植阪友理

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/13 00:59
 
アバター
研究者氏名
植阪友理
 
ウエサカ ユリ
eメール
y_uesakap.u-tokyo.ac.jp
所属
東京大学大学院
部署
教育学研究科
職名
助教
学位
博士(教育学)(東京大学)
ORCID ID
orcid.org/0000-0003-3229-3808

プロフィール

教育心理学・認知心理学・教授学習心理学を専門としています。認知心理学を生かしながら,個別学習相談,学校における授業のデザイン,テスト開発,地域教育などを幅広く行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東京大学大学院教育学研究科 教育心理学コース 助教
 
2011年3月
 - 
2014年3月
東京大学大学院教育学研究科 附属学校教育高度化センター 助教
 
2008年4月
 - 
2011年3月
東京工業大学 社会理工学研究科 日本学術振興会PD
 

学歴

 
2010年9月
   
 
東京大学より博士(教育学)を取得  
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
神奈川県立深沢高校  学校評議委員
 
2015年1月
 - 
現在
日本認知科学会  運営委員
 
2015年11月
 - 
現在
The International Conference on the Theory and Application of Diagrams  Steering Committee Member
 
2015年8月
 - 
現在
日本教育心理学会  研究委員
 
2011年4月
 - 
2017年3月
岡山県学力・人間力育成推進会議  研究推進委員
 

受賞

 
2016年7月
サクセスホールディングス 第2回サクセス保育・幼児教育研究懸賞論文優秀論文賞 子どもの育ちを支える絵本選びを促す研修プログラムの開発と保育実践への展開 —―ある公立幼稚園における地域・大学との協同的実践研究の記録ー
受賞者: 植阪友理・武田直美・吉澤佳子・繁定絢・高橋靖子・福井佳枝・浅越有紀・高橋徳子・赤松百合子
 
2015年10月
日本テスト学会 大会発表賞 教師の実態把握力を評価する新たな枠組みの提案―新たな数理モデルの開発とパラメータの意味―
受賞者: 植阪友理・仲谷佳恵・山口一大・上西秀和・中川正宣
 
2015年8月
EARLI (European Association for Research on Learning and Instruction) Finalist of the Best Paper Award Using mnemonic images and explicit sound contrasting to help Japanese children learn English alphabet sounds
受賞者: Manalo, E., Uesaka, Y., & Sekitani, K.
 
2014年8月
博報財団 優秀研究賞 教師の『みとり』を解析する数理モデルの提案と学校教育への展開
 
2014年8月
The International Conference on the Theory and Application of Diagrams Best Paper Award Students’ spontaneous use of diagrams in written communication: Understanding variations according to purpose and cognitive cost entailed
受賞者: Emmanuel Manalo and Yuri Uesaka
 
2013年8月
EARLI(European Association for Research on Learning and Instruction) Finalist of De Corte Award
 
2011年11月
日本認知科学会 大会発表賞 教師の予測の精度を解析する数理モデルの開発とその適用 ‐見過ごされてきた学力・学習力を検出する実証的方法の提案-
受賞者: 植阪友理・中川正宣
 
2011年7月
日本教育心理学会 城戸奨励賞 学習方略は教科間でいかに転移するか―「教訓帰納」の自発的な利用を促す事例研究から―
 
2010年9月
The International Conference on the Theory and Application of Diagrams Finalist of Best Paper Award The effect of perception of efficiency and diagram construction skills on students’ spontaneous use of diagrams when solving math word problems
受賞者: Uesaka, Y., Manalo, E., & Ichikawa, S.
 
2009年9月
日本認知科学会 大会発表賞 図表の自発的な活用を促す指導法の開発―コミュニケーションツールとしての利用経験の効果―
 
2008年3月
東京大学 第19回総長賞(学業優秀部門)
 
2006年6月
The International Conference on the Theory and Application of Diagrams Students' Best Paper Award Active comparison as a means of promoting the development of abstract conditional knowledge and appropriate choice of diagrams in math word problem solving.
受賞者: Uesaka, Y. & Manalo, E.
 

