中島 悠

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 17:10
 
アバター
研究者氏名
中島 悠
 
ナカジマ ユウ
ハンドル
yuu_nakajima
URL
https://www.nakajimalab.is.sci.toho-u.ac.jp/yuu-nakajima/
所属
東邦大学
部署
理学部
職名
准教授
学位
博士(情報学)(京都大学)
ORCID ID
0000-0002-9142-4284

プロフィール

私が取り組んでいるテーマは,マルチエージェントシミュレーションを社会のデザインに適用する研究です.特に都市の交通流や電力流など様々な現象を扱うマルチエージェントシミュレーションやゲーミングを用いたサービスのデザインに興味を持っています.

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東邦大学 理学部 情報科学科 准教授
 
2013年4月
 - 
現在
東邦大学 理学部 情報科学科 講師
 
2009年4月
 - 
2013年3月
京都大学 情報学研究科 特定教員(特定研究員,特定助教)
 
2006年4月
 - 
2009年3月
京都大学 日本学術振興会特別研究員(DC1)
 

受賞

 
2018年5月
早稲田大学 第6回 WASEDA e-Teaching Award
受賞者: 中島悠, 菱山玲子.
 
2008年3月
電気通信普及財団 テレコムシステム技術学生賞
 

論文

 
Ieiri Y, Nakajima Y, Hishiyama R.
ACM International Conference Proceeding Series   80-84   2018年   [査読有り]
Nakajima Y, Otsuka R, Hishiyama R, Nakaguchi T, Oda N.
Cognitive Technologies   (9789811077920) 193-208   2018年   [査読有り]
Ryutaro Otsuka,Yuu Nakajima,Reiko Hishiyama
2017 International Conference on Culture and Computing, Culture and Computing 2017, Kyoto, Japan, September 10-12, 2017   29-34   2017年   [査読有り]
Hishiyama Reiko, Nakajima Yuu
3RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON APPLIED COMPUTING AND INFORMATION TECHNOLOGY (ACIT 2015) 2ND INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTATIONAL SCIENCE AND INTELLIGENCE (CSI 2015)   254-259   2015年   [査読有り]
Ryutaro Otsuka, Yuu Nakajima, Reiko Hishiyama
2017 International Conference on Culture and Computing, Culture and Computing 2017, Kyoto, Japan, September 10-12, 2017   29   2017年   [査読有り]
服部宏充, 十見俊輔, 中島悠
電子情報通信学会論文誌 D(Web)   J100-D(2) 180‐193 (WEB ONLY)   2017年2月
Nakajima Y, Hishiyama R, Nakaguchi T.
Proceedings - 2015 International Conference on Culture and Computing, Culture and Computing 2015   215-216   2016年   [査読有り]
Yuya Ieiri,Takuya Mizukami,Yuu Nakajima,Ryota Ayaki,Reiko Hishiyama
2017 International Conference on Culture and Computing, Culture and Computing 2017, Kyoto, Japan, September 10-12, 2017   1-6   2017年   [査読有り]
Yuya Ieiri, Takuya Mizukami, Yuu Nakajima, Ryota Ayaki, Reiko Hishiyama
2017 International Conference on Culture and Computing, Culture and Computing 2017, Kyoto, Japan, September 10-12, 2017   1   2017年   [査読有り]
Yuya Ieiri,Yuu Nakajima,Ryota Ayaki,Reiko Hishiyama
41st IEEE Annual Computer Software and Applications Conference, COMPSAC 2017, Turin, Italy, July 4-8, 2017. Volume 2   637-642   2017年   [査読有り]
Yuu Nakajima,Reiko Hishiyama,Takao Nakaguchi
2015 International Conference on Culture and Computing, Culture Computing 2015, Kyoto, Japan, October 17-19, 2015   215-216   2015年   [査読有り]
中島悠, 菱山玲子, 中口孝雄
電子情報通信学会論文誌 D(Web)   J98-D(6) 853-861 (WEB ONLY)   2015年6月
Takuro Yamaguchi,Reiko Hishiyama,Daisuke Kitagawa,Yuu Nakajima,Rieko Inaba,Donghui Lin
2013 International Conference on Culture and Computing, Culture Computing 2013, Kyoto, Japan, September 16-18, 2013   21-26   2013年   [査読有り]
Yuya Ieiri,Yuu Nakajima,Ryota Ayaki,Reiko Hishiyama
41st IEEE Annual Computer Software and Applications Conference, COMPSAC 2017, Turin, Italy, July 4-8, 2017. Volume 2   637-642   2017年   [査読有り]
Hiromitsu Hattori, Yuu Nakajima, Toru Ishida.
IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics Part A:Systems and Humans   41(1) 1-9   2011年1月   [査読有り]
山口 卓郎, 菱山 玲子, 北川 大輔, 中島 悠, 稲葉 利江子, 林 冬惠
情報処理学会論文誌   55(4) 1303-1315   2014年4月
本研究では,人間の手により行われる翻訳リペアサービスと翻訳文の書き換えサービスを機械翻訳連携サービスのサービスフローに連携させ,翻訳品質および作業コスト面において,この連携がどのような効果を及ぼすかを明らかにする.実験では,越英(ベトナム語-英語)翻訳サービスと英日翻訳サービスを連携させて知識伝達を行う翻訳サービスフローを想定し,このフローにおいて,英日翻訳サービスにおける入力文としての英文に対し,人間の手による前編集としての英日翻訳リペアサービスおよび後編集としての日日書き換えサービスを...
Yuu Nakajima,Hiromitsu Hattori
Agents in Principle, Agents in Practice - 14th International Conference, PRIMA 2011, Wollongong, Australia, November 16-18, 2011. Proceedings   7047 484-495   2011年   [査読有り]
Ishida T, Hattori H, Nakajima Y.
Field Informatics: Kyoto University Field Informatics Research Group   89-105   2012年   [査読有り]
Nakajima Yuu, Yamane Shohei, Hattori Hiromitsu
PRINCIPLES AND PRACTICE OF MULTI-AGENT SYSTEMS   7057 228-241   2012年   [査読有り]
Hiromitsu Hattori,Yuu Nakajima,Shohei Yamane
JACIII   15(2) 233-239   2011年   [査読有り]

