飯泉祐美子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/23 09:16
 
アバター
研究者氏名
飯泉祐美子
 
イイズミ ユミコ
所属
帝京科学大学
部署
教育人間科学部
職名
准教授
学位
修士(音楽)(武蔵野音楽大学大学院)
科研費研究者番号
40759974

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
帝京科学大学  こども学部 准教授
 
2012年4月
 - 
2015年3月
つくば国際短期大学 准教授
 
2011年12月
 - 
2015年3月
つくば国際短期大学附属幼稚園 非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2012年3月
つくば国際短期大学 保育科 講師
 
2010年4月
 - 
2012年9月
千葉敬愛短期大学 初等教育科 講師
 
2001年11月
 - 
2002年3月
つくば国際短期大学付属幼稚園 非常勤講師
 
1998年
 - 
2001年
Darling Child International Pre-school(Hong Kong) 日本人ボランティア
 
1992年
 - 
1998年
千葉県公立中学校教諭
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1992年3月
武蔵野音楽大学 大学院 音楽研究科 音楽教育専攻 修士
 
1986年4月
 - 
1990年3月
武蔵野音楽大学  
 

委員歴

 
2009年
 - 
2011年
平成21年度,平成22年度,平成23年度 茨城県北相馬郡利根町学校支援地域本部事業地域教育協議会委員(委嘱)
 
2005年
   
 
平成17年度 茨城県北相馬郡利根町次世代育成支援対策地域行動計画策定委員(委嘱) 茨城県北相馬郡利根町次世代育成支援対策地域行動計画策定委員(委嘱)
 

論文

 
保育者養成における「弾き歌い演奏」の研究 「演奏技法」による楽曲のグループ化
飯泉祐美子
音楽教育メディア研究   3 41-50   2017年3月   [査読有り]
保育者養成課程における「ピアノ弾き歌い演奏技術」獲得のための試み : 演奏技法の分類
飯泉祐美子
帝京科学大学教職指導研究   1(1) 75-81   2016年3月   [査読有り]
保育者養成課程における「情感溢れるピアノ演奏のための指づくりの研究」ー「脱力」トレーニングについてー
飯泉祐美子
つくば国際短期大学紀要41輯   19-29   2015年3月   [査読有り]
保育者養成課程における「こどもの歌」の弾き歌いに関する研究(2)フィンガリングとスタートポジションについて
飯泉祐美子
つくば国際短期大学紀要41輯   1-17   2015年3月   [査読有り]
幼稚園教育実習事後アンケート調査報告1―音楽的・身体的な活動の側面に関しての実態調査―
飯泉祐美子
つくば国際短期大学紀要   40    2014年3月   [査読有り]
将来,子どもたちを対象とする職場で働くことを夢見て,その為に必要な資格を取得しようと,本学保育科へ入学した学生が,平成25年6月~7月の12日間初めての学外実習を実施した。本調査は実習園での音楽的・身体的な活動の側面についてのアンケート調査である。
