基本情報

所属
一橋大学 大学院社会学研究科 非常勤講師・科研費フェロー
國學院大學 研究開発推進機構 研究開発推進センター ポスドク研究員
学位
博士(社会学)(2021年3月 一橋大学)

研究者番号
10906902
J-GLOBAL ID
202001004685701601
researchmap会員ID
R000004895

 近代学問の草創期において歴史(学)の享受者となっていった人々を掘り起こすことで、歴史学と社会との関係のあり方について考えています。
 具体的には、以下の3つのテーマに取り組んでいます。

 

1)随筆に探る「好古家」の蒐集活動と歴史意識(19世紀)
 埼玉県域を主なフィールドに、「好古家」のコレクションを研究しています。彼らは、古いものに強い関心を抱き、書籍や古文書、考古資料などの蒐集に励んでいました。それら膨大なコレクションを、随筆を手がかりとして紐解くことで、幕末から明治にかけての歴史意識の特質について考えています。

 

2)遺跡・遺物観の変容と国学ネットワーク(19世紀)
 明治時代にかけての遺跡・遺物観の変容を新しい学知の受容や歴史意識、在来の思想との関わりから追究しています。とくに、埼玉県域の国学者の書簡や著作を分析することで、大学に所属した学者とのネットワークや草創期の人類学・考古学における国学思想の影響を見出そうとしています。

 

3)コレクションと著作にみる在野研究者の力量とアカデミズムとの協働・葛藤(20世紀)
 大学に所属を持たない「在野研究」への関心が高まる現在 、在野研究者についての研究はより一層重要性を増しています。コレクションとそれを使って書かれた著作とを対照させていくことで、市井の人々による資料蒐集・歴史研究の手腕を探っています。併せて、資料蒐集や研究成果をめぐるアカデミズムとの関係についても注目しています。

 

 「好古家」の蒐集活動とその遺産が、後の人文学研究に与えた影響までを見通すことで、彼らを含めた新しい史学史の描き方を模索しています。


論文

  9

書籍等出版物

  3
  • 國學院大學日本文化研究所編 (担当:分担執筆, 範囲:コラム「Ⅱ 歌文派と古道派」「Ⅳ 国学者の蔵書」「Ⅴ モノと国学者」)
    ぺりかん社 2022年3月 (ISBN: 4831516112)
  • 渡辺尚志編 (担当:分担執筆, 範囲:「鎌原桐山『朝陽館漫筆』の基礎的研究―松代藩家中における記録の蒐集と継承―」)
    岩田書院 2017年1月 (ISBN: 9784866029825)
  • 渡辺尚志編 (担当:分担執筆, 範囲:「明治前期における「好古家」の新聞受容―埼玉県比企郡番匠村小室元長の交友関係を中心に―」)
    法政大学出版局 2016年12月 (ISBN: 9784588321337)

講演・口頭発表等

  18

MISC

  11

担当経験のある科目(授業)

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  2

社会貢献活動

  8