米倉佑貴

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/29 18:52
 
アバター
研究者氏名
米倉佑貴
 
ヨネクラ ユウキ
URL
https://nrid.nii.ac.jp/nrid/1000050583845/
所属
聖路加国際大学
部署
看護学部
職名
助教
学位
博士(保健学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
聖路加国際大学 大学院看護学研究科 助教
 
2014年4月
 - 
2016年3月
岩手医科大学 衛生学公衆衛生学講座 助教
 
2011年
   
 
東京大学 社会科学研究所 その他
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2011年3月
東京大学 医学系研究科 健康科学・看護学専攻 博士課程
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 医学系研究科 健康科学・看護学専攻 修士課程
 
2003年4月
 - 
2005年3月
東京大学 医学部 健康科学・看護学科
 

論文

 
Goryoda S, Nishi N, Shimoda H, Yonekura Y, Sakata K, Kobayashi S, Ogawa A, Kawachi I
Journal of epidemiology      2018年7月   [査読有り]
Ogata Y, Sasaki M, Yumoto Y, Yonekura Y, Nagano M, Kanda K
Nursing open   5(3) 362-369   2018年7月   [査読有り]
Ueno H, Yamazaki Y, Yonekura Y, Park MJ, Ishikawa H, Kiuchi T
BMC health services research   18(1) 592   2018年7月   [査読有り]
Tsubota-Utsugi M, Yonekura Y, Tanno K, Nozue M, Shimoda H, Nishi N, Sakata K, Kobayashi S, RIAS study.
BMC geriatrics   18(1) 133   2018年6月   [査読有り]
佐々木 美樹, 湯本 淑江, 森岡 典子, 米倉 佑貴, 上野 治香, 緒方 泰子
日本医療・病院管理学会誌   55(3) 133-142   2018年
<p>看護師長のリーダーシップとスタッフ看護師のエンパワーメントの関係に関する先行研究のうちの量的研究について,スタッフ看護師をエンパワーする看護師長のリーダーシップと,スタッフ看護師のエンパワーメント,両者の関係性を明らかにすることを目的に文献検討を行った。結果,英文18文献が抽出された。看護師長のリーダーシップ,スタッフ看護師のエンパワーメントともにどのように着目するかは先行研究によって異なっていたが,共通して看護師長のリーダーシップはスタッフ看護師をエンパワーしていた。</p>
Takahashi S, Tanaka F, Yonekura Y, Tanno K, Ohsawa M, Sakata K, Koshiyama M, Okayama A, Nakamura M
PloS one   13(3) e0195013   2018年   [査読有り]
Sugimoto K, Ogata Y, Kashiwagi M, Ueno H, Yumoto Y, Yonekura Y
BMC palliative care   16(1) 58   2017年11月   [査読有り]
Combined associations of physical activity and dietary intake with health status among survivors of the Great East Japan Earthquake.
Nozue M, Nishi N, Tsubota-Utsugi M, Miyoshi M, Yonekura Y, Sakata K, Kobayashi S, Ogawa A
Asia Pacific journal of clinical nutrition   26(3) 556-560   2017年5月   [査読有り]
Kunie K, Kawakami N, Shimazu A, Yonekura Y, Miyamoto Y
International journal of nursing studies   71 115-124   2017年6月   [査読有り]
Ohsawa M, Okamura T, Tanno K, Ogasawara K, Itai K, Yonekura Y, Konishi K, Omama S, Miyamatsu N, Turin TC, Morino Y, Itoh T, Onoda T, Sakata K, Ishibashi Y, Makita S, Nakamura M, Tanaka F, Kuribayashi T, Ohta M, Okayama A
Journal of epidemiology      2017年4月   [査読有り]
Takahashi S, Yonekura Y, Sasaki R, Yokoyama Y, Tanno K, Sakata K, Ogawa A, Kobayashi S, Yamamoto T
PloS one   11(12) e0166817   2016年12月   [査読有り]
Ohsawa M, Tanno K, Okamura T, Yonekura Y, Kato K, Fujishima Y, Obara W, Abe T, Itai K, Ogasawara K, Omama S, Turin TC, Miyamatsu N, Ishibashi Y, Morino Y, Itoh T, Onoda T, Kuribayashi T, Makita S, Yoshida Y, Nakamura M, Tanaka F, Ohta M, Sakata K, Okayama A
Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association   26(5) 272-276   2016年5月   [査読有り]
Takahashi S, Nakamura M, Yonekura Y, Tanno K, Sakata K, Ogawa A, Kobayashi S
BMJ open   6(5) e011291   2016年5月   [査読有り]
Nakayama K, Osaka W, Togari T, Ishikawa H, Yonekura Y, Sekido A, Matsumoto M
BMC public health   15 505   2015年5月   [査読有り]
Ohsawa M, Okamura T, Ogasawara K, Ogawa A, Fujioka T, Tanno K, Yonekura Y, Omama S, Turin TC, Itai K, Ishibashi Y, Morino Y, Itoh T, Miyamatsu N, Onoda T, Kuribayashi T, Makita S, Yoshida Y, Nakamura M, Tanaka F, Ohta M, Sakata K, Okayama A
International journal of cardiology   184 692-698   2015年4月   [査読有り]
戸ヶ里 泰典, 山崎 喜比古, 中山 和弘, 横山 由香里, 米倉 佑貴, 竹内 朋子
日本公衆衛生雑誌   62(5) 232-237   2015年
目的 健康保持・ストレス対処力概念である sense of coherence (SOC)に関する研究は近年増加しており,介入研究のアウトカム指標として用いられる例も多くなってきている。その一方で SOC スケール日本語版は標準化が行われていない現状にある。そこで全国代表サンプルデータを用いて13項目 7 件法版 SOC スケール日本語版の基準値を得ること,すなわち,性・年齢別の得点分布,居住地域および都市規模とスケール得点との関係を明らかにすることを本研究の目的とした。<br/>方法 日...
Togari T, Yonekura Y
SpringerPlus   4 399   2015年   [査読有り]
佐藤みほ, 戸ケ里泰典, 小手森麗華, 米倉佑貴, 横山由香里, 木村美也子, 榊原圭子, 熊田奈緒子, 山崎喜比古
保健医療社会学論集   25(1) 41-51   2014年7月
北川明, 山住康恵, 安酸史子, 小野美穂, 江上千代美, 松浦江美, 山崎喜比古, 米倉佑貴, PARK M. J., 上野治香
防衛医科大学校雑誌   39(1) 32-39   2014年3月
Oyama Y, Yonekura Y, Fukahori H
Journal of nursing management      2014年1月   [査読有り]
Togari T, Sato M, Otemori R, Yonekura Y, Yokoyama Y, Kimura M, Tanaka W, Yamazaki Y
Health promotion international   27 148-156   2012年6月   [査読有り]
Park MJ, Yamazaki Y, Yonekura Y, Yukawa K, Ishikawa H, Kiuchi T, Green J
BMC medical research methodology   11 145   2011年10月   [査読有り]
Yukawa K, Yamazaki Y, Yonekura Y, Togari T, Abbott FK, Homma M, Park M, Kagawa Y
Nursing & health sciences   12 456-463   2010年12月   [査読有り]
木村 美也子, 山崎 喜比古, 佐藤 みほ, 米倉 佑貴, 横山 由香里, 小手森 麗華, 熊田 奈緒子, 戸ヶ里 泰典
社会医学研究   27(1) 35-44   2009年12月

