大津圭史

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/20 16:03
 
アバター
研究者氏名
大津圭史
 
オオツ ケイシ
通称等の別名
keishi Otsu
URL
http://oralhist.iwate-med.ac.jp
所属
岩手医科大学
部署
解剖学講座 発生生物・再生医学分野
職名
講師
学位
歯学博士(東京医科歯科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
岩手医科大学 解剖学講座 発生生物・再生医学分野 講師
 
2012年4月
 - 
2015年3月
岩手医科大学 解剖学講座 発生生物・再生医学分野 助教
 
2008年1月
 - 
2012年3月
岩手医科大学 先進歯科医療研究センター ポストドクター
 
2005年4月
 - 
2007年12月
米国コロンビア大学 Department of Physiology and Cellular Physics Post doctoral research scientist
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2005年3月
東京医科歯科大学 老化制御学系 口腔老化制御学講座 口腔老化制御学分野大学院
 
1994年4月
 - 
2000年3月
九州歯科大学 歯学部 歯学科
 

受賞

 
2016年6月
硬組織再生生物学会 Hard Tissue Regenerative Biology Award (硬組織再生生物学会賞)
 
2016年1月
岩手医科大学 2013年度 Basic Research Award, Best Researcher of the Year
 
2012年9月
第24回歯科基礎医学会学術大会・総会 歯科基礎医学会賞
 
2012年10月
コスモバイオ学術論文賞 学術論文賞
 
2007年6月
Stem Cells and Cellular Therapies in Lung Biology and Lung Disease, Travel Award
 