 音楽的・身体的な活動が保育内容 領域「表現」としてどのように現場で実践されているのかを知ることは,学生個人の学習の到達目標となる。 領域「表現」の意義と重要性を知ると共に,これからの学生生活の中で勉学意欲の向上に繋がることを期待し,本調査を実...
幼保小の連携教育 音楽科教科教育の目標「豊かな情操を養なう」の達成と「学力の三要素の育成」ために幼児期から「出来ること」「必要なことは」「心がけること」は何か?「小学校学習指導要領」「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」を通した研究
飯泉祐美子
つくば国際短期大学紀要   40    2014年3月   [査読有り]
本論では就学前教育~義務教育課程の連携という立場に立ち,その連携の一端となる領域「表現」と教科「音楽」の連携に着目した。
 音楽科教育の存在の意義を考えるとき,それは「音楽的な才能の開花」というより「豊かな情操を養う」「音楽を通して人間を育てる」ものであるという見解となる。学力の三大の要素の「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体的に学習に取り組む態度」を「音楽を通して育成し,豊かな情操を養う」ことがその目的である。
改訂『小学校学習指導要領 第2章 第6節音楽』新設されその存在がト...
保育者養成課程における「こどもの歌」の弾き歌いに関する研究(1杉浦日出夫のピアノ演奏技法の分類に基づくピアノ演奏技法の分析)
飯泉祐美子
つくば国際短期大学紀要   40    2014年3月   [査読有り]
新教育基本法第11条には「幼児期の教育は,生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものである。」と規定され,また,平成20年改訂幼稚園教育要領の教育課程の編成では,幼稚園は,幼児期の特性を踏まえた幼稚園教育を行うことにより,義務教育及びその後の教育の基礎が培われるための教育機関であることが明確となった。これは言い換えると,幼稚園教育はその後の初等,中等,高等,そして生涯教育も見据えて教育を行うことが最良ということである。即ち,幼稚園教諭及び保育士は,幼児らの先を見据えて「育ち」に関わる必要性...
歌唱教材の弾き歌い伴奏のためのソルフェージュについての考察 : 歌唱教材の楽曲分析を通して
飯泉祐美子
つくば国際短期大学紀要   39    2012年3月   [査読有り]
小学校 音楽科教育における体を動かす活動
飯泉祐美子
千葉敬愛短期大学   34    2012年3月   [査読有り]
小学校第1学年及び第2学年の音楽科教育における「言語活動の充実」
飯泉祐美子
千葉敬愛短期大学紀要   33    2011年3月   [査読有り]
就学前の音楽教育に関する研究(2)
飯泉祐美子
つくば国際短期大学紀要   33    2005年5月   [査読有り]
就学前の音楽教育に関する研究(1)
飯泉祐美子
つくば国際短期大学   32    2004年8月   [査読有り]
「音楽的受容活動」と「音楽表現活動」の統合を目指した幼児音楽教育…旧西ドイツの音楽早期教育カリキュラム‘’CURRICURM MUSIKALISCHE FRÜHERZIEHUNG‘’の分析を通して   
齋藤(飯泉)祐美子
武蔵野音楽大学大学院修士論文      [査読有り]

