu Koyama
International Journal of Dermatology   50 898-900   Jul 2011   [Refereed]
Tsukada Mami, Kubota Masayuki, Okuyama Naoki, Kobayashi Kumiko, Satoh Kanako, Nakaya Kengo, Koyama Yu, Hatakeyama Katsuyoshi, Ohashi Riuko
J. Jpn. Soc. Pediatr. Surg.   47(2) 251-255   Apr 2011   [Refereed]
We herein report a case of phyllodes tumor occurring in the right breast of an 11-year-old girl. She first noticed a mass in the right breast at the age of 11 years. She consulted our hospital due to an ongoing increase in the size of mass three m...
小山 諭
外科と代謝・栄養   45(1) 15-19   Feb 2011   [Refereed]
Kaoru Sakamoto, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Tatsuo Kanda, Atsushi Matsuki, Katsuyoshi Hatakeyama
Esophagus   7 53-57   Mar 2010   [Refereed]
A 58-year-old woman was admitted to our hospital with the complaint of dysphagia that had developed 37 months after initiation of treatment for breast cancer. Endoscopy revealed severe stenosis 32 cm from the incisors through which the endoscope c...
KOYAMA Yu, SAKATA Eiko, HASEGAWA Miki, MANBA Naoko, YOSHIZAWA Mayuko, HATAKEYAMA Katsuyoshi
内分泌外科 = Endocrine surgery   26(4) 219-223   Dec 2009   [Refereed]
TAKAHASHI Ban-yuh, SATO Norifumi, KOYAMA Yu, HATAKEYAMA Katsuyoshi
外科と代謝・栄養   43(6) 125-133   Dec 2009   [Refereed]
通常の食事が摂取可能な担癌生体における抗酸化成分付加作用を調べるため、ラット乳癌モデルに対し抗酸化成分含有栄養剤を投与した場合の(1)摂食量及び全身状態(2)腫瘍増殖(3)抗酸化機構、への効果について検討を行った。雌性F344ラットを2群に分け抗酸化成分含有栄養剤(AO diet)又はControl dietを3週間制限給餌した。開始1週間の時点で乳癌細胞MATB-IIIを背部皮下へ移植し、移植7、14日後に解剖した。移植4日後まで及び11日後にControl群と比較してAO群において栄養...
入院時栄養評価における血漿亜鉛(Zn)値測定の有用性
伊藤 正行, 佐藤 卓, 高野 操, 棚橋 洋子, 中村 明, 小山 諭, 岡田 正彦
栄養-評価と治療   26(6) 460-462   Dec 2009   [Refereed]
低栄養では亜鉛(Zn)の欠乏を伴う場合も少なくないが、入院時の栄養スクリーニングとして血漿Zn値の測定が有用なのかを検討した。CONUT法による栄養評価と血漿Zn値により、入院時栄養状態良好なZn低値群およびZn正常群を抽出し、入院後の栄養評価を行った結果、Zn低値群で栄養状態が悪化する割合が有意に高かった。入院時に血漿Zn値を測定することが栄養状態の変動予測につながる可能性が示唆された。(著者抄録)
Dai Komata, Tetsuro Yahata, Shoji Kodama, Yu Koyama, Nobuo Takeda, Kenzo Tajima, Haruhiko Makino, Nobuaki Sato, Ichiro Muto, Katsuyoshi Hatakeyama, Kenichi Tanaka
Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   35 912-917   Oct 2009   [Refereed]
Aim: Women at high risk for hereditary breast/ovarian cancer require specific management strategies for cancer prevention and early detection. The authors sought to determine the prevalence of family histories suggestive of a hereditary breast/ova...
Takeo Bamba, Shin Ichi Kosugi, Tatsuo Kanda, Yu Koyama, Tsutomu Suzuki, Katsuyoshi Hatakeyama
Esophagus   5 93-97   Jun 2008   [Refereed]
A 49-year-old man was referred to our hospital for treatment of an esophagorespiratory fistula following 5-year airway stenting for stenosis of tracheal anastomosis. In consideration of the prior polysurgery and the patient's poor general status a...
Chi E. Kitami, Chi E. Kitami, Yu Koyama, Hirokazu Nishino, Isao Kurosaki, Tsuneo Iiai, Katsuyoshi Hatakeyama
Acta Medica et Biologica   55 91-101   Dec 2007   [Refereed]
Aquaporins (AQPs) are a family of water channel proteins comprising 13 members, of which five (AQP1, AQP 4, AQP 5, AQP 8 and AQP12) have been detected in the rat exocrine pancreas. However, the dynamics and role of AQPs in pancreatitis, which is c...
NOGAMI Hitoshi, KOYAMA YU, HATAKEYAMA Katsuyoshi
Niigata medical journal   121(9) 517-521   Sep 2007   [Refereed]
消化管の手術後にSerratia marcescesによる敗血症を発症した4例を報告する.症例1は59歳の男性で,上行結腸癌に対し結腸右半切除術後5日目に敗血症を発症.エンドトキシン吸着(以下,PMX)施行,救命しえた.症例2は34歳の女性で,家族性大腸線腫症に対し回腸人工肛門閉鎖術後17日目に腸閉塞を発症,その4日後に腸閉塞は軽快するも敗血症を発症.急激な全身状態の悪化を認め死亡.症例3は74歳の男性で,胃癌に対し幽門側胃切除術後7日目に敗血症を発症.敗血症性ショックに陥り,PMX施行す...