論文

 
Craniofacial Bone Regeneration using iPS Cell-Derived Neural Crest Like Cells
Kazuko Kikuchi, Tomoyuki Masuda, Naoki Fujiwara, Akiyoshi Kuji, Hiroyuki Miura, Han-Sung Jung, Hidemitsu Harada, Keishi Otsu
Journal of Hard Tissue Biology   in press   2017年   [査読有り]
Hertwig’s epithelial root sheath cells contribute to formation of periodontal ligament through epithelial-mesenchymal transition by TGF-β
Satoshi Itaya, Kyoko Oka, Kayoko Ogata, Shougo Tamura, Michiko Kira-Tatsuoka, Naoki Fujiwara, Keishi Otsu, Eichi Tsuruga, Masao Ozaki, and Hidemitsu Harada
Biomedical Research   38(1) 61-69   2017年   [査読有り]
The Semaphorin 4D-RhoA-Akt signal cascade regulates enamel matrix secretion in coordination with cell polarization during ameloblast differentiation
Keishi Otsu, Hiroko Ida-Yonemochi, Naoki Fujiwara, Hidemitsu Harada
Journal of Bone and Mineral Research   31(11) 1943-1954   2016年11月   [査読有り]
Hertweig上皮鞘の特性と発達に関わる因子
藤原尚樹、熊上深香、大津圭史、原田英光
岩手医科大学歯学雑誌   41(1) 1-9   2016年4月   [査読有り][招待有り]
The glycogen metabolism via Akt signalling is important for the secretion of enamel matrix in tooth development
Ida-Yonemochi H., Otsu K., Ohshima H., Harada H.
Mechanisms of Development   139 18-30   2016年2月   [査読有り]
Healing Mechanism Surrounding Transplanted Bone Using Transgenic Mice Expressing Red Fluorescent Protein in Vivo
Manabu Inoue, Keishi Otsu, Masato Ohtsuka, Kyoko Takafuji, Hidemitsu Harada, Akira Ishisaki, and Hisatomo Kondo
Journal of Oral Tissue Engineering   14(2) 74-82   2016年   [査読有り]
Sox2 contributes to tooth development via WNT signaling
Lee MJ, Kim EJ, Otsu K, Harada H, Jung HS
Cell & Tissue Research   365 77-84   2016年   [査読有り]
Rho GTPases in ameloblast differentiation
Keishi Otsu*, Hidemitsu Harada (*corresponding author)
Japanese Dental Science Review   52(2) 32-40   2016年   [査読有り][招待有り]
CXCR4/CXCL12 signaling impacts enamel progenitor cell proliferation and motility in the dental stem cell niche
Yokohama-Tamaki T, Otsu K, Harada H, Shibata S, Obara N, Irie K, Taniguchi A, Nagasawa T, Aoki K, Caliari SR, Weisgerber DW, Harley BA
Cell and Tissue Research   362(3) 633-642   2015年   [査読有り]
Live imaging to elucidate cell dynamics in tooth organogenesis and regeneration.
Harada H, Kumakami-Sakano M, Fujiwara N, Otsu K
J Oral Biosci   57(2) 65-68   2015年   [査読有り]
Combined administration of BMP-2 and HGF facilitate bone regeneration through angiogenic mechanisms
Masuda T*, Otsu K*, Kumakami-Sakano M, Fujiwara N, Ema M, Hitomi J, Sugiyama Y, Harada H (*equal contribution)
Journal of Hard Tissue Biology   24(1) 7-16   2015年   [査読有り]
Kumakami-Sakano M, Otsu K, Fujiwara N, Harada H
Experimental Cell Research   325(2) 78-82   2014年2月   [査読有り]
Otsu K*, Kumakami-Sakano M, Fujiwara N, Kikuchi K, Keller L, Lesot H, Harada H (*corresponding author)
Frontiers in Physiology   5 36   2014年   [査読有り]
*Arakaki M, *Egusa H, *Otsu K, *Saitoh I, *Miura T, Harada H.(*equal contribution)
Journal of Oral Biosciences   55(4) 191-199   2013年11月   [査読有り][招待有り]
Otsu, K., Sakano, M., Masuda, T., Fujiwara, N., and Harada, H
Journal of Oral Biosciences   55(4) 159-64   2013年11月   [査読有り][招待有り]
増田智幸, 大津圭史, 藤原尚樹, 坂野深香, 星秀樹, 杉山芳樹, 原田英光
岩手医科大学歯学雑誌   38(2) 63-64   2013年9月
*Sakano M, *Otsu K, Fujiwara N, Fukumoto S, Yamada A, Harada H (*equal contribution)
Journal of Periodontal Research   48(2) 262-267   2013年4月   [査読有り]
及川 愛, 大津 圭史, 藤原 尚樹, 石関 清人, 中富 満城, 大島 勇人, 原田 英光,
岩手医科大学歯学雑誌 Dental journal of Iwate Medical University   37(1) 14-23   2012年5月
Otsu K, Kishigami R, Oikawa-Sasaki A, Fukumoto S, Yamada A, Fujiwara N, Ishizeki K, Harada H
Stem Cells and Development   21 1156-1164   2012年5月   [査読有り]
Arakaki M, Ishikawa M, Nakamura T, Iwamoto T, Yamada A, Fukumoto E, Saito M, Otsu K, Harada H, Yamada Y, Fukumoto S
The Journal of Biological Chemistry   287 10590-10601   2012年3月   [査読有り]
Sakuraba H, Fujiwara N, Sasaki-Oikawa A, Sakano M, Otsu K, Ishizeki K, Harada H
Journal of Periodontal Research   47(1) 81-88   2012年2月   [査読有り]
Kishigami R, Otsu K, Oikawa-Sasaki A, Fujiwara N, Ishizeki K, Tabata Y, Harada H.
Journal of Oral Biosciences   54(1) 58-65   2012年2月   [査読有り]
Otsu K, Kishigami R, Fujiwara N, Ishizeki K, Harada H
Journal of Cellular Physiology   226 2527-2534   2011年10月   [査読有り]
原田 英光, 大津 圭史, 藤原 尚樹, 石関 清人, 及川 愛
日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education   27(2) 63-68   2011年8月   [査読有り]
Akimoto T, Fujiwara N, Kagiya T, Otsu K, Ishizeki K, Harada H
Biochemical and Biophysical Research Communications   404 308-312   2011年1月   [査読有り]
Ishizeki, K., Kagiya, T., Fujiwara, N., Otsu, K., Harada, H.
Journal of Oral Biosciences   52(2) 136-142   2010年   [査読有り]
Fujiwara N, Akimoto T, Otsu K, Kagiya T, Ishizeki K, Harada H
Journal of Experimental Zoology. Part B, Molecular and Developmental Evolution   312B 486-494   2009年7月   [査読有り]
Otsu K, Das S, Houser SD, Quadri SK, Bhattacharya S, Bhattacharya J
Blood   113 4197-4205   2009年4月   [査読有り]
Expression of osteogenic proteins during the intrasplenic transplantation of Meckel's chondrocytes: A histochemical and immunohistochemical study.
Ishizeki K, Kagiya T, Fujiwara N, Otsu K, Harada H
Archives of Histology and Cytology   72 1-12   2009年3月   [査読有り]
Kawano S, Otsu K, Kuruma A, Shoji S, Yanagida E, Muto Y, Yoshikawa F, Hirayama Y, Mikoshiba K, Furuichi T
Cell Calcium   39 313-324   2006年4月   [査読有り]
Otsu K, Kuruma A, Yanagida E, Shoji S, Inoue T, Hirayama Y, Uematsu H, Hara Y, Kawano S
Cell Calcium   37 137-151   2005年2月   [査読有り]
Yanagida E, Shoji S, Hirayama Y, Yoshikawa F, Otsu K, Uematsu H, Hiraoka M, Furuichi T, Kawano S
Cell Calcium   36 135-146   2004年8月   [査読有り]
大渡凡人, 法亢盛行, 高岡清治, 増田千保, 平山友恵, 堤美登利, 大津圭史, 小貫瑞穂, 鈴木淳子
老年歯科医学   16(3) 421-422   2002年3月   [査読有り]

