石井 雄隆

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/05 11:06
 
アバター
研究者氏名
石井 雄隆
 
イシイ ユタカ
ハンドル
yutakaishii
eメール
yutaka.i.0207gmail.com
URL
https://sites.google.com/site/yutakaishiiweb/
所属
早稲田大学
部署
大学総合研究センター
職名
助手
学位
修士(教育学)(早稲田大学)
その他の所属
文京学院大学
科研費研究者番号
90756545
Twitter ID
yishii_0207

プロフィール

専門分野は外国語教育・応用言語学で、特にライティングの指導と評価に興味を持っています。

また早稲田大学大学総合研究センターでは、主に下記の業務に関わっています。

1. 統計モジュール展開プロジェクト(全学向け統計教育プログラムの開発)
2. 授業におけるマニュアル・ガイドライン開発(アクティブラーニングマニュアルの開発など)
3. 海外MOOC運営(グローバルMOOCのedXのコース運営・データ解析など)
4. UW-Wasedaジョイントプログラム(ワシントン大学との高等教育に関する国際共同研究)
5. 「反転授業」に関する実証的研究プロジェクト

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
早稲田大学 大学総合研究センター 助手
 
2015年7月
 - 
現在
早稲田大学総合研究機構 CCDL研究所 研究員
 
2014年4月
 - 
現在
文京学院大学 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2015年3月
専修大学附属高等学校 非常勤講師
 

学歴

 
2013年4月
 - 
現在
早稲田大学大学院 教育学研究科博士後期課程 教科教育学専攻
 
2011年4月
 - 
2013年3月
早稲田大学大学院 教育学研究科修士課程 英語教育専攻
 
2007年4月
 - 
2011年3月
早稲田大学 教育学部 英語英文学科
 

委員歴

 
2015年6月
 - 
現在
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会  編集委員
 
2015年4月
 - 
現在
全国英語教育学会  事務局(広報/通信部部長)
 

受賞

 
2016年8月
外国語教育メディア学会(LET) 新人奨励賞
 
2014年7月
日本英語検定協会 「英検」研究助成(研究部門) データマイニングの手法を用いた日本人英語学習者のエッセイ評価に影響を与える文法的誤りパターンの検討
 

書籍等出版物

 
大学IRスタンダード指標集 教育質保証から財務まで
松田岳士・森雅生・相生芳晴・姉川恭子 (担当:分担執筆, 範囲:教学系の指標「FDプログラム参加率、アクティブラーニング実施率、TA配置率」、コラム「Learning Analytics・Educational Data Mining」)
玉川大学出版部   2017年3月   
Data Mining and Learning Analytics: Applications in Educational Research
Yutaka ISHII (担当:分担執筆, 範囲:Investigating Co-occurrence Patterns of Learners’ Grammatical Errors Across Proficiency Levels and Essay Topics Based on Association Analysis. (pp. 157-171)
John Wiley & Sons.   2016年9月   
「対話型,問題発見・解決型教育」導入のための手引き
石井 雄隆
早稲田大学大学総合研究センター教育方法研究開発部門   2016年6月   
Language, Culture, and Information Technology
Kondo, Y., & Ishii, Y. (担当:分担執筆, 範囲:Bridging the Gap Between Second Language Acquisition Research and the Development of Automated Scoring System for Second Language Speech. (pp. 149-164)
Bookman Books   2014年1月   

論文

 
ラーニング・アナリティクスと英語ライティング研究
石井雄隆・近藤悠介
JACET-ICT調査研究特別委員会最終報告書(大学英語教育学会JACET-ICT調査研究特別委員会)   21-28   2018年1月
Validation of an Automated Essay-Scoring System for Task-Based Writing Tests
Sugita, Y., & Ishii, Y
Information Communication Technology Practice & Research The Final.   13-20   2018年1月
小・中英語教育の接続におけるデータ駆動型の英文法指導の実践とICT活用の可能性
西垣知佳子・大木純一・小山義徳・神谷昇・石井雄隆・安部朋世・物井尚子・ホーンべバリー・中條清美
千葉大学教育学部研究紀要   66(1) 211-220   2017年12月   [査読有り]
パフォーマンス・テストと連動した自己評価の可能性
物井尚子・折原俊一・マルザンマリア・ホーンべバリー・西垣知佳子・石井雄隆
千葉大学教育学部研究紀要   66(1) 97-104   2017年12月   [査読有り]
英語学習者の発話自動採点システムの開発と英語教育プログラムへの導入可能性の検討
近藤悠介・石井雄隆
Language Education & Technology   54 23-40   2017年6月   [査読有り]
統語論への多様なアプローチ―語彙機能文法、動的文法理論、不完全文研究の観点から―
石井 雄隆
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2016年度報告論集   20-29   2017年4月
中国語を第一言語とする日本語学習者の作文に対する日本語教師の評価―一般化可能性理論を用いた検討―
福田純也・石井雄隆
日本教科教育学会誌   39(2) 81-89   2016年10月   [査読有り]
グローバルMOOCにおける相互評価の信頼性に関する検討-早稲田大学における事例から-
石井雄隆・ゴードンアダム・平賀純・永間広宣・大浦弘樹・森田裕介
日本教育工学会研究報告集   16(3) 155-160   2016年7月
文書分類の手法と一般化線形モデルを用いた英語ライティングにおける文法的誤りの影響
石井雄隆・近藤悠介
じんもんこん2015論文集   71-76   2015年12月
データマイニングの手法を用いた英語ライティングへのアプローチ-日本人英語学習者のエッセイ評価に影響を与える文法的誤りパターンの検討-
石井 雄隆
EIKEN BULLETIN   27 28-39   2015年11月

