Takezawa Yusuke

J-GLOBAL         Last updated: Dec 19, 2018 at 17:23
 
Avatar
Name
Takezawa Yusuke
Nickname
pearls18
E-mail
a2mb1058-thkumin.ac.jp
Affiliation
Tohoku University
Degree
PhD(Tohoku University Graduate School of Medicine)
Research funding number
10837793
ORCID ID
0000-0002-2185-860X

Research Areas

 
 
  • Clinical internal medicine / Neurology / 

Published Papers

 
Takezawa Y, Kikuchi A, Haginoya K, Niihori T, Numata-Uematsu Y, Inui T, Yamamura-Suzuki S, Miyabayashi T, Anzai M, Suzuki-Muromoto S, Okubo Y, Endo W, Togashi N, Kobayashi Y, Onuma A, Funayama R, Shirota M, Nakayama K, Aoki Y, Kure S
Annals of clinical and translational neurology   5(5) 538-551   May 2018   [Refereed]
Takezawa Y, Fujie H, Kikuchi A, Niihori T, Funayama R, Shirota M, Nakayama K, Aoki Y, Sasaki M, Kure S
Brain & development   40(10) 934-938   Nov 2018   [Refereed]
The efficacy of lamotrigine for atypical absence status epilepticus in a case of perioral myoclonia with absence.
Takezawa Y, Kakisaka Y, Wakusawa K, Ishitobi M, Hino-Fukuyo N, Inui T, Endo W, Anzai M, Nakasato N, Haginoya K
Epilepsy & Seizure   8 1-8   2016   [Refereed]
Takezawa Y, Fujie H, Kikuchi A, Kure S
Brain & development      Sep 2018   [Refereed]
Takezawa Y, Kikuchi A, Haginoya K, Kure S
Annals of clinical and translational neurology   5(8) 1012   Aug 2018   [Refereed]
Nakamura H, Uematsu M, Numata-Uematsu Y, Abe Y, Endo W, Kikuchi A, Takezawa Y, Funayama R, Shirota M, Nakayama K, Niihori T, Aoki Y, Haginoya K, Kure S
Brain & development   40(5) 410-414   May 2018   [Refereed]
Okubo Y, Kitamura T, Anzai M, Endo W, Inui T, Takezawa Y, Suzuki-Muromoto S, Miyabayashi T, Togashi N, Oba H, Saitsu H, Matsumoto N, Haginoya K
Brain & development   39(10) 873-876   Nov 2017   [Refereed]
Inui T, Anzai M, Takezawa Y, Endo W, Kakisaka Y, Kikuchi A, Onuma A, Kure S, Nishino I, Ohba C, Saitsu H, Matsumoto N, Haginoya K
Journal of human genetics   62(6) 653-655   Jun 2017   [Refereed]
Sato R, Inui T, Endo W, Okubo Y, Takezawa Y, Anzai M, Morita H, Saitsu H, Matsumoto N, Haginoya K
Brain & development   38(9) 852-856   Oct 2016   [Refereed]
Anzai M, Arai-Ichinoi N, Takezawa Y, Endo W, Inui T, Sato R, Kikuchi A, Uematsu M, Kure S, Haginoya K
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   58(9) 919-922   Sep 2016   [Refereed]
Kitai Y, Haginoya K, Hirai S, Ohmura K, Ogura K, Inui T, Endo W, Okubo Y, Anzai M, Takezawa Y, Arai H
Brain & development   38(3) 267-273   Mar 2016   [Refereed]
Haginoya K, Kaneta T, Togashi N, Hino-Fukuyo N, Kobayashi T, Uematsu M, Kitamura T, Inui T, Okubo Y, Takezawa Y, Anzai M, Endo W, Miyake N, Saitsu H, Matsumoto N, Kure S
Journal of the neurological sciences   362 309-313   Mar 2016   [Refereed]
新生児重症Streptococcus bovis感染症の2例
竹澤 祐介, 新妻 創, 渡邉 浩司, 今井 香織, 三条 雅敏, 高橋 立子, 山田 雅明
仙台赤十字病院医学雑誌   23(1) 55-62   May 2014
Streptococcus bovisは健常人の腸内細菌叢に存在するグラム陽性レンサ球菌である。本菌による新生児、乳児での重症感染症(敗血症、髄膜炎)が報告されているが、その頻度は比較的まれであり、その適切な治療期間や予後については不明な点が多い。症例1は敗血症を呈し、約10日の抗菌薬投与を行った。症例2は髄膜炎、菌血症を呈し、循環作動薬や人工呼吸などの集中治療管理を5日間程度必要とした。またその後の経過は良好にもかかわらず髄液所見の異常が遷延し、計100日の抗菌薬投与を行った。2症例とも...