Misc

 
修復象牙質ー歯髄の痛みと歯髄の治癒の新しい関係
原田英光、大津圭史、藤原尚樹
日本歯科評論   76(4) 152-156   2016年4月   [依頼有り]
歯の発生ー歯堤と呼ばれる歯の幹細胞集団
原田英光, 大津圭史, 藤原尚樹
日本歯科評論   76(1)(879) 145-150   2016年1月   [依頼有り]
顎堤の吸収ー歯と骨の切っても切れない関係とは
原田英光、大津圭史、藤原尚樹
日本歯科評論   76(2)(880) 145-149   2016年   [依頼有り]
大津 圭史, 熊上 深香, 藤原 尚樹, 原田英光
日本歯科評論   74(3) 151-153   2014年3月   [依頼有り]
大津 圭史, 坂野 深香, 藤原 尚樹, 原田英光
日本歯科評論   74(2) 147-149   2014年2月   [依頼有り]
大津 圭史, 坂野 深香, 藤原 尚樹, 原田英光
日本歯科評論   74(1) 147-149   2014年1月   [依頼有り]
坂野深香, 大津圭史, 藤原尚樹, 原田英光
再生医療   13 315   2014年1月
原田英光, 大津圭史, 熊上深香, 藤原尚樹
再生医療   13 178   2014年1月
大津圭史, 坂野深香, 増田智幸, 増田智幸, 藤原尚樹, 原田英光
再生医療   12 299   2013年2月
大津圭史
松本歯学   38(2) 210   2012年12月
大津圭史, 藤原尚樹, 原田英光
デンタルダイヤモンド   37(11) 92-95   2012年8月   [依頼有り]
大津 圭史, 藤原 尚樹, 原田 英光
日本歯科評論   72(8) 9-11   2012年8月   [依頼有り]
大津圭史, 藤原尚樹, 原田英光
再生医療   11 281   2012年5月
Otsu K, Fujiwara N, Harada H
Methods in Molecular Biology (Clifton, N.J.)   887 59-67   2012年   [依頼有り]
大津圭史, 岸上良太, 石関清人, 藤原尚樹, 原田英光
J Oral Biosci   53(Supplement) 188   2011年9月
石関清人, 大津圭史, 藤原尚樹, 原田英光
J Oral Biosci   53(Supplement) 163   2011年9月
及川愛, 大津圭史, 藤原尚樹, 石関清人, 中富満城, 大島勇人, 原田英光
J Oral Biosci   53(Supplement) 153   2011年9月
藤原尚樹, 櫻庭春菜, 坂野深香, 佐々木(及川)愛, 大津圭史, 石関清人, 原田英光
J Oral Biosci   53(Supplement) 184   2011年9月
大津圭史, 岸上良太, 石関清人, 藤原尚樹, 原田英光
再生医療   10 151   2011年2月
岸上良太, 大津圭史, 藤原尚樹, 原田英光
再生医療   10 201   2011年2月
岸上良太, 大津圭史, 藤原尚樹, 原田英光
岩手医科大学歯学雑誌   35(2) 91-92   2010年10月
石関清人, 大津圭史, 藤原尚樹, 原田英光
J Oral Biosci   52(Supplement) 156   2010年9月
藤原尚樹, 大津圭史, 櫻庭春菜, 石関清人, 原田英光
J Oral Biosci   52(Supplement) 123   2010年9月
大津圭史, 藤原尚樹, 石関清人, 鍵谷忠慶, 原田英光
解剖学雑誌   85(Supplement) 96   2010年3月
大津圭史, 藤原尚樹, 石関清人, 鍵谷忠慶, 佐々木憲明, 原田英光
J Oral Biosci   51(Supplement) 101   2009年8月
石関清人, 大津圭史, 鍵谷忠慶, 藤原尚樹, 原田英光
J Oral Biosci   51(Supplement) 124   2009年8月
原田英光, 石関清人, 大津圭史, 鍵谷忠慶, 藤原尚樹
J Oral Biosci   51(Supplement) 141   2009年8月
鍵谷忠慶, 秋元義, 大津圭史, 藤原尚樹, 石関清人, 原田英光, 吉田康夫, 平雅之
解剖学雑誌   84(Supplement) 151   2009年3月
藤原尚樹, 大津圭史, 秋元義, 鍵谷忠慶, 石関清人, 原田英光
解剖学雑誌   84(Supplement) 168   2009年3月
大津圭史, 藤原尚樹, 石関清人, 鍵谷忠慶, 原田英光
解剖学雑誌   84(Supplement) 253   2009年3月
藤原尚樹, 大津圭史, 秋元義, 鍵谷忠慶, 石関清人, 原田英光
J Oral Biosci   50(Supplement) 174   2008年9月
川野誠子, 庄司敏, 平山悦之, 来馬明規, 大津圭史, 柳田恵理, 吉川文生, 古市貞一
再生医療   4 101   2005年2月
大津 圭史, 三宅 あかり, 勢井 宏義
日本生理学雜誌 = JOURNAL OF THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN   65(11) 374-377   2003年11月
柳田恵理, 大津圭史, 平山悦之, 庄司敏, 植松宏, 平岡昌和, 川野誠子
日本心電学会学術集会プログラム抄録集   19th 412   2002年8月

