MISC

2013年3月6日

多言語コミュニケーション分析のためのゲーミング環境

情報処理学会全国大会講演論文集
  • 中島悠
  • ,
  • 菱山玲子
  • ,
  • LIN Donghui
  • ,
  • 中口孝雄

75th
2
開始ページ
2.17-2.18
終了ページ
18
記述言語
日本語
掲載種別

ゲーミング環境を利用して問題環境を考えたい人々の大多数は,情報科学の専門家やプログラミングができる技術者ではなく,むしろ,問題群のドメイン知識を有する応用問題の専門家である.それらの人々は必ずしも情報科学の専門家やプログラマではない.本研究では,特段の情報科学のスキルを必要としない状況で,応用問題のドメイン知識を有する人々が,自ら実験したい問題を,自らが考える問題メカニズムを反映しながら,自ら記述できる汎用性の高い多言語ゲーミング環境のためのフレームワークを提案する.これにより,これまで情報科学の専門家やプログラマが存在しなければ構築することができなかったゲーミング環境の開放性を高め,多様な問題群を容易に扱える研究者やフィールドワーカーのための基盤を構築する.

リンク情報
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201302270980212272
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/170000091325
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000004266494
URL
http://jglobal.jst.go.jp/public/201302270980212272

エクスポート
BibTeX RIS