講演・口頭発表等

 
早稲田大学におけるオンライン統計教育教材を活用したデータリテラシー養成の取り組み
石井 雄隆
第24回大学教育研究フォーラム   2018年3月20日   
第1回Python初心者講習会
石井 雄隆
言語・教育データ解析研究会   2018年3月15日   
アクティブ・ラーニングの組織的実践に向けて [招待有り]
石井 雄隆
広島文化学園大学平成29年度アクティブ・ラーニング研修会   2018年3月6日   
若手キャリアパス座談会1 「学校教員志望の部」 [招待有り]
石井雄隆・福田朱莉・押尾奈美
外国語教育メディア学会(LET)中部支部外国語教育基礎研究部会第5回年次例会   2018年2月17日   
テクノロジーを活用した英語ライティング研究の近年の動向 [招待有り]
石井 雄隆
実践女子大学短期大学部言語文化教育研究センター「インテグレーテッド・イングリッシュ」授業改善講演会   2018年1月26日   
Achieved Results and Looking Ahead to MOOCs at Waseda University
Watanabe, F., & Ishii, Y.
The 16th Annual Hawaii International Conference on Education   2018年1月4日   
グローバルMOOCにおける修了率と動画再生ログの分析
石井雄隆・ゴードンアダム・平賀純・永間広宣・森田裕介・山名早人
日本教育工学会研究会   2017年12月9日   
テクノロジーと教育・学習・評価-自然言語処理・学習支援システム・自動採点の観点から- [招待有り]
石井雄隆・金丸敏幸・小野雄一・近藤悠介
外国語教育メディア学会(LET)関東支部第139回(2017年度秋季)研究大会   2017年11月18日   
早稲田大学におけるMOOCを用いた教育内容の公開 [招待有り]
渡邉文枝・石井雄隆
日本教育工学会第33回全国大会   2017年9月18日   
実践共同体の形成を目指したファカルティデベロップメント:早稲田大学の事例
森田裕介・渡邉文枝・石井雄隆・山岸直司
日本教育工学会第33回全国大会   2017年9月16日   

Misc

 
世界に向けた教育内容の公開
石井 雄隆
大学時報   397 118-119   2018年3月   [依頼有り]
早稲田大学におけるオンライン統計教育教材を活用したデータリテラシー養成の取り組み
石井 雄隆
第24回大学教育研究フォーラム発表論文集   99-99   2018年3月
若手研究者に聞く英語教育研究はここが一番おもしろい!:英語教育研究をはじめよう
石井 雄隆
英語教育   66(13) 66-67   2018年2月   [依頼有り]
グローバルMOOCにおける修了率と動画再生ログの分析
石井雄隆・アダムゴードン・平賀純・永間広宣・森田裕介・山名早人
日本教育工学会研究報告集   17(5) 151-154   2017年12月
英語教師が知っておきたいICTとテストの話
石井 雄隆
CHART NETWORK   84 17-20   2017年11月   [依頼有り]
実践共同体の形成を目指したファカルティデベロップメントのデザインと実践
森田裕介・山岸直司・石井雄隆・渡邉文枝
日本教育工学会第33回全国大会予稿集   15-16   2017年9月
早稲田大学におけるグローバルMOOCへの取り組み
石井 雄隆
日本教育工学会 SIG-05 ゲーム学習・オープンエデュケーション レポート2017   33-35   2017年9月   [依頼有り]
学習者コーパス研究の知見に基づいた中高生作文データベースの構築
石井雄隆・福田純也・天野修一・今尾康裕・亘理陽一
全国英語教育学会第43回島根研究大会発表予稿集   180-181   2017年8月
タスクに基づくライティングテスト自動評価採点システムにおける客観的評価指標の検討 (2)
杉田由仁・石井雄隆
全国英語教育学会第43回島根研究大会発表予稿集   178-179   2017年8月
書評『アクティブラーニングを成功させる学級づくり: 「自ら学ぶ力」を着実に高める学習環境づくりとは
石井 雄隆
英語教育   66(3) 89-89   2017年5月   [依頼有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学習者コーパスと連携した自動採点システムの開発と産出能力に関する測定・評価の検証
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 近藤 悠介
eラーニング英語学習支援フィードバックシステムの構築
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 大澤 真也
CBT対応の英語発話自動採点システムの構築:指導と評価一体化の高大接続に向けて
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 林 裕子
混合研究法を用いた英語学習者のライティング・プロセスの検討
早稲田大学: 特定課題研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 石井 雄隆
キー入力記録を用いた英語学習者のライティング・プロセスとプロダクトの関係性の解明
早稲田大学: 特定課題研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 石井 雄隆
ライティングプロセス可視化コーパスの構築と英語学習者のライティングプロセスの解明
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 石井 雄隆
タスクに基づくライティングテストにおける自動評価採点システムの実用化開発(研究分担者)
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 杉田 由仁
日本人大学生の英語要約力検証と大学英語ライティング教育用要約教材の開発(研究分担者)
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 澤木 泰代
発話自動採点システムの開発と英語教育プログラムへの導入(研究分担者)
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 近藤 悠介
ライティングプロセス可視化コーパスの構築と英語学習者のライティングプロセスの解明
早稲田大学: 特定課題研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 石井 雄隆