Kiyotaka Tsuboi, Masaaki Takamura, Yuichi Sato, Hisashi Yokoyama, Manabu Takeuchi, Masato Igarashi, Daisuke Kondo, Kentaro Omori, Asa Ogawa, Aya Takeyama, Yu Koyama, Yoichi Ajioka, Yutaka Aoyagi
Pancreas   35 100-101   Jul 2007   [Refereed]
Vladimir A. Valera, Beatriz A. Walter, Beatriz A. Walter, Naoyuki Yokoyama, Yu Koyama, Tsuneo Iiai, Haruhiko Okamoto, Katsuyoshi Hatakeyama
Annals of Surgical Oncology   14 34-40   Jan 2007   [Refereed]
Background: In this study, an alternative analytical method was used to model colorectal cancer (CRC) patients' long-term survival by assessing the prognostic value of the Ki-67 protein as a marker of tumor cell proliferation, and to illustrate th...
Kouji Kaneko, Kouji Kaneko, Yu Koyama, Tatsuo Kanda, Hideyuki Honma, Manabu Ohashi, Satoru Nakagawa, Katsuyoshi Hatakeyama
Acta Medica et Biologica   54 67-75   Sep 2006   [Refereed]
Lymph node metastasis is a major prognostic factor for esophageal cancer patients. However, the molecular mechanisms underlying node metastasis remain unclear. Vascular endothelial growth factor-C (VEGF-C) and vascular endothelial growth factor-D ...
塩酸チアミン含有新末梢静脈栄養輸液剤TAJ-01の消化器術後患者を対象とした多施設共同比較臨床試験(第III相試験)
長谷部 正晴, 橋詰 直孝, 近藤 征文, 樫村 暢一, 池田 健一郎, 椎葉 健一, 小山 諭, 西村 元一, 持木 彫人, 渡邉 聡明, 丸山 道生, 鈴木 英之, 吉澤 康男, 大谷 剛正, 細井 英雄, 落合 正宏, 横井 俊平, 大谷 哲之, 下間 正隆, 飯島 正平, 吉野 茂文, 馬場 秀夫, 前川 隆文, 石橋 生哉, 赤木 由人
日本臨床栄養学会雑誌   27(4) 380-412   Jul 2006   [Refereed]
PPN療法の適応となる消化器術後患者で,経口的栄養補給が不能のため術後3日間を超える絶食期間が予想される患者125名を対象に,TAJ-01投与により血中ビタミンB1濃度が基準値下限(28ng/ml)を下回らずに維持できることを確認するため,既承認のPPN輸液剤GABを対照薬とした多施設共同無作為割付並行群間比較試験を実施した.その結果,術後4日目及び6日目の早朝空腹時血中ビタミンB1維持度はPPN用キット輸液剤(TAJ-01)群64例がアミノフリード(GAB)群61例に比べ有意に高かった....
Hideyuki Honma, Tatsuo Kanda, Hiroaki Ito, Toshifumi Wakai, Satoru Nakagawa, Manabu Ohashi, Yu Koyama, Vladimir A. Valera, Kouhei Akazawa, Katsuyoshi Hatakeyama
Surgery   139 678-685   May 2006   [Refereed]
Background: The aim of this study was to clarify whether preoperative squamous cell carcinoma-antigen messenger RNA (SCC-Ag mRNA) level in peripheral blood can be used to predict tumor recurrence after curative resection for esophageal squamous ce...
KOYAMA Yu, VALERA Vladimir A., TANI Tatsuo, NOGAMI Hitoshi, KITAMI Chie, HATAKEYAMA Satoru, HATAKEYAMA Katsuyoshi
Niigata medical journal   120(4) 193-202   Apr 2006   [Refereed]
In mammals, a family of water-selective channels, aquaporins (AQP0〜10) has recently been identified and localized in various organs and tissues. In digestive organs, AQP1 and AQP3 were generally present from esophagus to colon. In contrast, AQP4 e...
NAKANO Masato, KOYAMA Yu, KANBAYASHI Chieko, SUZUKI Satoshi, MISHINA Takeshi, HATAKEYAMA Katsuyoshi
日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   67(1) 28-32   Jan 2006   [Refereed]
症例は77歳の女性.2002年夏より頸部腫瘤の増大を訴え,近医受診.精査にて甲状腺乳頭癌と診断された.当科での術前CT,MRIで甲状腺左葉に10×9.5×6.5cm大の腫瘍と左内頸静脈内に腫瘍塞栓を認めた.術中所見では5cm大の左内頸静脈内腫瘍塞栓を認め,甲状腺全摘術と左内頸静脈の合併切除を施行し,肉眼的には癌の遺残を認めなかった.甲状腺分化癌は一般的に予後良好な腫瘍であるが,局所浸潤をきたす症例は比較的予後不良であるとされる.内頸静脈浸潤を伴った甲状腺分化癌の外科的治療は,現在まで数症例...
Chi E. Kitami, Isao Kurosaki, Yu Koyama, Haruhiko Makino, Katsuyoshi Hatakeyama
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery   12 321-323   Aug 2005   [Refereed]
We present herein a rare case of a long-term survivor after major hepatectomy performed for a metastatic liver tumor from carcinoma of the papilla of Vater. A 74-year-old man had undergone a pancreaticoduodenectomy for carcinoma of the papilla of ...
