堀 祐子

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/10 11:02
 
アバター
研究者氏名
堀 祐子
所属
星薬科大学
部署
薬学部 英語研究室
職名
講師
学位
人間文化学博士(東京女子大学), 文学修士(東京女子大学), MA (English Literature)(Royal Holloway, University of London)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
星薬科大学 薬学部 英語研究室 講師
 

論文

 
Wilde and Continental Satiric Models
堀 祐子、Barnaby Ralph
オスカー・ワイルド研究   15 85-100   2016年11月   [査読有り]
“‘Love and Communication’ in Caryl Churchill's Post-2000 Plays”
堀 祐子
Royal Holloway, University of London      2015年12月   [査読有り]
「Oscar WildeとCaryl Churchillによる『自己』の表象とその手法」
堀 祐子
オスカー・ワイルド研究   13 55-66   2014年3月   [査読有り]
“Caryl Churchill's Representations of Female Subjectivity: Family, Society, Wars and the Body”
堀 祐子
東京女子大学大学院      2011年9月   [査読有り]
堀 祐子
英米文学評論   55 79-95   2009年   [査読有り]

Misc

 
いかにして英語劇を批判的に、自律的に、そして楽しんで読むのかー劇における教育法の実践報告ー
堀 祐子
星薬科大学一般教育論集   35 45-53   2017年12月

書籍等出版物

 
『現代演劇【新版】:〈特集〉トニー賞・ピューリツァー賞』
堀 祐子 (担当:分担執筆, 範囲:『バリフー最後の夜』—錯綜する南部ユダヤ人の自己構築—)
新水社   2015年8月   
イギリス文化事典
堀 祐子 (担当:分担執筆, 範囲:ロイヤル・コート劇場(イングリッシュ・ステージ・カンパニー))
丸善出版   2014年11月   
『自分の同類を愛した男:英国モダニズム短篇集』
堀 祐子 (担当:共訳, 範囲:H.G. ウェルズ「ミス・ウィンチェルシーの心」)
風濤社   2014年2月   
『現代演劇【新版】(20)イギリス女性劇作家―パム・ジェムズ/サラ・ダニエルズ』
堀 祐子 (担当:分担執筆, 範囲:「19世紀末の演劇における女性の表象」「ヘッド・ロット・ホリデイ」「クリスティーナ女王」)
新水社   2013年8月   
『シェイクスピア・プリズム:英国ルネサンスから現代へ』
堀 祐子 (担当:共編者, 範囲:「リアの娘たち--エドワード・ボンドの『リア』における「娘」の役割--」)
金星堂   2013年3月   

講演・口頭発表等

 
How the pharmaceutical students enjoy Conceptual Writing: a Practical Report of “Arts and Society”
堀 祐子
The 9th Annual Liberlit Conference   2018年2月19日   
"Reading English Plays Critically, Autonomously, and with Pleasure"
堀 祐子
The 8th Annual Liberit Conference   2017年2月20日   
“How Japanese Students See Caryl Churchill's Top Girls”
堀 祐子
The 7th Annual Liberit Conference   2016年2月22日   
“Wilde and Continental Satiric Models”
堀 祐子、Barnaby Ralph
第40回大会 日本ワイルド協会   2015年12月5日   
「ワイルドとチャーチルによる主体表象とその手法」
堀 祐子
第36回大会 日本ワイルド協会   2011年12月10日