yuko ikeda

J-GLOBAL         Last updated: Jun 7, 2019 at 12:54
 
Avatar
Name
yuko ikeda

Misc

 
医師をよく知り、関係を良好に! 「困った医師」と協働するためのアセスメントシート(第2回) 自分の思いどおりにならないとすぐキレる医師
池田 優子
看護主任業務   23(6) 114-118   Jul 2014
医師をよく知り、関係を良好に! 「困った医師」と協働するためのアセスメントシート 認知の枠組みを変える
池田 優子
看護主任業務   23(5) 58-62   May 2014
【主任のための看護管理入門】 不満・ゴタゴタ…職場の人間関係改善に効果を発揮する主任のアプローチ
池田 優子
看護主任業務   23(1) 12-18   Sep 2013
室岡 由美子, 池田 優子, 高橋 裕子, 金子 真弓, 高橋 敏美, 源内 和子
日本看護学会論文集: 看護管理   43(43) 231-234   Apr 2013
コーチング研修受講者17名を対象に、研修プログラム前・後にウェルネス行動尺度、自己価値観尺度、職業性ストレス簡易調査票を用いた調査を行った。ストレス反応は「疲労感」「不安感」「抑鬱感」および「身体愁訴」が研修後に有意に低下した。ウェルネス行動尺度は第5因子の「視点の切り替え」、第6因子の「ストレッサーからの回避」、第7因子の「役割遂行の努力」が研修後に有意に上昇した。自己価値観尺度10項目全体の平均値はプログラム前・後で有意差はみられなかったが、下位項目の「大体において自分に満足している」...
高橋 裕子, 池田 優子, 小林 瑞枝, 佐藤 未和, 土屋 智子, 塚越 聖子, 野本 悦子
日本看護学会論文集: 看護管理   43(43) 295-298   Apr 2013
新人看護師93名を対象に、看護師における患者とのコミュニケーションスキル測定尺度、自己価値観尺度、職業性ストレス簡易調査票の三つの尺度を用いて研修前後に調査を行った。自己価値観尺度およびコミュニケーションスキル尺度の「情報収集」「話のスムーズさ」「積極的傾聴」「パーソナルスペース・視線交差」は、研修後に有意に上昇した。ストレス反応のうち「疲労感」「不安感」「抑鬱感」「身体愁訴」「いらいら」は研修後に有意に低下した。認知的側面、行動的側面、情動的側面からアプローチする体験学習を多く取り入れた...