Argun Akcakanat, Tatsuo Kanda, Yu Koyama, Michitoshi Watanabe, Eiji Kimura, Yutaka Yoshida, Shintarou Komukai, Satoru Nakagawa, Shoji Odani, Hiroshi Fujii, Katsuyoshi Hatakeyama
Cancer Chemotherapy and Pharmacology   54 95-100   Jul 2004   [Refereed]
Purpose: NY-ESO-1, a member of the cancer/testis antigen (CTA) family, elicits humoral and cellular immune responses in patients with advanced cancer. Unresectable or metastatic esophageal carcinoma patients do not benefit from the present multimo...
KANEKO Kouji, KOYAMA Yu, KANBAYASHI Chizuko, HATAKEYAMA Katsuyoshi
日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   65(5) 1197-1200   May 2004   [Refereed]
Clear cell carcinomaは乳腺原発として稀に発生する一方,多臓器からの転移としても起こりうる.今回clear cell carcinomaと鑑別を要した乳腺腫瘤の1例を経験したので報告する.症例は41歳,女性.右乳房腫瘤を主訴に来院.右乳房A領域に1.5cm大の硬結を触知.画像検査も含め乳癌を疑いcore needle biopsyを2回施行したが,確定診断に至らなかったため,最終的に切除生検を施行した.病理所見では,主病巣はfibromatosisであったが,脂肪組織内に...
Yuko Oyama, Junichiro James Kazama, Junichiro James Kazama, Hiroki Maruyama, Ichiei Narita, Chizuko Kanbayashi, Yu Koyama, Tsukasa Omori, Katsuyoshi Hatakeyama, Fumitake Gejyo
Nephrology Dialysis Transplantation   18    Jun 2003   [Refereed]
Therapy combining radioguided parathyroidectomy (PTx) followed by intravenous maxacalcitol was given to a 50-year-old Japanese man referred for treatment of uraemic secondary hyperparathyroidism. After laboratory and radiological examinations, the...
Yu Koyama, Kouji Kaneko, Kohei Akazawa, Chizuko Kanbayashi, Tatsuo Kanda, Katsuyoshi Hatakeyama
Clinical Breast Cancer   4 354-360   Jan 2003   [Refereed]
Lymph node metastasis is a major prognostic factor for patients with breast cancer. Vascular endothelial growth factors (VEGF) - C and VEGF-D are capable of stimulating lymphangiogenesis, and VEGF-C enhances lymphatic metastasis. The aim of the pr...
妊娠中に発見された先天性胆道拡張症の1症例
西野 幸治, 石井 桂介, 鈴木 美奈, 倉林 工, 高桑 好一, 田中 憲一, 小山 諭
産婦人科の実際   51(2) 285-289   Feb 2002   [Refereed]
24歳経産婦.妊娠18週に胃のもたれ感,心窩部痛,腹痛,嘔吐が出現した.近医で急性胃腸炎とされたが,MRIで先天性胆道拡張症と診断した.妊娠継続を強く希望したが,保存的治療では改善が得られず,妊娠23週に,分娩後に根治術を予定した二期的手術を行った.術後経過は良好で,妊娠39週4日に正常経腟分娩で女児を出産した
Satoru Hatakeyama, Satoru Hatakeyama, Yutaka Yoshida, Tatsuo Tani, Yu Koyama, Kouei Nihei, Kazufumi Ohshiro, Jun Ichi Kamiie, Eishin Yaoita, Takeyasu Suda, Katsuyoshi Hatakeyama, Tadashi Yamamoto
Biochemical and Biophysical Research Communications   287 814-819   Oct 2001   [Refereed]
A new aquaporin (AQP10) was identified in human small intestine. This gene encoded a 264-amino-acid protein with high sequence identity with AQP3 (53%), 9 (52%), and 7 (43%). These AQPs constitute one subfamily of AQP family that is differentiated...
H. Funaki, S. Sawaguchi, K. Yaoeda, Y. Koyama, E. Yaoita, S. Funaki, M. Shirakashi, Y. Oshima, C. Shukunami, Y. Hiraki, H. Abe, T. Yamamoto
Investigative Ophthalmology and Visual Science   42 1193-1200   May 2001   [Refereed]
Purpose. To determine the role in the eye of chondromodulin (ChM)-I, which has been identified in cartilage as an angiogenic inhibitor, the expression and localization and a possible function of ChM-I were investigated. METHODS. Expression and loc...
Tatsuo Kanda Masaaki Shimoyama, Tatsuo Kanda Masaaki Shimoyama, Lili Liu, Lili Liu, Yu Koyama, Yu Koyama, Takeyasu Suda, Takeyasu Suda, Yasuo Sakai, Yasuo Sakai, Katsuyoshi Hatakeyama, Katsuyoshi Hatakeyama
Journal of Surgical Oncology   76 63-68   Feb 2001   [Refereed]
Background and objectives: Fas ligand (FasL) is expressed in many cancers and plays an important role in establishing immunologically privileged environments that allow tumors to escape the host's immune surveillance. We investigate the expression...
T. Tani, Y. Koyama, K. Nihei, S. Hatakeyama, K. Ohshiro, Y. Yoshida, E. Yaoita, Y. Sakai, K. Hatakeyama, T. Yamamoto
Archives of Histology and Cytology   64 159-168   Jan 2001   [Refereed]
Expression of aquaporin-8 mRNA has previously been shown in hepatocytes, pancreatic acinar cells, colon epithelial cells and seminiferous tubules of the testis in the rat by in situ hybridization technique. However, immunolocalization of this wate...
