田村祐

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/30 16:08
 
アバター
研究者氏名
田村祐
 
タムラ ユウ
eメール
yutamurakansai-u.ac.jp
URL
https://tamurayu.wordpress.com/
所属
関西大学
部署
外国語学部
職名
助教
学位
博士(学術)(名古屋大学), MS in Teaching English as a Foreign Language(Southern New Hampshire University), 学士(教育学)(埼玉大学)
科研費研究者番号
40826385
ORCID ID
0000-0003-2362-1056

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
関西大学 外国語学部 助教
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2016年4月
 - 
2018年3月
愛知工科大学 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2016年3月
名古屋大学大学院 国際開発研究科 ティーチングアシスタント
 
2014年4月
 - 
2016年3月
中京法律専門学校 非常勤講師
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2018年3月
名古屋大学大学院 国際開発研究科 国際コミュニケーション専攻 博士後期課程
 
2011年6月
 - 
2013年5月
サザンニューハンプシャー大学  英語教授法修士
 
2007年4月
 - 
2011年3月
埼玉大学 教育学部 英語専修
 

論文

 
Written languaging with indirect feedback in writing revision: Is feedback always effective?
Fukuta Junya, Tamura Yu, Kawaguchi Yusaku
Language Awareness      [査読有り]
Tamura Yu, Fukuta Junya, Nishimura Yoshito, Harada Yui, Hara Kazuhisa, Kato Daiki
Applied Psycholinguistics      2018年10月   [査読有り]
Network structures in L2 oral performance: A learner corpus study
Nishimura Yoshito, Tamura Yu, Fukuta Junya
Annual Review of English Language Education in Japan   29 113-128   2018年3月   [査読有り]
Nishimura Yoshito, Tamura Yu, Hara Kazuhisa
Annual Review of English Language Education in Japan   28 209-224   2017年3月   [査読有り]
Tamura Yu, Harada Yui, Kato Daiki, Hara Kazuhisa, Kusanagi Kunihiro
Annual Review of English Language Education in Japan   27 169-184   2016年3月   [査読有り]
L2 word processing of singular- and plural-dominant nouns in English
Tamura Yu, Nishimura Yoshito
Journal of the Japan Society for Speech Sciences   17 17-37   2016年5月   [査読有り]
英語教育研究における教育的処遇の効果とリスク
草薙邦広,川口勇作,田村祐
中部地区英語教育学会紀要   45 61-68   2016年1月   [査読有り]
Reinvestigating consciousness-raising task and noticing
Tamura Yu
JABAET Journal   19 19-47   2015年12月   [査読有り]
The notional number attraction in English as a foreign language: A self-paced reading study.
草薙邦広,田村祐,福田純也
Journal of the Japan Society for Speech Sciences   16 77-96   2015年5月   [査読有り]
Measuring Japanese learners’ explicit and implicit knowledge of constraints on verb semantics: A case of assertive predicates in English as a Foreign Language
Tamura Yu, Kusanagi Kunihiro
International Journal of Curriculum Development and Practice   17(1) 25-38   2015年3月   [査読有り]
Tamura Yu, Kusanagi Kunihiro
LET Journal of Central Japan   26 75-84   2015年3月   [査読有り]
Kusanagi Kunihiro, Fukuta Junya, Kawaguchi Yusaku, Tamura Yu, Goto Aki, Kurita Akari, Murota Daisuke
Annual Review of English Language Education in Japan   26 77-92   2015年3月   [査読有り]
Tamura Yu, Kusanagi, Kunihiro
Annual Review of English Language Education in Japan   26 253-268   2015年3月   [査読有り]
田村祐
名古屋大学   

Misc

 
草薙邦広,田村祐
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2016年度報告論集   30-49   2017年4月
田村祐
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2016年度報告論集   2-19   2017年4月
Is acquring knowledge of verb-subcategorization in English easier? A partial replication of Jiang (2007)
田村祐
Proceedings of PacSLRF 2016   213-218   2017年
田村祐
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2015年度報告論集   29-82   2016年6月
田村祐,草薙邦広
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2014年度報告論集   2-14   2015年7月

書籍等出版物

 
タスク・ベースの英語指導:TBLTの理解と実践
松村昌紀 (担当:分担執筆, 範囲:第5章『タスク・ベースの言語指導をめぐる疑問と解決への道』,第7章『中学校・高等学校での英語指導の考え方と工夫』)
大修館書店   2017年6月   

講演・口頭発表等

 
認知的アプローチに基づくパフォーマンス指標解釈の問題点
福田純也,西村嘉人,田村祐
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会第5回年次例会   2018年2月17日   
Processing of inflected words by Japanese learners of English: A masked priming study.
Morita Mitsuhiro, Tamura Yu, Nishimura Yoshito
The 19th Annual International Conference of the Japan Society for Language Sciences.   2017年7月1日   
Tamura Yu, Morita Mitsuhiro, Nishimura Yoshito
Vocab@Tokyo   2016年9月12日   
田村祐
第42回全国英語教育学会埼玉研究大会   2016年8月20日   
どのような学習者が協同学習の望ましいパートナーか:自己の動機づけ要因としての他者
草薙邦広,福田純也,川口勇作,田村祐,後藤亜希
外国語教育メディア学会第56回全国研究大会   2016年8月9日   
第二言語のスピーキングパフォーマンスにおけるネットワーク構造とダイナミクス:学習者コーパスを用いて
西村嘉人,福田純也,田村祐
外国語教育メディア学会第56回全国研究大会   2016年8月8日   
L2ライティングにおける統語的複雑さはタスクによる認知的負荷の影響を受けるか:節の種類に注目して
西村嘉人,田村祐,原和久
第46回中部地区英語教育学会三重大会   2016年6月26日   
文法性判断課題における反応時間と主観的測度は正答率を予測するか–文法項目の違いに焦点をあてて–
田村祐
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会第3回年次例会   2016年2月27日   
理解型インプットタスクを用いた授業実践
田村祐
第21回日・英英語教育学会研究大会   2015年9月   

担当経験のある科目