書籍等出版物

 
動物細胞培養の手法と細胞死・増殖不良・細胞変異を防止する技術
大津圭史 (担当:分担執筆, 範囲:iPS・幹細胞の培養を成功させる技術ー歯の再生研究と培養と条件の設定 p413-416)
技術情報協会   2014年4月   
再生医療における臨床研究と製品開発
大津圭史 (担当:分担執筆, 範囲:iPS細胞から歯原性間葉細胞間葉細胞への分化誘導. p191-194)
技術情報協会   2014年   
遺伝子医学MOOK別冊 細胞の3次元組織化−その最先端技術と材料技術(p333-337)
原田英光、大津圭史、藤原尚樹
株式会社 メディカルドゥ   2014年   
Methods in Molecular Biology
Otsu K, Fujiwara N, Harada H (担当:分担執筆, 範囲:Organ cultures and kidney-capsule grafting of tooth germs.)
Clifton, N.J.   2012年   
遺伝子医学MOOK別冊 ますます重要になる細胞周辺環境(細胞ニッチ)の最新科学技術(p358-363)
原田英光、大津圭史、藤原尚樹
株式会社 メディカルドゥ   2009年   

講演・口頭発表等

 
臼歯形態のストライプ-スポット・セレクション
森田航、森本直記、大津圭史、三浦岳
第71回日本人類学会大会   2017年11月3日   
東京大学本郷キャンパス
若手会員大会発表賞受賞
歯の形成過程におけるAMP-activated protein kinase (AMPK)の発現と機能
依田浩子、大津圭史、原田英光、大島勇人
第59回歯科基礎医学会学術大会   2017年9月18日   
Hertwig上皮鞘から遊走する細胞動態の解析
藤原尚樹、大津圭史、原田英光
第59回歯科基礎医学会学術大会   2017年9月18日   
歯根−歯周組織形成を司るヘルトヴィッヒ上皮鞘のダイナミクスと分子制御メカニズム [招待有り]
大津圭史、藤原尚樹、原田英光
第59回歯科基礎医学会学術大会シンポジウム 形態形成    2017年9月18日   
エネルギー代謝を介したエナメル芽細胞分化制御機構 [招待有り]
大津圭史
第122回 日本解剖学会総会・全国学術大会    2017年3月30日   
シンポジウム「細胞特性を決める細胞外微小環境と代謝システム」オーガナイザー:大津圭史、依田浩子 長崎大学坂本キャンパス
エナメル芽細胞分化過程におけるAMP-activated protein kinase (AMPK)の発現と機能
依田浩子、大津圭史、原田英光、大島勇人
第122回 日本解剖学会総会・全国学術大会   2017年3月29日   
歯の発生・再生研究の現状とこれから〜問題解決への挑戦〜 [招待有り]
大津圭史
九州歯科大学 大学院セミナー   2017年2月24日   
細胞特異的蛍光タンパク発現マウスと組織透明化を用いた組織3次元イメージング解析
高橋颯、大津圭史、藤原尚樹、原田英光
岩手医科大学歯学会第42回総会   2016年12月3日   
Tooth regeneration using iPS cells [招待有り]
大津圭史
岩手医科大学大学院セミナー   2016年9月26日   
上皮-間葉転換を起こしたヘルトヴィッヒ上皮鞘は,歯根膜を構成する 細胞外基質を産生する
岡暁子,板家智,緒方佳代子,戸田雅子,藤原尚樹,大津圭史, 立岡迪子,尾崎正雄,原田英光
第58回歯科基礎医学会学術大会   2016年8月26日   
Semaphorin 4D-RhoA-Akt シグナルはエナメル芽細胞分化において amelogenin 分泌と細胞極性を協調的に制御する
大津圭史、依田浩子、藤原尚樹、原田英光
第58回歯科基礎医学会学術大会   2016年8月25日   
BMP-2とHGFの同時投与は血管新生作用を介して骨再生を促進する [招待有り]
大津圭史、増田智幸、原田英光
硬組織再生生物学会 学術大会   2016年8月20日   
硬組織再生生物学会賞受賞講演
The Semaphorin 4D-RhoA-Akt signal cascade regulates enamel matrix secretion in coordination with cell polarization during ameloblast differentiation
Keishi Otsu, Hiroko Ida-Yonemochi, Naoki Fujiwara, Hidemitsu Harada
The Tooth Morphogenesis and Differentiation (TMD) 2016   2016年6月13日   
Contact inhibition of locomotion via EMT by TGF-Rho signal leads to genesis of Epithelial cell rests of Malassez from Hertwig’s epithelial root sheath.
Hidemitsu Harada, Naoki Fujiwara, Yoshinori Sahara, Kyoko Oka, Mika Kumakami-Sakano and Keishi Otsu
The Tooth Morphogenesis and Differentiation (TMD) 2016   2016年6月13日   
歯科再生研究の現状とこれから〜iPSで歯をつくる〜 [招待有り]
大津圭史
ISCT (Interdisciplinary Study Club Tokyo) 研修会   2016年5月27日   
上皮間葉相互作用の視点から考える新たな歯根形成メカニズム [招待有り]
大津圭史
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会   2016年3月30日   
遺伝学的細胞運命マッピングと透明化技術を用いた歯胚3次元イメージング解析
高橋 颯、大津 圭史、藤原 尚樹、原田英光
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会   2016年3月28日   
iPSで歯をつくる~歯科再生研究の現状とこれから〜 [招待有り]
大津圭史
岩手医科大学歯学部同窓会 第51回学術研修会 ランチョンセミナー   2016年3月21日   
安全で効率の良いiPS細胞由来神経堤細胞を用いた骨再生法の開発
大津圭史、菊池和子、藤原尚樹、原田英光
第15回 日本再生医療学会総会   2016年3月17日   
Tooth regeneration using iPS cell-derived neural crest cells
大津圭史
International Symposium 2015 Oral and Craniofacial Development and Diseases   2015年12月10日   
Aktシグナルがグルコース代謝を促進しエナメル芽細胞分化を誘導する
依田浩子、大津圭史、大島勇人、原田英光
第38回日本分子生物学会 神戸   2015年12月1日   
Regulation of stemness of dental epithelial stem cells by Rho-YAP signaling
Keishi Otsu, Yusuke Oku, Naoyuki Nishiya, Naoki Fujiwara, Hidemitsu Harada
第57回歯科基礎医学会学術大会 新潟   2015年9月12日   
イメージングから考える歯の形態形 成機構の新規視点 [招待有り]
