Yuichi OKAMURA

J-GLOBAL         Last updated: Sep 11, 2019 at 22:31
 
Avatar
Name
Yuichi OKAMURA
E-mail
yuuichi.okamuragmail.com

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jan 2018
 - 
Today
S&S Dialogue
 
Apr 2011
 - 
Dec 2017
CEO, Sync of Dialogue
 

Education

 
Apr 2018
 - 
Today
Doctoral Program in Human Care Science, Graduate School of Conprehensive Human Sciences, University of Tsukuba
 
Apr 2017
 - 
Mar 2018
Psychology major, School of Psychology, Kurume University graduate school
 
Apr 2011
 - 
Mar 2015
Department of Psychology, Department of literature, Kurume University
 
Apr 2015
 - 
Mar 2017
Clinical psychology major, School of Psychology, Kurume University graduate school
 

Misc

 
Zhang Shuzhen, Tsuda Akira, Murata Shin, Okamura Yuichi, Tani Kanae, Hashimoto Masashi, Yoneda Kenichirou, Yada Yukihiro
Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy   7(4) 157-164   Jan 2018   [Refereed]
<p>This study aims to clarify the effects that the physical, mental, and cognitive functions have on the Instrument Activity of Daily Living (IADL) of the elderly living in nursing homes, using the covariance structure analysis. The conformity deg...
村田 伸, 矢田 幸博, 岡村 祐一, 張 淑珍, 津田 彰
ヘルスプロモーション理学療法研究   7(3) 127-131   Oct 2017
抑うつ状態にある高齢者の転倒発生率は高く、抑うつ状態が転倒の危険因子であることが報告されている。本研究は、シート型歩行分析装置を用いて、抑うつ傾向にある高齢者の歩容の特徴を明らかにすることを目的に実施した。5-item Geriatric Depression Scaleで2点以上に該当した抑うつ傾向群17名と該当しなかった非抑うつ群68名の歩容を比較した結果、抑うつ傾向群は非抑うつ群と比べて歩行速度が有意に遅く、ストライドや歩幅が有意に狭かった。また立脚時間と両脚支持時間は有意に長かった...
村田 伸, 大杉 紘徳, 矢田 幸博, 岡村 祐一, 張 淑珍, 津田 彰
地域リハビリテーション   12(7) 608-613   Jul 2017
大杉 紘徳, 村田 伸, 矢田 幸博, 岡村 祐一, 張 淑珍, 津田 彰
ヘルスプロモーション理学療法研究   6(4) 183-189   Jan 2017
本研究の目的は,サルコペニアおよびサルコペニア肥満に該当する高齢者の身体・認知・精神機能の特徴を明らかにすることである。対象は有料老人ホーム利用高齢者87名(男性23名,女性64名平均年齢77.9歳)とし,握力,歩行速度,生体電気インピーダンス法を用いた筋肉量・体脂肪率の測定を行い,得られた結果から対象をサルコペニア群,サルコペニア肥満群,肥満群,非該当群の4群に分類した。各群の身体機能,認知機能,精神機能を測定し,年齢の影響を排除して測定値を比較した。結果,非該当群と比較してサルコペニア...
村田 伸, 大杉 紘徳, 矢田 幸博, 岡村 祐一, 張 淑珍, 津田 彰
保健の科学   59(1) 63-68   Jan 2017
N有料老人ホーム入居者101名のうち、抑うつ尺度(GDS-5)の得点が2点以上の26名を"抑うつ傾向あり群"、他の75名を"非抑うつ群"とし、身体・認知・精神機能の比較検討を行った。評価項目は「握力」「上肢巧緻性」「30秒間椅子立ち上がりテスト(CS-30)」「歩行速度」「老研式活動能力指標」「MMSE」「主観的物忘れ尺度」「SF-8(QOL総得点・身体的スコア・精神的スコア)」とした。検討の結果、以下の7項目に有意な群間差が認められ、いずれも抑うつ傾向あり群が不良であった。1)CS-30...
村田 伸, 大杉 紘徳, 矢田 幸博, 岡村 祐一, 張 淑珍, 津田 彰
総合リハビリテーション   45(6) 637-642   Jun 2017
橋本 正嗣, 津田 彰, 矢田 幸博, 張 淑珍, 岡村 祐一, 谷 佳成恵, 米田 健一郎, 加藤 孝, 大杉 紘徳, 村田 伸
久留米大学心理学研究 : 久留米大学文学部心理学科・大学院心理学研究科紀要   (16) 31-37   2017
本研究では,心身の健康状態と社会経済的状態が比較的均質な集団として,有料老人ホームに入居する200名の高齢者のうち参加同意が得られた47名を対象に,Mini-Mental Statement Examination(MMSE)によって評価された認知機能と日常生活動作(Activities of Daily Living : ADL),QOLの関連性を包括的に検討した。MMSE得点に基づき(24/23cut-off値), 6名の認知機能低下者と41名の低下傾向なし者のADL(老研式活動能力指...
Ohsugi Hironori, Murata Shin, Yada Yukihiro, Okamura Yuichi, Zhang Shu-zhen, Tsuda Akira
Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy   6(4) 183-189   2017
<p>The purpose of this study was to clarify the physical, cognitive, and mental function in people with sarcopenia and sarcopenic obesity. Eighty-seven older individuals participated in this study, and were divided into four groups (sarcopenia gro...

Conference Activities & Talks

 
転倒経験高齢者の歩容の特徴
村田 伸, 大杉 紘徳, 矢田 幸博, 岡村 祐一, 張 淑珍, 津田 彰
ヘルスプロモーション理学療法研究   Sep 2016   
サルコペニアおよびサルコペニア肥満者の身体・精神・認知機能の特徴
大杉 紘徳, 村田 伸, 矢田 幸博, 岡村 祐一, 張 淑珍, 津田 彰
ヘルスプロモーション理学療法研究   Sep 2016   
認知機能障害による歩容の変化
大杉 紘徳, 村田 伸, 矢田 幸博, 岡村 祐一, 張 淑珍, 津田 彰
日本早期認知症学会誌   Aug 2016   
地域高齢者における抑うつ症状の心理社会的関連因子
張 淑珍, 岡村 祐一, 矢田 幸博, 村田 伸, 大杉 紘徳, 橋本 正嗣, 津田 彰
健康支援   Feb 2016   

Research Grants & Projects

 
Society for Research on Umami Taste: Umami research grants
Project Year: Jan 2019 - Jan 2021    Investigator(s): Yuichi OKAMURA