論文

 
Using a tutoring scenario to assess the spontaneous use of knowledge for teaching.
Fukaya, T., & Uesaka, Y.
Journal of Education for Teaching      2018年   [査読有り]
Three approaches to promoting spontaneous use of learning strategies: Bridging the gap between research and school practices
Ichikawa, S., Uesaka, Y., & Manalo, E.
In E. Manalo, Y. Uesaka., & C. Chinn (Eds.) Promoting Spontaneous Use of Learning and Reasoning Strategies: Theory, Research, and Practice for Effective Transfer. Routledge: London.   195-210   2017年   [査読有り]
個別支援の実践体験を取り入れた教員養成課程の授業実践
深谷達史・植阪友理
日本教育工学会論文誌   41 157-168   2017年   [査読有り]
知識の習得・活用および学習方略に焦点をあてた授業―算数の「教えて考えさせる授業」を軸に―
深谷達史・植阪友理・太田裕子・小泉一弘・市川伸一
教育心理学研究   65(4) 512-525   2017年   [査読有り]
学業場面における失敗観尺度の作成
西村多久磨・瀬尾美紀子・植阪友理・田中瑛津子・Emmanuel Manalo・市川伸一
教育心理学研究   65(2) 197-210   2017年   [査読有り]
How to address students’ lack of spontaneity in diagram use: Eliciting educational principles for the promotion of spontaneous learning strategy use in general.
Uesaka, Y., & Manalo, E.
In E. Manalo, Y. Uesaka., & C. Chinn (Eds.) Promoting Spontaneous Use of Learning and Reasoning Strategies: Theory, Research, and Practice for Effective Transfer. Routledge   62-76   2017年   [査読有り]
Strategies for achieving deep understanding and improving learning skills: New approaches to instruction and lesson study in Japanese schools
Uesaka, Y., Fukaya, T., & Ichikawa, S.
In M. C. Yip (Ed.). Cognition, metacognition and academic performance: An east Asian perspective. Routledge. pp.101-121      2017年
失敗から上手に学べる力の育成を目指して―協同での他者の間違い分析の効果―
植阪友理・柴里実
植阪友理・マナロ エマニュエル(編)『心理学から21世紀型スキルの育成を考える―学習方略プロジェクトH28年度の研究成果―』Working Papers Vol. 6 (pp. 38-45) 東京大学      2017年
高等学校における教えあい講座の実践―教えあいの質と学習方略に対する効果
深谷達史・植阪友理・田中瑛津子・篠ヶ谷圭太・ 西尾信一・市川伸一
教育心理学研究   64 88-84   2016年   [査読有り]
Promoting multi-perspective integration as a 21st century skill: The effects of instructional methods encouraging students’ spontaneous use of tables for organizing information.
Uesaka, Y., Igarashi, M., & Suetsugu, R.
In M. Jamnik. M., Y., Uesaka, & S. E. Schwartz. (Eds.) (2016). Diagrammatic Representation and Inference. Lecture Notes in Artificial Intelligence (LNAI) Vol.9781   172-186   2016年   [査読有り]
Hint, instruction, and practice: The necessary components for promoting spontaneous use in students’ written work?
Manalo, E., & Uesaka, Y.
In M. Jamnik. M., Y., Uesaka, & S. E. Schwartz. (Eds.) (2016). Diagrammatic Representation and Inference. Lecture Notes in Artificial Intelligence (LNAI), Vol. 9781   157-171   2016年   [査読有り]
教師の専門性を高める「子どものつまずき」に応じた指導―個別学習指導(認知カウンセリング)から一斉授業までー
植阪友理
SRL研究会(編)自ら学び考える子どもを育てる教育の方法と技術(pp. 157-177) 北大路書房      2016年
「教えて考えさせる授業」による生徒の議論力の向上
植阪友理・五十嵐美加・末次伶
植阪友理・マナロ エマニュエル(編)『深い学びに向けた心理学の挑戦:21世紀に向けた学力と学習―学習方略プロジェクトH27年度の研究成果―』Working Papers Vol. 5 (pp. 5-17) 東京大学      2016年
子どもの育ちを支える絵本選びを促す研修プログラムの開発と保育実践への展開 ―ある公立幼稚園における地域・大学との協同的実践研究の記録―
植阪友理・武田直美・吉澤佳子・繁定絢・高橋靖子・福井佳枝・浅越有紀・高橋徳子・赤松百合子
第2回サクセス保育・幼児教育研究懸賞論文(優秀論文賞)      2016年
協同場面における図の構築が統計概念の理解に及ぼす影響
深谷達史・福田麻莉・植阪友理
教育工学会論文誌      2015年   [査読有り]
Cross-cultural examination of beliefs about the causes of bulimia nervosa among Australian and Japanese females.
Dryer, R., Uesaka, Y., Manalo, E., & Tyson, G.
International Journal of Eating Disorders   48 176-186   2015年   [査読有り]
Diagrams in learning and communication.
Manalo, E., Uesaka, Y., Sheppard, C.
植阪友理・マナロ エマニュエル(編)『教授・学習研究への新たな挑戦:理論と実践―学習方略プロジェクトH26年度の研究成果―』, Working Papers, Vol. 4, 18-24.      2015年
社会に生きる学び方とその支援
市川伸一・植阪友理
東京大学教育学部カリキュラム・イノベーション研究会(編)カリキュラム・イノベーションー新しい学びの創造へ向けてー(pp. 95-104) 東京大学出版会      2015年
附属学校と大学との組織的な連携関係をいかにして構築するか
植阪友理
東京大学教育学部カリキュラム・イノベーション研究会(編)カリキュラム・イノベーションー新しい学びの創造へ向けてー(pp. pp.299-313) 東京大学出版会      2015年
今後のカリキュラムの方向性を探るープロジェクトの足跡をたどってー
小玉重夫・植阪友理(文責)
東京大学教育学部カリキュラム・イノベーション研究会(編)カリキュラム・イノベーションー新しい学びの創造へ向けてー(pp.325-348) 東京大学出版会       2015年