K. Nihei, Y. Koyama, T. Tani, E. Yaoita, K. Ohshiro, L. P. Adhikary, I. Kurosaki, Y. Shirai, K. Hatakeyama, T. Yamamoto
Archives of Histology and Cytology   64 81-88   Jan 2001   [Refereed]
The aquaporin (AQP)-9 gene was recently isolated from human and rat liver cDNA libraries as a member of the water channel family for water and neutral solutes. Although the expression of AQP9 mRNA has been demonstrated in several organs including ...
KOYAMA Yu, SATO Nobuaki, HAYASHI Mitsuhiro, SAKURAI Kanako, UEMURA Motoki, HATAKEYAMA Katsuyoshi
静脈経腸栄養   15(4) 51-57   Oct 2000   [Refereed]
症例は39歳女性で,平成7年1月に子宮頸癌術後に化学療法,外照射施行された後,11年に膀胱腟瘻が出現した.回腸導管造設術が施行され,この時からCVカテーテルが留置されていた.術後腸閉塞に対して回腸部分切除術および回腸横行結腸バイパス術を施行したが,術後熱発を認めたため術後7日目にCVカテーテルを抜去した.カテーテル先端細菌培養は陽性で,抗生剤投与で軽快したが,術後27日目より高熱が出現し,精査にてCVカテーテル抜去後の感染性静脈血栓から右鎖骨下静脈完全閉塞をきたしていた.抗生剤治療により軽快した
Daisuke Kondo, Tadashi Yamamoto, Tadashi Yamamoto, Eishin Yaoita, Patria E. Danielson, Hideyuki Kobayashi, Kazufumi Ohshiro, Haruko Funaki, Yu Koyama, Hidehiko Fujinaka, Katsutoshi Kawasaki, J. Gregor Sutcliffe, Masaaki Arakawa, Itaru Kihara
Journal of the American Society of Nephrology   11 803-813   May 2000   [Refereed]
A gene encoding olfactomedin-related glycoprotein was isolated from rat glomerulus despite its prior identification as a neuron-specific gene. The mRNA expression was remarkably intense in renal glomerulus and brain and faint in the lung and eye a...
Nobuaki Sato, Nobuaki Sato, Manabu Oyamatsu, Yu Koyama, Yoichi Tamiya, Katsuyoshi Hatakeyama
International Surgery   85 30-33   Jan 2000   [Refereed]
Background: An increase in serum diamine oxidase (DAO) activity reflects intestinal mucosal damage. This was used to estimate the effect of surgical stress after elective abdominal surgery on gut integrity. Methods: Patients with gastrointestinal ...
Yu Koyama, Tatsuhiko Hayashi, Nobuhiro Fujita, Koji Kaneko, Yukio Takano, Nobuaki Sato, Katsuyoshi Hatakeyama
Surgery Today   30 1034-1036   Jan 2000   [Refereed]
During the period between 1983 and 1998, a total of 58 patients were admitted to the surgical department of Akita Red Cross Hospital with acute duodenal perforation. Of these 58 patients, 16 were treated operatively and 42 were treated nonoperativ...
Yu Koyama, Tadashi Yamamoto, Tadashi Yamamoto, Tatsuo Tani, Kouei Nihei, Daisuke Kondo, Haruko Funaki, Eishin Yaoita, Katsutoshi Kawasaki, Nobuaki Sato, Katsuyoshi Hatakeyama, Itaru Kihara
American Journal of Physiology - Cell Physiology   276(3 Pt 1) C621-C627   Apr 1999   [Refereed]
A family of water-selective channels, aquaporins (AQP), has been demonstrated in various organs and tissues. However, the localization and expression of the AQP family members in the gastrointestinal tract have not been entirely elucidated. This s...
Nobuaki Sato, Nobuaki Sato, Manabu Oyamatsu, Yu Koyama, Iwao Emura, Yoichi Tamiya, Katsuyoshi Hatakeyama
Journal of Surgical Oncology   69 151-155   Nov 1998   [Refereed]
Background and Objectives: The importance of nodal involvement as a prognostic factor in differentiated carcinoma of the thyroid gland remains controversial. We therefore attempted to confirm the prognostic factors in differentiated thyroid carcin...
Haruko Funaki, Haruko Funaki, Tadashi Yamamoto, Tadashi Yamamoto, Yu Koyama, Daisuke Kondo, Eishin Yaoita, Katsutoshi Kawasaki, Hideyuki Kobayashi, Shoichi Sawaguchi, Haruki Abe, Itaru Kihara
American Journal of Physiology - Cell Physiology   275(Cell Physiol. 44) C1151-C1157   Oct 1998   [Refereed]
Aquaporin (AQP) 5 gene was recently isolated from salivary gland and identified as a member of the AQP family. The mRNA expression and localization have been examined in several organs. The present study was focused on elucidation of AQP5 expressi...
Yu Koyama, Tadashi Yamamoto, Tadashi Yamamoto, Daisuke Kondo, Haruko Funaki, Eishin Yaoita, Katsutoshi Kawasaki, Nobuaki Sato, Katsuyoshi Hatakeyama, Itaru Kihara
Journal of Biological Chemistry   272 30329-30333   Nov 1997   [Refereed]
A new water channel (aquaporin-8, gene symbol AQP8) was isolated from rat pancreas and liver by homology cloning. Ribonuclease protection assay showed intense expression of the gene in pancreas and liver, less intense in colon and salivary gland, ...