Misc

 
家入祐也, 中島悠, 綾木良太, 菱山玲子
情報処理学会全国大会講演論文集   79th(3) 3.495‐3.496   2017年3月
菱山 玲子, 中島 悠
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(520) 19-24   2016年3月
菱山玲子, 中島悠
電子情報通信学会技術研究報告   115(520(SC2015 22-29)) 19‐24   2016年3月
織田尚晋, 中島悠
情報処理学会全国大会講演論文集   78th(2) 2.389-2.390   2016年3月
大塚 竜太郎, 中島 悠, 菱山 玲子
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(468) 55-60   2016年2月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 中島 悠
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 中島 悠
本研究の目的は,個々の人間のその場の状況に応じた意志決定モデルを取り込んだ大規模なシミュレーションを実施するための技術を探ることである.本研究では,都市交通を問題領域として選んだ.各個人の詳細なモデル化を行うことで,個人の意志決定の変化が都市環境全体に与える影響を観測できるシミュレーション環境を実現する.従来のミクロシミュレーションでは,行動主体が個人単位で定義されている場合でも,各主体に固有の行動モデルを与えていなかった.それに対して,本研究では,人間がシミュレーションに参加した結果から...
マルチエージェントシステムを用いたメガスケール・ナビゲーションの実現
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 中島 悠

担当経験のある科目

 
 

特許

 
中島 悠, 石田 亨, 石田 憲幸, 阿部 泰之, 藤本 雅也, 齋藤 啓二, 関 真弓
中島 悠, 石田 亨, 石田 憲幸, 阿部 泰之, 藤本 雅也, 齋藤 啓二, 関 真弓