山口 裕

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/25 15:12
 
アバター
研究者氏名
山口 裕
 
ヤマグチ ユタカ
URL
http://www.fit.ac.jp/~y-yamaguchi/
所属
福岡工業大学
部署
情報工学部 情報工学科
職名
助教
学位
博士(理学)(北海道大学)
科研費研究者番号
80507236
ORCID ID
0000-0002-5982-8983

プロフィール

理論脳科学と複雑系数理の研究を行っています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
福岡工業大学 情報工学部 情報工学科 助教
 
2008年4月
 - 
2015年3月
北海道大学 電子科学研究所 助教
 
2003年4月
 - 
2008年3月
北海道大学大学院理学研究科数学専攻 博士後期課程
 
2003年
 - 
2006年
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

受賞

 
2013年6月
The 4th Internathional Conference on Cognitive Neurodynamics (ICCN 2013) Best Poster Award 3rd place
 
2002年8月
計測自動制御学会 The SICE Annual Conference Young Author's Award A Finalist
 

論文

 
Echo state network による時系列からの非定常性の検出
山口 裕, 兒嶋 大也, 宮嵜鋼
福岡工業大学総合研究機構研究所所報   1 43-46   2018年12月
Akihiro Yamaguchi, Yutaka Yamaguti, and Masao Kubo
Journal of Robotics, Networking and Artificial Life   5(2) 79-82   2018年9月   [査読有り]
砂原賢治,北崎訓,山口裕
福岡工業大学エレクトロニクス研究所所報   34 9-12   2017年10月   [査読有り]
Akihiro Yamaguchi, Yutaka Yamaguti, and Masao Kubo
Advances in Cognitive Neurodynamics   VI 3-9   2018年8月   [査読有り]
Ichiro Tsuda, Yutaka Yamaguti, Hiroshi Watanabe
Entropy   18(3) 74   2016年2月   [査読有り]
Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics(V)   735-740   2016年1月   [査読有り]
動的選択確率を持つ反復関数系による強化学習モデルの解析
山口 裕
福岡工業大学情報科学研究所所報   27 1-3   2016年   [査読有り]
Yamaguti Y, Tsuda I
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   62 3-10   2015年2月   [査読有り]
Yutaka Yamaguti
Advances in Cognitive Neurodynamics (IV)   605-608   2015年1月   [査読有り]
Ichiro Tsuda, Yutaka Yamaguti, Hiroshi Watanabe
Advances in Cognitive Neurodynamics(IV): Proceedings of the 4th International Conference on Cognitive Neurodynamics 2013   583-587   2015年1月   [査読有り][招待有り]
Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda, Yoichiro Takahashi
Cognitive Neurodynamics   8(1) 17-26   2014年2月   [査読有り]
Hiromichi Tsukada, Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
Cognitive Neurodynamics   7(5) 409-416   2013年10月   [査読有り]
Hiromichi Tsukada, Yutaka Yamaguti, Hiroshi Fujii, Ichiro Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics (III), Proceedings of the Third International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2011, ed.Yamaguchi,Yoko   683-689   2013年1月   [査読有り]
Yasuhiro Fukushima, Yoshikazu Isomura, Yutaka Yamaguti, Shigeru Kuroda, Ichiro Tsuda, Minoru Tsukada
Advances in Cognitive Neurodynamics (III), Proceedings of the Third International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2011, ed.Yoko Yamaguchi   635-640   2013年1月   [査読有り]
Intermittent Switching of Phase Differences in Coupled Chaotic Oscillators and Coupled Circle Maps
Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda, Yoichiro Takahashi
Proceedings of the 5th Shanghai International Symposium on Nonlinear Sciences and Applications   125-128   2012年   [査読有り]
Minoru Tsukada, Yasuhiro Fukushima, Makoto Yoneyama, Takeshi Aihara, Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
AIP Conference Proceedings Vol. 1389 “International Conference on Numerical Analysis and Applied Mathematics 2011″, eds T. E. Simos et al., American Institute of Physics   1358-1360   2011年9月   [査読有り][招待有り]
Minoru Tsukada, Yasuhiro Fukushima, Makoto Yoneyama, Takeshi Aihara, Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