Misc

 
患者自己管理のすすめ 慢性疾患のセルフマネジメントプログラム
米倉 佑貴
循環plus   17(12) 10-12   2017年9月
米倉 佑貴, 丹野 高三, 佐々木 亮平, 高橋 宗康, 坂田 清美, 横山 由香里, 小川 彰, 小林 誠一郎
厚生の指標   64(1) 24-29   2017年1月
戸ヶ里 泰典, 米倉 佑貴, 井出 訓, Taisuke Togari, Yuki Yonekura, Satoshi Ide
放送大学研究年報 = Journal of The Open University of Japan   (33) 11-25   2015年
米倉 佑貴
社會科學研究   63(2) 151-152   2011年11月
書評
佐藤 慶一, 米倉 佑貴
エストレ-ラ   (206) 9-14   2011年5月

講演・口頭発表等

 
看護職のHealthy Work Environment特性の解明に向けた前向き研究(第2報) 2016-2017年の調査より
緒方 泰子, 森岡 典子, 湯本 淑江, 武村 雪絵, 西岡 みどり, 武冨 貴久子, 田中 理子, 米倉 佑貴, 田中 幸子, 網中 眞由美
日本医療・病院管理学会誌   2018年10月   
ペットとの生活は看護師の健康習慣やバーンアウトと関連するか?
西岡 みどり, 網中 眞由美, 米倉 佑貴, 緒方 泰子
日本医療・病院管理学会誌   2018年10月   
高齢者における健康に関する情報源の利用意向と信頼性の確認の実施状況 「新老人の会」会員を対象として
中山 和弘, 高橋 勇太, 米倉 佑貴
日本健康教育学会誌   2018年6月   
高齢者が健康に関する知識を身に付けた契機とその情報源 「新老人の会」会員を対象として
高橋 勇太, 中山 和弘, 米倉 佑貴
日本健康教育学会誌   2018年6月   
HIV陽性者男性におけるsense of coherenceの実態と健康・健康行動との関連
戸ヶ里 泰典, 井上 洋士, 板垣 貴志, 米倉 佑貴
日本健康教育学会誌   2018年6月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 米倉佑貴
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 米倉 佑貴
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 米倉 佑貴
本研究では,保健医療領域,特に慢性疾患患者のケアのためのピアサポート活動において,(1)ピアサポーターがサポートを提供する上での困難およびその困難を解決するための支援ニーズを明らかにすること,(2)ピアサポーターの技術の習熟プロセスおよび習熟に影響を与える訓練内容を明らかにすることを目的としている.平成24年度は国内のピアサポート提供団体の管理者1名およびピアサポーター10名に対する面接調査を行った.ピアサポート提供団体の管理者への面接調査においては,ピアサポーターの技術形成や活動支援のた...