KAYAMA Seiji, SATO Nobuaki, SATO Tomoi, HAYASHI Mitsuhiro, OYAMATSU Manabu, KOYAMA Yu, OHKAWA Akira, TAMIYA Yoichi, YOSHIKAWA Keiji, MITSUYAMA Masao, HATAKEYAMA Katsuyoshi
日本静脈・経腸栄養研究会誌   12 160-163   Jan 1997   [Refereed]
9年間周期性嘔吐症として治療されていた腸管逆回転症の1例
山田 謙一, 佐藤 浩一, 小山 諭
小児科臨床   49(5) 867-870   May 1996   [Refereed]
1)10歳6ヵ月男児.9年間,周期性嘔吐症として治療されていた腸管逆回転症例. 2)注腸造影では異常を指摘できなかったが,上部消化管造影で狭窄を認めた. 3)嘔吐を反復する患児の診察においては,器質的疾患が存在する可能性を常に念頭におく必要がある
N. Sato, Y. Koyama, M. Oyamatsu, S. Kayama, K. Yoshikawa, A. Ohkawa, K. Hatakeyama, T. Muto
Acta Medica et Biologica   42 159-163   Dec 1994   [Refereed]
We examined the effect of malnutrition on liver regeneration and changes in plasma insulin-like growth factor-I (IGF-I) concentrations, and the effect of the administration of IGF-I to rats following hepatic resection. Twenty-nine male Sprague-Daw...
N. Sato, A. Kusama, A. Ohkawa, Y. Koyama, M. Oyamatsu, S. Kayama, K. Yoshikawa, O. Tanaka, T. Muto
British Journal of Surgery   80 1413-1415   Jan 1993   [Refereed]
Resting energy expenditure (REE) was studied in five patients undergoing transhiatal and in 14 undergoing transthoracic oesophagectomy for carcinoma. All resections were performed with an intention to cure. REE was measured by indirect calorimetry...

Conference Activities & Talks

 
味覚の相違に及ぼす食事組成、国民性・微量栄養素の影響
小山 諭, シャリカ・プレマラツネ, 大沼 彩香, チュラシカ・オピラマニー, 内山 美枝子, 山田 悦子, 齊藤 里佳, 高成田 里菜, 小野間 憲泰, 奥田 明子, 平澤 侑也, 藤森 麻佑, 飯島 淳彦
外科と代謝・栄養   Jun 2018   
次世代シークエンサーを用いたTriple negative乳癌の遺伝子変異解析と治療可能性
土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018   
乳癌センチネルリンパ節転移2個以下症例における手術前後の病期判定の変更の検討
小山 諭, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018   
トリプルネガティブ乳癌におけるbasal-like乳癌の臨床的意義の検討
遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018   
当科における妊娠期乳癌の経験
五十嵐 麻由子, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018   
ゲノム医療推進に向けた取り組みの課題と展望 当科におけるゲノム医療推進に向けた取り組み
永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018   
センチネルリンパ節生検転移陽性例における腋窩郭清省略の可能性
五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
消化器手術患者における周術期リハビリテーション介入と地域包括ケアシステム構築に向けた取り組み
亀山 仁史, 島田 能史, 坂田 純, 須藤 翔, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 麻恵, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 中島 真人, 石川 卓, 小林 隆, 小杉 伸一, 木村 慎二, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
乳癌患者におけるスフィンゴシン-1-リン酸の腫瘍関連免疫細胞に対する役割
土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
美味しさにより変動する唾液タンパク質の解析
平澤 侑也, 奥田 明子, 内山 美枝子, 小山 諭, 齊藤 里佳, 飯島 淳彦, 大沼 彩香, 小野間 憲泰
生物試料分析   Feb 2018   
食事内容の変化と味覚および味覚センサーとの関連
小山 諭, 大沼 彩香, 小野間 憲泰, 内山 美枝子, 奥田 明子, 飯島 淳彦
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2018   
当科における続発性副甲状腺機能亢進症手術と腎移植との関連
小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 庭野 稔之, 五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 若井 俊文
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   Oct 2017   
腋窩リンパ節に対する術前画像評価の再検討
五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩花, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 塩谷 基, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2017   
次世代シークエンサー解析に必要な乳癌手術および生検組織ブロック検体の検討
土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 井筒 浩, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2017   
当科におけるエリブリン使用成績
辰田 久美子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2017   
CRISPR/Cas9を用いた乳がんにおけるスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の機能解析
中島 真人, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2017   
私たちが日本で行うべき乳癌研究 基礎から臨床まで 日本だからこそできるトランスレーショナルリサーチの実践を目指して
永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2017   
精神科看護師が誤嚥性肺炎予防を目的として提供している看護ケアの実態調査
清野 由美子, 関井 愛紀子, 小山 諭
日本精神保健看護学会学術集会・総会プログラム・抄録集   Jun 2017   
周術期末梢静脈栄養 脂肪乳剤投与におけるカルニチン併用による炎症反応の軽減効果
諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 三浦 宏平, 土田 純子, 中島 真人, 若井 俊文
外科と代謝・栄養   Jun 2017   
低悪性度DCISに対する手術省略の可能性を考える
大渓 彩香, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2017   
乳癌センチネルリンパ節転移2個以下かつ非センチネルリンパ節転移陽性例におけるpN2以上の症例の検討
小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 鹿野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2017   
センチネルリンパ節生検転移陽性例における腋窩郭清の意義
辰田 久美子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2017   
乳癌および周囲微小環境では高濃度のセラミドが産生される
諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 土田 純子, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2017   
乳がん患者における脂質メディエーター・スフィンゴシン-1-リン酸の定量と臨床的意義
土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2017   
プレシジョン・メディスンを見据えた次世代シークエンサー解析に必要な乳癌FFPEブロック検体の条件
五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩花, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 井筒 浩, 児玉 啓輔, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2017   
新潟県のNSTの実態と今後の課題
小山 諭, 青木 萩子, 横野 知江, 小笠原 映子
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2017   
食道癌術後早期の経腸栄養に際し低脂質栄養剤は乳び胸の予防に有用か?
