論文

査読有り
2015年

乳幼児のメディア使用に関するアメリカでの最近の声明とわが国における今後の課題

教育メディア研究
  • 森田 健宏
  • ,
  • 堀田 博史
  • ,
  • 佐藤 朝美
  • ,
  • 松河 秀哉
  • ,
  • 松山 由美子
  • ,
  • 奥林 泰一郎
  • ,
  • 深見 俊崇
  • ,
  • 中村 恵

21
2
開始ページ
61
終了ページ
77
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.24458/jaems.21.2_61
出版者・発行元
日本教育メディア学会

乳幼児のメディア使用については、その賛否や使用のあり方など、わが国でも様々な研究や提言等が見られるが、それらに大きな影響を及ぼしている先行的な知見の1つにアメリカの専門機関における声明文等がある。本研究では、最近発表されたアメリカ小児科学会(AAP)の「Media Use by Children Younger Than 2 Years.(2011年11月)」およびアメリカ幼児教育協会(NAEYC)「Technology and Interactive Media as Tools in Early Childhood Programs Serving Children from Birth through Age 8.(2012年1月)」の内容について、関連する文献と共に調査し、わが国における今後の乳幼児のメディア使用の課題について検討した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.24458/jaems.21.2_61
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130006078853
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA11144471
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/026333513

エクスポート
BibTeX RIS