Conference Activities & Talks

 
Genomic analysis identifies masqueraders of full-term cerebral palsy. [Invited]
Takezawa Y and Haginoya K
The 2nd International Cerebral Palsy Genomics Consortium Conference   14 Apr 2018   
Factors associated with long-term neurological outcomes after childhood acute encephalopathy: A retrospective study of 74 cases.
Takezawa Y, Anzai M, Endo W, Inui T, Kitamura T, Takayanagi M, Shirai I, Haginoya K.
The 14th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology.   13 May 2017   
Factors associated with intractable epilepsy after childhood acute encephalopathy: A retrospective study of 74 cases.
Takezawa Y, Anzai M, Endo W, Inui T, Kitamura T, Takayanagi M, Shirai I, Haginoya K.
The 18th Annual Meeting of Infantile Seizure Society ISAE 2016.   3 Jul 2016   
Genomic analysis identifies pathogenic variants in 9 of 17 cases with full-term cerebral palsy
Takezawa Y, Kikuchi A, Haginoya K, Niihori T, Numata‐Uematsu Y, Inui T, Yamamura‐Suzuki S, Miyabayashi T, Anzai M, Suzuki‐Muromoto S, Okubo Y, Endo W, Togashi N, Kobayashi Y, Onuma A, Funayama R, Shirota M, Nakayama K, Aoki Y, Kure S.
International Child Neurology Congress Mumbai 2018.   16 Dec 2018   
Genetic background of unexplained full-term cerebral palsy: Genomic analysis identifies candidate pathogenic variants in 9 of 17 patients.
Takezawa Y, Kikuchi A, Haginoya K, Niihori T, Numata‐Uematsu Y, Inui T, Yamamura‐Suzuki S, Miyabayashi T, Anzai M, Suzuki‐Muromoto S, Okubo Y, Endo W, Togashi N, Kobayashi Y, Onuma A, Funayama R, Shirota M, Nakayama K, Aoki Y, Kure S.
American Society of Human Genetics 2018 annual meeting.   19 Oct 2018   
急性脳症による後遺症を呈した74症例のGross motor function classification system(GMFCS)の後方視的検討
竹澤 祐介, 安西 真衣, 遠藤 若葉, 乾 健彦, 白井 育子, 萩野谷 和裕
日本小児科学会雑誌   May 2017   
当センターにおける急性脳症後遺症の70例の長期予後とリハビリテーション
竹澤 祐介, 安西 真衣, 遠藤 若葉, 乾 健彦, 白井 育子, 萩野谷 和裕
脳と発達   May 2016   
無熱性の右上肢単麻痺を主訴に来院した乳児化膿性筋炎の一例
竹澤 祐介, 新妻 創, 宮野 峻輔, 川嶋 明香, 本間 貴士, 伊藤 健
日本小児科学会雑誌   Feb 2017   
マイコプラズマ感染を契機として発症し、2回再発を来した抗NMDA抗体陽性辺縁系脳炎の9歳男児例
竹澤 祐介, 植松 貢, 新妻 創, 宮野 駿輔, 川嶋 明香, 本間 貴士, 伊藤 健, 高橋 幸利
脳と発達   May 2015   
FOXG1遺伝子の欠失が判明した後天性小頭症、てんかん、movement disorderの一例
遠藤 若葉, 竹澤 祐介, 大久保 幸宗, 乾 健彦, 鈴木 智, 宮林 拓矢, 冨樫 紀子, 萩野谷 和裕
脳と発達   May 2017   
KCNQ2遺伝子変異を認めた早期乳児てんかん性脳症の2例
遠藤 若葉, 竹澤 祐介, 安西 真衣, 乾 健彦, 福與 なおみ, 岩間 一浩, 才津 浩智, 松本 直通, 萩野谷 和裕
脳と発達   May 2016   
Rett症候群様の症状と皮質盲を伴うHECW2変異の1症例(Rett-like features and cortical visual impairment in a Japanese patient with HECW2 mutation)
