Yuko Ohnuki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 18, 2019 at 12:26
 
Avatar
Name
Yuko Ohnuki

Published Papers

 
Tanboon J, Sanmaneechai O, Charuvanij S, Sangruchi T, Galindo-Feria AS, Lundberg IE, Ohnuki Y, Shiina T, Suzuki S, Nishino I
Neuromuscular disorders : NMD   29(7) 543-548   Jul 2019   [Refereed]
Seki M, Uruha A, Ohnuki Y, Kamada S, Noda T, Onda A, Ohira M, Isami A, Hiramatsu S, Hibino M, Nakane S, Noda S, Yutani S, Hanazono A, Yaguchi H, Takao M, Shiina T, Katsuno M, Nakahara J, Matsubara S, Nishino I, Suzuki S
Journal of autoimmunity   100 105-113   Jun 2019   [Refereed]
Mukai M, Koh K, Ohnuki Y, Nagata E, Takiyama Y, Takizawa S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(21) 3183-3186   Nov 2018   [Refereed]
Ohnuki Y, Moriya Y, Yutani S, Mizuma A, Nakayama T, Ohnuki Y, Uda S, Inomoto C, Yamamoto S, Nakamura N, Takizawa S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(5) 737-740   Mar 2018   [Refereed]
Takahashi K, Hayano T, Sugimoto R, Kashiwagi H, Shinoda M, Nishijima Y, Suzuki T, Suzuki S, Ohnuki Y, Kondo A, Shiina T, Nakaoka H, Inoue I, Izumi SI
Human genome variation   5 27   2018   [Refereed]

Misc

 
TWNK遺伝子変異を認めたPerraut症候群の一例
大貫 優子, 大上 麻由里, 笠原 隆, 高橋 千果, 引間 涼子, 原田 直子, 鈴木 みづほ, 西尾 信哉, 正門 由久, 大上 研二, 飯田 政弘, 竹下 啓, 和泉 俊一郎, 宇佐美 真一
日本遺伝カウンセリング学会誌   40(2) 102-102   Jul 2019
多発性内分泌腺腫症2A型の家系例
楢山 知紗, 高橋 千果, 鴨川 七重, 鈴木 みづほ, 原田 直子, 森屋 宏美, 篠田 真理, 後藤 優美子, 渥美 治世, 田島 敏樹, 寺尾 まやこ, 大貫 優子, 竹下 啓, 和泉 俊一郎
日本遺伝カウンセリング学会誌   40(2) 127-127   Jul 2019
デザイン学を用いた遺伝教育方法の探究過程にみる学際的協働の意義と課題
森屋 宏美, 富田 誠, 大貫 優子, 高橋 千果, 竹下 啓, 和泉 俊一郎, 武藤 夏奈子
日本遺伝カウンセリング学会誌   40(2) 164-164   Jul 2019
多施設多職種への在宅医療問題解決カンファレンスの構築 神奈川臨床倫理カンファレンス
金城 謙太郎, 長尾 式子, 真柴 恵子, 曲田 純子, 大貫 優子, 高橋 千果, 竹下 啓
日本在宅医療連合学会大会プログラム・講演抄録集   1回 334-334   Jul 2019
ゲノム医療における生涯教育 臨床検査技師の役割に期待
和泉 俊一郎, 大貫 優子, 高橋 千果, 荒川 聡, 近藤 朱音, 森屋 宏美, 後藤 優美子, 篠田 真理, 楢山 知紗, 渥美 治世, 寺尾 まやこ, 大上 麻由里
日本染色体遺伝子検査学会雑誌   37(1) 7-15   May 2019
現代のゲノム医療は、30年前の遺伝診療が出生前診断や遺伝疾患の再発相談等母子医療に偏った領域であったものが、ヒトゲノム計画が終結してポストゲノムの時代となって様相が一変した。その現場は多職種連携が最も活発なフィールドで、疾患の専門科主治医はもちろんのこと、時にはその科でクライアントへの支援を担当する作業・理学療法士、さらに心理士等との協働が必要である。さらに今、臨床検査技師がラボを出て我々の面談現場への参加を望まれている。本稿では、ゲノム医療の多職種協働での臨床検査技師の役割について論じ、...