AIP Conference Proceedings Vol. 1389 “International Conference on Numerical Analysis and Applied Mathematics 2011″, eds T. E. Simos et al   19-25   2011年9月   [査読有り]
Y. Yamaguti, S. Kuroda, and I. Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics(II): Proceedings of the Second International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2009   97-101   2011年3月   [査読有り]
Tadokoro S, Yamaguti Y, Fujii H, Tsuda I
Cognitive neurodynamics   5 1-12   2011年3月   [査読有り]
S. Kuroda, Y. Fukushima, Y. Yamaguti, M. Tsukada and I. Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics(II): Proceedings of the Second International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2009, eds. R. Wang and F. Gu, Springer   103-106   2011年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Evolutionary reservoir computing for multi-task learning: Functional differentiation as a principle of generally learning agents
Yuji Kawai, Yutaka Yamaguti, Jihoon Park, Minoru Asada, and Ichiro Tsuda
CREST共生インタラクション第4回領域会議   2019年9月24日   
進化計算によるレザバーネットワークの機能分化
山口 裕,津田 一郎
応用数理学会2019年度年会   2019年9月3日   
「回転する蛇の錯視」の神経基盤:脳磁図データからの状態遷移推定
山口裕, 竹田昂典, 山口明宏, 津田一郎, 飛松省三
新学術領域 非線形発振現象を基盤としたヒューマン・ネイチャーの理解(オシロロジー)2019年度第1回領域会議   2019年6月18日   
相互情報量を拘束条件とした脳機能分化の数理モデル [招待有り]
山口 裕
RIMS共同研究 " On the activation of adaptive filters by the self-organization"   2019年5月21日   
Constrained Chaos in A Neural Network Consisting of Three Modules Enables to Execute Multi-Tasks Simultaneously
Shigetoshi NARA, Ken-ichiro SOMA, Yutaka YAMAGUTI, Ichiro TSUDA
HangZhou Forum on Cognitive Neuroscience and Intelligent Application   2019年3月19日   
Phase shift estimation of the bifurcating neuron from superimposed chaotic spike sequences
Akihiro Yamaguchi, Yutaka Yamaguti, Masao Kubo
The 2019 International Conference on Artificial Life and Robotics   2019年1月10日   
回転する蛇の錯視における脳磁図データの動的解析
山口裕, 竹田昂典, 山口明宏, 津田一郎, 飛松省三
新学術領域 非線形発振現象を基盤としたヒューマン・ネイチャーの理解(オシロロジー)2018年度第2回領域会議   2018年12月15日   
An Exploration of the principle of emerging interactions and its Applications to Functional Differentiations
Yutaka Yamaguti, Hiroshi Watanabe, Masato Todo, Ichiro Tsuda
CREST共生インタラクション 第二回領域会議   2018年9月24日   
洗濯板状電食痕のピッチ決定ルールの考察〜チューリングパターンとの類似性〜
上西健太,砂原賢治,北崎訓,山口裕,山本正治,石田雄二,佐々木厳,西川宏志,松田健次
トライボロジー会議2018春 東京   2018年5月23日   
洗濯板状電食痕の形成〜ごく初期における放電箇所の特定〜
山下大輝,砂原賢治,北崎訓,山口裕,山本正治,石田雄二,佐々木厳,西川宏志,松田健次
トライボロジー会議2018春 東京   2018年5月23日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 津田 一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 山口 裕
チューリング理論に基づく洗濯板状電食痕の形成メカニズム解明
公益財団法人NSK メカトロニクス技術高度化財団: メカトロニクス技術高度化「研究助成」
研究期間: 2016年3月 - 2018年2月    代表者: 砂原賢治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 福島 康弘
神経ネットワークにおける機能分化と機能的結合機構の解明
福岡工業大学: 若手・新任教員スタートアップ支援
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 山口 裕
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 山口 裕
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 福島 康弘
本研究の目的は学習と記憶の情報表現について、『部分と全体の情報をどのように表現しているのか』に着目して生理実験を実施し、その情報表現の基本原理を抽出し、その原理に基づくモデルを構築することである。具体的には、(1)海馬の文脈配列情報(時系列情報)がフラクタルコードとしてCA1に記録されているかどうかを生理実験とモデルで検証する。(2)海馬ではボトムアップ(部分情報)の時空間学習則(nonHEBB)とトップダウン(全体情報)のHEBB 則の相互作用によって強化学習がなされるとの仮説を単独ニュ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2003年10月 - 2005年3月    代表者: 山口 裕

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
北海道大学 大学院理学研究科 数学専攻 博士後期課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
北海道大学 大学院工学研究科 システム情報工学専攻修士課程
 
1997年4月
 - 
2001年3月
北海道大学 工学部 情報工学科