中村 春彦, 植松 貢, 植松 有里佳, 阿部 裕, 遠藤 若葉, 菊池 敦夫, 竹澤 祐介, 荻野谷 和裕, 呉 繁夫
脳と発達   May 2018   
末梢神経症状と錐体路症状を併せ持つ疾患群の原因は多様である
萩野谷 和裕, 乾 健彦, 遠藤 若葉, 安西 真衣, 竹澤 祐介, 才津 浩智
脳と発達   May 2016   
KCNA2変異によるてんかん性脳症の日本人初症例
相原 悠, 植松 貢, 及川 善嗣, 竹澤 祐介, 大久保 幸宗, 植松 有里佳, 菊池 敦生, 呉 繁夫
てんかん研究   Sep 2017   
先天性内反足を伴う運動感覚性ニューロパチー6例の検討
安西 真衣, 佐藤 亮, 竹澤 祐介, 遠藤 若葉, 乾 健彦, 田中 佳子, 萩野谷 和裕
脳と発達   May 2016   
退行を来したCODAS症候群の1例
乾 健彦, 安西 真衣, 竹澤 祐介, 遠藤 若葉, 涌澤 圭介, 田中 総一郎, 大場 ちひろ, 才津 浩智, 松本 直通, 萩野谷 和裕
脳と発達   May 2016   
先天性多発性関節拘縮症に重度知的障害、進行性脳萎縮を来したZC4H2遺伝子変異を有する女児例
大久保 幸宗, 遠藤 若葉, 乾 健彦, 竹澤 祐介, 安西 真衣, 佐藤 亮, 市野井 那津子, 菊池 敦生, 植松 貢, 呉 繁夫, 萩野谷 和裕
脳と発達   May 2016   
本邦初のCLN6遺伝子変異による後期乳児型神経セロイドリポフスシノーシスの一例
佐藤 亮, 乾 健彦, 遠藤 若葉, 大久保 幸宗, 竹澤 祐介, 安西 真衣, 森田 浩之, 才津 浩智, 松本 直道, 萩野谷 和裕
脳と発達   May 2017   
PCDH12遺伝子に新規複合ヘテロ変異を同定した男児例
鈴木 智, 宮林 拓矢, 竹澤 祐介, 大久保 幸宗, 遠藤 若葉, 乾 健彦, 涌沢 圭介, 冨樫 紀子, 萩野谷 和裕, 中島 光子, 才津 浩智, 松本 直通
脳と発達   May 2017   
FOXG1の欠失が判明した後天性小頭症、てんかん、movement disorderの1例
遠藤 若葉, 竹澤 祐介, 冨樫 紀子, 乾 健彦, 大久保 幸宗, 鈴木 智, 宮林 拓矢, 山村 菜絵子, 才津 浩智, 松本 直通, 萩野谷 和裕
脳と発達   Mar 2017   
ムンプスワクチン接種後に発症した可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳炎・脳症の1例
佐々木 和人, 内田 崇, 高柳 勝, 中村 洋心, 高橋 俊成, 佐藤 大記, 竹澤 祐介, 楠本 耕平, 鈴木 力生, 北村 太郎, 西尾 利之, 西村 秀一, 石井 清, 大浦 敏博
仙台市立病院医学雑誌   Aug 2014   
2歳11ヵ月男児。ムンプスワクチン(星野株)接種後21日後に発熱、24日後に構音障害が出現した。臨床経過、各所見よりムンプスワクチン接種による無菌性髄膜炎が疑われた。MRIでは、脳梁膨大部の拡散強調像で高信号域、apparent diffusion coefficient低下、脳波は睡眠紡錘波が認められた。D-mannitol、aciclovir、cefotaxime、dexamethasoneで加療したところ解熱し、第12病日に構音障害や画像所見は改善し入院時検査で陰性であった血清ムンプ...
当センターで経験した点状軟骨異形成症の環軸椎亜脱臼に関する臨床的経過の検討
竹澤 祐介, 余谷 暢之, 石黒 精, 紙谷 万里子, 益田 博司, 師田 信人, 小崎 里華, 宮嵜 治, 西村 玄, 阪井 裕一
日本小児科学会雑誌   Feb 2013   
小児期胃腸炎における高尿酸血症の検討
竹澤 祐介, 田中 康子, 宮城 なつき, 明城 和子, 堀内 清華, 小林 由典, 土田 尚, 中舘 尚也, 石黒 精, 阪井 裕一
日本小児科学会雑誌   Feb 2012   
急性骨髄性白血病に対する化学療法後の好中球減少症においてMRSA肝脾膿瘍を合併した1例
竹澤 祐介, 関 正則, 高川 真徳
臨床血液   Aug 2009   
マクロファージ活性化症候群を合併した慢性肉芽腫症の1例
竹澤 祐介, 生田 泰久, 長野 智那, 川口 隆弘, 前川 貴伸, 石黒 精, 阪井 裕一, 河合 利尚
日本小児科学会雑誌   Nov 2011   
ムンプスワクチン接種後に発症した可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳炎・脳症の1例
佐々木 和人, 内田 崇, 高柳 勝, 中村 洋心, 高橋 俊成, 佐藤 大記, 竹澤 祐介, 楠本 耕平, 鈴木 力生, 北村 太郎, 西尾 利之, 大浦 敏博, 西村 秀一
日本小児科学会雑誌   May 2014   
宮城県内の小児重症患者搬送体制への提言
中村 洋心, 楠本 耕平, 鈴木 力生, 村田 祐二, 佐々木 和人, 内田 崇, 高橋 俊成, 佐藤 大記, 竹澤 祐介, 北村 太郎, 西尾 利之, 高柳 勝, 大浦 敏博, 角田 文彦, 大久田 隆, 稲垣 徹史, 虻川 大樹
日本小児科学会雑誌   May 2014   
けいれん重積発作を呈したパラインフルエンザウイルス3型感染症の検討
高橋 俊成, 佐藤 大記, 高柳 勝, 中村 洋心, 佐々木 和人, 内田 崇, 竹澤 祐介, 楠本 耕平, 鈴木 力生, 北村 太郎, 西尾 利之, 村田 祐二, 大浦 敏博, 石井 清, 高橋 雅司, 西村 秀一
小児感染免疫   Apr 2014   
マクロファージ活性化症候群を発症した慢性肉芽腫症の3例
村山 静子, 井田 博幸, 明城 和子, 竹澤 祐介, 前川 貴伸, 石黒 精, 大石 勉, 河合 利尚
小児感染免疫   Apr 2012