吉成祐子

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/27 19:21
 
アバター
研究者氏名
吉成祐子
 
ヨシナリ ユウコ
eメール
yyoshigifu-u.ac.jp
所属
岐阜大学
部署
留学生センター
職名
准教授
学位
博士(学術)(神戸大学)

研究分野

 
 
  • 言語学 / 言語学 / 言語学(語用論)

論文

 
Influence of L1 English on the descriptions of motion events in L2 Japanese with focus on deictic expressions
275-300   2016年   [査読有り]
Describing motion events in Japanese L2 acquisition: How to express deixtic information
32-63   2015年   [査読有り]
援助行動に対する話者の認知が授受補助動詞テモラウ・テクレルの使用に与える影響:質問紙調査による分析
京野千穂・内田由紀子・吉成祐子
社会言語科学会   17(2) 56-67   2015年   [査読有り]
日本語らしい表現を検証する方法の提案:日本語母語話者と学習者の移動事象記述の比較より
吉成祐子
Journal CAJLE   Vol.15 21-40   2014年   [査読有り]
Usage of Transitive Verbs in the Depiction of Accidental Events in Japanese and Korean.
Japanese/Korean Linguistics   Vol. 21 229-243   2014年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Italian expressions of motion events: Observation from the encoding pattern of deictic information in comparison with English and French
Yuko Yoshinari and Fabiana Andreani
Going Romance29   2015年12月   
Interlingual versus intralingual tendencies in second language acquisition: Expressing motion events in English, Hungarian and Japanese
Yuko Yoshinari, Miho mano, Kiyoko Eguchi
PALA2015   2015年9月   
The choice of the construction for motion events in Italian: A comparison of Japanese and English expressions
Yuko Yoshinari
ICLC13   2015年7月   
Expressing call-induced motion events in English and Japanese as second languages
Miho Mano and Yuko Yoshinari
NINJAL International Symposium: Typology and Cognition in motion event Descriptions   2015年1月   
The Effects of the first language on the description of motion events: Focusing on L2 Japanese learners of English and Hungarian
Miho Mano, Yuko Yoshinari, Kiyoko Eguchi
The Sixth CLS International Conference :CLaSIC 2014   2014年12月   

競争的資金等の研究課題

 
日本語学習者の自他動詞使用における認知と言語化の関連性:視線分析を用いた比較研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 吉成祐子
事態描写における言語表現と認知プロセスの解明:アイトラッキングを用いた実証研究
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 吉成祐子
事態描写における言語表現と認知プロセスの解明:アイトラッキングを用いた実証研究
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 吉成祐子
事態描写における言語表現と認知プロセスの解明:アイトラッキングを用いた実証研究
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 吉成 祐子

社会貢献活動

 
共同研究
【その他】  国立国語研究所  (国立国語研究所)  2017年3月22日 - 2018年3月31日
15