小山 諭, 小杉 伸一, 石川 卓, 市川 寛, 羽生 隆晃, 宗岡 悠介, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 庭野 稔之, 利川 千絵, 三浦 宏平, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文
日本創傷治癒学会プログラム・抄録集   Dec 2016   
がん関連遺伝子パネルにより耐性機序が示唆されたHER2陽性再発乳がんの1例
土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 小山 諭, 若井 俊文
日本癌治療学会学術集会抄録集   Oct 2016   
経過観察症例に対する地域連携 新潟地域における乳癌検診検討委員会の活動と『良性所見情報』の運用
田邊 匡, 佐藤 信昭, 尾崎 利郎, 小山 諭, 牧野 春彦, 椎名 真, 川合 千尋, 月岡 恵, 田代 敦志, 藤田 一隆, 広橋 武, 岡田 潔, 古泉 直也, 横田 樹也, 佐野 宗明
日本乳癌検診学会誌   Oct 2016   
乳癌センチネルリンパ節転移2個以下での非センチネルリンパ節転移進展度
小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Oct 2016   
肥満を伴う乳癌患者における血清スフィンゴシン-1-リン酸の定量
土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Oct 2016   
縦隔内異所性副甲状腺腫を伴った二次性副甲状腺機能亢進症の3症例
辰田 久美子, 小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   Sep 2016   
当科における続発性副甲状腺機能亢進症の推移 シナカルセト治療の影響
小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 若井 俊文
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   Sep 2016   
周術期末梢静脈栄養における脂肪乳剤とカルニチン投与の検討
小山 諭, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 三浦 宏平, 辰田 久美子, 土田 純子, 中島 真人, 若井 俊文
外科と代謝・栄養   Jun 2016   
ICU入室患者における急性期からの看護師によるリハビリテーション効果
水戸部 優太, 小山 諭, 青木 萩子, 清水 詩子, 岩佐 有華, 白砂 由美子, 新田 正和, 遠藤 裕
外科と代謝・栄養   Jun 2016   
菌状息肉症を合併し腋窩リンパ節郭清を行ったcN0乳癌の一例
遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 塩谷 基, 小山 諭, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jun 2016   
乳癌患者における血清および組織中セラミド濃度の意義について
諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jun 2016   
当科における炎症性乳癌7例の検討
辰田 久美子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 塩谷 基, 小山 諭, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jun 2016   
乳がん手術検体におけるスフィンゴリン脂質の定量
中島 真人, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jun 2016   
肥満によって促進される乳癌の血管新生に対する抗スフィンゴシン-1-リン酸受容体治療
永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 山田 顕光, 青柳 智義, 高部 和明, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jun 2016   
乳がん患者における腫瘍内スフィンゴシン-1-リン酸濃度と臨床病理学的因子の関連について
土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jun 2016   
検診発見および自己発見乳癌の臨床病理学的特徴と長期成績
土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 市川 寛, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2016   
乳癌センチネルリンパ節転移2個以下での非センチネルリンパ節転移の危険因子
小山 諭, 永橋 昌幸, 中島 真人, 辰田 久美子, 土田 純子, 諸 和樹, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2016   
医師、メディカルスタッフに対する臨床栄養教育の諸問題 メディカルスタッフにおける臨床栄養学教育 地域利便性の問題
小山 諭, 中村 卓郎, 片多 史明, 北原 修一郎, 中瀬 一, 清水 博之, 勝連 真人
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2016   
マンモグラフィ検診開始年齢に関する検討 日米比較より
土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Oct 2015   
乳癌センチネルリンパ節転移2個以下の際の非センチネルリンパ節転移と腫瘍浸潤径の関連
小山 諭, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 永橋 昌幸, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Oct 2015   
当科におけるセンチネルリンパ節生検、色素法単独と色存・RI併用法の再検討
辰田 久美子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Oct 2015   
ケア がん医療地域連携の発展 がん診療連携パス適応外症例における地域連携推進チームでの取り組み
長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 三保 美枝子, 神田 峰加, 塚本 友香里, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 池 睦美, 若井 俊文
日本癌治療学会誌   Sep 2015   
保存的に軽快した鈍的外傷による甲状腺血腫の一例
小山 諭, 永橋 昌幸, 辰田 久美子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 若井 俊文
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   Sep 2015   
手術により精神症状の著明な改善を認めた傍腫瘍性神経症候群合併乳癌の一例
日紫喜 万理子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2015   
潰瘍性大腸炎患者の人工肛門造設術後ストーマサイズの経時的変化
諸 和樹, 亀山 仁史, 田島 陽介, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本消化器外科学会総会   Jul 2015   
大腸癌肝転移切除後に出現した再発巣に対する追加切除の有効性
阿部 馨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本消化器外科学会総会   Jul 2015   
MRIで発見された乳癌骨梁間型骨転移の1例
土田 純子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Jul 2015   
甲状腺乳頭癌に対する甲状腺亜全摘術と全摘術の比較
諸 和樹, 小山 諭, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Jul 2015   
