竹内研

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/20 14:34
 
アバター
研究者氏名
竹内研
 
タケウチケン
eメール
takeuchikiui.ac.jp
所属
吉備国際大学
部署
社会学部 スポーツ社会学科
職名
教授
学位
修士(教育学)(岡山大学大学院)

プロフィール

ゆる体操・ゆるトレーニングの効果・指導実践について研究を開始。
また、タッピングによるメンタルへルス及びメンタルサポートについて研究・指導を行う。
さらに、DRTによる治療施術の実践研究を行う。

研究分野

 
 

論文

 
身体活動量増加を目的とした健康教室の有効性
竹内研
吉備国際大学研究紀要   第28号 25-30   2018年3月
電動車椅子サッカー競技選手の心理的競技能力ー国際ルールに基づく大会参加選手についてー
竹内研
(第23号) 39-44   2016年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
地域スポーツ指導員エアロビック専門科目教本
竹内研
(社)日本エアロビック連盟   2000年7月   
エアロビックC級教師教本
竹内研
国際エアロビック連盟   1998年6月   
トレーニングサイエンス
竹内研
不昧堂   1998年4月   

講演・口頭発表等

 
アスリートの実用的なメンタルサポートの方法に関する検討~タッピングを用いた事例研究~
竹内研
第14回順正学園学術交流コンファレンス   2018年2月24日   
考古学的・文献学的手法を用いる東洋医学理論枠組の初期形成に関する研究
竹内研
平成29年度吉備国際大学研究部門自己点検・自己評価委員会総会   2018年2月16日   
重度身体障碍者サッカー選手の心理的競技能力向上と社会参加に関する研究
竹内研
平成29年度吉備国際大学研究部門自己点検・自己評価委員会総会   2018年2月16日   
障がい者サッカー選手の心理的競技能力の向上に関する研究
竹内研
平成28年度吉備国際大学研究部門自己点検・自己評価委員会総会   2017年2月17日   
考古学的・文献学的手法を用いる東洋医学理論枠組の初期形成に関する研究
竹内研
平成28年度吉備国際大学研究部門自己点検・自己評価委員会総会   2017年2月17日