原田英光, 熊上深香,大津圭史, 藤原尚樹
第57回歯科基礎医学会学術大会 新潟   2015年9月11日   
Regulation of stemness of dental epithelial stem cells by Rho signaling
Keishi Otsu, Yusuke Oku, Naoyuki Nishiya, Naoki Fujiwara, Hidemitsu Harada
ISSCR 2015 Annual Meeting Stockholm   2015年6月25日   
Regulation of dental epithelial cell differentiation by Rho signaling
Keishi Otsu, Hiroko Ida-Yonemochi, Mika Kumakami-Sakano, Naoki Fujiwara, Hidemitsu Harada
The 4th Tripartite Conference on Tooth and Bone 成田   2015年6月14日   
iPS細胞を用いた歯・歯周組織再生の試みと新たな展開 [招待有り]
大津圭史
歯科基礎医学会第1回定期特別講演会 東京   2015年4月25日   
Role of Semaphorin-Rho signaling in ameloblast differentiation
大津圭史
第120回 日本解剖学会総会・全国学術総会   2015年3月21日   
Tooth regeneration using induced pluripotent stem cells: Current status and issue [招待有り]
keishi Otsu
Brain Korea 21 PLUS Project The 1st Interdisciplinary Oral Science International Symposium   2015年1月16日   
The angio-/osteogenetic effect of BMP-2/HGF for the calvarial bone defect.
Masuda T., Otsu K., Fujiwara N., Kumakami-Sakano M., Harada H., Sugiyama Y.
The Japan-Korea Basic Scientific Cooperation Program for FY 2014   2014年11月10日   
Role of Semaphorin-Rho signaling in ameloblasts differentiation.
Otsu K.
The Japan-Korea Basic Scientific Cooperation Program for FY 2014   2014年11月10日   
iPS細胞を使って何ができるか?歯科再生研究の最前線 [招待有り]
大津圭史
岩手医科大学 歯科医療セミナー   2014年9月28日   
Semaphorin 4D — Rho Aシグナルによるエナメル芽細胞分化制御
大津圭史、熊上-坂野 深香、増田智幸、藤原尚樹、原田英光
第56回 歯科基礎医学会学術大会・総会   2014年9月24日   
骨修復に対する効果的なサイトカイン投与法と血管新生とのかかわり
増田智幸、大津 圭史、藤原 尚樹、熊上深香、原田 英光
第56回 歯科基礎医学会学術大会・総会   2014年9月24日   
マウス臼歯歯根成長におけるRho signaling の役割
藤原尚樹、熊上深香、大津圭史、原田英光
日本解剖学会 第60回東北・北海道連合支部学術集会   2014年9月   
Role of Semaphorin-Rho signaling in ameloblast differentiation
Otsu K., Sahara Y., Harada H.
EMBO|EMBL Symposium: Epithelia   2014年8月27日   
Differentiation of iPS cells into odontogenic cells
Otsu K, Sakano M, Masuda T, Fujiwara N, Harada H
CDB symposium 2014 Regeneration of Organs; Programming and Self-organization   2014年   
Differentiation of induced pluripotent stem cells into odontogenic lineage for tooth regeneration [招待有り]
Otsu K, Sakano M, Fujiwara N, Harada H
Kyudai Oral bioscience 2014   2014年   
iPS細胞を用いた歯胚組織発生
坂野深香、大津圭史、藤原尚樹、原田英光
第13回 日本再生医療学会総会   2014年   
増田 智幸, 大津 圭史, 藤原 尚樹, 坂野 深香, 星 秀樹, 杉山 芳樹, 原田 英光
岩手医科大学歯学雑誌   2013年9月30日   
The role of Rho signaling pathway in dental epithelial stem cells
Keishi Otsu, Hidemitsu Harada
Gordon research conferences, Craniofacial morphogenesis & tissue regeneration   2013年   
Role of Rho signaling during amelogenesis
Harada H, Otsu K, Sakano M, Fujiwara
Tripartite Conference (Korea- Chaina- Japan) on Tooth and Bone; Development & Regeneration" in Seoul,   2013年   
Differentiation of iPS cells into odonotogenic cells. [招待有り]
Otsu K, Sakano M, Fujiwara N, Harada H
XXIII International Symposium on Morphological Sciences. Niigata, Japan.   2013年   
Stemness of dental epithelial stem cells considering feature of dental epithelial cells.
Harada H, Otsu K, Sakano M, Fujiwara
International Symposium Frontier Meeting, Seoul/Jeonju 2013 Development, Evolution, Taxonomy, and Genetics of Tooth Structure "Tooth Voyage, Up To Date",   2013年   
Cell dynamics in cervical loop epithelium during transition from crown to root: implications for Hertwig’ epithelial root sheath formation.
Sakano M, Otsu K, Fujiwara N, Harada H.