書籍等出版物

 
『2017年度学習支援事例 : 自立的な学習者を育てる認知カウンセリングの実践』
植阪友理・柴里実・市川伸一 (担当:編者)
東京大学:東京   2018年   
Promoting Spontaneous Use of Learning and Reasoning Strategies: Theory, Research, and Practice for Effective Transfer
Manalo, E., Uesaka,Y., & Chinn, C. (担当:編者)
Routledge: London.   2017年   
『心理学から21世紀型スキルの育成を考える―学習方略プロジェクトH28年度の研究成果―』Working Papers Vol.6
植阪友理・マナロ エマニュエル (担当:編者)
東京大学:東京   2017年   
『国語科における「教えて考えさせる授業」:読み方のコツを重視した平成28年度袋井市立高南小学校の実践』
植阪友理・高南小学校職員 (担当:編者)
東京大学:東京   2017年   
『2016年度学習支援事例 : 自立的な学習者を育てる認知カウンセリングの実践』
植阪友理・市川伸一 (担当:編者)
東京大学:東京   2017年   

講演・口頭発表等

 
Picture book project: Tacit knowledge sharing to select “good” books for promoting child development [招待有り]
Uesaka, Y.
Invited lecture given at Auckland University of Technology, Auckland, New Zealand   2018年2月15日   
Argumentation Skills for Living in the 21st Century: Instructional Methods to Promote the Quantity and Quality of Students' Dialectical Argumentation.
Uesaka, Y., Igarashi, M., & Suetsugu, R.
The 31st international congress of psychology (ICP2016) [Refereed]   2016年   
Cross-cultural examination of Australian and Japanese female university students' beliefs about the treatment of Bulimia Nervosa
Dryer, R., Manalo, E., Uesaka, Y., Tyson, G, A.
The 31st international congress of psychology (ICP2016), Yokohama, Japan. [Refereed]   2016年   
Hint, instruction, and practice: The necessary components for promoting spontaneous use in students’ written work?
Manalo, E., & Uesaka, Y.
The 9th International conference of Diagrams (Diagrams 2016), Philadelphia, USA [Refereed]   2016年   
Promoting multi-perspective integration as a 21st century skill: The effects of instructional methods encouraging students’ spontaneous use of tables for organizing information
Uesaka, Y., Igarashi, M., & Suetsugu, R.
The 9th International conference of Diagrams (Diagrams 2016), Philadelphia, USA [Refereed]   2016年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
教師の「みとり」に関する実証的研究と学校教育への展開
日本学術振興会: 科研基盤B
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 植阪友理
子どもの育ちを支える絵本選びを促す研修プログラムの開発とその効果の分析
東京大学附属発達保育実践政策学センター: SEED研究プロジェクト
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 植阪友理
認知カウンセリングを活用した教師の指導力向上に対する介入方の開発
日本学術振興会: 萌芽的研究
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 植阪友理
教師の「みとり」を解析する数理モデルの提案と学校教育への展開
博報財団: 研究助成(カテゴリ:教育実践の質を向上させる研究)
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 植阪友理
日本学術振興会: 研究成果公開促進費
研究期間: 2013年       代表者: 植阪友理

社会貢献活動

 
自律した学習者を育てるために 生徒の学習観を変える
【取材協力】  ベネッセ  View21  2012年11月
学力と学習支援の心理学(第5回 学習者の自立を支援する)
【出演】  放送大学