川村悠人

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/09 03:27
 
アバター
研究者氏名
川村悠人
所属
オックスフォード大学
部署
東洋学研究所
職名
日本学術振興会海外特別研究員

経歴

 
2018年
 - 
現在
オックスフォード大学東洋学研究所 日本学術振興会海外特別研究員
 
2015年
 - 
2018年
京都大学文学研究科 日本学術振興会特別研究員SPD/非常勤講師
 
2014年
 - 
2015年
広島大学文学研究科 日本学術振興会特別研究員PD(学位取得に基づく資格変更)
 
2013年
 - 
2014年
広島大学文学研究科 日本学術振興会特別研究員DC2
 

受賞

 
2018年11月
東方学会 第37回東方学会賞(論文「接辞重複問題に見るパタンジャリの言語理論」(『東方学』134輯) およびこれと関連する研究活動)
 

論文

 
Śaraṇadeva's Device to Justify Vedic Usage in Non-Vedic Literature
Journal of Indological Studies   28 51-64   2018年   [査読有り]
New Material for Studying Pāṇini’s Grammar and Its Vedic Background: Sthiramati on Aṣṭādhyāyī 2.3.16
Indo-Iranian Journal   61 101-117   2018年   [査読有り]
バットージディークシタの祭事哲学—文法学派ダルマ論のヴェーダ思想による裏づけと権威づけ
川村悠人
比較論理学研究   15 75-90   2018年
Interweaving Poetic Devices with Grammatical Illustrations: A New Type of Kāvya by Bhaṭṭi
Nagoya Studies in Indian Cultures and Buddhism: Saṃbhāṣā   34 43-56   2018年   [査読有り]
Sakṛdbaddham anityaṃ dvirbaddhaṃ ca subaddham
Journal of South Asian Languages and Cultures   9 77-93   2018年   [査読有り]
Candragomin’s Theory of karman
Yuto Kawamura
Journal of Indian and Buddhist Studies   66(3) 992-998   2018年   [査読有り]
Sambandha versus Sambaddhasambandha: The Semantics of Sixth-triplet Endings
Yūto Kawamura
Journal of Indian Philosophy   46(1) 179-192   2017年   [査読有り]
Bhartr̥hari’s Interpretation of the Vedic idáṃ bhū-Construction
Yūto Kawamura
Tetsugaku (Hiroshima Philosophical Society)   69 57-65   2017年   [査読有り]
接辞重複問題に見るパタンジャリの言語理論
川村悠人
東方学   134 98-111   2017年   [査読有り]
The Status of Grammar in Daṇḍin’s Kāvyādarśa
Yūto Kawamura
South Asian Classical Studies   12 257-267   2017年   [査読有り]

書籍等出版物

 
インド文化事典
川村悠人 (担当:分担執筆, 範囲:「カーリダーサと古典サンスクリット文学」)
東京:丸善出版   2018年   
The Kāraka Theory Embodied in the Rāma Story: A Sanskrit Textbook in Medieval India. With a Foreword by George Cardona.
Yūto Kawamura
New Delhi: D. K. Printworld   2018年   
『バッティの美文詩研究—サンスクリット宮廷文学とパーニニ文法学—』
川村悠人
京都:法蔵館   2017年   

講演・口頭発表等

 
An Introduction to Sanskrit Etymology [招待有り]
Visiting Lecture, SOAS University of London   2018年12月   
Grammar, Etymology, and Magic: How to make a Ritual Formula Efficacious [招待有り]
9th Coffee Break Conference: Science and Technology in Premodern Asia, Wolfson College, University of Oxford   2018年12月   
What is the Purpose of Restating dā in Aṣṭādhyāyī 5.3.19 tado dā ca?
Yūto Kawamura
17th World Sanskrit Conference, University of British Columbia, Vancouver   2018年7月   
Noah's Ark in India: The Story of How a Fish Saves Manu from the Flood in the Śatapatha-Brāhmaṇa [招待有り]
Sanskrit Reading Room, SOAS University of London   2018年5月   
Bridging the Gap between Semantic Elucidation (Nirvacana) in the Sanskrit Tradition and Historical Linguistics
Kenji Takahashi and Yūto Kawamura
The 10th Next-Generation Global Workshop: Delineating Borders in a Borderless World, Kyoto University   2017年9月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
サンスクリット言語論の原風景を描く—祭式学者、語源学者、文法学者の知的連関網
研究期間: 2018年4月 - 2020年4月    代表者: 川村悠人
サンスクリット美文学における文法性―インド中世多元的サンスクリット文化の解明―
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 川村悠人
美文論書『バッティカーヴィア』における文法規則例証の様態とその文法学的側面の解明
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 川村悠人

社会貢献活動

 
神の名の意味を知ること—神名アグニの分析に見るヤースカの語源学と神学
【出演, 情報提供】  川村悠人・堂山英次郎 京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム—南アジアの社会と宗教の連続性と 非連続性」第 5 回公開シンポジウム「古典インドの哲学と学問—始まりと展開—」  2018年10月
初期文法学派のダルマ論—ヴェーダ世界と日常世界における知行
【出演, 情報提供】  京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム—南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性」第1回公開シンポジウム「古代インド思想における「知」の深化 「知」の拡大」  2016年10月
古典サンスクリット詩の樹海―美の探訪
【出演, 情報提供】  京都大学アカデミックデイ  2015年10月

査読委員

 
Journal of Indian Philosophy