下大静脈高度圧排をきたした巨大後腹膜漿液性嚢胞の1例
阿部 馨, 皆川 昌広, 諸 和樹, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 小山 諭, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Jul 2015   
術前精査中に発症した胆石イレウスの1例
安藤 拓也, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 油座 築, 岡部 康之, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Jul 2015   
拡大前区域切除で根治切除し得たERCP後重症急性膵炎による門脈左枝血栓を伴うBismuth IIIa肝門部胆管癌の1例
油座 築, 坂田 純, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 皆川 昌広, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Jul 2015   
S状結腸浸潤を伴った腸間膜デスモイド腫瘍の1手術例
日紫喜 万理子, 中野 雅人, 亀山 仁史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 島田 能史, 小山 諭, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Jul 2015   
同時性脳転移を契機に発見された直腸癌の1例
田中 花菜, 島田 能史, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本臨床外科学会雑誌   Jul 2015   
術後に傍腫瘍性神経症候群が強く疑われた乳癌の1例
諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2015   
高齢者Triple negative乳癌の治療 若年者との比較
小山 諭, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2015   
がん微小環境中にはスフィンゴシン-1リン酸(S1P)が高濃度で存在する
永橋 昌幸, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 山田 顕光, 青柳 智義, 高部 和明, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2015   
乳房切除後疼痛症候群に対する胸筋ブロック(PECSB)の有効性の検討 前向き二重盲検無作為化比較試験
長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 辰田 久美子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2015   
乳癌手術における胸筋神経ブロックの有用性 食事摂取と鎮痛の面から
小山 諭, 紙谷 義孝, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 馬場 洋, 若井 俊文
外科と代謝・栄養   Jun 2015   
緩徐に進行する小脳症状を呈した54歳女性例
坪口 晋太朗, 矢島 隆二, 樋口 陽, 石川 正典, 河内 泉, 小山 諭, 西澤 正豊
新潟医学会雑誌   May 2015   
術前CDDP/5-FU療法にて組織学的完全奏効が得られた食道癌の3例
小柳 英人, 市川 寛, 小杉 伸一, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文
癌と化学療法   Apr 2015   
術前CDDP/5-FU(CF)療法にて組織学的完全奏効(pathological complete response:pCR)が得られた食道癌の3例を経験した。全例男性、胸部中部食道、臨床病期IIの扁平上皮癌であった。3例とも標準的CF療法を2コース施行後、根治的食道切除、3領域リンパ節郭清を施行した。切除標本に癌細胞の遺残は認められず、pCRと判定された。現在3例ともに無再発生存中である。(著者抄録)
上部消化管 NCDデータによる食道切除術後死亡リスクモデルを用いた施設間比較 その実践と問題点
日紫喜 万理子, 小杉 伸一, 市川 寛, 中川 悟, 石川 卓, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 加納 陽介, 田中 花菜, 皆川 昌広, 小林 隆, 亀山 仁史, 坂田 純, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
乳腺・内分泌 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下の際の非センチネルリンパ節転移の危険因子
小山 諭, 諸 和樹, 土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
上部消化管 E-PASS scoring systemによる胃切除術の検討
平島 浩太郎, 小杉 伸一, 石川 卓, 田中 花菜, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
下部消化管 大腸癌における肉眼的リンパ節転移診断の意義
田島 陽介, 島田 能史, 亀山 仁史, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 広瀬 雄己, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
下部消化管 直腸癌の側方領域におけるリンパ節構造のない壁外非連続性癌進展病巣の臨床的意義
八木 亮磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 田島 陽介, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 瀧井 康公, 川崎 隆
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
下部消化管 炎症性腸疾患の長期経過例におけるサーベイランスの臨床的意義
安藤 拓也, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
下部消化管 当科でのCrohn's Diseaseに合併した痔瘻癌についての検討
山田 沙季, 亀山 仁史, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 肝内胆管癌におけるリボヌクレオチドリダクターゼM1発現と化学療法効果との関連
堅田 朋大, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
上部消化管 食道癌術後の重篤な合併症は腫瘍学的予後不良因子である Clavien-Dindo分類による術後合併症重症度評価の臨床的意義
市川 寛, 小杉 伸一, 石川 卓, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 加納 陽介, 田中 花菜, 日紫喜 万理子, 皆川 昌広, 小林 隆, 亀山 仁史, 坂田 純, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
下部消化管 複数臓器への遠隔転移を来した大腸癌に対する外科的治療の長期成績 Prognostic nutritional indexは予後予測因子として有用か
中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 再発胆道癌に対する外科切除の適応と意義
齋藤 敬太, 坂田 純, 丸山 智宏, 堅田 朋広, 須藤 翔, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 佐藤 良平, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
基礎研究・移植再生 PgR高発現のER陽性HER2陰性乳癌は、タンパク質レベルで性質の違いがあるのか