International Symposium Frontier Meeting, Seoul/Jeonju 2013 Development, Evolution, Taxonomy, and Genetics of Tooth Structure "Tooth Voyage, Up To Date"   2013年   
Trial experiment of human biotooth using an impacted 3rd molar.
Harada H, Otsu K, Sakano M, Fujiwara
11th International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation   2013年   
Stimulation of root formation and regeneration by natural compound.
Fujiwara N, Ota M, Sakano M, Otsu K, Woo JT, Harada H
11th International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation   2013年   
Role of Rho-GTPase in dental epithelial stem cell.
Otsu K, Sakano M, Masuda T, Fujiwara N, Harada H
11th International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation   2013年   
Effect of BMP-2 and HGF on bone regeneration.
Masuda T, Otsu K, Fujiwara N, Kumakami-Sakano M, Hoshi H, Harada H, SugiyamaY
The Japan-Korea Basic Scientific Cooperation Program 2013 Japan (Iwate Medical Univ) – (Yonsei Univ) Joint Research Project (JSPS) Seminar   2013年   
Functional role fo Rho signaling in ameloblast differentiation.
Otsu K, Sakano M, Masuda T, Fujiwara N, Harada H
The Japan-Korea Basic Scientific Cooperation Program 2013 Japan (Iwate Medical Univ) – (Yonsei Univ) Joint Research Project (JSPS) Seminar.   2013年   
Rhoシグナリングのエナメル芽細胞分化における役割
大津圭史、藤原尚樹、原田英光
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会   2013年   
iPS細胞を用いた歯胚組織再生
坂野深香、大津圭史、藤原尚樹、原田英光
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会   2013年   
エナメル上皮幹細胞におけるRhoシグナリングの役割
大津圭史、坂野深香、増田智幸、藤原尚樹、原田英光
第118回日本解剖学会総会・全国学術集会   2013年   
iPS細胞における神経堤由来細胞への分化能
大津圭史、坂野深香、増田智幸、藤原尚樹、原田英光
第12回 日本再生医療学会総会   2013年   
iPS細胞を使って何ができるか?歯科再生研究の最前線 [招待有り]
大津圭史
第30回岩手医科大学附属病院歯科医療セミナー   2013年   
イメージングを駆使した歯の発生の新たな理解への挑戦
原田英光、大津圭史、藤原尚樹、坂野深香
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会   2013年   
エナメル上皮幹細胞の分裂後の動態を制御する細胞走化性因子の役割 [招待有り]
田巻玉器、大津圭史、原田英光、長澤丘司、入江一元
第118回日本解剖学会総会・全国学術集会   2013年   
エナメル上皮幹細胞研究の国際的潮流と今後の展望 [招待有り]
原田英光、藤原尚樹、大津圭史
第118回日本解剖学会総会・全国学術集会.   2013年   
エナメル芽細胞分化におけるRho-kinaseの役割  [招待有り]
大津圭史
第55回歯科基礎医学会学術大会   2013年   
田巻玉器, 入江一元, 大津圭史, 原田英光, 長澤丘司, CALIARI Steven R., WEISGERBER Daniel W., HARLEY Brendan. A.C.
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2012年   
天然低分子化合物、ハルミンの歯根形成促進作用
藤原尚樹、 大津圭史、坂野深香、太田正人、原田英光
第54回歯科基礎医学会学術大会   2012年   
ライブイメージングでとらえる歯の発生メカニズム [招待有り]
大津圭史、原田英光
第117回日本解剖学会総会・全国学術集会   2012年   
The role of Rho signaling pathway in dental epithelial stem cells
Keishi Otsu, Ryota Kishigami, Ai Oikawa-Sasaki, Naoki Fujiwara, Kiyoto Ishizeki, Hidemitsu Harada
第117回日本解剖学会総会・全国学術集会   2012年   
iPS細胞から歯原性間葉細胞への分化誘導
大津圭史、原田英光、藤原尚樹
第11回日本再生医療学会総会   2012年   
Functional role of Rho signaling in amelogenesis and the stem cell
Keishi Otsu, Hidemitsu Harada
Gordon research conferences, Bone and teeth   2011年   
Live cell imaging of dental epithelial stem cells
Hidemitsu Harada, Keishi Otsu, Naoki Fujiwara, Kiyoto Ishizeki
第116回日本解剖学会総会・全国学術集会   2011年   
歯の再生に向けたiPS細胞から神経堤細胞への分化誘導
大津圭史、岸上良太 、石関清人、 藤原尚樹、原田英光
第10回日本再生医療学会総会   2011年   
歯の再生に向けたiPS細胞から歯原性間葉細胞への分化誘導
大津圭史大津圭史、岸上良太、石関清人、 藤原尚樹、原田英光
第53回歯科基礎医学会学術大会   2011年   
iPS細胞を用いた歯胚再生への試み
大津圭史、藤原尚樹、原田英光
2011年岩手医大オープンリサーチプロジェクト発表会   2011年   
岸上 良太, 大津 圭史, 藤原 尚樹, 原田 英光
岩手医科大学歯学雑誌   2010年10月20日   
岸上 良太, 大津 圭史, 藤原 尚樹, 原田 英光
岩手医科大学歯学雑誌 = Dental journal of Iwate Medical University   2010年10月20日   
Mitochondrial donation by mesenchymal stromal cells rescues alveolar surfactant secretion in sepsis