書籍等出版物

 
いろいろな伴奏形によるこどものうた85~やさしい伴奏から素敵な伴奏まで~2学期編
石橋裕子 飯泉祐美子 (担当:共著)
共同音楽出版社   2018年8月   ISBN:978ー47785ー0388ー8
いろいろな伴奏形によるこどものうた85~やさしい伴奏から素敵な伴奏まで~ 1学期編
飯泉祐美子 石橋裕子 (担当:共著)
共同音楽出版社   2017年4月   ISBN:978-4-7785-0386-4
ピアノ教本 レッスンとワーク
飯泉祐美子 (担当:共著)
共同音楽出版社   2006年1月   ISBN:978-4-7785-0056-6
将来,小学校教育や幼児教育の現場を目指す者が,ピアノ学習の経験の長短に関わらず,限られた期間で,自主的,且つ効果的にピアノの演奏技術を習得できることを目的とした教本である。この時期の教育に携わる者は,優れた音楽技能と豊かな感性の習得が求められる。思い通りの音楽を奏でられる指づくりを目指し,幅広く活用できるように,具体的な練習方法を研究し,ワーク型で示した。
(本人の明確に特定できる担当部分)
練習曲No.1,No.2, No.3, No.4, No.5, No.6, No.7, No.8,...

講演・口頭発表等

 
保育における「こどものためのうた」の弾き歌いに関する研究 初心者のピアノ練習曲として活用するための試み
飯泉祐美子 (共同研究)
日本音楽教育学会第48回愛知大会   2017年10月22日   
保育内容表現の授業実践とその考察「表現活動」集大成のための試み
飯泉祐美子
日本音楽教育メディア学会   2017年8月18日   
保育者養成課程における「こどもの歌」の弾き歌いに関する研究(4)
飯泉祐美子
日本保育学会第70回大会《川崎医療福祉大学》   2017年5月21日   
こどものうたの弾き歌い伴奏分類の試み2
飯泉祐美子(共同研究)
全国大学音楽教育学会《鹿児島女子短期大学》   2016年8月27日   
「保育者養成課程におけるピアノ演奏のための指作り」意思を持って自在にコントロール出来る指を目指した「脱力トレーニング」
飯泉祐美子
日本音楽教育メディア学会   2016年8月7日   
保育者養成課程における「こどもの歌」の弾き歌いに関する研究(3)
飯泉祐美子
日本保育学会第69回大会《東京学芸大学》   2016年5月8日   
「こどもの歌」リズム分類の試みー保育者養成の手掛かりのためにー
飯泉祐美子
日本音楽教育メディア学会   2016年2月28日   
ピアノ絵本館より「マッチ売りの少女」音楽と紙芝居のコラボレーション
飯泉祐美子(共同研究)
全国大学音楽教育学会第3回関東地区学会   2016年2月13日   
こどものうたの弾き歌い伴奏分類の試み
飯泉祐美子 (共同研究)
全国大学音楽教育学会   2015年8月28日   
童謡の弾き歌いに関する研究―エチュードとの関連性について―
飯泉祐美子
日本保育学会第66回大会(中村学園大学)   2013年5月   
中学校音楽科における器楽教育の再考―器楽教育の目指したもの―
飯泉祐美子
日本音楽教育学会第27回大会(金沢大学)   1996年10月   
旧西ドイツの音楽早期教育カリキュラム “CURRICULUM MUSIKALISCHE FRÜHERZIEHUNG” における幼児の学習行動の一考察  ―「音楽受容活動」と「音楽表現活動」の関係を探る―
齋藤(飯泉)祐美子
日本音楽教育学会第23回大会(大阪芸術大学)   1992年9月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
音楽的身体的表現「笑顔」
飯泉祐美子   教材   2014年12月
音楽的身体的表現「ありがとう」
飯泉祐美子   教材   2013年12月
音楽的身体的表現『この星に生まれて』
飯泉祐美子   教材   2012年12月
音楽的身体的表現「絆」
飯泉祐美子   教材    - 2011年12月
音楽的身体的表現「世界の子ども」
飯泉祐美子   教材   2010年12月
音楽的身体的表現活動Physical music expression “THE NUTSCRAKER’
飯泉祐美子   教材   2009年12月
お話と音楽的身体的表現活動のコラボレーション『クリスマス』
飯泉祐美子   教材   2008年12月
ザ・トーンカーニバル「千と千尋の神隠し」
飯泉祐美子   教材   2007年12月
ザ・トーンカーニバル
飯泉祐美子   教材   2007年1月
ザ・ミュージックワールド
飯泉祐美子   教材   2005年12月
ザ・ミュージックワールド1
飯泉祐美子   教材   2005年1月
創作リトミック「大きな夢」
飯泉祐美子   教材   2003年12月
創作リトミック「てぶくろ」
飯泉祐美子   教材   2002年12月
THE15 HONGKONG-JAPAN JOINT CHARITY CONCERT
飯泉祐美子   芸術活動   2001年3月
THE14 HONGKONG-JAPAN JOINT CHARITY CONCERT
飯泉祐美子   芸術活動   2000年3月
聖誕慈善音楽会出演(香港)
飯泉祐美子   芸術活動   1999年11月
香港日本人倶楽部 在香港日本総領事館主催 秋の音楽会出演
飯泉祐美子   芸術活動   1999年11月
THE13 HONGKONG-JAPAN JOINT CHARITY CONCERT 
飯泉祐美子   芸術活動   1999年3月
エヴェリン ハイニッシュ女史による連続ピアノ公開講座修了演奏会出演
齋藤(飯泉)祐美子   芸術活動   1994年6月
オペラ「魔笛」公演(ピアニスト)
飯泉祐美子   芸術活動   1991年