長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 石川 卓, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小林 隆, 坂田 純, 滝沢 一泰, 島田 能史, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 皆川 昌広, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 非アルコール性脂肪肝疾患関連肝細胞癌における肝切除の術後成績およびp27発現の臨床的意義
廣瀬 雄己, 松田 康伸, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
下部消化管 潰瘍性大腸炎に合併した下部直腸の癌およびdysplasiaに対する外科治療
島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 肝内胆管癌におけるNAD(P)H:quinine oxidoreductase-1発現に関する臨床病理学的検討
須藤 翔, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 胆嚢癌におけるTNM分類 胆道癌取扱い規約第6版の妥当性の検証
油座 築, 坂田 純, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 胆嚢癌に対するリンパ節郭清 リンパ節転移部位からみた郭清範囲と術後遠隔成績
坂田 純, 若井 俊文, 小林 隆, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 佐藤 良平, 森本 悠太郎, 岡部 康之, 相馬 大輝, 油座 築, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 pT1b胆嚢癌に対する至適術式の検討 胆嚢摘出術と根治切除との比較
丸山 智宏, 坂田 純, 大橋 拓, 廣瀬 雄己, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 成人生体肝移植における免疫抑制剤完全離脱症例の検討
三浦 宏平, 小林 隆, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
下部消化管 初発消化管間質腫瘍の手術成績
石川 卓, 市川 寛, 羽入 隆晃, 日紫喜 万理子, 田中 花菜, 加納 陽介, 平島 浩太郎, 番場 竹生, 小杉 伸一, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
乳腺・内分泌 高齢者HER2陽性乳癌の治療 若年者との比較
諸 和樹, 小山 諭, 土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
腹腔鏡下胆嚢摘出術 従来式vs単孔式 肝胆膵 従来式
小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 膵頭十二指腸切除術後における膵外分泌機能とCT画像所見との相関性
佐藤 良平, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
上部消化管 CY1胃腺癌症例における胃切除例の検討
加納 陽介, 小杉 伸一, 石川 卓, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 市川 寛, 田中 花菜, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
上部消化管 胸部食道癌cT3sT4症例の治療成績
番場 竹生, 小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 市川 寛, 加納 陽介, 田中 花菜, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 通常型膵癌における予後因子としての簇出と再発部位の検討
滝沢 一泰, 皆川 昌広, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 味岡 洋一
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
上部消化管 E-PASS scoring systemにおける高齢者胃癌手術の検討
田中 花菜, 平島 浩太郎, 小杉 伸一, 石川 卓, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 進行性胆嚢癌に対する根治的切除術の長期転帰(Long-term outcomes of radical resection for advanced gallbladder carcinoma)
若井 俊文, 坂田 純, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 相馬 大輝, 油座 築, 須藤 翔, 堅田 朋大, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
肝胆膵 膵空腸吻合におけるBlumgart変法の膵液瘻予防因子
皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 佐藤 良平, 仲野 哲矢, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
下部消化管 進行再発大腸癌におけるNQO1発現の臨床的意義
亀山 仁史, 廣瀬 雄己, 佐藤 洋, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
乳腺・内分泌 肥満はスフィンゴシン-1-リン酸を癌微小環境において増加させる
永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
緩徐に進行する小脳症状を呈した54歳女性例
坪口 晋太朗, 矢島 隆二, 樋口 陽, 石川 正典, 河内 泉, 小山 諭, 西澤 正豊
臨床神経学   Jan 2015   
食道癌術後早期経腸栄養における低脂質含有栄養剤による乳び流出の予防効果
諸 和樹, 小山 諭, 若井 俊文
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2015   
医師に対して必要な臨床栄養教育は行われているのか? 臨床における栄養学教育の現実と展望
小山 諭, 諸 和樹, 若井 俊文
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2015   

Misc

 
【静脈栄養における脂肪乳剤の使い方】 序論 脂肪乳剤の特集について
小山 諭
日本静脈経腸栄養学会雑誌   33(2) 721-725   May 2018
脂肪乳剤が国内で市販されてから数十年が経過した現在、必要な症例に対して適切かつ十分に使用されているのかは疑問である。脂肪の静脈内への投与は17世紀から実験的に試みられていたが、効果的な乳化剤の開発により1900年代に脂肪の静脈内投与への発展に結びついていった。1961年A.Wretlindが大豆油に卵黄レシチンを乳化剤として使用し、安全に使用できる脂肪乳剤を開発した。その後、n-6系脂肪酸の炎症活性を抑えるために、大豆油ベースのみではなく、ココナッツ油、オリーブ油、魚油などを組み合わせた製...
小山 諭
日本静脈経腸栄養学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition   33(2) 721-725   May 2018
【低栄養対策パーフェクトガイド-病態から問い直す最新の栄養管理】 (Part1)低栄養の最新知識 低栄養患者に対するルート選択とプランニング
小山 諭
臨床栄養   130(6) 746-752   May 2017
【がんの栄養管理と栄養指導エキスパートガイド】 Glasgow prognostic score
小山 諭
臨床栄養   129(4) 411-413   Sep 2016
坂田 純, 若井 俊文, 皆川 昌広, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭
臨床外科   70(1) 68-72   Jan 2015
<ポイント>胆嚢癌に対する至適リンパ節郭清範囲は,胆道癌取扱い規約第6版の定める領域リンパ節である.この領域リンパ節をen blocに郭清することが進行胆嚢癌の手術成績向上の鍵である.膵頭十二指腸切除は,膵頭周囲リンパ節転移陽性胆嚢癌の予後を改善する可能性がある.(著者抄録)