Mohammad Naimul Islam, Keishi Otsu, Sandra D. Houser, Jens Lindert and Jahar Bhattacharya
Experimental biology 2010   2010年   
Role of Rho kinase in amelogenesis
大津圭史
Gordon research conferences, Craniofacial morphogenesis & tissue regeneration   2010年   
Neural crest like cells from induced pluripotent stem cells for tooth regeneration
Ryota Kishigami, Keishi Otsu, Naoki Fujiwara, Harumi Mizuki and Hidemitsu Harada
10th TMD Tooth morphogenesis and differentiation   2010年   
Establishment of immortalized Hertwig’s epithelial root sheath cells and character of cell line
Naoki Fujiwara, Tadashi Akimoto, Ai Sasaki, Keishi Otsu, Hisayo Mayama, Hidemitsu Harada
10th TMD Tooth morphogenesis and differentiation   2010年   
Cell culture of human dental epithelial cells and its approach for regenerative dentistry
Hisayo Mayama, Naoki Fujiwara, Ai Sasaki, Keishi Otsu, Haruna Sakuraba, Hiroyuki Miura, Hidemitsu Harada
10th TMD Tooth morphogenesis and differentiation   2010年   
New hypothesis of cross-striation formation mechanism
Ai Sasaki, Keishi Otsu, Naoki Fujiwara, Xu L. Akiyoshi Taniguchi, Hidemitsu Harada
10th TMD Tooth morphogenesis and differentiation   2010年   
Visualizing spatiotemporal dynamics of tooth development
Keishi Otsu, Naoki Fujiwara, Hidemitsu Harada
10th TMD Tooth morphogenesis and differentiation   2010年   
GFPマウスを用いたメッケル軟骨の形質転換のイメージング解析
石関清人、大津圭史、藤原尚樹、 原田英光
第52回歯科基礎医学会学術大会   2010年   
Hertwig上皮鞘細胞の特性とEMTの可能性
藤原尚樹、大津圭史、 櫻庭春菜 石関清人、 原田英光
第52回歯科基礎医学会学術大会   2010年   
間葉系幹細胞と血管内皮細胞との相互作用 [招待有り]
大津圭史
第115回日本解剖学会総会・全国学術集会   2010年   
Stimulation of root formation and regenration by a natural compound
Naoki Fujiwara, Keishi Otsu, Hidemitsu Harada
85th Congress of ghe European Orthodontic Society   2009年   
歯の再生を目的としたiPS細胞の上皮、間葉細胞への分化誘導と分離培養
大津圭史、石関清人、鍵谷忠慶、藤原尚樹、原田英光
第114回 日本解剖学会総会・全国学術大会   2009年   
歯胚組織中の細胞動態を観察するためのimaging systemの開発
藤原尚樹、大津圭史、秋元 義、鍵谷忠慶、石関清人、原田英光
第114回 日本解剖学会総会・全国学術大会   2009年   
銅イオンのマクロファージへ及ぼす細胞障害作用について
鍵谷忠慶、秋元 義、大津圭史、藤原尚樹、石関清人、原田英光, 吉田康夫、平 雅之
第114回 日本解剖学会総会・全国学術大会   2009年   
Rho キナーゼによるエナメル芽細胞の極性制御機構
大津圭史、藤原尚樹、石関清人、鍵谷忠慶、佐々木憲明
第51回歯科基礎医学会学術大会   2009年   
GFPマウスを用いたメッケル軟骨細胞の形質転換のイメージング解析
石関清人、大津圭史、鍵谷忠慶、藤原尚樹、原田 英光
第51回歯科基礎医学会学術大会   2009年   
ヘルトヴィッヒ上皮鞘形成過程におけるサービカルループでの細胞動態
原田英光、石関清人、大津圭史、鍵谷忠慶、藤原尚樹
第51回歯科基礎医学会学術大会   2009年   
Bone marrow stromal cells cause collapse of neo-capillary networks through gap junctional communication with native endothelial cells.
Otsu, K., Quadri, K. Sadiqa, Bhattacharya, J.
Stem Cells and Cellular Therapies in Lung Biology and Lung Diseases   2008年   
歯冠から歯根形成への移行過程におけるEGF signalingの役割
藤原尚樹、大津圭史、秋元 義、鍵谷忠慶、石関清人、原田英光
第50回歯科基礎医学会学術大会   2008年   
Bone marrow stromal cells cause collapse of neocapillary networks in vitro.
Otsu, K., Bhattacharya, J.
Experimental biology 2007   2007年   
Incorporation of endothelial progenitor cells in newly forming capillaries.
Otsu, K., Quadri, K., Bhattacharya, J
Experimental biology 2006   2006年   
Development of Excitation-Contraction Coupling in Cardiac Myocyte Drived from Mouse Embryonic Stem Cells
Kawano, S., Shoji, S., Yanagida, E., Yoshikawa, F., Hirayama, Y., Otsu, K., Furuichi, T., Hiraoka, M.
Biophysical Society 48th Annual Meeting   2004年   
Na+/K+ ATPase and its Functional Couplings with Na+/Ca2+ Exchanger in Mouse Embryonic Stem Cells during Differentiation into Cardiomyocytes
Otsu, K., Kuruma, A., Yanagida, E., Shoji, S., Inoue, T., Hirayama, Y., Uematsu, H., Hiraoka, M., Hara, Y., Kawano, S.
FASEB Summer Research Conferences   2004年   
マウス胚性幹細胞から心筋への分化誘導過程におけるNa+/Ca2+ exchangerの機能変化
大津圭史、来馬明規、柳田恵理、井上貴史、庄司敏、平山悦之、植松宏、平岡昌和、原諭吉、川野誠子
第81回日本生理学会大会   2004年   
マウス胚性幹細胞における細胞内カルシウム調節機構
柳田恵理、大津圭史、平山悦之、庄司敏、植松宏、平岡昌和、川野誠子
第81回日本生理学会大会   2004年   
Spontaneous Ca2+ Oscillation Induces Membrane Fluctuation in Human Mesenchymal Stem Cells.
Kawano, S., Otsu, K., Shoji, S., Yamagata, K., Hiraoka, M.
Biophysical Society 47th Annual Meeting   2003年   
Biophysical Society 47th Annual Meeting
Yanagida, E., Otsu, K, Hirayama, Y., Shoji, S., Uematsu, H., Hiraoka, M., Kawano, S.
Biophysical Society 47th Annual Meeting   2003年   
Na+/K+ ATPase during Cardiomyogenesis in Mouse Embryonic Stem (ES) Cells.
Otsu, K, Hara, Y., Yanagida,E., Shoji, S., Hirayama, Y., Uematsu, H., Hiraoka, H., Kawano, S
Biophysical Society 47th Annual Meeting   2003年   
マウス胚性幹細胞から心筋への分化誘導過程におけるNa+/K+ ATPase の機能的変化
大津圭史、原諭吉、柳田恵理、庄司敏、平山悦之、植松宏、平岡昌和、川野誠子
第80回日本生理学会大会   2003年   
Ca2+ Oscillation in Human Mesenchymal Stem Cells
Otsu, K., Yanagida, E., Shoji, S., Hirayama, Y., Hiraoka, M., Kawano, S
FASEB Summer Research Conferences   2002年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
プロテオミクス解析を応用した歯髄前駆細胞/静的幹細胞の恒常性維持と活性化の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)):分担研究者
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 大島勇人
マラッセ上皮遺残形成の際に上皮鞘に生じる形質転換・細胞遊走メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)):連携研究者
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 藤原尚樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 大津 圭史
切歯歯胚の外エナメル上皮には新規シグナリングセンターが存在するか?
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究): 研究分担者
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 原田英光
昆虫の休眠ホルモンを用いた組織保存液の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究): 研究分担者
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 菊池和子
人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた歯の再生に向けての技術基盤形成
岩手医科大学 圭稜会学術振興会共同研究助成: 研究分担者
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 原田英光
細胞遊走を制御する分子メカニズムとヘルトビッヒ上皮鞘の伸長との関係
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)): 連携研究者
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 藤原尚樹
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 大津 圭史
iPS細胞由来奇形腫による歯胚発生のマスターキー遺伝子探索と器官再生への展開
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究): 研究分担者
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 菊池和子
エナメル器星状網細胞の上皮間葉転換は血管新生の誘導メカニズムになり得るか?
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究): 研究分担者
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 原田英光
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 大津 圭史
歯根の形成はHertwig上皮鞘(HERS)の誘導によって進んでいくが、HERSの細胞動態については未だ不明な点が多い。本研究課題では、上皮間葉転換(EMT)がHERSの断裂を引き起こすことを証明するために、われわれが歯冠形成期歯胚の観察に用いているリアルタイムイメージングに改良を加え、HERSの動態を直接可視化する実験システムの構築をおこなうことを目的とした。GFPマウスの歯胚組織を薄切培養し、HERS形成をリアルタイムで観察する方法を確立した。この実験系をもちいて、HERSが形成される...
iPS細胞によるbiotooth作製のための基盤技術の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究 (C)): 連携研究者
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 藤原尚樹
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 大津 圭史
歯の発生過程において、未分化間葉細胞が象牙芽細胞に分化し、象牙質を形成する際の細胞の形態変化、細胞内分子動態をリアルタイムで観察できる培養撮影技術を確立した。歯胚間葉細胞から象牙芽細胞マーカー陽性細胞をクローニングし、象牙芽細胞株を樹立した。この細胞株とマウス切歯の器官培養を用い、低分子GTPase Rhoのエフェクター分子であるROCKが象牙芽細胞の極性形成、象牙質形成に重要な働きをしていることを示した。